IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オーセンティックの意味・オーセンティックバーはどんなバーか

社会人常識

『オーセンティック』という言葉の意味を皆さんはご存知でしょうか。『オーセンティックバー』やファッション用語で使われているこの言葉、馴染みがないと感じる人がほとんどです。今回は近年多用されることが増えた『オーセンティック』という言葉の意味について考えましょう。

更新日時:

オーセンティックの意味

『オーセンティック』という言葉を皆さんは耳にしたことがあるでしょうか。カタカナ表記されるような言葉をサラッと言えるとそれだけで他者からはかっこよく映ってしまうものです。最近、より使われることが多くなってきた言葉の一つに『オーセンティック』は挙げられるでしょう。 この『オーセンティック』とは『authentic』と英語で表記し、元の意味はギリシャ語の『根源となる』というところから来ていて幅広く使われるようになったと言われています。今回はそんな『オーセンティック』という言葉の意味について詳しく解説していきます。

オーセンティックの意味はギリシャ語が元になる!

上記でも触れたように『オーセンティック』の意味とはギリシャ語の『根源となる』という意味から来ていて『まがいものでない本物である』『派生したものではない正統である』これらを指して使われています。このように意味がひとつだけではない為、場面によって使い分けられていることが分かります。

本物の,確実な,真正なという意味で,トラディショナル・スタイルを指す形容詞。

オーセンティックバーとはどんなバーか

『オーセンティック』を使う言葉で『オーセンティックバー』というものがあります。もちろんこれは言葉というより『Bar』の名称として使われているのですが、『本物のバー』と考えてもいまいちピンとこない人もいらっしゃるでしょう。 特にお酒に興味が無かったり、バーに足を運ぶことのない人にとっては特にそう感じるかと思います。『オーセンティックバー』と言ったらどんなバーを指しているのでしょうか。

オーセンティックバーとショットバーについて

オーセンティックバーは馴染みのない呼び方だと感じる人は多い一方で『ショットバー』はよく聞くため馴染みのある人も多いのではないでしょうか。ショットバーというのはガールズバーのような場所であってもショットバーに含まれます。その明確な違いをご紹介します。 ●ショットバー● ウイスキーやカクテルなどのお酒を1杯(ワンショット)から注文できるシステムのバーのこと。 ●オーセンティックバー● 会話を楽しむというよりお酒を楽しむ場所。カクテルやお酒の専門知識を持つバーテンダーが所属する本格派のバー。 ショットバーとオーセンティックバーの違いがお分かりいただけたかと思います。この二つの違いに触れながらオーセンティックバーとは一体どんなものなのか次の項目で明らかにしていきましょう。

オーセンティックバーとは?

上記でオーセンティックバーとショットバーの違いについてご説明しました。ショットバーの意味はボトルキープの必要がなく、1杯単位でお酒を注文できるバーです。このことを考えるとオーセンティックバーももちろんショットバーに含まれます。 しかし、ここで解説したいのは『オーセンティックバー』とはどんな意味かということです。この名前が示す『本物の』の意味を考えると、バーテンダーの見た目、振る舞い、カクテル、グラスや氷、様々なものにこだわった『本格派』のバーであると言えるでしょう。 こだわりぬかれた本物の場所にある重圧の中で、落ち着いたお酒を楽しめるバーをオーセンティックバーと呼んでいます。

ファッション用語でのオーセンティックの意味

オーセンティックについて触れていますがファッション業界でもオーセンティックという言葉が使われています。『オーセンティックシャツが目玉商品』こんな使い方を見たことがないでしょうか。ここではファッション業界で使われるオーセンティックの意味についてご紹介しましょう。

ファッション業界では正統派であることを指す

ファッション業界で使われている『オーセンティック』の意味は『正統派である』ことを指しています。要するに衣類の名前などではなく、着こなしの問題であって『本格的な着こなし』ができる、しているファッションを意味しているのです。 例えば『オーセンティックな服を買ってきて』と言われたとたら、それは明確な服を指しているわけではないので『本格的な正統派な服』というのは好みによって左右されるため一概にこれと決める事ができません。 また、意味としてはもう一つあり『昔からあるブルージーンズ』のことを指す場合もあります。そのため場面によって意味が使い分けられていることがほとんどですが、ファッション業界においては『本格派』という意味で使われていることが多いと言えるでしょう。

ユニフォームのオーセンティックとレプリカの違い

自分が応援しているチームのサッカーユニフォームが欲しい、そう思って通販サイトを見てみると『オーセンティック』と『レプリカ』に分かれていて混乱した、という人は意外にも多いのではないでしょうか。 ここではユニフォームにおける『オーセンティックとレプリカの違い』『それぞれの特徴』を意味から解説していきましょう。

オーセンティックとレプリカは全く別物だった

ユニフォームを通販で購入しようとすると明らかに安いもの(2000円前後)が出てきます。これはまずレプリカでもないレプリカの更なる『偽物』だと判断して良いでしょう。 ●レプリカとは● 観戦用のユニフォームとしてサポーターが購入するように作られた製品。耐久性がありオーセンティック製品と比べると安価で購入できる。(10000円前後) ●オーセンティックとは● 選手が着用しているものと生地をはじめほぼ同じ作りをしている。選手が1回きりの着用などを想定し作られているため耐久性にやや不安がある。値段が高価(15000円前後)

このようにオーセンティックの意味を考えるとユニフォームであっても『本物である』ことが強調されていることが分かります。レプリカ製品は耐久性に優れる一方、本物志向のオーセンティックは破れやすいので応援で使いたいのであればあえてレプリカを選ぶ方が賢いのではないでしょうか。

ニューエラのオーセンティックの意味

ニューエラが出しているキャップにも『オーセンティック』というものがあります。ここまでで説明したように『正統派』や『本物』を意味する『オーセンティック』ですが、ニューエラ製品でのオーセンティックとはどういった意味をもっているのでしょうか。

ニューエラのオーセンティックはかなり本格派!

ニューエラのキャップには様々なシリーズが出ていますが、59FIFTYシリーズは王道の人気を誇っています。その中の一つに『オーセンティック』があります。王道の59FIFTYのシルエットを残しつつ、MLBの権威を持った究極のモデルがこの『オーセンティック』なんです。 ニューエラのオーセンティックの特徴は『MLBのプレイヤーたちが実際に着用しているモデル』であることが挙げられます。実際に着用しているモデル、となると選手と全く同じものであってオーセンティックが意味する『本物』であるということです。 ベースボールファンであれば手にするだけで興奮すること間違いなしの製品だと言えるでしょう。

インテリアでのオーセンティックの意味

インテリアにおいてオーセンティックとは『オーセンティックモダン』という言葉で使われています。『オーセンティックモダン』と聞いてもいまいち意味が理解できない人が多いのではないでしょうか。 オーセンティックモダンが示す意味を詳しく解説していきます。

カジュアルではない落ち着いた空間の演出

インテリア用語として使われる『オーセンティックモダン』はカジュアルやポップな印象の部屋ではない空間を意味しています。例えばダークブラウンが基調となりウッドなどを使用した落ち着いた品のあるスタイルなどのことを指します。 高級ホテルの客室などが『オーセンティックモダン』の例として良いイメージになるでしょう。上質で本格派、そんな落ち着いた空間でありモダンスタイルを意味しているということです。

オーセンティックは本格で本物を意味する言葉

今回は『オーセンティック』という言葉についてご紹介しました。オーセンティックはファッション業界をはじめ、様々なシーンで使われている言葉ですが、その真意はどれも『本格』であり『本物』を表しているということがご理解いただけたかと思います。 今まで『オーセンティック』という言葉を耳にしたことが無かった人も、意味を知らなかった人も、この記事をきっかけに疑問が解決されていたら幸いです。明日からの生活で『オーセンティック』という言葉を見かけたらこの記事を思い返して、その言葉が持つ意味を考えてみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング