IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

女性におすすめの資格・転職時に心強い資格・女性が稼げる資格

マネジメント

女性におすすめの資格をご紹介します。一生使える資格って何?転職に有利な資格は?女性でも稼げる仕事ってある?こんな悩み別に女性にもってこいの資格を選びました。また、30、40、50代と年代別にもおすすめの資格を紹介しています!

更新日時:

長く使える資格(1):看護師

看護師は一生役立つ資格女性が持っておくと一生使えるおすすめの資格として、看護師は比較的高齢になっても働き続けることができます。日本は高齢化社会になっていきますが、常に医師や看護師の人数が足りないと言われ続けています。そのため少しでも看護師の人数を増やしたいと考えているので、働き口を探せば働くことは可能です。病院によってはしっかりと人材を確保している所もありますが、地方に行くと病院自体の数が少ないので、1つの病院に患者が集まってしまいます。

すると必然的に仕事が増えてしまうので、人材が足りなくなってしまいます。地域や病院によっても状況はまったく違いますが、看護師の資格を持っていれば、探せば働き口を見つけることはできるでしょう。看護師として60歳以上の女性も多く働いているのを見かけますし、女性しかできない仕事も多いので、看護師の需要は増えるばかりです。看護師の資格を持っていれば、一生使うことができます。

長く使える資格(2):薬剤師

薬剤師は、難易度は高いが一生役立つ資格です。薬剤師の資格も持っていれば、年齢にかかわらず、一生使える資格と言えます。高齢者が多くなる日本において、安全に薬を管理する薬剤師の存在は、大きなものになっていきます。医師と患者の間に入って、間違いの無いように薬をチェックする立場でもあるので、これからますますニーズが増えていきます。資格を取得するにはかなりハードルが高いですが、一度取得してしまえば一生使える仕事と言えます。処方箋の薬を出す薬局ならば薬剤師が必要になるので、どこの地域でも働き口はあります。

長く使える資格(3):税理士

資格取得が難しい税理士の資格を持つことができれば、一生使える仕事として安泰です。女性に人気の事務系の仕事では、パソコンや簿記の資格も人気となっています。人気というよりも必須資格と言えるので、簿記を勉強している女性も多いでしょう。 簿記は2級までなら独学でも勉強できますが、簿記1級はしっかりと対策を立てなければ難しいでしょう。簿記の資格を取得して簿記の面白さを知った人ならば、簿記1級を取得した後に、税理士の受験資格を得ることができます。難易度は遥かに高い資格ですが、数年間みっちり勉強することで、一生働ける仕事として、高い給料をもらうこともできます。女性が取得する場合には、簿記の延長上としてより高みを目指すために、税理士を目指しています。

就職・転職時に使える仕事(1)::MOS

就職する時にMOSは持っていると心強い女性が転職時に持っていると心強い資格として、MOSの資格は持っておきたいです。事務系の仕事以外でもパソコンは必須になりつつありますが、MOSの資格を持っておけば転職には有利になります。 逆にMOSの資格もなくパソコンもできないとなると、転職するにはかなり不利になってしまうでしょう。パソコンができるレベルとして、ExcelやWordは一通り使いこなせることは当たり前になっています。MOSの資格を取得していれば、最低レベルのパソコンスキルを証明してくれるものなので、転職する時には心強い味方となってくれるでしょう。

就職・転職時に使える仕事(2):TOEIC

TOEICのハイスコアは就職にも有利グローバル化社会になってきた日本において、英語ができることは珍しいことではなくなってきました。義務教育でも早い段階から英語を習うようになってきたので、英語のレベル基礎レベルは上がってきたと言えるでしょう。転職時にTOEICでハイスコアを持っていれば、転職時には強い味方となってくれるはずです。TOEICは多くの人が知っている資格でもあり、英語は仕事だけでなく日常でも使う機会が増えてきました。会社においてもいつグローバル化の波が押し寄せてくれるか分からないので、英語が話せる社員は欲しいと思っています。 英語は短期間で話せるものではないので、TOEICで英語レベルを証明すれば、それまでも努力やこれからの期待を込めて、転職時に有利に働くでしょう。あくまでもTOEICはハイスコアが有利になるので、600点レベルの一般的なスコアではあまり期待できないので注意しましょう。

就職・転職時に使える仕事(3):簿記検定

簿記検定資格は就職に有利です。女性に常に人気の資格でもある簿記は、転職時にも確実に役に立つ資格のひとつです。事務系の資格では必須となりますし、その他の仕事でもお金の流れを把握するには、簿記の知識は必要不可欠です。簿記は3級は学生でも簡単に取得できるレベルなので、最低でも簿記2級は取得したいところです。 もちろん、簿記1級を持っていれば転職にはかなり有利になりますが、取得まではかなり大変なので、計画的な勉強が必要不可欠です。人気の資格ということもあって、簿記3級を持っている女性も多いですが、仕事で役立てるには簿記2級以上を目指して取得しましょう。

女性が稼げる仕事:弁護士

女性が稼げる資格としては、弁護士の資格があればかなり稼ぐことができるでしょう。弁護士になるにはかなりハードルは高いですが、弁護士になってしまえば後はやり方次第で稼げます。女性はいろいろと問題が起きた時に、男性の弁護士に相談しにくいことも多々あります。また女性の気持は女性にしか分からないこともあるので、女性の弁護士がいれば安心してお任せすることもできるでしょう。

弁護士の仕事は多岐に渡りますが、自分の得意な専門分野を作ることで、信頼を得やすくなります。女性ならば離婚問題を専門に扱えば、女性からの相談を一手に引き受けることができるでしょう。男女の問題は永遠のテーマでもあるので、問題が無くなることはありません。女性の味方になれる弁護士として活躍すれば、稼げる資格として一生役立つでしょう。

30代女性におすすめの資格:ファイナンシャルプランナー

30代の女性にはファイナンシャルプランナーの資格がおすすめです。ファイナンシャルプランナーも女性には常に人気の資格として、多くの人が資格取得を目指しています。30代の女性におすすめな理由としては、これから先考えることが多いからです。もちろん仕事としても資格を持っていれば役立ちますし、お客様のニーズに合ったプランを考えることができます。晩婚化が進んできているので、30代でもしも子供を産むことになるかもしれません。ファイナンシャルプランナーの資格があれば、仕事復帰もしやすいので、30代の女性が再就職するにもおすすめです。

また、自分の私生活でも30代は将来のことを考える時期になります。マイホーム、親の介護と子供の教育、老後のことなど、30代では多くことを考えて準備する年代になります。ファイナンシャルプランナーの資格があれば仕事でも役立ちますし、自身の私生活でも多いに役立たせることができます。

40代女性におすすめの資格:保育士

40代の女性には保育士の資格がおすすめです。保育士というと若い女性というイメージがありますが、40代の女性でも活躍している人は多いです。自身の子供も大きくなって手が掛からなくなってくれば、ある程度の仕事の時間を確保することができます。保育士ならば自分での子育て経験も役立ちますし、夜遅くなることもないのでおすすめです。

50代女性におすすめの資格:社会福祉士とケアマネージャー

50代の女性には社会福祉士やケアマネージャーの資格がおすすめです。日本はこれから老老介護の時代になりますが、50代の女性は自分の親の介護経験がある人もいますし、高齢者からするとまだまだ若い世代になります。

福祉の仕事は人材不足が問題になっているので、50代の女性でも働く場所を確保しやすいのもおすすめの理由のひとつです。介護は大変な仕事ですが無くてなならない仕事なので、50代の女性におすすめできる資格となります。

関連タグ

アクセスランキング