IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【就活面接】礼儀正しい退室のマナー(ドアを開けてから閉めるまで)

就活ノウハウ

個人の印象は、所属する組織などの印象にも深く関係するので、社会ではどうしても重視されてしまうのです。社会人としても堂々とやっていけるというアピールにもなる礼儀作法・マナーについて理解しておくことはとても重要なのです。今回は、面接で退室する際のマナーについて紹介していくので、今後の参考になさってください。

更新日時:

面接退室時のマナー

就活の面接では、話している内容や態度だけでなく、入退室時の様子や待ち時間での態度まどもチェックされています。つまり、試験は面接している間だけでなく、企業に足を踏み入れた瞬間から出ていくまで、極端に言えば家を出てから帰るまで続いていると言えます。若干大げさに聞こえるかもしれませんね。しかし、企業にとってイメージはとても重要なもので、普段からだらしない行動や粗暴な行動をとる人などを採用するのは、極力避けたいと考えています。なので、就活の面接では、面接している時の様子だけではなく、その他の時間も気を抜かずにずっと良い態度やマナーを保てているかを見るのです。 ただ、マナーと言っても難しいものではなく、一般的に考えられる良いマナーを守れば良いだけです。ハキハキと言葉を発し、姿勢を良くして、挨拶をしっかりとする。それだけで充分なのです。 しかし、面接では緊張してしまう方が多く、これらのこともなかなか思うようにできない方がいるかと思います。緊張するのは仕方ありません。ですが、動きがカクカクしていたり、挨拶で噛んでしまったり、また挨拶を忘れてしまうなどのミスを何度もしてしまうと、印象は悪くなってしまいます。

失敗を防ぐために「シミュレーション」を行おう

そういった失敗を防ぐために1番有効なのは、何度もシミュレーションしておくことです。面接時に求められる礼儀作法はそれほど多くなく、練習に莫大な時間を取られる心配はありません。なので、家などでスーツを着て、カバンを持ち、椅子やドアの位置なども意識しながら練習すれば、自然と体が動くようになります。体が覚えれば、あまりの緊張で次の動作を忘れてしまうような失敗を減らせます。社会人がスムーズに挨拶や所作をできるのは、何度もしていて体が覚えているからです。「社会人ではないのだから仕方ない」などと思わずに何度も練習をし、一々考えなくても済むようにしましょう。マナー面で堂々とできれば自信にもなり、その時の面接だけでなく、その後の面接にもつながります。

それでは、具体的に退室時に合ったマナーを見ていきます。面接終了から退室完了までの一般的な流れは以下に記します。 ①面接終了の合図 ②座ったまま挨拶 ③立って挨拶 ④ドアを開けて挨拶 ⑤ドアを閉める

面接終了の合図

「面接はこれで終了です」「以上で面接を終了します」「それでは退出して結構です」などと言われ、面接が終了します。

座ったまま挨拶

面接が終了したら、まずは座ったまま挨拶をします。 「本日はありがとうございました」「本日はお忙しい中時間を割いていただき、ありがとうございました」などと言い、軽く一礼をしましょう。

立って挨拶

椅子の横に立ち、「失礼いたします」と言い、頭を下げましょう。それが終わったらドアまで歩いていきます。

ドアを開けて挨拶

ドアの前まで行ったら、もう一度面接官の方を向き、「失礼します」と頭を下げます。それからドアを開けましょう。

ドアを閉める

ドアを開けたらそのまま外に出てもう一度振り返り、会釈をして静かにドアを閉めましょう。

面接に失敗しないために、シミュレーションを大事に

以上、就活面接の退室時に重要なマナーについてみてきました。社会人としてのマナーというと難しいイメージを持っている方がいるかと思います。しかし、こうして見てみると、さほど難しいものではない、むしろ簡単であることがわかったかと思います。 ただ、それでも普段からやり慣れていないと、本番でスムーズにこなせない方がいるのも事実です。スムーズに行動できない1番の要因は、慣れていなかいからとも言えるので、家などでシミュレーションをして、体に覚えさせましょう。そうすれば、マナーにおける失敗はなくなり、面接の内容にも自信を持って臨むことができます。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)