IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SEフリーランスになる方法・メリット|在宅・デメリット|失敗

独立ノウハウ

近年独立ブームの風潮に乗るSEのフリーランスへの転移に関して一体どうなっているのか気になる方も多いと思います。ですので今回、メリットやデメリットだけでなく、必須の資格の他に税金や一体どの年代がフリーランスをしやすいのかとことん追求していきます。

更新日時:

SEでフリーランスへの転職を希望をしている人へ

トピック1019903/要素2207417

ここ数年で独立ブームというのはIT業界さえ揺るがしています。その中でやはりSEもフリーランスとなる事が多く、企業側も人員確保によるマッチングが正確にできる事から、フリーSEを求めるという起因も少なくありません。 それだけではなく、年輩の方でも「若い頃から独立を考えていたけれども、風当たりなどの問題から中々転職できなかった。」という方も多い事でしょう。ですので今回はフリーランスによりSEのメリットからデメリットの他にも平均年収の他にも、これから独立を考える人へ必要な資格の紹介などをしていきます。

フリーランスSEになる方法とその上で知っておきたい事は沢山

トピック1019903/要素2207422

独立ブームによって昨今多くなるSEのフリーランス化ですが、最初から独立していこうと考える人もいます。ですが、やはり会社に勤めてからフリーランスに切り替わる人の方が、仕事のノウハウなどに関しても、最初から独立してSEとして働く人と大きな違いも出る事でしょう。 しかし、最初から独立を考えている人もいるので、まずフリーランスSEになる上で、一体独立とはそれ程までに慎重にすべきものなのか紹介します。

いざ独立!そんな時に考えたい会社との違い

中小企業庁発表の2015年度「小規模企業白書」によると現在のフリーランスSEの人は大体が、元々は会社に勤めていたけれども独立したというデータが存在します。 そしてその理由としては「自分で独立したい」と思い、独立する人もいますが、大半は元々会社に勤めていたけれども周囲の人の勧誘や誘いという後押しの意見により独立する人も多いです。 最初から独立していたという人は少ないですが、そんな中でも自分自身で仕事を積極的に引き受け実績を伸ばしたり、どこか大手企業とのコネクションがあるという人もフリーランスSEとして多く働いている人だと言います。

SEのフリーランスになって良かったと思うのはどういう時?知っておきたいメリット

トピック1019903/要素2207430

ではSEという職業でフリーランスになって良かったというメリットとは一体どの様なものなのか。良かったと思える事を紹介します。

在宅だからこそ残業など関係なし!時間のスケジュールは自分の思うまま

フリーランスとなるともちろん出社せずに在宅で仕事に取りかかれるというのが良点の1つです。また会社と違って残業というのもありませんから、自分の好きな時間に取り組むというのも評価が高く、SEは残業があるから大変といった面では精神的な意味ではストレスの軽減にもなるでしょう。 ですが、仕事量や自分の仕事に取り組む時間などを考えると時間調整は非常に難しいです。 また自分でスケジュールを管理するという能力がないと、納期などの問題にも関わってきますので、自己管理は非常に大事です。ですので、あまり自己管理ができない方に独立は問題点でしょう。

時間の活用次第では高収入もありえる範囲!

2015年度小規模企業白書で示された「フリーランスの手取り年収」では、SEの場合であると300万円未満が全体の6割を占めています。 一方サラリーマンや中小企業に勤めている場合、SEの平均年収は414万円と確かに差は出ますが、あくまで一般論であり、時間の活用次第や仕事内容によっては会社に勤めているSEよりも多く手取り年収を貰う人はいない訳ではないです。 何より手取りですから、その時その時の稼ぎによっては大きく違いが出る場合もなきにしもありません。

SEのフリーランスになってから後悔した事はやはりこの3つ

トピック1019903/要素2207438

しかし独立したからといって、メリットだけが存在するわけではありません。独立してから「やっぱり会社にいたほうが良かった」と後悔するデメリットも存在します。ではフリーランスになってから負うようになったデメリットを3つ紹介しましょう。

これは失敗!負担は全て自分の責任となる!

会社勤めであれば、仕事の内容によっては連帯責任という扱いで済まされる場合もありますが、フリーランスの場合は「自分の実力だけで勝負する」というのが指針なので、仕事のミスなどは全て自分に降りかかってきます。 また仕事量やスケジュールなどは全て自分で管理しなければなりません。ですので会社勤めであった頃の「細かいミス最悪会社がカバーしてくれる」という事はないので、全て自分の責任になります。

経費のやりくりによってはとんでもない大赤字!そんな不安と隣合わせ

会社勤めであった頃はそう深く考えない経費ですが、フリーランスとして独立した後は非常に経費とは重要なものになってきます。家賃や光熱費といったものからSEにとっては重要な通信費、消耗品費の他にも広告宣伝費も経費の対象です。 ですが、仕事と直接関係するもの以外は経費として認められませんし、経費を計上する上で領収書やレシートの保存は必須になります。 保存義務は基本7年間で、税務調査が入った場合は税務署から提出を求められることもあります。ですので基本経費を決めるのは税務署であって、時には下りていいと認められているはずのものでも、経費にならない可能性が十分ありえるので注意が必要です。

収入に見合った税金とは関係ない?独立した場合税金はどうなるのか

フリーランスには所得税、住民税の他にも事業税という税金の支払いが必須になります。これは法律で決められた事業に対し、支払いを求められるものでSEもその対象に該当しています。 納付は8月と11月の2回に分けられていて、前年度の事業収入から必要経費をのぞいて計算されるので個人によっては税金にかかるお金も変わってくるでしょう。 税率は職種にもよりますが、3%から5%が妥当で、事業所得が290万円以下であれば税免除、290万を超える所得には290万円を差し引いた残りの額に課税されます。 ですのでフリーランスも世間では立派な会社と同じ扱いであるのか、こういった事業税というのにも頭を悩ませる事でしょう。

フリーランスのSEの平均年収っていくら?年代別に紹介!

トピック1019903/要素2207453

フリーランスの良いところのもう1つは年齢に制限がないことです。ですので会社にありがちな年功序列や定年退職もありませんが、では一体どの年代が1番平均年収が良いのは紹介していきます。

20代だとかなり風当たりは厳しい?若さと経験不足が問題

普通独立とは会社に最低5年勤めてからフリーランスに移転する事が多い上に「SEとしての一とおりの業務をこなせる」こそ独立するための必須条件です。ですから会社に勤めた経験がないといった場合には最低限のビジネススキルも欠けているので、いかなるコネクションを持っていても、まず信用と実績がありません。 会社を辞めてから独立したとしても、やはり20代の場合世間からは「経験不足」と見られるので、年収は一般的なサラリーマンの年収を大きく下回るでしょう。

30代40代が1番安定?その真相は

厚生労働省が発表した平成27年度の会社員のSEの平均年収は592万円、平均年齢は38歳と発表されています。 ではフリーランスの場合どうなるのかと言うと、30代から40代は非常に安定しており、独立した年数が大体10年経っていると平均的月収は仕事量にもよりますが、大体は60万から90万が平均的です。その他色々見積もっても残業も含め、700万から1200万が相場となります。 ただ参加したプロジェクトの数だけでなく、仕事によっても収入は違うので、最低で600万と考えるのが妥当でしょう。

50代にもなるとガタ落ち!?まだやれるのにその限界

SEの仕事を長年続けていても、実は50代になると仕事の量はもちろん、年収も一気にガタ落ちします。その理由として書類検査が通らない事です。 技術的に問題はなくても、周りのエンジニアとの不釣り合い、稼働が上がった時の体力の懸念、あまりにも年上だと指示が出しにくくなると理由はさまざまですが、厳しくなっている事に違いはありません。 しかし一気に100万から200万も減る訳ではありませんが、やはり仕事の量は減るので、月給と共に年収が減るのは覚悟したほうがいいです。 それもあってか最近は高齢の方は自分でSEの資格を取ろうとする若者のために塾を開く人も多いです。

フリーランスSEの平均の単価の相場はどれぐらい稼げるのか?

トピック1019903/要素2207454

フリーランスSEの単価はいくらぐらい?と思う人は多いでしょうが、結論から言うと大体は60万円が相場です。しかしこの「単価」というのは企業と契約する際に「140~160時間時間で60万円」といったように契約するので、会社でいう基本給と変わりありません。 つまり簡単にいうと「1カ月にいくら払いますよ」といった話なので、仕事の規模などによって大きく変わってきます。ですので大体60万から70万が相場だと考えて間違いはないでしょう。

独立する上で知っておきたい!フリーランスSEに必要なスキルとは?

トピック1019903/要素2207465

SEになるならもちろん必要な資格は存在しますが、ではフリーランスSEに必要なスキルや資格は一体なんなのか紹介します。

フリーランス1年目の1年生には法的手続きが必要!一体その手続きとは

フリーランスとして独立するために会社を退職に関する手続きと独立して開業するための手続きが必要になります。まず退職後に国民健康保険への変更手続と国民年金への変更手続きをする事は必須です。理由はもう会社に勤めている訳ではないので、個人名義にする事は当然の事です。 そして開業前に地方自治体に「個人事業開始とう申告書」を提出はもちろん、税務署に「個人事業の開業届出・廃業届」を提出をします。これでようやく個人事業として働く事の下準備を国に申請した事になります。 最後に税務署に「所得税の青色申告承認申請手続」を提出をして、所得税に関しての事は全て通達できます。この青色申告承認申請手続をしなければ、完全に個人事業として働く事を許可されません。 ですので事業を立てる同年の6月13日までにこの書類を提出すればフリーランスとして働く事が認められます。

フリーランスSEになる為に必要な資格とは?必要最低限の資格を紹介

SEとしてはもちろんの事、フリーランスSEになるためには何か必要な資格はあるのか?という質問を解消していきましょう。そこで持っていて困らない資格を紹介します。 基本情報技術者のように基礎をベースとして、確かな知識を持つ資格や、それよりワンランク上の応用情報技術者は必須です。Javaを使ったプログラミングを仕事とする場合は、Oracle Certified Java ProgrammerなどのJavaの需要の多さを求められる資格は必要でしょう。 他にもネットワークスペリシャリストは大規模で堅牢なネットワークシステムを構築、運用できる事からさらに仕事の幅を広げてくれます。場合と状況によってはまた違う資格が必要な可能性がありますが、これら4つの資格はあって困らないでしょう。

資格ではないけれどもこういった人でなければ独立は難しい?

資格ではありませんが、仕事と言うのは人によって不向きというのもあります。フリーランスに向いている人は自己管理はもちろんの事、1人で仕事をしていて孤独を感じなかったり、1つ1つの仕事の内容によって動揺を見せずに大きな心と余裕を持てる人、こういった人がフリーランスの仕事に向いています。いちいちストレスを溜めている様な気性の方にははっきり言って少し難しいでしょう。

独立ブームに乗るか反るか 技術以上にも自分の適性で見極めるのが大事

トピック1019903/要素2207473

独立ブームなどを差し引いても、やはりいつの年代でも「独立したい」と思う人も多いでしょう。しかしやはり独立にもさまざまなリスクが伴うという覚悟が必要です。 給料が安定しない、所得税が高いなどと挙げたらキリはありませんが、人生と同じように考えると、また違う考え方を持てます。だから独立するのであればよく今後の事を考えてみましょう。 逆に言えば独立はいつでもできます。ですので焦らずに経験を積んでからでもおかしくはありません。不安はあっても自分にできる事をしっかり持つ事、それが1番大事な事です。

アクセスランキング