IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

異動挨拶の例文まとめ(社内/社外メール・スピーチ)と定番お菓子

コミュニケーション

人事異動で転勤先の歓迎会の席でスピーチを発表する事がありますが、何を挨拶したらいいのか分かりませんよね。また異動挨拶メールも何を書くべきか迷いますね。今回はそんな異動挨拶の例文や異動挨拶メールやはがきを書く時のポイントについて解説していきます。

更新日時:

皆さんは、一人暮らしの時のごはんはどうしていますか? 自炊をしたほうが節約になるのはわかっているけど、なかなか継続するのが難しかったり、料理が得意ではないという方もいるのではないでしょうか。 また、人によっては帰宅時間が遅く、あまり料理を作るために時間を使いたくない人もいますよね。 今回は、一人暮らしの方が自炊を頑張るワザを紹介させていただきます。

クックパッドの一人暮らしにおすすめの簡単ご飯

キャベツ&ジャガイモで⭐簡単お好み焼き♪

a href=

レシピID:4434567 こちらは、キャベツとじゃがいもさえあれば、あとは常備しているもので作れる簡単なお好み焼きです。 キャベツは安売りしていることが多く、自炊で節約する人の強い味方ですよね。 じゃがいもはエネルギー源なので腹持ちもよく、男性もこれ一品でお腹がいっぱいになりますよ。 とっても簡単な上に、食材も安価、調理時間もなれたら15分もかからないようなレシピなのでおすすめです。

もやしと千切りキャベツのチーズ焼き

a href=

レシピID: 4398492 こちらは一人暮らしの節約の強い味方であるもやしとキャベツをメインとした料理です。 基本的にもやしとキャベツとチーズさえあれば、おいしくできますから、あとはお好みで調味料を…というとても簡単な材料でできます。 作り方も食材をお皿に並べ、調味料を付けてレンジで加熱したうえ、チーズを乗っけてトースターで焼けば感性という手間いらずの一品です。 ガスコンロやフライパンさえ使わないため、後片付けも楽々です。

一人暮らし☆簡単☆やきとり☆どんぶり

a href=

レシピID:3501550 こちらは、忙しくてスーパーにすらいけなかったという日でも大活躍の焼き鳥の缶詰を使った丼ものです。 丼なのでボリュームがあり、男性にもとてもおすすめです。 作り方もいり卵を作って、焼き鳥と炒り卵をごはんの上に盛り付けるだけというとっても料理が苦手な方でも失敗せずに作れる丼ものです。

一人暮らしのご飯に関する本

ひとり分の和食

ベターホーム協会から出版されている一人暮らしの方にもピッタリ作ることができる和食のレシピです。 出汁のとり方など基本的なことから載っていて、本格和食のレシピがわかるので一冊あるだけで応用力もあり、とても便利です。 健康面から言っても日本人ですし、やはり和食が作れるようになりたいですよね。

a href=

これならできる!! 毎日ラクチン! 作りおき+使いきりおかず

こちらは、武蔵裕子さん著書の1回10分で2~3日分の作り置きができるレシピがたくさん載っている、時短レシピ集です。 レシピには写真も多く使われているので、料理が苦手な人にもわかりやすくなっています。

a href=

保存方法はどうしたらいい?

冷蔵保存をする

また数日以内に食べるものに関しては、冷蔵保存で大丈夫です。 食材にもよりますが、前の日の晩御飯を朝ごはんにしようと思う場合は、ラップをして冷蔵庫に入れておけば十分でしょう。 ただし、生ものなどの足のはやい食材は気を付けてくださいね。

冷凍保存をする

沢山作り置きして、何日かに分けて食べる、というような場合はフリージングパックを使って冷凍保存をすることをおすすめします。 このときにさらにおすすめなのが、一回分を分けて冷凍することです。 これによって、解凍がスムーズにできますし、食材の傷みを最小限に抑える効果もあります。 製氷皿を使っている人や、専用の小分けにするフリージングパックも高くありませんので、活用してみるといいでしょう。

オリーブオイル漬けにする

キノコなど、足のはやい野菜は余ってしまうと思ったらオリーブオイル漬けにするのもおすすめです。 職場の人などとの付き合いで、お中元やお歳暮などでもらった調味料などありませんか? たいていそれにオリーブオイルが入っていることが多いのですが、正直一人暮らしだとそんなに減らないですよね。 どうせ使わないのであればいっそのこと、ぜいたくにオリーブオイル漬けに使ってしまいましょう。 鷹の爪と一緒にオリーブオイルに漬けておけば日持ちしますし、ごはんのお供として大活躍してくれます。 白ご飯は炊いたけどおかずを作る元気がない…というときでも、これさえあればごはんがとても進みますよ! オリーブオイル漬けにおすすめの食材は、キノコ、牡蠣、トマトなどがおいしく食べれてご飯やお酒にも合うのでいいですよ。

節約方法

安い時期にまとめ買いする

スーパーのセールなどで食材が安くなっているときにまとめ買いをしておくことがおすすめです。 一人暮らしの場合、食べきれないからまとめ買いとは無縁だと思っている人もいるかもしれませんが、紹介した著書にもあったように、まとめ買い&作り置きの冷凍保存をうまくこなすことができれば、時短&節約&毎日おいしい料理が食べられるといういいこと尽くしの日々が待っています。

調味料は一人で使い切れる量を意識して買う

調味料については、使う頻度が高いものであっても、せいぜい一人暮らしで使う量は知れています。 さらに、「キャベツが大量に…どうしよう?」という場合は、いくらでも消費のためのアレンジレシピはありますが、「醤油が大量に…どうしよう?」といわれても、ご近所におすそ分けするくらいしかありません。 マヨネーズもケチャップもオイスターソースも、張り切って実家においてあるものと同じサイズのものを買ったら、気づいたら賞味期限が切れていた…なんてよくある話です。 一度に使う量が少ない調味料に関しては、100均などで安く売っている小さめのサイズをそろえるほうが賢い選択といえます。

近隣のスーパー事情を知る

近くにスーパーが何件かあるような場所にお住いの場合は、暇な時でいいのでインターネットなどでリサーチし、各スーパーの強みを知りましょう。 「ここは普段は高いが、セールの時はものすごく安い」 「ここは火曜日だけたまごが10個入り1パック98円になる」 意外と「ここは精製品が安い」など、スーパーによってさまざまです。 近隣の各スーパーの強みを知ることで、賢い買い物ができるということを意識しましょう。

旬のものを選ぶ

旬のものというのは、その時にとれる量が多いということから単純に考えて、値段が安く手に入りやすいため、節約に大変向いている食材といえます。 さらに、旬のものにはその季節に不足しがちな栄養素が詰まっていることが多く、いいことがたくさん詰まっているのです。 是非、食材選びで困ったら旬のものを選んでみるようにしましょう。 あまり食材の旬に詳しくなくても、スーパーに行けばたいていのものが旬の食材はわかりやすく置いてありますので安心してください。

一人暮らしのご飯のめんどくさいを解決する方法

ご飯づくりを楽しみ、習慣化する

一人暮らしのご飯は面倒くさいと思ってしまいがちですが、自炊を負担に感じてしまうとついついインスタントやコンビニごはんなどに頼ってしまう癖がついてしまいます。 一人暮らしの自炊をめんどくさいと感じないようにするためには、まずご飯づくりを楽しみ、習慣化するようにしましょう。 例えばSNSにその日のご飯をアップしたり、自分の中だけで毎日写メを取ってごはん日記をつけるのもおすすめです。 ごはん日記は、カロリー管理などにも適していますので、女性の方にもおすすめですよ。

一度にたくさん作って冷凍保存という方法

どうしても毎日作っていると、仕事で疲れて帰ってきてさらになれない料理…というのは気が進まないことも多いと思います。 その際は、前述で紹介した通り、たくさん作って小分けにして冷凍保存するという方法がおすすめです。 一人暮らしのおかずぐらいの量でしたら、慣れてきたら1時間~2時間もあれば十分1週間分作ることができますので、ぜひあきらめず挑戦してみてください。

一人暮らしでは自炊や節約を楽しもう

いかがでしょうか。 一人暮らしのご飯づくりは、ついつい手を抜いてコンビニなどで済ませてしまいたくなりがちですが、自炊で手を抜くという方法もたくさんありますよ。 今回紹介した方法をぜひ試してみてください。

関連タグ

アクセスランキング