IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

採用担当への御中の正しい使い方|様/殿/宛/エントリーシート

就活ノウハウ

就職活動で欠かせない呼称についての記事です。個人名や団体宛の書き方を調べました。ケースごとに違う呼び方もあるので、臨機応変に対応していくことが重要でそのケースの説明も書きました。少しでも就職活動のお手伝いをさせていただきたいと思い、この記事を書きました。

更新日時:

採用担当のあとに御中をつけるのは正しいのか

トピック1020174/要素2333342

就職試験を受ける採用担当へ郵便物を送付する際には、きちんとした宛名書きをしなくてはいけません。採用担当への宛名書きを正しく書くのは社会人のマナーとして必要不可欠な事です。 しかし、いざ採用担当へ郵便物を送る時になって宛名書きの敬称は何が正しいのか、意外と知られていません。採用担当への宛名書きだから正しい敬称をつける必要はないといい加減に考えてはいけません。郵便物の宛名書きも含めて採用試験はすでに始まっています。適当な敬称の書き方では、それだけで常識がないと見なされて不採用となる可能性がないとは言い切れません。 採用担当への正しい敬称の書き方を学び、採用試験の最初の一歩を踏み出しましょう。下記では、採用担当へ御中を使用するべきかどうかについてご紹介します。

御中とは何か?

御中とは、会社などの組織に対しての敬称であると勘違いしている方が多いです。正しくは、会社などの組織の中に所属する送付相手若しくは担当者の氏名か不明の場合に使用する敬称です。 例えば、〇〇株式会社御中 〇〇 〇〇様と記載してしまうと間違っているという事になります。正しくは、〇〇株式会社 〇〇様となります。 会社などの組織に送る際に宛名が分からない場合は、〇〇株式会社 〇〇部御中といった記載になります。 口頭で会社への敬称をつける場合は、御中とは言わずに〇〇株式会社様と言います。 採用担当へ送る際に、「採用担当御中」とは記入をしません。また、同じく個人名においても「〇〇 〇〇御中」とは記入をしません。

採用担当へは御中と様どちらが正しいのか

採用担当へ郵便物を送付する際の宛名書きは「〇〇株式会〇〇採用担当」と記載をしますが、これが組織となるのかそれとも個人となるのかによって「御中」と記載するのか「様」と記載するのかがポイントです。 採用担当は、会社内の一つの部門や部署となります。そのため正しく採用担当への敬称は下記となります。 〇〇株式会社 〇〇採用担当御中 採用担当個人へ郵便物を送付する際の正しい敬称の書き方は、以下となります。 〇〇株式会社 〇〇採用担当 〇〇 〇〇様

採用担当へ敬称の正しい書き方は?

敬称である「御中」と「様」のライン引きですが、基本的なルールである団体宛てなら「御中」と記載する、個人宛なら「様」と記載することを覚えておきましょう。 採用担当の部署や部門に郵便物を郵送する際の宛名書きは、「〇〇株式会社〇〇採用担当御中」、採用担当個人宛に郵送する場合の宛名書きは、「〇〇株式会社〇〇採用担当 〇〇 〇〇様」と記入をします。 尚、敬称を重ねて使用するのはマナー違反となるため「様」と「御中」を両方使用する必要はありません。

採用担当への添え状は御中を使うべきか

採用担当へ郵送する送り状とは、履歴書や職務経歴書とは異なった書類で採用担当へ履歴書を送る際に添えると良いとされている手紙です。 採用担当への添え状には、志望動機を記入し、なぜ応募をしたのか、魅力に感じ自身に適している職場であると考えたかといった事をさりげなく添えます。 この際の採用担当へ記入方法は、採用担当個人宛に郵送する場合は「様」となり会社や部署、部門宛てに郵送する際は「御中」となります。 部門や部署はわかっているが、採用担当の個人名は不明の場合は「〇〇株式会社 〇〇部御中」と記載します。 また、採用担当の個人名はわかっているが部署や部門が不明の場合は、「〇〇株式会社 採用ご担当者 〇〇様」と記載します。 採用担当の個人名も部署や部門も不明な場合は、「〇〇株式会社 採用ご担当者様」と記載します。 「御中」と「様」両方使用するのはマナー違反となりますので「〇〇株式会社御中 採用ご担当者様」とは、書きません。注意をしましょう。

採用担当へは御中と殿どちらが正しいのか

トピック1020174/要素2333401

まず、「御中」とは会社や官庁といった組織や団体に郵便物を送付する際に使用する敬称です。そのため、会社の部署や部門宛てへ送付する際は「御中」の敬称を使用するのがマナーとなります。 一方、「殿」とは目上の方が目下の方に対して使用する敬称です。そのため、目上の方への郵便物の宛名書きの名称では「様」を使用します。 中には、〇〇部長殿、〇〇社長殿といった敬称の使用方法を見かける事がありますが、ビジネスマナーとしては「様」で統一するのが一般的となります。 上記の理由から、採用担当へは「御中」を使用します。間違っても「殿」は使用しません。注意しましょう。

ご担当者様と記入するケース

採用担当へ文章やメールを送る際に、採用担当の名前や部署がはっきりとわかって入れば「〇〇部 〇〇様」と直接先方の名前を書くことができます。名前がわからない場合は、「採用担当をしている人」という事で「ご担当者様」を使用します。 また、他にも採用担当者の名前はわかっているけれど、名前の漢字表記まではわからない場合にも「ご担当者様」は使用ができます。 例えば、採用担当の名前が「ナカムラさん」だった場合、漢字表記だと「中村」「仲村」といった漢字表記が想定されます。 採用担当から名刺を頂いたわけではなく、文面などで採用担当者の名前の漢字表記を確認したわけではないので、想定で記入するはマナー違反です。採用担当の名前の表記間違いは大変失礼です。漢字がわからないからと言ってカナカナで表記する事もマナー違反となりますので「ご担当者様」と記入をしましょう。

採用担当御中の最後は宛・行が必要なのか

トピック1020174/要素2333412

「宛」や「行」が記入されている返信封筒や往復はがきの場合、「御中」と記入を変えれば良いといった認識を持っていませんか。 採用担当から郵送されてきた返信封筒や往復はがきには、「〇〇行」「〇〇宛」とあらかじめ記入されている場合があります。 こちらから返信をする際に「〇〇行」「〇〇宛」とそのまま返信をしてしまうと先方に対して失礼にあたります。 ビジネスマナーにおいて、返信封筒や往復はがきの宛先にあたる「〇〇行」「〇〇宛」の消し方は以下の注意点に気を付けましょう。

縦書き封筒の場合

縦書きの封筒の場合の「行」「宛」の消し方は、2種類あります。 ・二重の斜め線で「行」「宛」を消す方法 斜め線で消す場合、右上から左下に向けて二重線を引きます。 ・縦の二重線で「行」「宛」を消す方法 「行」「宛」の文字の中央に縦線で二重に消します。 尚、ビジネスにおいて修正テープや修正液を使用して消すのはマナー違反です。 「行」「宛」を塗り潰す消し方だと、先方が印字ミスをして自身で修正をしたと取られてしまう可能性があります。

横書き封筒の場合

横書き封筒の場合の「行」「宛」の消し方は、横の二重線です。自身宛ての「様」も同じ方法で消します。 しかし、「行」は漢字の構成上二重線で引いても消したかわかりづらい場合があります。この場合は、縦書き封筒と同じく斜め二重線で消しても問題はありません。 「行」「宛」を明確に消しているかどうかが解れば問題はありません。

御中と様の書き方方法

「行」「宛」を二重線で消した後、「御中」「様」に書き換えが必要となります。 二重線で消した「行」の横に「御中」を加えて書きます。「宛」の場合は、同じく消した「宛」の横に加えて「様」を記入します。 縦書きの封筒の場合は、訂正した文字の真下か左側に記入するのが一般的です。消した「行」「宛」から離れた場所に「御中」「様」を記入するとバランスが悪くなるため、文字の隣に記入するのが良いです。 横書き封筒の場合は、消した「行」「宛」の右横に書き加えるのが一般的です。 尚、封筒の長さによっては右横に書き加えることが難しい場合もあります。この場合は、多少位置を変えて「御中」「様」を記入しても問題はありません。 右横にスペースがない場合は、消した「行」「宛」の下に「御中」「様」と記入しても大丈夫です。 書き換えの際のルールが絶対にあるわけではありません。受け取った先方が見てわかるのかどうかがポイントとなります。

注意点

採用担当への送付の場合、採用試験では少ない情報の中から判断し評価を行います。そのため、封筒の書き方についてもきちんと調べているのかどうか、という視点で見られます。 仕事をする上で自ら調べて行動に移せるのかどうかというところを採用試験では見ています。まずは、わからない事があれば調べる習慣をつけましょう。

採用担当が複数いる場合の御中の使い方

トピック1020174/要素2333457

採用担当が複数いるという事は、組織や会社に送る書類ではないと言う事です。そのため、「御中」は使用をしません。 採用担当が複数いる場合の宛名の記入の書き方は以下となります。 〇〇株式会社 〇〇部 採用ご担当様

採用担当御中の返信用封筒の書き方

ここでは、採用担当への返信用封筒を自ら作成する際の書き方をご紹介します。 返信用封筒の宛名部分に自身の名前を記入する場合、自身の名前の後に「宛」か「行」と記入をします。どちらでもマナー違反ではないのでどちらでも構いません。 宛名を封筒に記入する位置は、縦書きと横書きと多少異なります。 縦書き封筒の場合は、自身の名前の左下に「宛」か「行」を記入します。 横書き封筒の場合は、自身の名前の下に「宛」「行」を記入します。この際、名前と同じ行に記入するのではなく、少し隣の行にずらして記入をするとバランスが良いです。また、先方が二重線で消しやすくなります。 なお、返信封筒の裏側には住所や差出人は記入をしません。これは、マナー違反となりますので注意をしましょう。返信封筒の裏側は白紙のままで問題はありません。 差出人部分は、先方の情報となりますので記入はしません。

エントリーシートを送る採用担当は御中で正しいのか

エントリーシートを送る際に人事の採用担当へ封筒を送る際に、宛名部分に「御中」と「様」のどちらを記入するのか悩みます。 宛名の敬称を間違えたからといって、即座に落とされるわけではありませんが「常識がない人」と採用担当者の記憶に残ってしまいます。エントリーシートを送る時からしっかりと宛名の敬称を確認し円滑に送付しましょう。 エントリーシートを送る際は、採用担当個人宛の場合「様」を使用し、部署や部門宛の場合「御中」を使用します。人事部様とは決して記入してはいけません。

採用担当者がわからない場合

人事部の採用担当者にエントリーシートを送付した場合、採用担当者の名前がわからない事があります。特に、中小企業の採用担当者がわからない場合が多いです。 採用担当者を知るために電話をするのはマナー違反となります。この場合の宛名書きは、「〇〇株式会社 人事部 新卒採用ご担当者様」と記入すると良いです。 また、エントリーシートを送る際は封筒の左下に赤で「応募書類在中」か「履歴書在中」と明記しましょう。

採用担当へのお礼状は御中を使うべきか

採用面接が終わった後にすぐにお礼状を発送します。人によっては、採用担当へお礼状を発送しない場合もありますが、面接時間を割いて頂いた感謝の気持ちを採用担当者へ伝えることをお勧めいたします。 この際のお礼状の宛名書きは、面接官が複数人いる場合面接官の名前に「様」を記入します。ただし、誰が目上となるか不明な場合は宛名を連名で記載することはお勧めいたしません。 この場合や採用担当者の名前がわからない場合は、「採用担当者様」と記入をします。「御中」は個人には使用しないため、お礼状の宛名書きには使用をしません。 宛名書きの名前の漢字を間違えてしまうのは大変失礼な事です。漢字が曖昧な場合は、お礼状の宛名書きは、「採用ご担当者」が無難です。 採用担当者の名前は、面接会場に掲示されている場合もあります。また、係員に質問をすれば教えてくれる事もあります。採用担当の名前を事前にしっておけば、お礼状を記入する際の宛名書きに困ることもありません。可能であれば、面接会場を離れる前に確認をしておきましょう。

お礼状は手紙で書くもの?

面接後の採用担当へのお礼状は、メールや手紙という方法が一般的です。電話ではお礼を伝えません。 お礼状は、お礼の気持ちを伝える文面です。必ず手書きで作成をしましょう。形式的でありきたりなお礼状ではなく、面接の感想などを盛り込んで採用担当者の印象を深くしましょう。 便箋や封筒は、白無地がお勧めです。

採用担当への御中の使用方法には注意が必要

採用担当への郵便物を作成する際に悩むポイントとして挙げられるのが「御中」と「様」どちらを宛名書きとして使用するかです。 「御中」と「様」といった敬称には基本的なルールがあります。きちんと基本ルールを知っていれば問題はありません。 部署や部門への郵便物の場合の宛名書きは、「〇〇株式会社〇〇採用担当者御中」と記入します。採用担当個人への郵便物の場合は、「〇〇株式会社〇〇採用担当 〇〇 〇〇様」と記入を行います 採用担当者は、宛名の書き方も確認をしています。きちんと正しく「御中」と「様」を使い分けましょう。

アクセスランキング