IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

住所の方の書き方|様/宛て名/敬称/住民票/アパート/履歴書

ビジネスマナー

住所記入欄に「方」という文字が記載されていて戸惑っている方もいるでしょう。この「方」とはどのような意味で、どのような場合に使用されるのでしょうか。本記事ではこれらの疑問にお答えします。住所欄の「方」の意味や正しい使い方を知りたい方は、ぜひお読みください。

更新日時:

住所を記載するときの「方」とは?正しい書き方はある?

住所を記入するときの住所記入欄に「方」という文字が記載されていて戸惑っているという方もいることでしょう。他人の家や寮に下宿をしているため、大家さんや寮の住所を記載したいという際に「方」「様方」という表記法を使いたいという方もいるでしょう。では、この「方」とはどのような意味で、どのような場合に使用されるのでしょうか。 本記事では、これらの疑問にお答えしていきます。住所欄の「方」の意味がよくわからないという方、「方」を使って宛名を記入する際の正しい書き方を知りたいという方は、ぜひお読みください。

住所に記載する「方」とは?どのような意味がある?

「方」「様方」とは、郵便物を届けたい相手の苗字と、届け先の住所とが異なる場合に用いる表記法です。このようなケースには、 ①苗字の異なる誰かの家に寄宿・下宿している場合 ②その他、郵便物に記入する苗字と、住所の表札の苗字が異なる場合 が考えられます。また、原則として個人宅への使用に限られ、施設や企業には使用しません。 「方」「様方」を付けないでいると、受取人の苗字と配達先の苗字が異なるために「受取人はここには住んでいない」と判断され、郵便物が届かない場合があります。気を付けるようにしましょう。

誰かの家に寄宿・下宿している場合

①のケースでは、例えば、鈴木さんの家に佐藤さんが下宿・居候している場合が考えられます。このような場合で佐藤さんに郵便物を送りたい場合は、宛名の欄には佐藤さんの名前を書き、住所の後に「鈴木様方」と付け足します。こうすれば、鈴木さんの家の表札に佐藤さんの名前が記載されていなくても、佐藤さん宛の郵送物を配達員が間違いなく届けることができます。

その他、郵便物に記入する苗字と、住所の表札の苗字が異なる場合

②のケースでは、例えば、結婚した女性が実家に帰省している場合などが考えられます。表札に書かれている実家の苗字と女性の苗字とは異なるので、このような場合も「方」「様方」を用います。こうすることで、女性の新姓が表札に書かれていなくても、配達員が郵便物を間違いなく届けることができます。

住所の「方」の書き方

ここまでは「方」「様方」をどのようなケースで使用するのかを解説しました。ここからは、この「方」「様方」を実際に書くときに注意したいポイントについて紹介します。 まず、書く場所としては住所と宛名の間に「~様方」を記入します。文字のサイズは住所よりも大きく、宛名よりも小さめに書くようにしましょう。あくまで送付先は宛名にする受取人であり、様方を用いる世帯主は住所の一部と捉えます。連名とは異なりますので、注意するようにしましょう。 住所よりも一文字程度下げた位置に「~様方」と書き、それよりもまた少し下げた位置に渡したい相手の名前を書きます。また「~様方」の「~」の部分は、苗字だけでもフルネームでもどちらでも構いません。

「~方」?それとも「~様方」?どちらが正しい書き方?

ここまで「方」「様方」について解説してきましたが、どちらが正しい書き方なのか疑問に思われる方もいるでしょう。郵便物の送付先に「様」をつけるのと同様に「様方」は「方」の敬称であるといえます。 敬称とは、その相手に対して敬意を示す呼び方です。これが付いていないと、相手を呼び捨てにするのと変わりありません。加えて、相手に適した正しい敬称を使わないと失礼にあたりますので、特に気をつけるようにしましょう。 敬称をつけるのは、相手に対してですから、気を付けるべきは以下の2点です。 ①他の人の住所を記入する際は「~様方」を用いる。 ②自分で住所を記入する際は「~方」を用いる。

他の人の住所を記入する際は「~様方」を用いる

①のケースは、実際に郵便物を送る場合があてはまります。送り先の住所は自分ではありませんから、敬称をつけて「~様方」を用いるのが適切です。また、住所録などを作る際も、他人の住所を記入する際には「~様方」を用いましょう。

自分で住所を記入する際は「~方」を用いる

②のケースは、住民票などの書類や履歴書、エントリーシートなどに自分の住所を記入する場合を想定するとわかりやすいでしょう。この場合は、自分の住所を記入するのですから、敬称はつけません。「~方」を用いるようにしましょう。

住所に「方」が付く場合の住民票の表記

住民登録をする際に、他人の家を住所とする場合は、その住所に「~方」を付ける必要があります。しかし、その他人とは別世帯となるため、自分の世帯の世帯主・世帯構成員は自分自身となります。 この場合も、自分自身で住所を記入するため「~様方」ではなく「~方」と記入することがポイントです。他人の家の住所を記載したあと「鈴木方」のように、表札に記載されている苗字を記入するようにしましょう。

アパートの住所の「方書」とは?

住民票などに住所を記入する際は、団地・アパート名や居室番号を「方書」と書かれている欄に記入します。近年は、アパートなどの集合住宅が増え、同じ地番に多くの人が住むようになっています。そこで、同じ地番の中で住所を区別するためにこの「方書」を用います。 具体的には「○○アパート101号室」「△△マンション203号室」などがこの「方書」となります。アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいて、住民票の住所欄の下に「方書」を記入する欄があるときは、このようにアパート名や居室番号を記入しましょう。 また、団地やアパートに住んでいる場合のみでなく、寄宿・下宿している場合に「~方」を付けて表記することも同じく「方書」と呼ばれます。

エントリーシートでの住所の方の書き方

エントリーシートの住所欄

就職活動の際に記入するエントリーシートの住所欄にも「方」と記載されている場合があります。自分が他人の家に下宿・寄宿しているなどといった場合には、住所の後に「鈴木方」というように記入しましょう。エントリーシートを書くときには「~様方」の「様」は敬称ですので省略します。 この「~方」の欄に何も記入する必要がない場合は、この欄は空欄でかまいません。どうしても空欄を作るのを避けたい場合には、この「方」の文字を二重線で消してもかまいません。

エントリーシートの電話番号欄

また、エントリーシートの電話番号欄には「方」「方呼出」などと記載されている場合もあります。これは、自分に直接つながる連絡手段がない場合に、第三者に取り次いでもらう必要があるときに記入します。例えば、他人の家や寮に下宿をしていて大家さんや寮の電話番号を記入するというケースが考えられます。 このような場合は、電話に出る方の苗字を記載しておきましょう。電話に出る方が鈴木さんである場合は「鈴木方呼出」といった具合です。鈴木様の「様」といった敬称は、エントリーシートを書くときには省略することに気を付けましょう。 第三者の電話番号を記入する必要がない場合、つまり自宅や実家の電話番号を記入した場合は「方呼出」の欄は空欄のままで問題ありません。どうしても空欄をつくるのを避けたい場合は「方呼出」の部分を横の二本線で消しても構いません。

履歴書の住所の「方」の書き方

トピック1020193/要素2303191

履歴書の住所の「方」の書き方も、基本的にはエントリーシートの書き方と同様です。上で述べた説明を参考にし、正しい書き方で記入するようにしましょう。

「方」「様方」を正しく使えるようにしよう!

今回は、宛名の書き方の中でも「方」「様方」の使い方について解説しました。宛名の書き方は一見複雑に思えるでしょうが、その作法はとても形式的です。実際の事例なども踏まえながら考えていくと、案外理解しやすいと思った方も多いでしょう。 「方」や「様方」が初耳だった方はもちろん、その使い方が曖昧だった方も理解を深めることができたのではないでしょうか。郵便物を送る時に、送付したのに相手方に届かなかったということがないよう、また、相手方に失礼のないよう、正しく使用できるようにしましょう。

アクセスランキング