IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の服装でクールビズはアリ?注意点とマナー

就活ノウハウ

街で見かける実際に企業で働いている社会人の格好はさまざま。就活生としてはどのような格好が望ましいのかわからず、不安な方が多いと思います。そこで今回は、一般的に考えられる就活生のクールビズスタイルをご紹介するので、夏場の就職活動の参考にしてください。

更新日時:

就活におけるクールビズの基本マナー

まず、基本的なクールビズスタイルは、ノーネクタイ・ノージャケットです。つまり、ネクタイを締めず、上着を脱いだ状態です。女性は元からネクタイを締めないので、上着を着ない状態がクールビズになります。シャツは長袖でも半袖でも構いませんが、長袖を着ていくのがいいと考えられます。袖をまくることができる上に、室内の気温がとても低かった場合に、半袖だと寒すぎることがあるからです。また、志望する企業がクールビズに積極的な企業かわからず不安な場合や、寒いのが苦手な方などは、ジャケットやネクタイを手に持ってして企業に赴くことも可能です。周りの受験者や気温を考慮して服装を変えられるので、オススメの対策方法の一つです。

クールビズの基本マナー1:身だしなみ

クールビズの基本のかたちは、ノーネクタイ・ノージャケットだと言いました。しかし、着ているのがシャツだけとなると、襟や裾など細かい部分が目立つので注意が必要です。だらしない格好をすることと、クールビズは違います。もちろん、襟が変な方向に曲がったまま着ていたり、裾がパンツからはみ出ていたりする状態は身だしなみが整っている状態とはいえません。また、ボタンを開けすぎているの、も着崩している状態となるので、開けるのは一つだけにしましょう。

クールビズの基本マナー2:インナー

白いワイシャツ一枚だと、下に着ているインナーが目立ちやすくなってしまいます。特に女性は少しでも派手な色のキャミソールを着ると、とても目立ってしまいます。そうなると、見出し的な面だけでなく、周囲の目線なども気になってしまうもの。そのような状況を防ぐためにピッタリなインナーの色は、実は灰色なのです。無難なイメージがあるので、白のインナーを選ぶ方が多いと思いますが、白は意外と目立ちます。しかし、白いワイシャツの下に灰色のインナーを着ると、全然目立ちません。インナーが透けて見えるのが、ダサいと感じたり、恥ずかしいと感じたりする方は、灰色を選ぶことをオススメします。

クールビズで行くかの判断基準

これまで、基本的なクールビズの着方について見てきましたが、重要なのは、企業ごとにクールビズに対する認識が異なるということです。つまり、「どの企業の面接でも同じ格好でいけば良い」ということではないということです。クールビズに積極的に取り組んでいる企業もあれば、いまだにクールビズに対して否定的な認識をもち、正装での対応を求める企業も少なくありません。そういった企業の面接や選考にクールビズの格好で参加してしまうと、それだけで落とされることはないにしても、マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。逆にクールビズに積極的に取り組んでいる企業でネクタイと上着を着ていくと、脱いでも構わない、というような声をかけてくれる場合があります。その際に理由なく断ると、「融通が利かない」と判断されることもああり得るので、上着を脱ぎたくない場合は理由を話してから断りましょう。

クールビズで行くかの判断材料:案内メール

また、どの企業がクールビズでいいかの判断ですが、一番の判断材料は、面接などの案内メールに、「クールビズ可」「私服可」などと書いてあるかどうかです。こういった指示がある場合は、基本的にクールビズの格好で行っても失敗はしません。筆記試験や説明会などでは私服が可能という場合も多いです。もちろんスーツを着ても問題ありませんが、「私服可」の指示があれば私服で行って大丈夫です。

クールビズで行くかの判断材料:説明会や試験

もう一つの判断材料は、説明会や筆記試験で周りの様子を確認することです。いくらクールビズで大丈夫と言っても、自分の目で見るまでは不安な方も多いと思います。その場合には、格好が選考に影響しにくい、説明会や筆記試験で周りの格好を見てみましょう。まわりの人たちの格好が正解というわけではありませんが、企業が堅いのかそうではないのか、イメージはつきやすくなると思います。OB・OG訪問の際に、質問をして確認するのも良いと思います。

クールビズで行くかの判断材料:企業ページを見る

その他の方法としては、企業のホームページや、就活サイトなどを閲覧して、どのような雰囲気なのかを確認することができます。こういったサイトでは、必ず服装について何か書いてあるとは限らないので正確ではないですが、堅いか柔らかいかの判断はできると思います。この場合は、堅い企業では正装をして行き、どうしてもわからない場合は、正装をするか、上着とネクタイを持ち歩きましょう。そうすれば大きな失敗はありません。

企業研究をし、企業の理解を深めて、クールビズで行くべきか決めよう

以上、基本的なクールビズのスタイルと、クールビズと正装のどちらで行くかの判断方法について見てきました。 基本的にクールビズのスタイルは、だらしない格好になっていなければ、大きな間違いを起こすことはないと考えられます。クールビズ用のシャツには、真っ白なものでなく、ボタンが黒色であったり、ストライプ柄の物もあるので、自分の好みで選びましょう。また、クールビズと正装のどちらが適当かは、企業研究を行わないと判断できません。自己アピールのための研究に集中してしまって、当日の格好で迷ってしまうことがないように、あらかじめ確認しておきましょう。案内のメールの確認や、説明会やOBOG訪問で質問をして確認するのが確実な方法です。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)