IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

家を引越す場合のNHKの解約方法と解約を忘れていた場合の対策

家事

引越しのとき二つの世帯が一つになるときにはNHKの解約ができます。忘れずに行いましょう。NHKの解約は電話で行います。電話をして解約届を送ってもらい、それに記入して送り返します。時間がかかる手続きですので、余裕をもって行いましょう。

更新日時:

家を引越す場合のNHKの解約方法

引っ越す際にはいろいろな手続きが必要です。電気やガスなどのライフラインの手続きは忘れてしまうと引越し先で、新しい生活を始めることに支障が出てきますので、忘れてしまう人は少ないでしょう。 そうしたライフラインの引越し手続きに比べて、見落としてしまいがちなのがNHKの解約ではないでしょうか。解約をしておかないといつまでも料金が引き落とされてしまい、返納を求めることになると面倒なことになってしまいます。 そうならないためにも、引越しする際、解約が必要な時にはきちんと手続きをしておきましょう。手続きは意外と簡単にできます。そのNHKの解約方法についてお教えします。

ネット

トピック1021025/要素2327682

NHKの解約はネットからは行うことができません。NHKを解約するためには、引越しだけとってみてもいろいろな条件があり、ネットではその確認がとれないためでしょう。ネットで簡単に解約ができるようになってしまうと、受信料を払いたくないと考える人も簡単に解約ができてしまうため、その防止策としてネットでの解約ができないのでしょう。 NHKオンラインにも世帯同居手続きの画面はあり、過去にはそこから手続きを行えたのですが、現在そこをクリックすると電話連絡を促されます。電話をして、どのような理由での解約であるかを伝えない限り解約はできません。 なお、引越し先でも受信料を払い続ける場合の転居の手続きはネットからでも可能です。

電話

トピック1021025/要素2327923

NHKの解約手続きは電話だけでは完了しません。まずNHKに電話をして正当な理由があって解約したい旨を伝えると解約届けが送付されます。この解約届と必要書類をNHKに送り返すことで解約の手続きが完了します。 この手続きをするためのNHKの電話番号は0570‐077‐077です。午前9時~午後8時までの間に電話をして、引越しで解約をしたいと伝え解約届を送ってもらうようにしましょう。この電話番号は全国からつながるので、混雑してつながらないことも多く、そういった場合にはNHKの地方局に電話してもよいです。 引越しでNHKの解約を考えるときには、NHKに電話をして解約届を送ってもらって、それを記入して送り返す作業が必要です。送ってもらい送り返すという作業が必要なので、すぐにはできません。引越しが決まったら余裕をもって、すぐに行うようにしましょう。

NHKの解約が必要となる引越しのケース

すべての引越しがNHKの解約すべき条件にあたるわけではありません。新たな転居先でも世帯人数が変わらず、またテレビを見続ける場合には、解約ではなく住所変更手続きをして、受信料は同じ口座から払い続けることになります。 基本的には二つの世帯が一つになるといった引越しのときに、一つ分のNHKの受信料が不要となるので、解約になります。同居する人数が変わる引越しの場合には、この条件に当てはまることが多いので、確認が必要です。 続いては、NHKの解約が必要となる場合の引越しの条件にはどんなものがあるのか、細かく見ていきましょう。

実家への引越し

トピック1021025/要素2328215

一人暮らしをしていて実家に引越しをする場合、夫婦で暮らしていて実家で同居するために引越しをする場合、これはNHKを解約する必要があります。二つに別れていた世帯が一つになるので受信料も一件分でよいと考えるためです。 しかし、『住居および生活をともにする者の集まり』に該当しない場合は、受信料を二件分払う必要があるので、注意が必要です。ふたつの家族が一緒に暮らしていても、お互いに独立して暮らしており生活費も分けている場合には、二件の受信料が必要です。 ふたつの家族が生活費とともにしている場合は、生計をともにしていると考えられるため受信料は一件でいいと考えます。この場合は引越してくる人が解約の手続きを行います。

海外への引越し

世帯全員で海外へ引越しする場合にはNHKの解約が必要です。単身赴任での海外への引越しや、誰か一名でも日本国内に残るという場合には、NHKの解約条件にあたりませんので注意して下さい。 海外への引越しとなると、NHKを解約せずに引越しを終えてしまった場合には、無駄な受信料を払うことにもなりますし、引越してからのNHKの解約手続きは時間も手間もかかります。国内に代理人をおいて手続きを行ってもらうこともできますが、それも手間がかかります。 NHKの解約手続きは、NHKに電話をして、まず解約届を送ってもらって、それを送り返す必要があります。時間がかかることを頭に入れて、海外への引越しの場合には特に忘れないように、事前に行いましょう。

同棲

トピック1021025/要素2328588

同棲するための引越しは世帯を一つにするとは考えられず、二件受信料を求められることがあります。しかし、同棲している場合には住居および生活をともにしていることが考えられます。 生活費も完全に別でただ一緒に住んでいる場合には、受信料を払う必要があるとされても仕方ないと考えられます。シェアハウスに住んでいるようなものと同じと扱われます。しかし、同棲であれば生活費をお互いに出し合って暮らしていることが多いのではないでしょうか。 NHKの集金にやってくる人によっては、同棲であってもNHKの受信料の支払いを強く求められることもありますが、生活費を出し合って暮らしている場合には、自信をもってその旨を伝えましょう。 同棲のために引越しをするときも一件分になります。電話で生計をともにする同棲であることを伝え、解約しましょう。

結婚

トピック1021025/要素2332864

結婚による引越しも二つの世帯を一つにする引越しにあたるので、NHKの受信料は一件分でよくなる引越しです。すみやかに解約しましょう。ただし、一件分は払う必要がありますので、一人がNHKにネットもしくは電話で引越しの手続きをしてから、もう一人が結婚するという理由でNHKの解約手続きをすると、スムーズに行えるでしょう。 結婚という新生活が始まる引越しなのに、NHKの解約手続きを忘れて受信料が引き落とされ続けるという事態にならないようにしましょう。これからはあなただけのお金でなく、二人のお金です。結婚のための引越しを機に、NHKをはじめとした諸手続きに対して、しっかりと手続きを取って、新しい生活をスタートさせましょう。

寮への引越し

寮に引越しをする場合にはNHKを解約できるのでしょうか。放送法では「放送を受信することのできる受信設備を設置した者」に受信料の支払いを求めると記されており、それが寮に住む人なのか、寮を管理している人なのかは難しいところです。 受信設備にはテレビなども含みますので、寮の各部屋に受信端子があり、テレビを持ち込んでみている場合には、部屋に住む人に受信料の支払いを求められることが多いです。なので引越しによる解約ではなく、引越し手続きをしましょう。 ただし、寮に住む場合にチェックしておきたいのが、寮費にNHKの受信料が含まれていることがあるということです。寮の管理者が一括して払っています。この場合はその旨を申し出れば今支払っている分は止めることができます。二重に支払うことがないように手続きをしましょう。 また過去の判例には、備え付けのテレビがある賃貸住宅のNHK受信料について、住人とのNHKの受信契約無効とした例があり、受信設備を設置したのはそこに住んだ人ではないとしました。寮への引越しで家電付きの寮への引越しの場合にはこれに当たる可能性も考えられます。迷ったときには電話で申し出てみましょう。

NHKが解約できる条件

トピック1021025/要素2344995

さて、これまで引越しでNHKの解約ができるかどうかについてみてきましたが、そもそもNHKの受信契約を解約できるのはどんな時なのでしょうか。NHKの受信契約が解約できるときを、いまいちど確かめておきましょう。

テレビを設置した住居に誰も居住しなくなる

テレビのある場所に誰も住んでいない場合は当然解約条件にあたります。テレビを設置した住居に誰も居住しなくなる場合には、そのテレビを誰も見ることができなくなりますから、受信料を払う必要も当然ありません。 NHKの受信料は、NHKを見ることができる環境下にある人が支払うものです。見ることができなくなる場合には、支払う必要はないので解約しましょう。勘違いしやすいのは、見ることができるが見ないという場合には、受信料は支払う必要があります。 NHKは見ないので受信料は払いたくない、という理由は通用せず、見ることができる設備がある場合には支払う必要があります。

廃棄・故障でテレビがなくなった

最近はテレビ以外の娯楽もどんどん増えてきて、テレビを廃棄したり、テレビが故障しても修理や買い替えをしない、テレビを持たない選択をする人も増えてきています。このようなテレビを持たないことを選択をするときには、当然テレビが見られなくなりますので、NHKの受信契約を解約することができます。 テレビの廃棄を理由にNHKを解約手続きするときに、テレビを廃棄したという証拠を求められることもあります。テレビを廃棄したときのリサイクル券は、NHKの解約手続きが終了するまではなくさないように保管しておきましょう。

ワンセグ付き携帯電話やカーナビは?

テレビは廃棄したが、ワンセグ付き携帯電話やカーナビでNHKが見られる場合には、受信料を払う必要はあるのでしょうか。NHKでは受信料の支払いを求めているようですが、これは判断が難しく裁判所でも判決が分かれています。 2016年8月、さいたま地裁ではワンセグ携帯は受信料の支払いをしなくてもよいとの判決をだしましたが、2017年5月に水戸地裁はワンセグ携帯は受信料を支払う必要があるとしました。 これは「受信設備を設置した者」が誰かの解釈による違いです。NHKの受信料を絶対に支払いたくないと考えるなら、携帯の機種やほかにテレビが見られる機器はないかといったことにまで、注意を払いましょう。場合によっては受信料を求められることがあります。

NHKの受信料を払わないとどうなる?

NHKの受信料を払わないとどうなるのでしょうか?受信料をずっと支払わずに滞納していると、最終的には財産を差し押さえられる可能性まであります。放送法ではNHKを見ることができる設備を設置した者は受信契約を結ぶ必要がありますから、正当な理由で解約せずに滞納しているとNHKも強硬な手段に出ます。 滞納が続くとまずは書面や訪問で支払いを求められます。これを無視していると裁判所を通じて支払督促されることがあります。これを無視するとNHKは財産の差し押さえを申し立てられるようになりますから、無視せず対処しましょう。 NHKの受信料を払いたくないと考える人は正当な手続きで解約するのがよいです。滞納したままにしておくと、ある日突然裁判所から手紙がくるなんてことになります。解約の手続きはきちんとしましょう。

NHKの解約時に滞納がある場合の対処法

NHKの解約時に滞納がある場合には、解約時にその滞納分を清算することになります。滞納分を支払いましょう。滞納分の支払いをわずらわしいと感じてしまって、解約手続きをしないでおくと滞納分はどんどん増えてしまいます。 解約をすれば今後のNHKの受信料の支払いはなくすっきりすることができます。面倒くさがらずに、滞納していてもNHKの解約手続きはしっかりと行いましょう。解約することで新しい生活をすっきりとした気持ちで始めることができます。

NHKの解約を忘れていた場合返金はあるか

NHKの解約を忘れていてそのままにしてしまうと、その間もNHKを見ていないのに受信料を払い続けている事態になります。その期間に支払ってしまったNHKの受信料は返金されるのでしょうか? 残念ながら支払ってしまった受信料は返金はされません。NHKの規約で過払い分の返金はしないとなっているためです。非常にもったいないので、解約手続きは忘れないようにしっかりとしなくてはなりません。 NHKの支払い方には、何か月分かをまとめて口座引き落としで支払うことで、少しお得になる支払い方があります。この方法で受信料を支払っていた人が解約するときには、先払いした受信料は月割りで返金されますので安心してください。

引越しのときはNHKの解約を忘れずに!

引越しは新生活を始めるためのわくわくするものですが、いろいろな手続きも多く面倒なものです。NHKの解約はその中でも、最優先されるべき事項ではないのでついつい忘れがちですが、忘れずにするようにしましょう。 ネットでの解約はできず、電話をして解約届を送付してもらい、それに必要事項を記入し送り返す必要があります。時間のかかる手続きなので、引越しが決まったらすぐに行うようにし、時間に余裕を持った手続きを心がけましょう。 手続きをせずに過払いしてしまった受信料は返金されません。せっかくの引越しのときに嫌な思いをすることがないよう、解約をしてすっきりとした気持ちで新生活を始めましょう。

アクセスランキング