IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お手を煩わせて」の意味と類語・ビジネスでの使い方

社会人常識

「お手を煩わせて」とは、どのような時に使うのが正しいのでしょうか?このページでは、「お手を煩わせて」という言い回しをテーマにして、意味や基本的な使い方などをご紹介しています。また、「お手を煩わせて」を使用した例文もまとめているので、参考にしてみて下さい。

更新日時:

「お手を煩わせて」の正しい意味・使い方・例文

トピック1021779/要素2339793

ビジネスシーンでの会話やコミュニケーションは、敬語を使うことが常識とされています。ですから、上手く敬語が使えないと、無意識のうちに会話の相手に不快な思いをさせてしまったり、恥をかいたりしてしまう危険性があります。 ビジネスシーンでよく使われる表現の1つに、「お手を煩わせて」という言い回しがありますが、敬語として使用できるものなのか、気になるところです。そもそも、「お手を煩わせて」という言葉の意味や解釈が曖昧という方も、いらっしゃると予想できます。多くの人がさまざまなシーンで使用している言い回しだから、自分も何となく使ってみているという方も、少なくないでしょう。 そこで今回は、「お手を煩わせて」という言葉をテーマにして、「お手を煩わせて」という言葉の正しい意味や使い方、例文などについて考察・ご紹介していきます。

「お手を煩わせて」の意味

トピック1021779/要素2339867

まずは、「お手を煩わせて」という言葉の意味について確認していきましょう。 「お手を煩わせて」の本来の形と考えられる「手を煩わせる」という言葉の意味については、「weblio辞書」にて以下のように解説されていました。

物事を依頼した場面において、相手に面倒をかけることを強調した、しへりくだった表現。手紙文などで多く用いられ、「お手を煩わせ恐縮ではございますが・・・」などのように使う。直接相手に言う場面だけでなく、「他人の手を煩わせる」などのようにも用いる。

上記の解説から、「手を煩わせる」という言葉は、謙ることで相手への敬意を示す言い回しだと言えそうです。また、どちらかと言うと手紙などで多く用いられるとのことから、ビジネスシーンでも特に、メールや文書などの文章によるやり取りで使用されるケースが多いと予想できます。

「お手を煩わせて」の類語

トピック1021779/要素2340148

続いて、「お手を煩わせて」という言葉と同じような意味やニュアンスを含んでいる、類語や同義語をご紹介していきます。「お手を煩わせて」という言い回しは、使い方を覚えると大変便利な言い回しなので、つい多用してしまいがちです。 しかし、1回のメールなどのやり取りで何度も使用してしまうと、文章がワンパターンになってしまう可能性があります。ですから、類語も覚えておき、状況や文章の流れによって使い分けるようにすると、表現や会話の幅が広がり、さらに便利だと予想できます。 ・お手数お掛けして~ ・ご面倒をお掛けして~ ・ご迷惑をお掛けして~ ・ご足労をお掛けして~     など

「お手を煩わせて」は敬語なのか?

トピック1021779/要素2340255

ビジネスシーンでも使う人が多い「お手を煩わせて」という表現ですが、そもそも「お手を煩わせて」という言い回しは敬語と言えるのかどうか、気になるところです。そこで続いては、「お手を煩わせて」という言い回しが敬語なのかどうか、考察していきます。 「お手を煩わせて」という言い回しは、丁寧な表現である「お」が付いていることから、丁寧語の表現と見做すことはできそうです。しかし、「お手を煩わせて」という言い回しだけでは、完璧な敬語とは言い難いと予想できます。 「お手を煩わせて」という言い回しの後に、どのような言葉を選択するのかによっても、敬語と言えるかどうかの判断が変わってくる可能性があります。 例えば、「お手を煩わせてすみません」という言い回しの場合は、丁寧な表現とは言え、「すみません」はそこまで丁寧な謝罪の言葉というわけではないので、敬語とは言い難いと考えられます。一方で、「お手を煩わせて申し訳ございません」という表現の場合は、敬語に分類することができそうです。 「申し訳ございません」という言葉は、謙譲語と分類されるため、「お手を煩わせて申し訳ございません」という言い回しも、自分を謙って表現している言い回しだと言えるでしょう。

ビジネスにおける「お手を煩わせて」の使い方

トピック1021779/要素2340381

続いて、実際にビジネスシーンにおけるどのような場面で、「お手を煩わせて」という言い回しを使うのか、具体的なシーンについて考察していきます。

ビジネスにおける「お手を煩わせて」の使い方【1】:上司

上記でもご紹介したように、「お手を煩わせて」という言葉は、組み合わせや使い方次第では立派な敬語と見做されるケースもあるので、上司に対して使うことも可能です。 例えば、上司に仕事について質問をした場合などに、一言添えて使うこともできるでしょう。「お忙しいところ、お手を煩わせて申し訳ございませんが、〇〇企画の今後のスケジュールについて、教えて頂けますでしょうか?」といった形で使用することで、丁寧な表現で質問などをすることが可能になります。

ビジネスにおける「お手を煩わせて」の使い方【2】:メール

上記でも触れましたが、「お手を煩わせて」という言い回しは、会話よりも手紙などで使われることが多いと言われています。ですから、ビジネスメールやビジネス文書などで使用することも可能です。 メールで「お手を煩わせて」を使用する場合も、相手に負担や迷惑を掛けることの謝罪をしたい時などに使用します。また、返信の催促をする場合などにも、使うことがあります。「お手を煩わせて申し訳ございませんが、〇月○日までにご返信頂けますと幸いです」といった形で使用することで、控えめな表現で返信などの催促をすることができます。

「お手を煩わせて」の例文

トピック1021779/要素2340557

ここまで、「お手を煩わせて」の基本的な意味や使い方について見てきました。しかし、使い方や使うタイミングをより正確に理解していくには、例文などを通して、実際にどのように使えば良いのか見てみた方が、効率的に学べると考えられます。 以下で、「お手を煩わせて」を使ったさまざまな例文をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「お手を煩わせて」の例文【1】:すみません

上記でも既に何度か取り挙げていますが、「お手を煩わせて」という言い回しに続く言葉の選択肢として、謝罪の言葉はメジャーだと言えます。謝罪の言葉にもさまざまなものがありますが、特に気軽かつ頻繁に使われているものの1つとして、「すみません」が挙げられます。日常会話でも使用することが多い、「すみません」ですが、親しい間柄の先輩や上司であれば、「お手を煩わせてすみません」という表現も失礼ではないでしょう。 ・私がミスをしたばかりに、お手を煩わせてすみません。 ・書類のコピー、お手伝い頂き有難うございました。お手を煩わせてすみませんでした。 ・お手を煩わせてすみませんが、○○について教えて頂けますか?   など より丁寧な表現にしたい場合は、「すみません」ではなく、「申し訳ございません」などへと言い換えることをおすすめします。

「お手を煩わせて」の例文【2】:お手を煩わせてしまって

「お手を煩わせて」の言い回しで多いのが、「お手を煩わせてしまって~」という言い回しです。こちらの言い回しの場合も、謝罪のニュアンスを含んでいる言葉が続くケースが多いと言われています。実際に、どのように使うことができるのかは、以下でご紹介している例文を通して見ていきましょう。 ・お手を煩わせてしまって、申し訳ない限りです。 ・お手を煩わせてしまって申し訳ございませんが、〇月○日までにお返事を頂けますでしょうか? ・お手を煩わせてしまって、大変申し訳ございませんでした。

「お手を煩わせて」の例文【3】:お手を煩わせて恐縮

「お手を煩わせて恐縮」という言い回しをするケースもあります。「恐縮」という言葉は、以下のような意味を持っている言葉です。

おそれて身がすくむこと。/相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。おそれいること。また、そのさま。

上記の解説から、「恐縮」という言葉には、申し訳なくという思いや気持ちが含まれてはいものの、直接的な謝罪を意味する言葉ではないことが読み取れます。ですから、これまでご紹介した、「お手を煩わせて申し訳ございません」などの言い回しとは、使い方などが少々異なるので、使い分けた方が良さそうです。 以下に、「お手を煩わせて恐縮」という言い回しを使用した例文をご紹介していきます。 ・お手を煩わせて恐縮です。 ・お手を煩わせて恐縮ですが、必ずご返信いただけますと幸いです。 ・度々のご連絡によりお手を煩わせて恐縮ですが、ご返答よろしくお願いいたします。   など

「お手を煩わせて」は上手く使うことで会話がスムーズになる言葉

トピック1021779/要素2341312

いかがでしたでしょうか?今回は、「お手を煩わせて」という言い回しをテーマにして、「お手を煩わせて」という言い回しの意味や基本的な使い方、例文などをご紹介しました。 「お手を煩わせて」という言い回しは、使用するタイミングや使い方を間違わなければ、目上の人にも丁寧に謝罪や催促をすることができる、大変便利な言葉です。ぜひ、正しい意味や使い方を覚えて、積極的に使っていきましょう。

アクセスランキング