IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サラリーマンにおすすめの副業ランキング|起業・バイト・FX・株など

独立ノウハウ

最近サラリーマンの中には、本職とは別に副業を行うなんて人も増えてきています。副業として考えられる仕事の種類はたくさんありますが、今回は、サラリーマンにとって手ごろにできるおすすめの副業をランキング形式でご紹介して行きたいと思います。

更新日時:

副業の収入で生活費をまかなうサラリーマンが増加

最近日本では、バブルの時代が終わってからというもの不況が続いています。それが理由で節約志向の人や先行きの見えない老後の生活が心配で収入のほとんどを貯金にまわしているという人が増加しています。 特にサラリーマンの中には、本職で稼いでいる収入のほとんどを貯蓄にまわして、本職とは別に副業を掛け持ちし、その副業で得た収入で普段の生活費を賄っているなんていう人が増えている傾向にあります。

副業をする際は就業規則をしっかり確認しよう

サラリーマンの方は、まずは自分が勤めている本業の方の会社の就業規則をしっかりと確認しておくようにしましょう。会社によっては許可なく副業を行うことを禁止しているところも多いです。 実は日本では、全体の約50パーセントにも及ぶ企業が、社員が副業を行うことを禁止することを就業規則に定めています。

そのような就業規則に反して副業を行っていることが会社側に明らかになると、場合によっては懲戒処分の対象となる場合もあるので、副業を始めたいという方は、まずは自分の会社の就業規則を必ず確認することを忘れないように注意しましょう。

サラリーマンにとっておすすめの副業ランキング

今回は、副業を始めたいけどどんな仕事が副業に適しているのかわからないというサラリーマンや本職とは別に副業を掛け持ちして少しでも収入源を増やし、貯金を増やしたいというサラリーマンにおすすめの手ごろにできる副業をランキング形式でご紹介していきます。

サラリーマンにおすすめの副業ランキング 第5位:「FX」

サラリーマンにおすすめの副業ランキング第五位は、「FX」です。 「FX」とはそもそも何なのかというと、「FX」とは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略称で、簡単に言うと外国の通貨を売買することで、自国の通貨と外国の通貨の価値の差によって利益を得る取引のことです。 毎日各国の通貨の価値は上がったり下がったりします。そのため、例えば「1ドル=100円」という状態の時にいくらかドルを買い占めて置き、「1ドル=130円」という風に円の価値が上がった時にドルを売ることで、利益を上げるという仕組みになっています。 非常に単純な仕組みでわかりやすいですし、取引も通貨を「買う」か「売る」かの二つしかなく、誰でも手軽に始められて収入を得ることができる点でサラリーマンの副業におすすめです。

しかしこの「FX」には、レバレッジ制度というものが存在していて、本来の資金の何倍もの金額で通貨の売買が行えるという制度があります。 このレバレッジ制度を利用することで、本来あまり多くの資金を用意できないはずのサラリーマンや主婦でも高額な取引が可能なため、副業にしては予想以上の収入を得ることも可能ですが、その分取引に失敗した際の損失も大きくなるというリスクがあります。

サラリーマンにおすすめの副業ランキング 第4位:「バイト(データ入力)」

サラリーマンにおすすめの副業ランキング第四位は、「データ入力関係のバイト」です。 サラリーマンであれば、日頃からコンピューターを職場で使用しているなんて人も多いと思います。タイピングがそこそこ得意であるサラリーマンであれば、テキスト入力やエクセル入力作業などのデータ入力関係のバイトであればスムーズに行うこともできます。 さらに、他の一般的なバイトと違って在宅ワークが基本なので、休日に外に出かけて副業を行うのがあまり好ましくないという人にはかなりおすすめです。 投資系の副業とは違って、損をする可能性がなく、やった分だけ収入が増えていくというのもおすすめポイントになっています。

サラリーマンにおすすめの副業ランキング 第3位:「株式投資」

サラリーマンにおすすめの副業ランキング第三位は、「株式投資」です。 この「株式投資」も「FX」と同じように、自分の資金を元手に収入を獲得する形の副業になります。「FX」と違う点は、レバレッジ制度がないため自分の用意できる資金内での投資になります。 しかしその分損失も少なく抑えておけますし、「FX」のように二国間の外貨の差によって収入を増やすわけではなく、会社の景気によって利益が変わるため、とりあえずその時に景気の良い企業の株式を買っておくというやり方もできるので、「FX」よりかは安心して副業を行えるというのがおすすめするポイントです。 さらに、ネット環境さえあれば取引が行えるので、自分の好きな場所で好きな時に行うことができるという点もサラリーマンの副業としておすすめするポイントになります。

サラリーマンにおすすめの副業ランキング 第2位:「農業」

サラリーマンにおすすめの副業ランキング第二位は、「農業」です。 「副業に農業?」なんて思う方も少なくないと思います。実は最近、サラリーマンの副業として流行り始めているのが「週末農業」というものです。 農園を年間契約で借りたり、地主から畑を借りたりして作物を育てて収穫し、収穫した作物を販売するという副業です。 作物を育てるということ自体が自分の趣味として楽しむことができる人に特におすすめですし、あまり農業に興味がない人であっても普段やっているような仕事とまた違った仕事に携わることで新鮮な体験を得ることができます。 さらに「米」など、育てる作物の種類によってはあまり手を加えなくても自然と育つため、労力を抑えて収入を得ることが可能になるケースもあります。 ただし、収穫した作物の販売ルートを確立することが少し手間がかかります。もし副業として「農業」を行う場合は、土地代や肥料代のことを考えると、直販でなければなかなか思うように利益を上げることができないということも考えられます。 そのため、自分で利益が出やすい販売方法や販売ルートを確立することが必要になってきます。 それと、「農業」は天候によって利益が大きく変化します、予測不可能な事態が要因となって利益が増えたり、逆に損失が増えたりするというリスクが免れないという問題点も数多く存在します。

サラリーマンにおすすめの副業ランキング 第1位:「投資信託」

サラリーマンにおすすめの副業ランキング第一位は、「投資信託」です。 これは、プロのトレーダーにあらかじめ自分の資金を預けておいて、そのプロのトレーダーに代わりに投資を行ってもらうというものです。

「投資信託」は、自分が経済や投資に関する専門的な知識がない場合でも投資が行うことができる点が副業に適している点です。 さらに、自分で考えて投資する手間も省けるため、利益を上げながらも自分の時間を十分に確保できるという点が副業におすすめポイントです。

副業の税金対策 ~副業の収入は月20万円を超えないようにする~

最後に、副業をする際の税金対策として注意するべきことをご紹介したいと思います。 まず副業を行う際は、そこで得られる収入を月20万円以下に抑えるように注意しておくことが重要です。

副業といっても、本職と同じように年収が103万円を超えてくると、所得税を納めなければいけなくなります。投資系の副業で、月々の利益が大きければ所得税として収入から差し引かれたとしても、ある程度の利益は保てますが、年収103万円を少し超える程度だとかえって働いた割には損をしてしまう場合も考えられます。 「FX」や「株式投資」などの源泉徴収が勝手に行われない場合がある副業では、年収20万円を超えると自分で確定申告をすることが義務になってしまうので注意が必要です。

自分にあった副業を選びましょう

いかがでしたでしょうか? 今回は、サラリーマンにおすすめの副業をランキング形式でご紹介してきました。 副業としておすすめの仕事は今回紹介したもの以外にもまだまだたくんあります。最終的には、自分にあった仕事を副業として行って、効率よく収入を得ることが大切です。 今回ご紹介してきた内容が、皆さんの副業選びに少しでも役に立つことがあれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング