IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ケアマネージャーの資格の取得方法・難易度・合格率と資格更新手続き

マネジメント

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格は、介護のプロとして介護者から信頼されている資格です。高齢化社会において介護のプロとしての知識と実績は、これからのニーズも高まることは大いに予想できます。ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格について紹介します。

更新日時:

ケアマネージャーは介護管理のプロ

介護支援専門員はケアマネージャーと呼ばれ、介護保険で要支援や要介護に認定された人に関わる仕事です。介護支援専門員という職業は、ケアプランを作成してケアマネジメントを行う仕事になります。 介護に関わる幅広い相談から援助まで行い、要介護の人に必要な関連機関の人とのパイプ役として活躍しています。介護を必要とする人にとっては、介護のことを安心して相談してくるので、介護支援専門員としてプロの仕事が求められます。

ケアマネージャーの資格の取得方法

ケアマネージャーは専門的な仕事や知識が必要とされます。誰でも簡単になれる仕事ではないので、しっかりとしたスキルと知識を勉強しなければなりません。ケアマネージャーになるためにはどのような方法があるのでしょうか。

ケアマネージャーの資格に合格する必要がある

ケアマネージャーは介護支援専門員のことなので、介護の専門の知識が必要不可欠になります。専門的な知識や実務経験が必要となりますし、受験資格に関しては規定が細かく分類されています。ケアマネージャーの資格を取るなら、自分がしっかりと受験資格があるか確認んしておきましょう。 ケアマネージャーの資格は年に1回の試験しかないので、しっかりと受験資格を確認しておくことをおすすめします。

受験資格に必要な国家資格保有者

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を受けるには、保険や福祉などの国家資格を持っている人が受験することができます。資格には介護福祉士、看護師、作業療法士、はり師、薬剤師など、20種類以上の資格のどれかを持っていることが条件のひとつです。さらに5年以上900日の実務経験がなければ受検できません。 国家資格を持っているだけではなく、実務経験がなければ受験資格がもらえません。それだけ介護の現場での実績の大切さが分かります。ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格に近いのが介護福祉士の資格なので、介護福祉士の資格を取得して実績を積んでから挑戦する人も多いようです。

受験資格に必要な国家資格が無い場合

ケアマネージャー(介護支援専門員)になるためには、その他の国家資格を持っていることが条件となっていました。しかし国家資格を持っていない人でもケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格を得ることができます。 国家資格が無い人は老人福祉施設や住宅介護の業務に従事する人の中で、実務経験が5年から10年ある人はケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格を得ることができます。また介護の資格でもあるヘルパー2級の資格を持っている人も、実務経験を積むことでケアマネージャーの資格を得ることができます。 注意点としては実務経験は仕事で携わっている人のことなので、家での自分の両親の介護では実務経験にはなりません。自分の肉親と他人の介護では全く違うので、家でも介護では実務経験とは認めっれないので注意しましょう。

合格率は13%前後の難関資格

毎年1回行われるケアマネージャー(介護支援専門員)の受験では、毎年約13%前後の合格率となる狭き門です。これまで介護に携わってきた人たちが、スキルと経験を積んでいるにも関わらず13%前後の合格率というのは、かなりの難関だと言えるでしょう。 受検者数は各都道府県によっても違いますが、関東を中心とした地域は合格率が高い警告があり、地方に行くほど合格率も若干下がる傾向にあります。これは関東では人数も受検者数が多いと共に、本気で介護を必要としている人が多いという実態があります。 地方では他の家族が面倒を見ることもできるので、需要としては都心部や栄えている地域の方が多いです。それでも全国を平均すると13%前後の合格率となるので、ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格取得はかなりの難易度だと言えます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格の有効期限は5年間

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格には、専門的な知識が必要とされます。有効期限は5年となっているので、期限が切れる前にしっかりと講習を受けることが義務付けられています。

介護支援専門員は5年ごとに自治体に申請する

介護支援専門員というだけあって、介護に必要な専門的な知識と支援が必要とされる仕事です。介護者にとっては頼れる存在でなければいけないので、介護のプロとして専門的な知識をしっかりと学び続ける必要があります。 各自治体がそれぞれ更新手続と講習を実施しています。また実務経験の有無によっても講習の内容が違うなど、細かな規定がしっかりと決められているのも特徴のひとつです。更新は有効期限内に受講する必要があるので、忘れずに更新するとめの講習を受けましょう。

初回の更新研修は88時間

介護支援専門員としてプロの仕事をするには、確かな知識と経験が必要不可欠。介護支援専門員として信頼を得るためには、実績があることで信頼されやすくなります。 介護支援専門員の資格を更新する時には、実務経験がある人は初回の研修時間は88時間になります。内容としては専門研修過程ⅠかⅡの内容と同じなので、88時間掛けて研修を受けることになります。 ちなみに有効期限内のうちに研修過程のⅠかⅡを受けていれば、更新時には免除してもらえます。どの道研修過程は受講しなければならないので、自分の時間が空いている時に受講することをおすすめします。

研修時間は32時間

ケアマネージャー(介護支援専門員)の更新が2回目以降の人に関して、実務経験がある人には更新研修は33時間となります。研修内容は専門研修過程Ⅱと同じ内容となっています。こちらも更新期間中に研修過程Ⅱを受講していれば、更新時には免除にしてもらえるので、時間がある時に講習を受けるようにしましょう。

実務経験が無い人

実務経験が無い人はケアマネージャーの仕事に従事していない人なので、更新するかしないかは本人次第になります。合格率13%前後の難関を合格していることを考えると、更新しないのは勿体ないような気もしますが、更新するかしないかは自分次第です。 実務経験が無くて更新をする人は更新研修を受講してもらいます。時間は46時間でさらに実習を受けてもらいます。現場の重きを置く資格なので、実務経験が無い人はしっかりと講習以外にも実習を受ける必要があります。

看護師や介護支援専門員の資格が有利になる仕事

看護師やケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を持っていると、他にはどんな仕事に有利になるのでしょうか。看護師やケアマネージャーは専門的な資格でもあるので、転職を考える人にとっては、資格が有ることで有利に転職活動をすることができるかもしれません。

介護予防指導士

介護予防指導士も専門的な知識とスキルを必要とするので、1年更新の資格になります。介護の予防に関するアドバイスをする仕事で、介護者だけでなく健全者に対しても介護の予防に関する指導をします。 現在の運動機能を悪化させないように指導したり、将来介護を必要としないような身体の動かし方を指導する仕事です。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターはこれからの高齢化社会で多くなる、自宅で介護者が住みやすい住環境を提案する仕事です。アドバイザーとしてバリアフリーの住宅や、手すりなどを必要に応じて提案するので、現場での仕事は大いに役立ちます。 資格は1級から3級まであり、1級に関しては合格率6%前後の合格率の難関資格です。これから高齢か社会になるので、住宅での介護者に対してのアドバイザーとしてのニーズは、高まっていく傾向にあります。

ケアマネージャーは介護には無くてはならない存在

ケアマネージャーの仕事は介護の支援のプロなので、支援を必要としている人にとっては必要不可欠な存在になります。実務経験も豊富なので、現場でその人に合ったプランを提案することができるので、信頼関係も築きやすいです。ケアマネージャーの仕事は、介護の仕事には無くてならなないプロの専門の仕事です。

関連タグ

アクセスランキング