IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

所得税が非課税になる限度額・金額|年収/収入/母子家庭世帯

確定申告・税金

所得税が非課税になる場合は母子家庭ばかりでなく、非正規雇用の人も所得税が非課税になる場合が多いです。国が非課税対象となる対象金額を上げてきているのは確かで、正社員化などを狙い国力を強くする目的があります。非課税として働く場合は所定の年収で仕事をしましょう。

更新日時:

現在の所得税が非課税になる金額など

母子世帯や非正規雇用が増えてきている事もあり、所得税が非課税の対象の収入の人が増えています。母子世帯や非正規雇用の人はスキルアップをすることがなくルーチンワークをただひたすらするので、もらえる給料をアップしてスキルアップができるような雇用体制にすることが課題となっています。 今現在は130万円までの所得税が非課税対象となります。条件等にもより103万円の会社もあれば130万円以上の会社もあります。それぞれ条件で非課税対象の所得税の金額は違ってきます。 非課税世帯の家庭は例えば母親の収入が103万円以内で子供がいる場合です。非課税世帯とは所得を得る人が非課税の対象ならば非課税世帯になります。

国力を上げるために非課税の対象金額をあげようとしている

今まで、103万円の所得があれば非課税の対象でした。この非課税の対象を130万円に上げる動きがでてきたのは数年前からです。所得税が非課税になる場合の人の割合は多く、主婦だけではありません。若い人や非正規雇用として働く人も所得税が非課税の場合が多く、国としてはGDPの上昇と生産性の向上を計り、所得税の非課税の対象金額を上げようとしています。 今までパートタイマーやアルバイトで働いていた人は、所得税の非課税の対象金額が上がる事でさまざまな自由な働き方ができなくなります。 時給で働く人は勤務時間を増やさなくてはいけなくなり、他の家事や学業、就職活動などにも影響してきます。

非正規雇用が多いことを解消するべき

所得税の非課税の対象額を上げて、収入が増えても非正規雇用の人の生活の向上にはすぐには繋がりません。昨今、大手企業の正社員が少なくて困っているというニュースが出回りましたが、原因は2000年頃の規制緩和や派遣業務が始まり、働きにくい環境ができてしまい、格差が増えてきました。 格差というものは一昔前はありませんでした。一億層中流という時代があり、庶民の生活には今程、差がありませんでした。それは大人も子供も同じで、今程、陰湿な子供のいじめや職場でのパワハラというものはありませんでした。格差というものは、他のことでも悪い事ばかりを引き起こします。 所得税の非課税の金額を上げるだけでなく、非正規雇用の正社員化なども懸念されています。

所得税が非課税になる仕事の年収や収入

現在の所得税の非課税になる年収は、103万円か130万円になっています。条件によりも変わってきますが、国は130万円以上にしようとしていることは確かです。 非課税の対象となる仕事は、パートタイマーやアルバイトなど非正規雇用での仕事で、それほど収入がない仕事になります。母子家庭も子供が3人いて母親一人で養う場合は非課税世帯になります。 また競馬や宝くじの収入も非課税になります。非課税になる収入は色々ありますが、所得税を払う上で非課税となる場合は非正規雇用の場合が多いです。

母子家庭の年収は非課税として扱われるのか

母子家庭でもさまざまです。母親一人で所得税の非課税を越える額の給料をもらう仕事をしている場合は非課税として扱われないです。母子家庭でも所得税が非課税の場合と非課税ではない場合とは年収によって変わってきます。 母子家庭の場合は子ども手当をもらうので、所得税が非課税でもそれなりの収入がある場合があります。母子家庭の場合、子供が幼いと仕事も限られてくるので、自然と選ぶ仕事も所得税が非課税になる収入の仕事を選ぶようになりのは仕方がありません。このため、国は母子家庭に手厚い手当をつけるべきです。また保育園や幼稚園などにも子供を預けにくいので、待機児童の問題を解決する事も必要です。 母子家庭の年収が必ず非課税になるとは限りません。

所得税が非課税となる対象者はどんな人なのか

所得税が非課税になる対象者というのは性別や年齢や障害には左右されません。年収が103万円を越えなければ非課税対象者になります。最近130万円に所得税の非課税の年収の対象になります。性別や年齢や障害により対象者は決まりません。 非正規雇用が増えている一方で正社員が減ってきています。非課税対象の金額を上げることは非正規雇用の正社員化も狙って、非課税の対象金額を上げています。それは国力を上げることを第一として国の生産力を上げる事を最終目標としています。 非課税対象となる人の指標はありません。年収が非課税額を超えているのか越えていないのかで決まります。これから非課税の対象額が引き上げられることは確実に行われます。

所得税が非課税となる場合の交通費の扱いなど

年収を計算する際は交通費も含めた所得を計算して所得税を払い非課税の金額になるのかを決めます。年収が非課税となる場合の金額でも交通費も含めた年収で計算されます。それは非課税とならない高い収入がある人も同じです。 非課税の年収で働く場合は徒歩で通勤できる職場が適しています。交通費がきちんと支払われるのかの心配をせずに済みますし、年収にも含まれないので非課税の金額で仕事をしていく場合、余計な心配をせずに済みます。 交通費は電子マネーの登場により、きちんと全額払う企業が減ってきています。非正規雇用として働く場合はなるべく近場で職場を探す事が今後その職場で仕事をしていく上で重要なことになってきます。

所得税が非課税になる家庭の医療費控除などは

非課税世帯の場合、医療費控除で還付されるのは所得税です。医療費は還付されません。確定申告で医療費控除を申請しても住民税から差し引かれますが、非課税世帯の場合は住民税も非課税なのでほとんど返ってきません。 一つの病院で一ヶ月にかかった医療費が莫大な場合、医療費控除が使えますが、その医療費控除は非課税世帯以外の非課税ではない世帯でも同じことです。 生命保険会社の保険等に加入しておき、万が一の病気や怪我に備えましょう。生命保険会社は保険会社の年金などもあるので利用しましょう。

所得税が非課税の家庭は住民税の課税はあるのか

生活保護世帯や125万円以下の場合、住民税が非課税になります。所得税が非課税の場合103 万円以下の場合が多く、125万円以下となり住民税が非課税になります。住民税が非課税になる場合は世帯全体が非課税の対象の場合も条件となります。 障害者の場合も住民税が非課税になります。所得税が非課税となる世帯は住民税の課税の義務はありません。

通勤手当は所得税の非課税に入るのか

通勤手当だけでは非課税かどうかの計算はできません。通勤手当を含めた年収から所得税を計算して非課税かどうかを算出するので、通勤手当が非課税の対象になるのかということにはなりません。 年収は通勤手当も含めた金額で年収を算出するので、通勤手当が非課税なのかというのは年収に含まれるので通勤手当のみでの非課税の計算はできません。

所得税が非課税になるのかどうなのか障害者の場合

障害の軽い障害者が普通に働く場合は、年収が204万円以上になると非課税ではなくなります。 健常者のように103万円や130万円と決まっていません。 障害者には所得税や相続税にも控除があり、障害者手帳や福祉センターでの認可を得る事により、所得税や相続税の控除が障害の重さで控除の金額が変わってきます。 障害者は障害年金をもらっている場合が多く、仕事と言ってもそんなに稼げない事もあり、所得税や相続税の控除というものはヨーロッパより遅れていますが、日本にも完備されています。

所得税が非課税額で働く場合は決まった額を超えないよう働こう!

パートタイマーやアルバイトで働く場合は、所得税が非課税なのかどうかというのは重要になってきます。規定の金額を超えて働いた場合は、多額の税金を払わなくてはいけなくなるからです。社会保険や厚生年金に加入できていない場合は、なるべく非課税額の年収で働きましょう。 非課税の対象の給料の金額も上がってきています。主婦の人は家事に支障がないように、また若い人は仕事の内容と時給がマッチしているのかを確認して働きましょう。 これからは非正規雇用の正社員化が進んできています。じぶんの希望した働き方をしながら非課税の対象として働いていくのか、これからの将来も念頭に入れて考えて働いていきましょう。

アクセスランキング