IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

物置/車庫に固定資産税はかかるか・対象の場合いくらかかるか

確定申告・税金

物置や車庫を作る場合、固定資産税がかかる場合と固定資産税がかからない場合があります。固定資産税がかかる場合は条件を満たした場合は課税対象になるので、物置や車庫を作る時は出来るだけ固定資産税のかからない方法で賢く車庫や物置を作るようにしましょう。

更新日時:

車庫や物置などは固定資産税の対象になるのか

一軒家には必ずある車庫や物置ですが、人が住む家のようにさまざまな条件を満たせば課税対象になり、固定資産税を払う事になります。物置や車庫は大きな家にはないと困る建物です。 新築の一軒家にこれから住む人も物置や車庫に固定資産税がかかるのかかからないのかを知るのは大切な事です。 ツリーハウスや核シェルターといった建物もあり、課税対象なのかをあらかじめ知っておく事が大切です。物置や車庫は地面に直接コンクリートを流して作られているのか、物置の場合は地面から離してブロック等で高さを加えているのかが課税されるのか問われます。 地面にコンクリートを流したり、物置を地面に置くと課税対象になり、固定資産税を払わないといけません。 車庫は車やバイクを雨から守ったり、卓球をしたりさまざまな用途があります。物置は外で使う物をいつでも取り出せる事ができ、便利な建物です。できれば固定資産税がかからない方法で物置や車庫を建てたいです。 人が住む家屋にも年間そうとうの固定資産税がかかります。固定資産税だけは支払わないと家に住む事ができなくなるだけではなくなり、固定資産税を滞納した場合、滞納金が多額になり払えなくなる人が多くなっています。賢い方法で物置や車庫を造りましょう。

固定資産税の対象になる場合の条件など

外気分断性、土地定着性、用途性の3つを備えてしまうと固定資産税の対象となります。またコンクリートで固めてその上に物置や車庫を造った場合も固定資産税の課税の対象となります。 外気分断性、土地定着性、用途性の一つでも欠ければ固定資産税の課税の対象にはなりませんので、車庫の場合は屋根のみを作った車庫であれば外気分断性を満たさないので、課税の対象にはなりません。 物置の場合もすぐに移動できる場合やブロックなどで物置を支えている場合などは固定資産税の対象にはなりません。課税の対象になるのはどういう場合の建物なのかというのを知っておくだけでもかなりの節税になります。 車庫や物置を建てたり置く場合は固定資産税がかからないような方法で建物を建てれば課税の対象にはならず、課税の対象かを知るだけでも固定資産税の基本的な仕組みが分かり、その後の生活に活かせます。

物置がコンテナの場合

すぐにコンテナが移動できて、地面に直接コンテナを置いてなければ、課税対象にはなりません。コンテナの場合、丈夫な金属でできている場合が多く、ブロック等で地面を支えて置くことは難しくなります。 コンテナの場合は固定資産税がかかってしまうことになってしまいます。重量があり、すぐに移動できず、地面に置かなくてはいけないからです。 コンテナはクレーン等で移動する事も可能ですが、移動させる時は引っ越しなどの場合であり、コンテナを置く場合は必ず固定資産税がかかってしまうことになります。

物置や車庫の面積はどのぐらいで固定資産税の対象になるか

10m2を越えると固定資産税がかかってしまいます。この面積も地域や面積の査定をする人によりまちまちです。固定資産税がかからない場合を選ぶ場合は10m2より小さな物置や車庫を購入して、先程述べた、外気分断性、土地定着性、用途性のどれかを欠くようにしてできるだけ、地面にはコンクリートを流さずに物置や車庫を作るようにするしかないです。 人が住む家自体の固定資産税も馬鹿にできない程、高額です。中には固定資産税を払うのが嫌で小さな家やマンションや借家に住み替える人もいますが、その場合は大きな家に住んでいて家自体を維持できない場合が多いです。 車庫や物置は10m2の面積から固定資産税がかかります。大きな家に住んでいる場合はなるべくお金のかからない方法で車庫や物置を作りましょう。車庫は砂利を敷いて車のシートを欠けるだけでも変わってきます。車やバイクの自動車の税金も大変なのでできるだけこれ以上、固定資産税がかからないようにしたいです。

車庫や物置の基礎工事から見た固定資産税の対象になる場合

基礎工事をした場合は、コンクリートを使って屋根をつけたり、用途性などを含めて工事をするので課税対象になることを承知して工事をするべきです。工事をする際は工事の過程などをデジカメなどで撮影するので記録が残ってしまい、固定資産税を支払う事からは逃げられません。 基礎工事をして物置や車庫を作る場合は固定資産税がかかるものだと承知して作るようにしましょう。

車庫や物置がコンクリートの場合

外気分断性、用途性、土地定着性を満たしていれば固定資産税の対象になります。コンクリートを使って物置や車庫を作る場合は3つの条件を満たしている事が多く、どうしても課税の対象になる建物になります。 物置の場合でも地面にコンクリートを敷いてその上に物置を置けば課税対象になります。地域ごとに課税対象になるのかの査定はありますが、コンクリートを使って本格的に物置や車庫を作っている場合はどうしても課税対象となってしまいます。

物置や車庫がアンカーの場合

アンカーなどで固定されている場合はコンクリートを敷いている場合と同じく課税対象になります。ブロック等で高さをつけて物置や車庫を置いているのではないのでアンカーを使って、車庫や物置を固定している場合は固定資産税がかかる確率が多いです。

基本的に物置や車庫が固定資産税の対象になった場合の金額

車が一台分の車庫の場合だと4,000円から5,000円かかり、物置だと1,000円から2,000円ほどです。物置の広さや車庫が何台の車が収納できるのかでも金額が変わってきます。 物置の場合、固定資産税がかからないようにする工夫はいくらでもあるので、物置は固定資産税のかからない方法で立てたり、置いたりしましょう。 車庫の場合は屋根をつけるのみで、地面は砂利を敷いても十分な車庫になり得ます。

物置の家屋調査の仕方など

税務署の人に家まで来てもらい調査を依頼します。その際調査をして固定資産税がかかるのかを調べます。無許可で車庫や物置を建ててしまい、その後調査を依頼しないと脱税の罪に問われる事があるので、車庫や物置を作ったり、置く場合は調査をしてもらいましょう。

地域別に見る物置や車庫の固定資産税の金額など

基本的な車庫や物置の固定資産税はそんなに変わりません。県ごとに賃金が違ったり、県の資産が違ったりするのでその影響で固定資産税も変わってきますが、都会や人の密集している場所では比較的税金も高くなります。

浜松市の場合

事業に使う場合の物置や車庫はもちろん、10万円以上でも10万円以下でも事業に使う場合のパソコンや社員研修設備や未可動設備なども課税の対象になります。物置でも自転車を置く場合の簡素なものでは非課税となります。 物置や車庫にかかる詳しい金額は分かりかねますが、固定資産税自体他の県や市とそんなに変わりません。庭においてある物でも固定資産税のかからないものの対象もその県や市によって違います。

名古屋市の場合

課税標準額を1.4%の税率で計算した金額が物置や車庫にかかる固定資産税の金額になります。1.4%という税率という税率を設定している県が多く、後は物置や車庫自体の査定により金額が変わってきます。

相模原市の場合

物置や車庫の償却資産の税金は経過年数などにより、税金自体が減ってくる仕組みになっています。物置や車庫の価値を査定してから、年数経過で税金を減らしていくことになっています。 県ごとの計算方法はほとんど同じですが、県ごとに課税の対象になる物や建物が違ってきます。引っ越しなどをしたら、固定資産税がどのくらいかかるかを知る事でも物置や車庫を作る上で必要になってきます。

札幌市の場合

課税標準額と税率(1.4%)をかけ算して税額を出して納税します。固定資産税を納めるのは4月6月9月12月に納めるので年間に納める額は他の県とはそんなにかわりません。

横浜市の場合

基本的な金額は他の県と変わりません。実際に調査をしないとどの県も具体的な金額というのは出てきません。横浜市の場合は外気分断性、用途性、土地定着性が重視されます。

なるべく固定資産税のかからない方法で物置や車庫を作ろう!

車やバイクを所有している人にとって車庫は必要です。物置も外で使う物を入れておくには便利な物です。固定資産税がかからない方法で車庫や物置を置く事は可能です。税金がかからないようにするだけでも、税金の節税になります。 コンクリートを使って基礎工事をする場合は、固定資産税がかかる確率が高くなります。また丈夫なコンテナを置く場合もブロックなどを敷けないこともあり、課税対象になる場合があります。 できるだけ課税対象にならないような方法で車庫や物置を建てましょう。わずかな税金がかかってもそれを何年も払っていく事は難しくなる時もくるはずです。賢く車庫や物置を作りましょう。

アクセスランキング