IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お構いなく」の意味と類語・使い方と例文・相手に失礼な表現か

社会人常識

「お構いなく」は「お気遣いなく」や「お気になさらず」と同じように、相手の心遣いや配慮をやんわりと断る時に使う表現です。使い方によっては手を嫌な気持ちにさせてしまうこともあるので、使い方には十分気を付けましょう。「お構いなく」の意味を理解し正しく使いましょう。

更新日時:

「お構いなく」の意味とは

トピック1021774/要素2334915

相手に何かをしてもらった時に、相手の配慮に感謝の気持ちを述べる場合や、やんわりと断る場合に使われます。そもそもは、「構う」という言葉と「無い」という言葉の合わさったものですので、「世話をやかなくてけっこうですよ」という意味の丁寧な言葉と言えます。 ただ日本語は難しいもので、「お構いなく」という言葉を丁寧に配慮して使ったつもりでも、相手には「放っておいてください」という冷たく素っ気ない言葉にとられてしまう場合もあります。 「お構いなく」という言葉はよく使われますが、シチュエーションによって使い方や意味、伝わり方が異なってきますので、具体的に違いを見ていきましょう。

「お構いなく」の類語

トピック1021774/要素2334928

「お構いなく」と同じような言葉がありますので、例文を挙げながら比較していきましょう。

お気遣いなく

「お構いなく」と同じように頻繁に使われるのが「お気遣いなく」という言葉です。「気遣い」という言葉は文字通り「相手のことを気遣う」ことです。「お気遣いなく」というのは「気にしないでください」「お気遣いは結構です」という意味になります。 まずは感謝の気持ちを添えて使う使い方があります。例文としては「ありがとうございます。こちらでご用意しますのでお気遣いなく」や「ありがとうございます。お気持ちだけ頂戴いたします。お気遣いなく」などです。「ありがとうございます」という感謝の言葉を添えることによって、相手の配慮や思いやりの気持ちを無下にせず柔らかく断ることができます。 また遠慮したい場合にもこの言葉は使われます。「いりません」「結構です」という言葉だと強くなりすぎる拒否の言葉ですが、「お気遣いなく」という言葉を使うことによって遠回しに遠慮することが可能です。お酒が飲めないのに、どんどんグラスに注がれそうになった時などに使うことができます。 物事を本気で強く断りたい場合は気持ちが伝わりにくい言葉でもあります。「大丈夫です」「結構です」と同じくらい遠回りないい方であるといえます。

お気になさらず

「お構いなく」「お気遣いなく」は少し固い表現で、ビジネスシーンや目上の方に使うことが多い表現です。「お気になさらず」はこの二つよりはよりは柔らかい響きで使いやすい表現です。相手に気遣ってもらった時ならいつでも気軽に使える言葉です。 一方、相手の言動で迷惑をこうむった時などに謝罪してきたとします。その返答としても使える言葉です。例文としては「先日は急に予定をキャンセルしてしまって申し訳ない」という謝罪に対しての「問題ないので、どうぞお気になさらず」のように使います。

結構です

「お気遣いなく」「お構いなく」「お気になさらず」に比べると強い拒否の意味合いが含まれます。相手からの申し出を断るときに使います。 強い拒否の言葉といっても、「いりません」よりはやわらかい表現ではあります。先にも述べたように回りくどい言い方にもなってしまうので、本当に断りたいときには「本当に結構ですので」や「本当に結構ですので、お気になさらず」と言葉をかぶせて使うといいでしょう。

「お構いなく」の使い方

トピック1021774/要素2334931

「お構いなく」は「お気遣いなく」「お気になさらず」と同様、完全な言い回しではありません。メールや手紙などの文章に表すには注意が必要です。

メールでの「お構いなく」の使い方

「お構いなく」は「お気遣いなく」よりも相手を突き放した表現にとられてしまいがちです。ですので、メールの際はなおさら丁寧な表現を覚えておきましょう。 例文としては「どうぞお構いなく」というように「どうぞ」を文頭に付けると少し丁寧になります。目上の方やビジネスシーンなどのかしこまった場のメールで使うには「どうぞお構いなく申し上げます」「どうぞお構いなくお願い申し上げます」「くれぐれもお構いなく申し上げます」「くれぐれもお構いなくお願い申し上げます」がふさわしいでしょう。

状況別「お構いなく」の例文

トピック1021774/要素2334938

今まで「お構いなく」の使い方、意味を説明してきましたが、実際にどのように使えばいいのかを状況別に例文を使って説明していきます。

お茶を出してもらった場合

ビジネスシーンでは取引先に実際に足を運んで商談をすることも多くありますが、その際先方からお茶やちょっとしたお茶菓子を出されます。日本では迎える側が訪問者をお茶でもてなすのが一般的です。 昔からの日本の習わしとはいえ、当然のように受け取るのは失礼にあたります。「ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べることは間違っていませんが、加えて「ありがとうございます、どうぞお構いなく」と伝えると迎える側の配慮に感謝の気持ちが伝わります。

訪問する場合

上に述べたように、訪問先ではお茶を出してもらうことが多いですが、訪問する側は訪問先について腰を下ろしたら、自分から「どうぞお構いなく」と先に言葉をかけておくと良いでしょう。迎え入れる側がお願いして訪問することもありますが、こちらからお願いして訪問する場合もあります。その場合は特に、時間を割いてもらっているだけでもありがたいことですので、最初にこの一言を述べることをおすすめします。

「お構いなく」は相手に失礼な表現か?

トピック1021774/要素2334943

結論から言うと失礼ではありません。相手の自分に対する配慮の気持ちに対しての感謝の気持ちを述べる意味もありますし、相手の配慮を丁寧に断る意味もあります。注意しなければならないのは、誰に対して使うのかです。 「お構いなく」は「お気遣いなく」よりも相手を突き放した言い方になりますので、ビジネスシーンや目上の方には「お気遣いなく」という言葉の方が丁寧です。親しい間柄や目下の人に対しては「お構いなく」で構いません。 また、「ありがとうございます」「どうぞ」という一言を添えるだけで丁寧に聞こえますので、そのようにして使ってみましょう。

多言語での「お構いなく」の表現

トピック1021774/要素2334962

「お構いなく」は日本独自の言い回しではありますが、同じようなニュアンスを海外ではどのように表現するのでしょうか。下記、英語・中国語・韓国語・タイ語・フランス語でどのように表現されるかをご紹介していきます。

英語

「You don't have to do that.」「Please don't trouble yourself.」「Please don't worry.」という表現が使われます。「気にしなくていいよ」という軽い意味合いです。気遣いを意味する「considerate」「concern」は使いません。また「Please don't bother.」という言葉もありますが、これは強すぎる言い方で、今後の相手との関係が危ぶまれますので注意しましょう。

中国語

「不要介意」という表現が一般的です。「介入しなくて結構です」という漢字の意味からも想像できます。

韓国語

「신경 쓰지 마시고」と書き「気にしないでください」という意味合いで使われています。

タイ語

「ไม่เป็นไร」と書き、英語でいう「don't worry.」と同じような意味合いです。

フランス語

「Ne vous en faites pas.」と書き「気にしないで」という意味です。

「お構いなく」の使い方に注意!

トピック1021774/要素2334971

「お構いなく」には相手の心遣いや配慮に対して感謝の気持ちを述べる意味と共に、その心遣いや配慮を遠回しに断る意味合いがあります。使うシチュエーション、目的、相手によって意味を考えて使う必要があります。 日本語独特の表現であることから、奥ゆかしさや謙虚さをも感じることのできる言葉ですが、「お気遣いなく」という言葉よりも突き放した表現であることから「せっかくの心遣いを断るなんて」と、誤解を与えてしまうこともあります。目上の人を相手に使う場合やビジネスシーンで使う場合には、「どうぞ」や「ありがとうございます」という一言を添えると、丁寧に相手の心遣いや配慮を断ることができるでしょう。

アクセスランキング