IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ITのフリーランスになる方法|未経験/経験者・平均年収・リスク

独立ノウハウ

IT業界で働いている人なら誰もが1度はフリーランスになることを考えるのではないでしょうか?自分の仕事に責任を持ち、自立して生きていくフリーランスについてこの記事では収入とリスク、持っていると便利な資格などにをご紹介しています。

更新日時:

ITのフリーランスになる方法

トピック1019902/要素2264266

IT業界はあまり労働条件がよくない反面、中にはかなりの高給を稼ぐ人もいるのが現実です。その理由は交渉能力、自己アピール力、スキルと多岐にわたりますが、一番の近道はフリーランスとなり、直接自身の技術を買ってもらうことではないでしょうか。この記事ではITのフリーランスになる方法やリスクなどについてご紹介していきます。

未経験からITのフリーランスになる方法

未経験から少しのスキルでITのフリーランスになるというのは難しく険しい道のようですが、実はそんなことはありません。クラウドソーシングサービスを利用することで誰でも簡単に仕事を見つけることができます。また成果の質が良かったり、先方に気に入られることができるとそのまま専属のフリーランスのIT技術者として直接仕事をもらうことができるようになります。

経験者がITのフリーランスになる方法

経験者の場合であってもIT業界でフリーランスやっていく自信がないと踏み出せない方もいるでしょう。むしろ、大半の方がこれに該当するといえます。まずは「IT フリーランス 求人」などと検索してみましょう。世の中には多くのフリーランス求人があります。一度検索してみて自分に合った条件の仕事があるか探してみることをおすすめします。

ITのフリーランスになるリスクとは?

トピック1019902/要素2264313

日本の終身雇用制度はすでにほとんど形骸化されているとはいっても、会社が失敗から守ってくれたり、技術的な向上を目的とした勉強会を開いている会社も多いです。フリーランスになった場合、会社が守ってくれるという可能性は低いと考えましょう。降りかかるさまざまなITフリーランスのリスクをこの項目でご紹介していきます。

失敗したと感じるケース

ITのフリーランスになるためには市場のニーズをしっかりと感じ取り、技術の開拓を行っていく必要があります。それをおろそかにすると求められている技術と自分の技術にギャップが生じてしまい、その結果として仕事がなくなってしまいます。 また健康診断や確定申告を自分で行ったり、自身の技術力を自分で営業しなければならず、総務や経理、営業の力もある程度必要となってきます。未経験のことにも恐れず踏み込める人物のほうがITフリーランスに向いているといえます。

経費精算の知識がないことのリスク

自身の収入を申告して納税を行う確定申告ですが、まるで魔法の言葉であるかのように節税、経費計上という言葉が使われています。ところがこれは当然自身の仕事を得たり、また仕事で使う物を買った時だけに行えることです。 よく言われる話では10万円以上の買い物は、減価償却費として分割して計上するためにすぐに全額が手元に戻ってこないということがあります。例えば20万円のパソコンを購入した場合、パソコンの耐用年数を4年とし、20万円を4年で割ると1年あたり5万円しか経費として計上することができません。それらが積もり積もっていくと税金を多くとられてしまいます。

案件が取れないリスク

企業に所属していると常に案件があるか、案件がない期間も賃金をもらうことができます。しかし、フリーランスになると自身で案件を獲得できなれば賃金は手に入りません。営業がうまくいかなかったり、フリーという事で契約金を低くされてしまうこともあります。それらを解決し、仕事を安定して獲得するためには技術力、営業力などを日々磨く必要があります。

収入のリスク

トピック1019902/要素2264523

企業と違いプロの営業がついていないITのフリーランスになると平均的な能力のエンジニでは、賃金が安くなってしまうことがあります。その結果、企業務めとあまり収入が変わらない可能性もあります。 そういった状況を回避するために自分の強みとなるスキルを身に着けることが必要です。ほかにも収入を増やすためにマネジメントや上流工程での経験があったり、何より自身の強みをしっかりとアピールすることのできる力を身につけましょう。

ITのフリーランスの平均年収

トピック1019902/要素2264376

やはり何より気になるのはITフリーランスは、年収がどの程度もらえるのかということです。技術力や交渉のうまさによっても上下するものですが、それによって転職のモチベーションも変わってくるでしょう。年代別に細かくご紹介していきます。

30代フリーランスの収入

・300万円未満が35パーセント ・300~500万円が28パーセント ・500~700万円が20パーセント ・700万円以上が17パーセント 300万円未満の方が35パーセントという数字は、フリーランスになったからと言って労せずして簡単に収入が得られるわけではないという事をよく表しています。

40代フリーランスの収入

・300万円以下が32パーセント ・300~500万円が32パーセント ・500~700万円が16パーセント ・700~1000万円が14パーセント ・1000万円以上が6パーセント 300万円以下の割合はあまり変化しない一方で、500万円以上が36パーセントもいるという事が特徴的です。一般的なIT企業では年収500万円未満がほとんどです。技術とセルフプロデュース力で多くの年収を稼ぎ出している人が少なからずいるというのは夢があるといえるでしょう。

50代フリーランスの収入

・300万円以下が31パーセント ・300~500万円が30パーセント ・500~700万円が20パーセント ・700~1000万円が17パーセント ・1000万円以上が2パーセント 特筆すべきは500~700万円、700~10000万円がそれぞれ増加しており、着実にランクアップしているといえます。年功序列のないフリーランス業界とはいえ、年功序列の根付いた日本で働くうえでやはり年齢を重ねるとともに技術を磨いていけば収入も上がっていくとみていいでしょう。

ITのフリーランスに必要なスキル

トピック1019902/要素2264406

ITのフリーランスには情報収集力、マーケティング力やビジネスマナーなどのスキルが求められます。しかし、それらはあくまで案件獲得の際に相対的に評価されるものであり、あいまいなスキルです。この項目では、ITフリーランスになる際にもっと明瞭で確実な「資格」に焦点を当て、必要な資格についてご紹介していきます。

ITのフリーランスに必要な資格

Webエンジニアの場合は「情報処理技術者」やそれの上位資格である「応用情報技術者」を持っていることが自身の持っているスキルの証明になります。また「システム監査技術者」の資格を持っているとアプリケーションの問題点を分析することができるため、アプリケーションを専門的な見地から改善していくことができます。 Webデザイナーであれば、Web業界で初めての国家資格となる「Webデザイン技能検定」をとっておくといいでしょう。7年以上の実務経験が必要となりますが、国家資格なのであるとないとでは大きな差が生まれます。

ITフリーランスの求人単価の相場

トピック1019902/要素2264424

「ITフリーランスエンジニアであなたも月収100万」のような広告をよく見ますが、ITでフリーランスになったからと言って保守系の仕事をしていても高給をもらえるわけではありません。相場として業務系であれば50万~70万円、Web系であれば50~80万円、外資やSAPコンサルであれば70~1000万円以上が相場になっています。

フリーランスになって自分らしく仕事を

トピック1019902/要素2264433

IT業界でフリーランスになることの実情をお伝えしてきましたが、中には夢が壊れてしまった方もいるでしょう。しかし、ITフリーランスになることの1番の魅力は主体性をもって自分の責任のもと仕事を行う事、中抜きのされない形で給料得ることができる事だといえます。自分の仕事に責任を持ち、自身の技術を生かして働きたいという方は情報収集を行っていきましょう。

アクセスランキング