IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女x年代別】転職に有利なおすすめの資格ランキング

転職ノウハウ

転職にあたり、少しでも転職を有利にするために資格取得を考える方は多いのではないでしょうか。でも、いったん社会人になってしまうと資格勉強はなかなかの負担です。そこで、社会人でも取得しやすく、企業に評価されやすい資格ばかりをご紹介します。

更新日時:

資格取得で、即戦力をアピールしよう

転職を決意したとき、気になるのは「資格を持っていた方がいいのか?」という点ではないでしょうか。 新卒としての就職活動と異なり、中途採用の場合多くの企業は即戦力を求めています。転職先の業種に関連する資格を持っていれば、即戦力であるという大きなアピールになるでしょう。 また、転職先の業種によってはそもそも資格を持っていないと応募すらできない場合もあります。 例えば医師であれば医師免許、教員であれば教員免許が必要ですし、建築士になりたければ実務経験を積んだ上で国家試験に合格しなければなりません。ですがこういった資格はまず学歴から見直さなければいけない場合が多く、いったん社会人となってから取得するのは困難です。 そこで今回はあくまで「転職を有利にするための資格」の中から、 ・様々な業種で役に立つ ・社会人でも手軽に取得できる 資格をランキング形式でご紹介していきます。

転職に有利! 潰しがきく資格第3位:マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

Microsoft社のExcelやWordは社会人であれば必須といっていいスキルです。わざわざ資格をとったことがなくとも、使えるという人は多いことでしょう。 しかし今、スマートフォンの普及により「インターネットやメールはできるけど、パソコンは使ったことがない」という若い世代が増えてきています。また、企業側においても「ExcelもWordも使えます!」というので採用した人材が実は文字入力程度しかできず、頭を抱えるというケースも。 こうしたミスマッチを防ぎ、企業に確実にExcelやWordのスキルをアピールすることのできる資格が「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」です。 事務をはじめありとあらゆる職種で使われますので、とにかく実用的です。また派遣会社であればこの資格を持っていることで賃金UPに繋がるところも多くあります。とっておくに越したことはありません。

転職に有利! 潰しがきく資格第2位:簿記

簿記とは、帳簿をつけるためのスキルです。経理では必須といっていいでしょう。知名度が高く、履歴書に書いてあれば業種に関係なくあらゆる企業で評価されます。 一見地味ではありますが、仕事はもちろん日常生活でも役に立つ実用性の高い資格です。男女・年代を問わず一度は勉強しておくべきです。 転職で有利になるために最低限必要なのは3級から。3級があれば安定して好印象を持ってもらえるでしょう。ちなみに3級の試験合格率は約40%ですが、1級はなんと約10%。意外と難関の資格であることが伺えます。 また、この資格を持っていることで将来的に税理士を目指すこともできます。

転職に有利! 潰しがきく資格第1位:TOEIC/TOEFL/英検

英語はあらゆる企業で積極的に求められる最重要スキルです。とっておいて決して損にはなりません! TOEICは日本国内で知名度が高く、TOEFLは世界的に有名です。TOEICで800点以上、TOEFL(iBT)で90~100点以上あれば外資系企業への転職に有利になるでしょう。その他の企業でもTOEICで730点以上あれば好印象です。 英検は二次試験として実際に英語で会話する面接試験がありますので「即戦力」と見られやすいでしょう。2級で高校卒業レベルですので、中途採用の場合は最低でも準1級はほしいところです。 TOEICの場合は筆記とリスニングのみのテストだけではなく、スピーキング専用のテストも併せて受験しておくことで「即戦力」のアピールができるでしょう。 英語は自分のペースで勉強しやすく、英会話スクールや通信講座などの勉強手段も豊富です。特に英検は一回とってしまえば維持費も必要なく一生ものの資格ですのでおすすめです。

いかがでしたか? ここまで、できるだけ多くの企業で役に立つ、汎用的な資格をご紹介してきました。 次は通信講座や独学での勉強が可能な、「取得のしやすさ」でのランキングを見ていきましょう。

転職に有利! 取得しやすい資格第3位:知的財産管理技能士

著作権や商標権、特許など、企業の「知的財産」に関する知識を持ち、その利益を守って適切な対応をするための国家資格。それが「知的財産管理技能士」です。 広告やWeb制作といった場面でも活躍できることから、様々な会社で求められているのが特徴。 2級までは通信講座だけで勉強が可能です。受験者数は年々増えており、あらゆる業界で注目を集めている資格となります。 大手通信講座会社「ユーキャン」では、2級までの取得期間目安をおよそ6ヶ月としています。

転職に有利! 取得しやすい資格第2位:宅地建物取引士(宅建士)

不動産売買などの際に必要となるのが宅建士です。業務独占資格のひとつですが、「学歴や実務経験、年齢などの受験資格の制限が一切ない」という点がポイントです。 宅建業の場合、事務所に「5人に1人は宅建士を配置しなければならない」と決められています。そのため入社してすぐ「宅建士の資格をとるように」と言われることもある有用な資格ですので、不動産業界に転職を考えているならば絶対におすすめです。 また、この資格は不動産業界以外でも役立てることができます。代表的なのは担保として不動産を扱うこともある金融業界、建築業界等です。 同じ業務独占資格で人気の「行政書士」よりも合格率はやや高め。しっかりと勉強していれば決して難しい資格ではありません。

転職に有利! 取得しやすい資格第1位:ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、保険や税金、不動産や相続、家計管理など、日常生活を送る上でのありとあらゆるお金についてのプロフェッショナルです。金融、不動産業界では特に求められる資格になります。 人気が高く、需要もあり、なおかつ取りやすい国家資格です。仕事でもプライベートでも役に立つ上、いざとなったら独立開業もできます。とっておくとなにかと重宝するでしょう。 通信講座はもちろん独学でも勉強しやすい資格です。取得のしやすさという点では間違いなくトップクラスでしょう。

転職に有利な資格:男性編

これまでご紹介してきた以外にも、おすすめの資格はいくつかあります。そこで今度は性別や年代といった観点からご紹介します。 20代、30代の男性の場合、専門性が高く、また就いている職業に関連した資格をとることでキャリアアップを図るというパターンが多いようです。全くの未経験の場合、おすすめなのは「行政書士」や「社会保険労務士」といった資格です。 対して40代以降はリストラ対策や退職後のことを考え、確実にその資格をとることで求人がある、手に職をつけられる資格を選ぶ傾向が強く出ています。「危険物取扱者」や「第二種電気工事士」といった資格がおすすめです。

転職に有利な資格:女性編

女性の場合も見てみましょう。実は全ての年代の女性に圧倒的に人気な資格があります。それは ・「医療事務」 ・「調剤薬局事務」 です。病院や薬局での受付といった業務で有利となる資格です。 これらの資格のいいところは全国で必ず需要がある点です。病院や薬局はどこにでもありますので、引っ越しした場合でも職探しの強い味方となってくれる資格となります。 医療系では専門用語が多いため、これらの資格があると業務をスムーズにこなすことができます。 事務系ですので体力的にも安心という点も、全ての年代で人気がある理由のひとつでしょう。 その他、20代~30代の女性におすすめしたいのは「保育士」や「食生活アドバイザー」です。特に保育士は足りていないのが現状ですので、資格があればひっぱりだことなるでしょう。 「食生活アドバイザー」は食品業界だけでなく、例えば学校での食育や、スポーツ業界で健康管理に携わる際など幅広く役に立ちます。汎用性が高くおすすめです。 40代以降になると、徐々に介護方面へシフトしていく傾向が見られます。 「介護事務」や「介護福祉士」、「レクリエーション介護士」、介護福祉士からのランクアップとして「ケアマネジャー」等、生活する上でも必要になる知識を得られる資格は人気ですし需要もあるのでおすすめです。 ただし、これらの資格取得にはスクーリングや実務経験を必要とすることが多く注意が必要です。

資格取得のデメリット

「とりあえずとれそうな資格を適当にとっておけば、履歴書に書ける!」と思ってはいませんか? 実はその考え方はNGです。資格取得には思わぬデメリットが存在するのです。

維持費がかかる

例えば英検は一度取得してしまえば生涯有効な資格です。しかし、例えばファイナンシャルプランナーのAFP資格は、資格を維持するために毎年FP協会への年会費を払わなければなりません。 また、多くの人が取得している普通自動車運転免許でも、数年ごとに更新手数料が必要となります。 このように、資格の中には維持費がかかるものが存在します。「とりあえず使えそうだから取得しておこう」と思って取得してしまうと、その後思わぬ出費に悩まされることになりますので、自分の取得したい資格についてよく調べておきましょう。

想定外のアピール材料になる

転職の際ありがちなのが、「履歴書にとりあえず持っている資格を全部書いて空白を埋めようとした」というパターンです。 ですが、転職先の業種に全く関連性のない資格がいくつも並んでいると面接の際に「なぜその資格を取得したのか?」を詳しく聞かれたり、あるいは希望とは違う部署へ配属されたりと不利に働くこともあります。 転職のために資格を取得するのであれば、転職先の業種に関係のあるものだけに絞ることをおすすめします。

資格だけが転職の全てではない

転職に有利に働く、様々な資格をご紹介してきました。資格を持つことで、応募先の幅はぐっと広がります。 しかし、資格さえあれば転職が成功するかというと、決してそういうわけではありません。 資格はあくまで補助的な材料です。企業は即戦力を求めているのですから、資格だけ持っているだけの人間と実務経験を積んでいる人間では後者の方を選びます。 未経験や資格なしであっても、転職を有利にする方法はたくさんあるのです。 資格は確かに大事ですが、決して資格だけにこだわらず、様々な視野から自分を売り込む手段を考えていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング