IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【エントリーシート】人事の目を留める「研究内容」の書き方と例文

業界・企業研究

長い時間かけて行った研究を集約するエントリーシート。文章の書き方ひとつでも、「会ってみたい」から「今回はいいかな」まで大きく変わってきます。そこで今回は、担当者の心を掴むようなエントリーシートの研究内容の書き方とポイントをご紹介します。

更新日時:

人事担当者が知りたい、今までのあなたとこれからのあなたの熱意をエントリーシートでアピールする6つのポイント

研究内容を記載する際にはいくつか抑えておくポイントがあります。大きく分けると、「担当者は何を見ているか」「書くときの注意点」です。

ポイント1:人事担当者はエントリーシートから人物像を読み取る

エントリーシートとは言わずと知れた就活の書類選考の一つの方法ですね。履歴書だけでもあなたの学歴や学科等はわかりますが、どういうことを学んできたのか細かいことがわかりにくいです。 そこでさらに細かいことをエントリーシートから読み取り、あなたがきちんと学業に取り組めていたかや説明力やプレゼンの能力がある人なのか、何を伸ばしてこれたのかを知りたいのですね。つまり一緒に働ける人であるのかをきちんと判断したいのです。

ポイント2:専門用語の使用は控える

エントリーシートでは誰でもわかりやすく伝わる内容にすることを第一に考えることが大事です。研究内容というと難しい専門用語を並べることが説得力があるように思いがちなのですが、それは逆で専門用語を知っている仲間内では理解できても、人事担当者にはまったく理解のできないとても難しい専門用語になってしまうのです。なので専門用語は使わず、誰にでも伝わりわかりやすい言葉で書いていくことが大事なのです。

ポイント3:結論を先に述べる

あなたが読み手側だとします。長々と説明をした後に結論を書き終える人と結論を先に述べ、補足説明を簡潔にいれて書く人、どちらの内容が分かりやすく印象に残るでしょうか。先に結論を書いてあった方がイメージに残りやすいし、わかりやすいと感じませんか?人は長い説明より手短な説明を好み、結論を先に知りたがるものなのです。なので結論を先に述べその後、補足説明を具体的に加えて書いた方が良いのです。

ポイント④研究から何を学んだかを明確に示す

研究内容と就職する企業の職種が関連していれば研究内容でのアピールはしやすいのですが、そういった関連した企業以外にエントリーシートを出す場合は、研究から何を学び、それをどう仕事に活かせていけるかを書いていくことが大事なのです。

ポイント⑤文章の構成をしっかりと作る

説得力のある文章を作るには文章の構成をしっかり作ることが大事です。これを作る方法のひとつにPREF法というものがあります。

【PREF法】 Point=最初に結論を書く Reason=結論に至る理由を書く Example=理由に至る具体的な事例を書く Point=結論の内容を繰り返し書き強調する

ただし、PREF法をまとめて一気に書こうとすると混乱してうまく書くことができないと思いますので、1から5の順で冒頭から文末まで順序良く説明していくように書いていくとよいでしょう。 ■冒頭にどういう目的でどういう研究を始めたのか研究の「結論部分」を書きましょう。 ■研究を進めるためにはどういった問題があるのか「研究の経緯」を書いていきましょう。 ■問題を解決するに対策したことや苦労したこと「結論に至るまでの具体的な事例」を書きましょう。 ■「結論を繰り返しを書き強調」し、その結論から自分が学んだことを書きましょう。 ■最後は自分の言葉で自分の未来をイメージしやすくしましょう。学んだことや得たものを元にあなたが今後、会社でどういう風に活かして行こうと考えているのかを書きましょう。

例文

【P】病気になりにくい魚の飼育方法の研究を行いました。 【R】魚の飼育で一番気を使うことは病気です。魚の病気についてはあまり解明されておらず、薬の値段がとても高く手間もかかるため、病気になりにくい魚が求められています。 【E+P】そこで病気になってから治すのではなく、病気になりにくい魚を育成するために、あえて生まれたときから少し生きづらいいくつかの環境で飼育する研究を行いました。 【仕事】病気になりにくい環境を用意するのではなく、病気になりやすい環境を用意するという角度を変えたものの見方が学びになりました。視点を固定せず常に疑う姿勢を仕事で活かしていきます。 (※あくまで例ですので、そういった研究・研究結果があることを確認していません)

終わりに

今回はエントリーシートの研究内容の書き方を例文を交えながら学んできました。研究内容という項目は専門用語での説明に頼ってしまいがちでそうなると相手には伝わらず難解な問題となりますが、読み手側の理解のしやすい言葉にまとめたり構成の仕方を変えてみたり、考え方を別のことに置き換えてみたり、様々な柔軟な発想をすることで実はそんなに難しくは無いことだったんだということがわかりましたね。 エントリーシートで大切なのはあなたの成長してきた経緯をわかりやすく伝えることです。 文章自体の書き方、そして限られたスペースでどんな情報を盛り込むかで、それを見た担当者の心を掴むかが変わります。誰が見てもこの人と会ってみたいと思えるエントリーシートを完成させて内定をゲットしましょう!応援しています!

関連タグ

アクセスランキング