IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「すいません」の意味と使い方・「すみません」との違い

社会人常識

謝罪するときやお願いをする際に良く使う言葉に『すいません』『すみません』という表現があります。どちらも似た意味で使われることが多いですが実際の言葉の違いって何かご存知でしょうか。今回はこの二つの言葉に着目して、知っておきたい『すいません』の使い方を紹介します。

更新日時:

「すいません」の意味と使い方

『すいませんが宜しいですか?』といった使い方をはじめ、色々なシーンで多用されている『すいません』という言葉について考えたことがあるでしょうか。私たちは場面によって『すみません』『すいません』と無意識のうちに使い分けることができています。しかし本来の意味をご存知の方はそう多くはないでしょう。 今回は『すいません』と『すみません』に着目して詳しく解説していきます。まず初めにこの二つの言葉の意味から読み解いていきましょう。

『すいません』『すみません』の意味と違い

下記、すいませんの意味を見てみるとすいませんとは『済みませんの俗な言い方』と記載があります。すみませんを漢字表記すると『済みません』となり『すみません』でも『すいません』でも同様の意味を持っているということが分かります。つまり、この二つの言葉には発音の違いがあるのみで意味に違いはないということなんです。 また、意味を考えるとすいませんというのは『済まない』の丁寧語にあたります。『済まないね』と感謝の意を込めて気持ちを伝える人がいるのもこの意味を表してのことです。元々の意味にこうやって感謝や謝罪の意味が含まれたのは『ただでは済みませんよ』『今回は何もなしでは済みません』これらの言葉から『済みません』といった意味が抜粋されたことによると言われています。

すいません [連語]「済みません」の俗な言い方。

すいませんの使い方

●電車で席を譲った場合 『すいません、よかったら座ってください』 ●怒られているとき 『すいません、次はないよう注意します』 ●××の書類は完成してる? すいません、忘れました。 ●お客さんから差し入れをもらった 『すいません、いつもありがとうございます』 このように使うシチュエーションを見てみると謝罪の場であったり、感謝の意を示す場合に使われており、同じ言葉であっても使い分けが自然とできています。しかしどのシチュエーションもほとんどの場合で『すみません』と使っても違和感を感じません。 実際に使う場合、『すいません』と『すみません』はどちらが正しいのでしょうか。

「すいません」と「すみません」どちらが正しいのか

さて、肝心な『すみません』と『すいません』どちらが正しいのかという疑に関してですが、結論から言いますと『どちらも間違いではない』ということです。『すいません』は『済みませんの俗な言い方』であるとされるように、どちらも意味はまかり通っているからです。 しかし『すいません』というのは『すみません』が崩れて使われている言葉なため、『すみませんでした』というより『すいませんでした』という方が軽く感じられてしまいます。場面によっては『すみません』を使ったほうが良い場合もあるので使い分けるようにした方がやはり良いでしょう。

「すいません」の敬語

上記で説明したように『すいません』というのは『すみません』よりも軽々しく感じられてしまうことから謝罪の場面であったりシーン別に使い分ける必要があります。また、ビジネスシーンにおいても『すいません』という言葉は改める必要がありそうです。ここでは『すいません』の敬語についてみていきましょう。

『すいません』の敬語表現

『すいません』というのは話し言葉であって、本来であれば目上の人に対して謝罪するのに使用する言葉としては適していません。現代の時代背景が『すみませんでした』『すいませんでした』という人を生み出していると言っても過言ではないでしょう。 では本来ならどんな言葉が敬語として相応しいのかといいますと、『申し訳ございません』や『恐れ入ります』といった言葉になります。『昨日はすいませんでした』というより『昨日は申し訳ございませんでした』と言った方がより重みのある丁寧な言葉に聞こえます。

また、『すいません、ここ宜しいですか?』というのも『恐れ入ります、こちら宜しいですか?』と言った方が誠意が伝わってくる気がしないでしょうか。たった一言なのに伝わり方が大きく変わってくるのが敬語表現の良さです。謝罪は『申し訳ございません』お願いをする際は『恐れ入ります』というようにそれぞれの敬語を覚えておくと良いでしょう。

お願いするときの『すいません』の敬語表現

相手に何かをしてほしい、依頼をするとき使う『すいません』を敬語表現に正すと『恐れ入りますが~』『恐縮ですが~』となります。『すいませんが~』というよりも言葉に誠意が感じられるので、ここでもやはり『すいません』の軽さを失くすことが目上の人や他人に対する敬語表現として最適だと言えるでしょう。

「すいません」と言われた時の返事の仕方

とっさの判断でつい出てしまう『すいません』という言葉ですが、『すいません』と言われたらさすがに無視するわけにはいかないでしょう。もしも『すいません』と言われたらどんな返事をしたら良いのでしょうか。状況別に見ていきましょう。

状況別『すいません』への返事の仕方

●『すいません、お待たせいたしました』 ⇒急ぎではないので大丈夫です。 ●『すいません、あいにく売り切れとなっております』 ⇒いいですよ。わかりました。 ●『すいません、少々遅れます』 ⇒分かりました。お待ちしております。 このように、『すいません』というのは軽い謝罪をする際に使われることの多い言葉です。『大丈夫ですよ』『いいですよ』『気にしないでください』といったような相手を責めるような言葉を選ばないのが最適でしょう。

「すいません」は方言なのか

ここで言う『すいません』というのは『すみません』の俗な言い方であり、話し言葉の一種として考えられています。そのため文章として表す際はどちらかと言えば『すみません』と書く方が正しいと言えるでしょう。もしくは謝罪をするのであれば上記で紹介したように『申し訳ございませんでした』といった表現に変えることをオススメします。 このことから書き言葉であるのは『すみません』であり話し言葉としては『すいません』も適用されるということが分かります。この『すいません』というのはそもそも方言など関係あるのでしょうか。

『すいません』と方言の関係

『すいません』という言い方は『すみません』の俗な言い方とされていますが、実際に全国の方言での言い方を見てみると『すいません=済みません』は各都道府県によって言い方が違っています。『すんまへん』や『ごめんなー』『もーしわけねー』などある中で高知県と宮崎県においては方言として『すいません』と使われています。 各都道府県で言い方は変わってきますが、『すいません』が方言である地域もあるため『軽い言い方』だと決めつけるのも一概には言えないでしょう。とはいえ『申し訳ございませんでした』に勝る言い方はないのでどちらにしても謝罪の際は気を付けた方が良いということです。

「すいません」の丁寧語

上記で説明してきたように『すいません』というのは『済まない』という言葉からきています。そのため『すいません』の丁寧語となると『すみません』が適していることが分かります。

すみません 「すまない」の丁寧語。相手に謝罪・感謝・依頼などをするときに用いる。「連絡が遅れて済みません」「お見舞いをいただいて済みませんでした」「済みませんが本を貸してください」

すまないという謝罪の気持ちを含めた丁寧語であれば『この度は済みませんでした』『お世話になり済みませんでした』『済みませんがもう少しお待ちいただけますか?』というような表現を使うと良いでしょう。 『すいません』の敬語表現では『申し訳ございません』や『恐れ入ります』をご紹介しましたがこれはより丁寧な言葉として使われている謝罪表現となるので、使い分けができるようにしましょう。

「すいません」は間違いなのか

順に『すいません』について見てきましたが、『すいません』と何気なく言ったつもりでも相手にとっては軽々しく聞こえてしまい不快感を与えてしまった、ということも少なくないでしょう。そう考えると『すいません』という言葉自体が『間違いではないのか』という疑問さえも生まれてしまいます。 しかしながら『すいません』という言い方が間違いなのかと問われると一概に『間違い』と決めつけることはできません。

『すいません』は俗語であり方言でもある

先述したように、そもそも『すいません』というのは『すみません』の俗な言い方に当たる言葉です。そのため言い方が少し崩れてはいるものの言葉としては成り立っているのです。しかし上記にも書きましたが文章として書く際に『すいません』と使うのはNGとされています。すいませんは軽々しく聞こえてしまうことから『使う場面』を選ぶ必要があると言えるでしょう。それを踏まえたうえで考えるとあながち間違いではないということです。

また、『すいません』が『すみません』と同様の意味として方言で使われている地域も少なからず存在しています。そういった地域にとって『すいません』と『すみません』を使い分けることは逆に違和感を感じてしまう為これもまた『間違いだ』と済ますことはできないのです。 このように日本語の言い回し方にはそれぞれ違いがあり、すべてが間違いであるといった判断はできません。だからこそ使っていい場面、使うべきでない場面を見極める必要があると言えるでしょう。

「すいません」は失礼になるのか

『すいません』というのは崩した言葉であるため、場面によっては失礼な言い方だと捉えられてしまうことがあります。方言で使っている地域は除いて考えていきましょう。『すいません』は文章で使うことはまずNGとされていますが、会話で使うのは問題ないとされています。例えば『すいません、これお願いしまーす』や『すいませんね~よろしくね~』といった使い方です。 もちろんいくら会話上であっても謝罪する際や目上の人に対し『すいません』というのは失礼とされるので避けた方が良いでしょう。更に言うのであればビジネスシーンにおいて『すいません』と使うのはNGと考えられていることがほとんどです。いくら口癖であっても『申しわけないです』や『恐縮です』といった言い方に変える必要があるでしょう。

『すいません』は場面によって使い分けが必要な言葉

今回は『すいません』『すみません』といったよく使う言葉の使い方についてご説明いたしました。『すいません』という言葉は『済みません』の俗な言い方であることから、あながち間違えた言葉ではないものの、使うシーンによっては失礼だと捉えられてしまうことがあることが分かります。そのため、謝罪の意をもって使うのであれば他の言い方に変えるべきだと言えるでしょう。 もちろん上司や取引先など目上の人を相手にする場合は『すいません』は適した言葉ではありません。場面によって使い分けができるよう言葉の意味を理解して上手く日常会話に取り入れていきましょう。

アクセスランキング