IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

水菜は生でも食べれるのか・水菜を使ったレシピ|生ハム/生姜

趣味

水菜はアブラナ科の植物で京都が原産地と言われています。関西では水菜、関東では京菜と呼ばれているものです。名前の由来が「水と土だけで育てることができる」ことから水菜と呼ばれています。水菜は生で食べられるのか、水菜の食べ方についてまとめてみました。

更新日時:

水菜は生でも食べれるの?

水菜は生でも美味しく食べれます。いろいろな食べ方ができますが、サラダ、和え物のように生で食べることができ、最近では、サラダ水菜というサラダ専用のものも売られています。水菜は以前は関西で多く食べられていましたが、今では全国に広まり最近では、1年を通して購入することができるようになりました。本来は、秋から冬にかけて11月~2月頃までが旬の野菜です。 水菜の種類は、千筋京水菜、京みぞれ、京しぐれ、サラダ水菜、広茎京菜、赤水菜(茎が赤紫色)、紫水菜(茎が紫色)などがあります。生でも調理しても良い野菜ですが、サラダに向いているもの、加熱料理に向いているもなどがあります。 壬生菜も水菜と一般的に呼ばれていますが、壬生菜は水菜の変種にあたり葉が少し柔らかく葉の形が違います。葉にギザギザがあるものを水菜、ギザギザが無く丸みを帯びているものが壬生菜です。栄養素は水菜と壬生菜はそれほど変わりません。味の違いは壬生菜の方が少し苦味があり、火を通した料理や漬物に向いています。

千筋京水菜

京菜や千筋京菜または、柊菜(ヒイラギナ)とも呼ばれている野菜で固定種です。株が本来は大きなものでしたが、最近では小さいものも採ることが出きるようになりました。サラダ、炒めもの、鍋、漬物など幅広く使うことができます。現在では年間を通して育てることができます。 早生千筋京菜は株は小さめで葉も柔らかく、お浸しやサラダ、鍋などいろいろな食べ方ができます。大阪でよく食べられているハリハリ鍋が有名です。晩生千筋京水菜は、大株で煮物や漬物に向いています。早生千筋京菜が出回る以前は、水菜の代表は晩生千筋京水菜でした。

京みぞれ

早生種で葉は鮮やかな緑で茎は短く丈が低めです。アクが少なく食感が良く生で食べるのに向いていますが、お料理の幅は広く鍋やサラダ、お浸し、炒めもの、漬物にも向いています。 「サラダ水菜」と呼ばれるものは、京みぞれをさらに小株にしてサラダ専用にしたもので、軸が細く葉は通常より柔らかめで小さいです。アクの少ない野菜で食べやすくシャキシャキした食感は、食欲を倍増してくれます。

京しぐれ

葉軸が細くて美しく白い。クセがなくシャキシャキした食感で、早生種で用途は広く、サラダ、炒めもの、鍋、漬物で食べることができます。秋から春にかけて早どりが向いています。

広茎京菜

関東で多く栽培されていたもので、茎の幅があり平たく、葉の色は少し濃くギザギザになっています。茎はしっかりしていてほのかな苦味もあります。鍋や漬物に向いていて食べ方は、生でいただくより加熱調理した方が美味しく頂けます。千筋京水菜の仲間で、茎広京菜とも呼ばれています。

赤水菜

茎が赤紫色でアントシアニン多く含まれています。アントシアニンの量は通常の水菜の10倍ほどあり、お酢できれいな赤色に発色します。赤水菜は加熱しても茎の赤い色は少し残ります。生でも美味しく食べることができ、茎に赤みがあるのでサラダの色付けにもよく美味しさ引き立ててくれます。 調理の下茹でに酢を少しいれると茎の赤い色がきれいに出て、お浸しもきれいな色で仕上がります。

紫水菜

通常の水菜より茎が少し太く緑色で、葉の色は紫色で少し大きく、アントシアニンが含まれています。加熱すると紫色は緑色に変わります。紫色の葉の柔らかい部分はサラダに、茎は炒めものやお浸しに向いています。

壬生菜

壬生菜の葉は、切れ込みがなく丸みを帯びていて細長い形です。京錦壬生菜は、早生種で小株どり向きで京漬物の水菜の代表です。丸葉壬生葉は大株どりに向いているもので寒さに強く、煮物、一夜漬けに向いています。12月~3月の野菜です。露地栽培が中心です。

水菜の生の美味しい食べ方

みずみずしい水菜を生で美味しく食べるには、葉の柔らかい茎の細いあまり大きくない葉のものを選びましょう。新鮮な水菜は葉もみずみずしくピンとハリがあり、茎が白くきれいでツヤもあります。 茎や葉には土が付着していることがありますので、茎はまとまっていて洗いにくいですがしっかり土を洗い落しましょう。 水気をよく切って食べやすい大きさ4・5㎝位にカットしてそのままサラダで塩コショウ、オリーブオイルなどお好みのドレッシングをかけていただくと新鮮な野菜のシャキシャキ感が楽しめます。

生で食べるとまずい水菜の特徴

大きく育ち過ぎた水菜は「生で食べるとまずい」と感じます。サラダで食べても葉のゴワゴワ感や軸の固さが気になり少し苦味を感じる場合もあります。大きく育てて販売されている大きい株の千筋京水菜や丸葉壬生葉は、漬物、煮物に向いていてサラダよりも火を通した方が美味しいです。 しかし、千筋京水菜は小さい株のものも最近販売されていますので、小さい株ものですと生食でも充分美味しく食べることができます。水菜も種類がありますが美味しく生で食べようとすると、育ち具合、大きさの小さいもの(若い葉のもの)を選ぶとほぼ間違いないでしょう。

水菜生産地と生産量

水菜は年間を通してスーパーで見かけることができます。用途も広いので生でシャキシャキ感を楽しんだり、お鍋に入れるとたくさんの量を食べることができます。水菜の生産地、生産量の多い都道府県は、茨城県、福岡県、京都府、埼玉県などです。その中でも断トツに生産量が多いの茨城県です。 水菜の生産量 (2015年統計) 1位 茨城県  18,300(t)        2位 福岡県  4,280(t)  3位 京都府  2,520(t)   4位 埼玉県  2,150(t) 5位 兵庫県  1,950(t)

水菜の美味しい食べ方いろいろ

水菜は食べ方が豊富にあり、とても調法する野菜です。サラダ、お浸し、鍋、和え物、漬物、スープ、パスタやお好み焼きに入れても美味しいです。他の食材ととても相性が良いのでいろいろな調理方法で食べれます。 水菜は買った状態でそのまま冷蔵庫の野菜室に保管していると、葉の水分が抜けて数日でシナシナしてしまいます。少しでも長くシャキシャキ感を保ち美味しく食べるには、保存状態が関係します。

水菜を長持ちさせる保存方法

水菜を適当な長さに切り、2・3分水にさらした後水分をふきとり、キッチンペーパーを敷いたタッパーに入れます。その上にキッチンペーパーをかぶせて蓋をし、キッチンペーパーが濡れてきたら取りかえます。また、水菜を濡らした新聞紙に包んでビニール袋に入れて立てて置くのも少し長持ちさせる方法です。

水菜を使ったレシピを紹介

水菜と生ハムを使ったレシピ

水菜と生ハムは、とても相性が良い組み合わせです。新鮮な生の水菜のシャキシャキ感と生ハムの塩気がぴったり合います。四万十みやちゃんさんのレシピです。パーティーにもぴったりの前菜になります。

水菜と生春巻きのレシピ・クリームチーズを使用

イタリアでおなじみのカプレーゼを手で食べれるようにした「カプレーゼ生春巻き」へるまんさんのレシピです。色もきれいでパーティーでも楽しめる1品です。

水菜と生姜を使ったレシピ

体を温めて免疫力を高めてくれる生姜を使った「豚バラと水菜の生姜醤油炒め」パイパイパイプルさんのレシピです。生姜は血行をよくして代謝も高めてくれます。ぜひお料理に使いたい食材です。

妊婦さんは生で水菜を食べてもいいの?生の水菜もおすすめです

水菜は、妊婦さんにとって調理しても生でも食べて欲しい野菜です。その理由は、妊婦さんに摂って欲しい栄養素、ビタミンC、葉酸、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄などを含んでいるからです。食物繊維も豊富でβ-カロテンも含んでいます。β-カロテンは、身体に入るとビタミンAに変わり免疫力を高め粘膜を強くする作用があります。 水菜には厚生省が妊婦さんに摂ることを奨めている栄養素の中の葉酸、ビタミンC、カルシウム、食物繊維などが含まれています。葉酸は100グラムで140μg含まれ、水溶性ビタミンB群の一種で赤ちゃんの細胞をつくるのに必要な栄養素です。ビタミンCは妊婦さんの風邪の予防やストレスの緩和に役立ちます。カルシウムは赤ちゃんの骨格の形成に必要な栄養です。 カリウムは余分な水分の排出を導いてくれるので妊婦さんに起こりがちなむくみ改善に、食物繊維は腸内環境を整えてくれるので便秘の改善に、ぜひ、食べて欲しい野菜です。

生の水菜の嬉しい栄養

水菜の栄養素加熱
β‐カロテン1300㎍1700㎍
葉酸140㎍90㎍
ビタミンC55㎎19㎎
カルシウム210㎎200㎎
カリウム480㎎370㎎
2.1㎎2㎎
マグネシウム31㎎25㎎

水菜は栄養が豊富なイメージがあまりありませんが、しっかり栄養が詰まっています。ビタミンCは熱に弱く加熱で栄養素は減ってしまうので、生食や加熱する時は短時間での調理が良いでしょう。また、鍋やスープで汁ごと食べるとしっかり栄養分を摂ることができます。 加熱した場合栄養素が増えるのはβ-カロテンで油と相性が良く、炒めたり、オイルを使用したドレッシングで食べると吸収力を高めることができます。β-カロテンは、体内でビタミンAに変換し、粘膜、皮膚の健康維持、視力維持に役立ちます。抗酸化作用があり、がん予防、老化予防の栄養素です。 葉酸は血液、細胞、DNAを作る時に必要な栄養素、ビタミンCは風邪の予防やストレスの緩和、肌荒れ予防、疲労回復作用があり、カルシウムは骨粗鬆症予防、カリウムは、むくみを改善、高血圧の予防、マグネシウムはカルシウムの吸収に必要な成分です。

緑黄色野菜の水菜を食べよう

しっかり緑黄色野菜である水菜は栄養も豊富です。免疫力増進、血栓予防や美肌効果、骨粗鬆症予防、腸内環境の改善、むくみ改善などの効能もあり身体に嬉しい野菜です。スーパーでもよく見かける野菜になりました。 お料理の幅は広くいろいろな食材と相性が良く、味にクセがありません。野菜嫌いの方でもお肉と合わせて調理すると美味しく食べやすくなります。毎日の食卓に水菜の栄養とシャキシャキ感の歯ごたえとともに元気パワーも一緒に頂きましょう。

アクセスランキング