IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご対応」の意味と使い方・敬語・メール|ご対応いたします

社会人常識

「ご対応」という表現をよく目にしますが、正しい使い方を知っていますか。今回は「ご対応」という言い回しについて、その意味や使い方、例文などをご紹介します。ビジネスシーンで使い方に迷ったとき、相手先にメールを送信するときなどの参考にしてください。

更新日時:

「ご対応」の意味と使い方

トピック1020646/要素2342658

社会人の常識として、特にビジネスシーンでは正しい敬語を使うことができるかが、その人の評価にも繋がります。間違った使い方をしていることで、信用されない、評価が下がる場合もあります。特に取引先の相手などには、個人の評価が会社そのものの評価として認識されてしまうことも少なくありません。 今回は、ビジネスシーンで良く使われる「ご対応」の意味と使い方について詳しくご説明します。適切で正しい敬語表現を用いるためにも知っておきたい用語です。

「ご対応」は尊敬語

「ご対応」は「対応」の尊敬語です。相手が対応してくれた場合や、相手に対応を求めるときに使用する敬語です。ビジネスシーンでは使う頻度の多い表現になります。名詞に「ご」や「お」といった接頭語をつけることで、敬意を表す「敬語表現」になります。 ビジネスシーンとして良く使われる「ご対応」という言葉ですが、丁寧な言い回しだけではなく、尊敬語になることを知っておくと、使い方に悩んだり間違った用い方をすることもなくなります。

「ご対応いたします」は正しい?

「ご対応いたします」という表現を見かけることがありますが、この使い方は間違いです。「ご対応」は相手の行動に対する尊敬語なので、この場合、自分側の表現に用いるのは正しくありません。自分側に敬語を使うことになってしまいます。間違えやすい表現なので注意しましょう。

「ご対応」の謙譲語

では、「ご対応」を自分側で使うのには、どのような表現が適切なのでしょうか。 ・「対応いたします」 ・「対応させていただきます」 などが正しい意味での使い方でしょう。対応する状況によっては次のような用い方もできます。 ・「回答いたします」 ・「ご連絡申し上げます」 ・「承ります」 このとき、「させていただきます」や「いたします」は謙譲語ですが、「させていただく」は、相手の許可があった上でする丁寧な言い方で、それによって恩恵を受けることに対する敬意を表します。一方、「いたします」は、「する」という行為の謙譲語です。「させていただきます」と「いたします」のどちらを使うかは、その内容と文章の流れで判断します。

「させていただく」は、より丁寧な言い回しで、最近はさまざまな場面で多用されていますが、使い方を間違うとくどい表現になってしまい、過剰な敬語で慇懃無礼な印象を与えかねません。 また、させていただくを使うときに、二重敬語になってしまうのも間違えやすい表現です。例えば「拝見させていただきました」「拝読させていただきました」など、「見る」「読む」の謙譲語とあわせて二重敬語になっています。丁寧な表現を心がけることは大切ですが、充分注意しましょう。

「ご対応」の敬語表現

「ご対応」という言葉を実際に使用するときには、敬語表現に注意しましょう。ご対応のように、名詞に「ご」や「お」をつけて使用するときには、「〜いただく」「〜していただきまして」と文章で繋げるのは敬語表現としては正しくありません。よく間違えやすい敬語の使い方なので覚えておくと便利です。 間違えやすい例として、「ご対応いただきましてありがとうございます」、「ご対応していただきましてお礼申し上げます」などがあります。

メールでの「ご対応」の伝え方

相手に対応してほしい、または対応してもらった感謝を伝えたいとき、メールで「ご対応」という表現を使うときにはどんな文章にすると良いのでしょうか。 まずは基本として相手の会社名、部署名、氏名を書き、「いつもお世話になっております、○○部の○○です」など丁寧な挨拶の文章をつなげます。そしてこのたび対応してもらった内容について、簡潔で適切な文章で説明し、「ご対応のほどありがとうございます」と伝えましょう。

「ご対応」の敬語でのお願いの仕方は?

相手の対応を待つ、対応してもらうことを希望するメールの例文です。 ・申し訳ございませんが、○○○の件につきましてご対応のほどよろしくお願いいたします。 ・ご多忙とは存じますが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。 ・ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。 ・ご多忙なところ大変恐縮ですが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。 「ご対応、よろしくお願いします」という直接的な表現よりは柔らかで丁寧な意味になります。このとき、相手に対して失礼にあたらないように注意しましょう。相手の状況を気遣う表現を添えることで印象も良くなります。

相手の対応にお礼を伝えるメール

相手が対応してくれたことに対して、お礼を伝えるメールの例文です。 ・適切なご対応、ありがとうございます。 ・早速のご対応をありがとうございます。 ・迅速なご対応のおかげをもちまして、 ・貴社の適切なご対応に心よりお礼申し上げます。 同じ社内の上司(目上の立場)や取引先、相手先に失礼のないようお礼を伝えるようにしましょう。

「ご対応」の感謝メールの仕方

相手が対応してくれたことに感謝の気持ちを伝えるメールの例文です。 ・迅速なご対応ありがとうございました。 ・適切なご対応に感謝申し上げます。 ・貴社のご対応に感謝申し上げます。 ・このたびのご対応のほど、深謝いたします。 お礼よりも、感謝という言葉を使った方が、相手方に対してより気持ちを伝えることができます。対応してもらった事例にあわせて使い分けましょう。

メールのタイミングは?

相手が対応してくれたことに感謝のメールを送信するときは、文章も大事ですがタイミングも重要です。相手がせっかく迅速な対応をしてくれたのに、そのお礼のメールが遅くては意味がありません。相手方にも失礼にあたります。 メールというツールの利便性を生かして、的確に、そしてタイミングを逃さずに送信します。文末に「取り急ぎメールにて失礼します」など気遣いの言葉を加えても良いでしょう。

「ご対応ありがとうございます」の敬語

「ご対応ありがとうございます」という敬語表現はビジネスシーンでよく使用されます。この場合、次のような敬語表現に言い換えてもOKです。 ・対応いただきまして誠にありがとうございます。 ・寛大なご対応を賜り心よりお礼申し上げます。 ・このたびのご対応、厚く御礼申し上げます。 「ありがとうございます」の敬語表現として、「心よりお礼を申し上げます」、「深謝申し上げます」、あるいは「拝謝いたします」などがあります。これらと「ご対応」または「対応」を組み合わせて一文を作るとより丁寧な敬語表現になります。

「ご対応」の類語や言い換えは?

トピック1020646/要素2348579

「ご対応」の類語や言い換えの表現も覚えておくと、ビジネスシーンで活用する範囲が広がります。例えば、対応してもらった内容によっては、「ご説明」や「ご案内」といった言葉の方が適切な場面もあります。また「ご配慮」や「ご回答」なども同様に使うことができます。 「対応」という言葉そのものの類語としては、「対処」や「措置」、「対策」、「処置」などがあります。これらを使う場合には、「対処いただき」「措置くださり」などの表現にすると良いでしょう。「ご対応」という言葉よりも、相手先に適切に伝わる場合があります。それぞれの事例や対応してもらった内容によって使い分けると便利です。

正しい敬語表現で「対応」しよう!

トピック1020646/要素2347043

丁寧で適切な表現を用いることは、ビジネスシーンでも、そして社会人の常識としても大事ですが、意味や使い方を知らずに乱用すると、相手先に常識がないと思われたり評価が下がったりすることもあります。また、無駄に回りくどい文章になる、慇懃無礼な印象を与えてしまう、丁寧な言い回しをしたつもりが、かえって相手に失礼にあたってしまうこともあります。 ビジネスをより良い条件で進める、相手と良好な関係を築きたいのなら、正しい敬語表現を身につけましょう。そして、良いコミュニケーションは相手に対して迅速に丁寧に接することから生まれます。まさに適切な「対応」が必要であることを常に心がけましょう。

アクセスランキング