IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

いとおしいと感じる瞬間・いとおしい目の特徴|彼氏/彼女/子供

恋愛

好きという感情は、ふとした瞬間に「好きで好きでたまらない、いとおしくてたまらない。」という気持ちになります。どういう瞬間にいとおしいと感じるのでしょうか。彼氏や彼女に対して、子どもや赤ちゃんに対して、いとおしいと感じる瞬間について紹介します。

更新日時:

彼氏・彼女がいとおしいと感じる瞬間

トピック1020609/要素2285116

誰にでも彼氏や彼女をいとおしいと感じる瞬間があります。好きという感情よりもさらにその気持ちが強調されるようないとおしいという感じるのは、どんな瞬間でしょう。

甘えてきたとき

相手から甘えてきたときや頼りにされていると感じたときに、いとおしいと感じることが多いです。頼りにされることで、嬉しく思うだけでなく、かわいくて仕方ない、手放したくないといったいとおしいという感情を抱きます。

涙を流している姿を見たとき

つらいことがあったときや映画やテレビで感動して涙を流している姿を見たときにもいとおしいと感じます。普段は見ることのない姿を見たことだけでなく、感動して涙を流している姿は、ピュアな心の持ち主ということがわかったとき、よりいとおしく感じます。

メールで「会いたい」

仕事が忙しくてなかなかタイミングが合わないときに、ふとメールで「会いたい」と書かれていたら、いとおしいと感じます。お互いのタイミングが合わず、会えないことをずっと我慢していたことが、我慢できなくなった瞬間の「会いたい」のメールは、深夜であっても思わず会いに行ってしまいたくなるほど、いとおしきと感じます。

ヤキモチを妬いているとき

異性から電話がかかってきたり、メールをもらったときに、すねて、ヤキモチを妬いている姿は、いとおしく感じます。本当に好きだからこそ、ヤキモチを妬いているという姿がとても可愛らしく、いとおしく感じるからです。

デートで手を繋ぐとき

デートのときに恥ずかしそうに手を繋いでくる姿は、きゅんとしてしまい思わず、いとおしいと感じてしまいます。普段はそんな姿を見せない相手が恥ずかしそうにしながらも、嬉しそうに手を繋いでくるとかわいい、この手を放したくない、いとおしいと感じます。

悩みを相談してきたとき

友達関係や仕事の悩みなどを相談してきたときには、心のうちをさらけ出してくれていると感じ、よりいとおしく感じます。頼りにされていると思えるだけでなく、信頼しているからこそ悩みを相談してくれていると思うと、より親密度が増したように感じることで、いとおしく感じます。

子どもがいとおしいと感じる瞬間

トピック1020609/要素2285120

起きている時間は、かまってちゃんが多い子どもです。一緒に遊んでほしい、いっぱいおしゃべりをしたい、わがままを聞いてほしいとなにかと手のかかるのが子どもです。しかし子どもを見ていると無条件にかわいい、いとおしいと感じる瞬間があります。

寝顔を見たとき

大変な子育ての中で親にとって、ほっとする瞬間が子どもが寝ている時間です。泣かないし、いたずらもしないし、駄々もこねないからこそ、親も子どもに対して素直に向き合える時間です。子どもが寝ているときの純粋無垢な寝顔はただ癒されるだけでなく、とてもいとおしいと感じる瞬間です。時間にも追われて大変さを感じる子育てですが、この子のために頑張ろうと思えるのは、子どもの寝顔を見たときです。 我が子でなくとも、天使のような寝顔を見ていると子どもがいとおしくてたまらなく感じることもあります。

心配をしてくれたとき

子どもが具合悪いときに、親は当たり前のように子どもの心配をします。反対に親が具合が悪いときに「大丈夫?」と子供から心配されたときは、とてもいとおしいと感じます。一緒にお話をしたり、遊んでもらいたいのに「頭痛いの?」と心配して声をかけてくれたり、飲み物を入れてくれたりと子どもが気にかけてくれるときは、とてもいとおしいと感じ、この子を産んでよかった、こんな子に育ってくれてよかったと思う瞬間です。

大好きと言ってくれたとき

子どもから「大好き」と言われると、とてもいとおしく感じます。子どもは嘘がつけません。好きだという気持ちを伝えるときは、素直な気持ちで言葉にします。疲れているときにぎゅーっとして、「大好き」と言われると一日の疲れが吹っ飛んでしまうくらいのパワーをもらえると感じる人もいます。

笑顔で見つめられたとき

子どもが大人を見てにっこりと笑顔になったときに、いとおしいと感じます。子供の笑顔は、つくり笑いではなく、純粋で無垢な心で嬉しさや喜びを感じたときににっこりと笑顔を見せます。子どもの笑顔は大人も自然と笑顔にする力があります。

成長を感じたとき

子どもの成長は、驚かされることも多いのですが、一人では生きられなかったはずの子どもが、一人でできることも増え、成長した姿には感動を覚えるとともにいとおしさも感じます。身長が伸びたりと見た目の成長もありますが、内面的な成長を感じたときに特に子どもに対する安心感とともに、いとおしさも感じます。

赤ちゃんがいとおしいと感じる瞬間

トピック1020609/要素2285125

赤ちゃんはほんとうに一人では生きられません。赤ちゃんの行動はもちろん、赤ちゃんというだけでとてもいとおしいと感じてしまうこともあります。

指をつかんで離さないとき

赤ちゃんは、誰かに頼らなければ生きていくことができません。赤ちゃんが指をつかむとなかなか離すことなく、小さいカラダからは想像もできないような力でぎゅーとつかむことがあります。赤ちゃんがぎゅーと指をつかんで離さないときに愛おしく感じ、守ってあげたくなります。

ぷにぷにとした肌

赤ちゃん特有のぷにぷにとした肌には癒しを感じる人も多いです。成長とともにぷにぷにとした肌の質感も変わっていきます。母乳やミルクからしか栄養を摂らない赤ちゃんのぷにぷにとしたお肌は、守ってあげたくなるだけでなく、とてもいとおしいと感じます。

ミルクの香り

赤ちゃんは、乳飲み子とも言われるように、甘いミルクの香りがします。特に離乳食を始める前までは、母乳やミルクで育つこともあり、とくにミルクのような甘い香りがします。この赤ちゃん特有のミルクの香りがたまらなくいとおしく感じさせます。赤ちゃんを抱いたときにふわっと香るミルクの香りはなつかしさを感じたり、かわいくてたまらない、守ってあげたい、離したくないという感情にとらわれます。

無邪気に笑う姿

赤ちゃんを「たかいたかい」をしたり、「いないいないばあ」をしたりと遊んでいると、無邪気に笑って嬉しさや楽しさ、喜びを伝えます。まだ言葉が話せないからこそ、笑うことでその気持ちを伝える姿を見ていると、たまらなくいとおしい気持ちになります。

いとおしい気持ち

トピック1020609/要素2285144

いとおしい気持ちとはどのような気持ちのことでしょうか。いとおしいは、かわいくて仕方がない、たまらなくかわいいという意味がありますが、普通の好きという感情とは少し違います。よく「目に入れてもいたくない」という表現がありますが、これこそが、かわいくてたまらない、いとおしい気持ちを表した比喩表現です。 好きで好きでたまらない、溺愛している、胸がきゅんと締め付けられるような気持ち、好きで好きでたまらずもどかしい気持ちをいとおしいという言葉で表すことが多いです。

ツインソウルがいとおしいと感じる理由

トピック1020609/要素2285162

ツインソウルとは、もともと一つの魂だったものが二つに分かれたといわれています。ツインソウルをいとおしいと感じる理由は、本来ならば一つだった魂に出会うからです。 ツインソウルは、探して見つかるものではなく、お互いでひかれあって、出会います。会った瞬間に直感的なものを感じます。初めて会うのに懐かしさを覚えることもあります。魂が強く惹かれあうツインソウルに出会うと、離れたくないと感じるほどいとおしいと感じます。

我が子がいとおしいと思う理由

トピック1020609/要素2285169

我が子は、特に母親にとっては、どうしようもなく「いとおしい」存在です。子どもだから守ってあげたいという気持ちだけでなく、見えないものによって「いとおしい」と感じます。

赤ちゃんがお腹にいるときから

妊娠期間は、約10か月です。母親にとっては、お腹に生命を宿したときからとても大切に赤ちゃんと過ごしてきています。赤ちゃんは母親なしでは生きていけないことをわかっているため、より一層我が子のことをいとおしいと感じます。どんなことがあっても守っていかなくてはいけないと思うのが母親です。

血がつながっている

我が子とは血のつながりがあります。夫婦には血のつながりはありませんが、子どもとは血がつながっています。親としても我が子に対して、自分の分身といった感覚を持つ人もいますが、血のつながりがあるだけで、何を考えているのかを理解できることもあります。血がつながっているからこそ、どうしようもなく我が子のことをいとしいと感じます。

顔を見た瞬間に笑顔になったとき

保育園や幼稚園の発表会の時に親の姿を見つけた瞬間に、親にしか見せない笑顔を見せたときにいとおしいと感じます。発表会で不安な気持ちがある中で親の姿を見つけ、思わず笑顔になる姿を見て愛おしく感じるのは我が子だからこそです。

いとおしい目をしている時の特徴

トピック1020609/要素2285174

いとおしい目をしているときは、目の奥がキラキラしています。じっと見つめていたり、目があったことに気付くと、恥ずかしそうにそらしてしまうのも、いとおしい目をしているときの特徴です。「目に入れてもいたくない」という表現があるようにいとおしいと感じているときの目は、それしか目に入らないほどにキラキラとした輝くような目で見つめています。

「いとおしい」の花言葉

「いとおしい」つまり「たまらなくかわいい」「かわいらしい」「とても大切」「大事にしてかわいがりたい」といった「愛」に通じる花言葉を持つ花には、 薔薇     「あなたを愛しています」 桃      「あなたに夢中」 ホトトギス  「わたしは永遠にあなたのもの」 アイリス   「あなたを大切にします」 ジャスミン  「わたしはあなたについていく」 ブーゲンビリア「あなたしか見えない」 があります。 いとおしい気持ちを伝える花を花束にしてプレゼントするのもよいでしょう。

いとおしい言葉の表現の仕方

トピック1020609/要素2285268

いとおしい気持ちを言葉で表現するときには、いとおしいという言葉を使ってどう表現することがあるのでしょう。 「いとおしい」は、漢字で「愛しい」と書きます。 切なくなるくらい愛している、愛くるしい、心から愛しているというように「愛している」をより強調した意味合いで使われることも多いです。 「いとおしくてたまらない」「いとおしくてじっとしていられない」「いとおしくて守ってあげたくなる」といった表現で使います。

いとおしいと感じる気持ちを大切に

トピック1020609/要素2285295

いとおしいと感じることはとても幸せなことです。いとおしいと感じる人がそばにいるだけで、笑顔になれる上に、仕事が大変なときも、つらいことがあったときも乗り越えて頑張ろうという活力にもつながります。いとおしいという感情はとても素敵な感情です。いとおしいと感じる気持ちを大切にしましょう。

アクセスランキング