IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

データサイエンティストに資格ってあるの?

転職ノウハウ

近年、IT業界でも特に重要視されている「ビッグデータ」。ビジネスへの有効利用を目指している企業は、多いと思います。今回は、そんなデータティストについて、仕事内容や特徴などをご紹介していきます。また、どうすればデータサイエンティストになれるのか、資格という観点からまとめているので、興味がある方、必見ですよ!

更新日時:

データサイエンティストとは?

そもそも、データを分析してビジネスにいかす「データサイエンス」という言葉は、2007年に生まれました。その為、データサイエンティストは、比較的新しい職業だと言えるでしょう。 そんなデータサイエンティストは、どのような職業なのでしょうか?まずは、特徴や業務内容について見ていきましょう。

データサイエンティストの業務内容

企業が自社のシステムなどから入手した、顧客や市場の情報は、上手く活用することが出来れば便利なものですが、実際には、膨大な情報量を整理し切れないケースも少なくはなく、手つかずになっていることすらあります。 そこで活躍するのが、データサイエンティストです。データサイエンティストは、所謂「データのスペシャリスト」のような存在。データ分析やコンピュータサイエンスなどを上手く使って、まずは企業やクライアントの情報データを整理します。そして、企業がデータの内容や結果を活かしたアクションが取れるように、解析結果を分析していくのです。 単なるデータの整理や分析であれば、コンピュータでもできることですが、そのデータをどのようにビジネスにいかしていくかアイディアを出すことは、データサイエンティストでないと出来ません。データの整理や分析もデータサイエンティストの業務内容ですが、特に「データの解析結果をどのように企業の経営やビジネスにいかしていくか」提案することは、データサイエンティストならではの業務内容と言えそうです。

データサイエンティストになるには

では、データサイエンティストになるには、どうすれば良いのでしょうか。 まず、資格ですが、データサイエンティストになる為に、必要な資格は特にありません。現状では、無資格でもデータサイエンティストになることが可能です。 しかし、データサイエンティストになるには、統計学やデータべース、プログラミングスキルなどに関する、専門的な知識や技術が必要。中には、データサイエンティストを目指す人の為の講座などを設けている大学もあるそうです。 データサイエンティストになるには、さまざまな分野に関する幅広い知識・技術が求められるというわけですね。そのような背景から、データサイエンティストを募集する際に、データべースに関する知識やプログミングスキルを証明する為の、何らかの資格取得を条件にしている企業も存在します。データサイエンティストになる為に必要な資格はありませんが、持っていた方がデータサイエンティストとして良いであろう資格はあると考えられますね。 いかがでしたでしょうか?データサイエンティストは、まだまだ新しい職業。現時点では、特別な資格などはありませんが、いずれはデータサイエンティストに関する資格が登場するかもしれませんよ。 資格の有無は抜きにしても、幅広い知識や高い専門性を求められるデータサイエンティスト。現在働いている方はもちろん、これからデータサイエンティストを目指すという方も、データベースや統計学に関する知識や技術を勉強しておいて、損はないでしょう。

おすすめの書籍

なかなかデータサイエンティスト向けの書籍というのはございませんが、 その中でもお勧めしたいのがこちら! 初めての方にもわかりやすい内容でまとめてあるので、 これから目指したいという方にも、 体系的に学び直したいという方にもおすすめです!

関連タグ

アクセスランキング