IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

在宅フリーランスのエンジニア・未経験からなるには?

独立ノウハウ

在宅フリーランスのエンジニアは20代が非常に多いですが、スキルとコミュニケーション能力次第では30代や40代も活躍することができます。他にも常に学び続ける姿勢や協調性も大事になってきます。実績を積みながら資格も取っておくと役に立ちます。

更新日時:

在宅フリーランスのエンジニアの年収は?

在宅フリーランスとは、働く時間や働く場所に囚われずに仕事をする人のことです。結婚を機に退職した女性や子育て中で会社勤めが難しい人など、それまで働くことを諦めざるを得なかった人々がフリーランスという働き方を選び始めています。 その在宅フリーランスのエンジニアの方の年収はいくらなのでしょうか。結論から言うと、業種によってさまざまです。20代では400万円、30代では500万円と言われています。起業をされている方は1000万円以上の方もいらっしゃいます。 未経験からエンジニアに転職される方は、ゼロの状態から始めるため苦労しますが、仕事が軌道に乗ってくるとサラリーマンの年収の何倍も稼ぐことができます。

相場や単価

トピック1019490/要素2192049

在宅フリーランスのエンジニアの相場ですが、まずフリーランスの方が苦労するのは人脈づくりです。ゼロの状態から営業をして仕事を取りにいかなければならないため、知人に知ってもらったり、交流会などに参加して人脈を広げなければなりません。加えて、安請け負いをしないことも肝心です。あまりにも安請け合いをしてしまうと自分の首を絞めてしまいます。 また、毎日の仕事に期待以上の結果を出すことや実績をアピールする、常に新しい技術を学び続けることや社会人としての基本を忘れないといった心構えも大事になります。 以上のことを踏まえながらの在宅フリーランスのエンジニアの年収の相場は、スキルが高い人は月に80~100万円ぐらい、一般的な人は40~50万円ぐらいと言われています。

手取り

在宅フリーランスのエンジニアの方は、サラリーマンとは違い税金をしっかりと把握したうえで支払っていかなければなりません。フリーランスという職業は、個人事業主という扱いをされます。この個人事業主の方は、所得税や住民税、個人事業税の3つに加えて、国民年金保険料や国民健康保険料を支払います。 これらの税金を引いた金額が手取りとなります。基本的に報酬として受け取った金額から15%~25%ぐらい引かれます。フリーランスのエンジニアの方は、サラリーマンとは違い会社が支払ってくれないため、サラリーマンの給料の1.5倍の金額を稼ぐことが条件となります。

在宅フリーランスのWEBエンジニアについて

トピック1019490/要素2192002

在宅フリーランスのWEBエンジニアの仕事として、Webサイトに特化したプログラミングが中心となります。システムエンジニアが設計した仕様書に沿って、Webシステムの開発も行います。 加えて、Webエンジニアは、簡単な問い合わせフォームから、ショッピングサイトのカート(商品購入のシステム)、データベースを使用するシステムまで幅広く開発しており、Webエンジニアとしての経験が豊富な場合は、本来システムエンジニアが担当するような設計や全体管理などの業務にも携わることがあります。 この在宅フリーランスのWEBエンジニアの方は、技術スペシャリストや開発チームの技術マネージャーとして働いている方が多いです。

在宅フリーランスのエンジニアの年齢は?

トピック1019490/要素2192008

在宅フリーランスのエンジニアの年齢は、結論から言うと何歳でもできます。ですが、最初のうちは営業をして仕事を取らなければならず、体力がとても必要であるため、40代以上の方はかなり厳しいです。 この在宅フリーランスのエンジニアの平均年齢は、30歳前後の方が多く、未経験の方は25歳前後の方が多くなります。40代の方は、開発プロジェクトのリーダーになっていたり、システム開発の責任者であったりと、責任感ある仕事を請け負っている方が多く、未経験ではなかなか仕事を務めることが難しくなります。

フリーランスのエンジニアの健康保険は?

トピック1019490/要素2192041

在宅フリーランスのエンジニアは、体が資本ですから、怪我や病気は収入に大きく響いてきます。この時に必要な健康保険証ですが、サラリーマンからフリーランスのエンジニアになる方は、会社に返却しなければなりません。返却した後に新しい健康保険に加入しなければなりません。 フリーランスのエンジニアの方が入る健康保険は、まず国民健康保険です。収入によって保険料が増減するため、収入が増えれば結構きつくなります。特にフリーランスの方は、確定申告で青色申告をし、経費を上げていかなければ収入の10%を取られてしまいます。 他にも退職するときに入っていた健康保険の任意継続をしたり、健康保険の被扶養家族に入ったりして節税対策をしていきましょう。

フリーランスのエンジニアに未経験からなるには?

トピック1019490/要素2192012

フリーランスのエンジニアは多くの方が未経験ですが、未経験からなるにはどうすればよいのか。結論からして、フリーランスのエンジニアには誰でもなれます。ですが、すぐに仕事があるかと言われればそんなことはないです。 未経験から始めるためには、自ら学ぶ姿勢を漏って仕事をできるか、コミュニケーションの能力があるか、困難なことにも屈しない忍耐力があるかなど、普段のサラリーマンが持っている仕事への情熱をより持っていなければなりません。 フリーランスのエンジニアは、実績がゼロから始まるため、最低限のスキルを持っていなければなりません。経営の業務知識やHTMLなどの知識など、さまざまスキルがあります。

基本情報技術者

フリーランスのエンジニアに役立つスキルとして代表的なものがこの「基本情報技術者」です。「基本情報技術者」は、本的なコンピュータ、プログラミングの知識が求められる資格です。このスキルを保有している人は、企業からもIT技術を理解していると判断できる材料になるため取得しておくべきです。 この試験は、4月と10月に試験が行われ、合格率が26%と結構低い数字になっています。試験料は5.700円と比較的安いです。年収1.000万円以上の方が共通して持っているため、必須のスキルとなっています。

応用情報技術者

フリーランスのエンジニアとして一歩踏み出したいときに役立つスキルがこの「応用情報技術者」です。応用情報技術者は、基本情報技術試験より難易度が高く、ワンランク上のエンジニアを目指す方に最適な資格と言えます。エンジニアとしての技術力はもちろんのこと、システム開発、IT基盤知識の他に、管理、経営能力など幅広い知識を身につけることができます。 応用情報技術者も4月と10月に試験が行われ、合格率が21%とかなりの難易度があります。フリーランスのエンジニアの実績をアピールするにはうってつけなものになっています。試験料は基本情報技術試験と同じ5.700円で受けることができます。

PHP5技術者認定初級試験

このPHP5技術者認定初級試験という資格は、PHPの専門技術取得能力を正当に評価できる技術者認定試験を実施することにより、認定者の雇用機会や認定者が所属する会社のビジネスチャンスの拡大を図ることが目的です。 試験は全国にあるプロメトリックの試験会場でほぼ1年中行っています。試験料は税抜きで12.000円となっています。初級試験ということもあり合格ラインは7割以上の正解率です。このPHP5技術者認定初級試験は専門スキルのため、取得すると高額案件にありつく可能性が高くなります。ぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

おすすめのエージェントとは?

トピック1019490/要素2192018

在宅フリーランスのエンジニアとして仕事をする際に、「DODA」などといった転職エージェントを活用しながら仕事を探すと非常に見つかりやすいです。おすすめするエージェントは「CODEAL」です。大手のレバテックフリーランスやギークスジョブとは違って全体の案件数は劣りますが、あまり数が少ないリモート案件が多いのが特徴です。 このリモート案件は、短時間の労働をするだけで報酬を得ることができる案件となっており、30~40時間の労働時間で10万円の報酬を得ることができる案件などもあったりします。リモート案件は、時間に縛られることなく働きたいフリーランスの方にマッチしているためぜひ活用してみてください。

求人はどうやって探すのか?

トピック1019490/要素2192052

在宅フリーランスのエンジニアの求人は、転職エージェントから探してみても見つかりにくい場合があります。特にフリーランスのエンジニアになったばかりの人は非常に見つけにくいのではないでしょうか。 そんな中で求人を探す方法として、クラウドソーシングを活用してみてはどうでしょうか。クラウドソーシングは、レベルに合わせた案件がたくさんありWEB開発を依頼している案件があったり、チラシのデザイン制作といった比較的初心者向けの案件もあります。 このクラウドソーシングを活用し徐々にスキルアップを目指しながら、「CODEAL」などといった転職エージェントで自分に合った案件を探してみてはいかがでしょうか。

登録すべきエージェント社とは?

トピック1019490/要素2192025

在宅フリーランスのエンジニアの方は、会社員時代に実績を積んで独立した方と、まったくの未経験からなる方がいます。実績を積んで独立した方は、会社員時代の人脈を辿って仕事を得ることができます。しかし、未経験の方は、何から始めていいかわからないです。 そんな時に登録しておいた方がいいエージェント社があります。「アットエージェント」「ハッピーエンジニア」「PROSheet」「スキルサーフィン」の4社です。それぞれの会社のサポート体制はどうなっているのでしょうか。

アットエージェント

アットエージェントの特徴として、自分に合った案件が豊富にあるということです。加えて、担当者が親身に相談に乗ってくれるため非常に評判がいいです。高額な案件も多くフリーランスのエンジニアには使い勝手がいいです。 他にも、案件が終了した後でも次の案件を紹介してもらえるため仕事が途切れるという不安を解消できます。一番重要視する点として、案件が企業から直接受けるため報酬が高いです。フリーランスのエンジニアは収入が少ないと生活に支障が出るため、仲介料をたくさん取られてしまうと不安になります。ですから、企業からの直受けの案件は大変重宝します。

ハッピーエンジニア

ハッピーエンジニアの特徴として、60~70万円以上の高額案件が豊富であり収入面の不安がとても少ないことです。加えて、他の大手企業とは違い手数料が安いことも特徴です。 他にも、30代や40代の案件も紹介しています。フリーランスのエンジニアは20代が多く、30代以上になってしまうとなかなか仕事を見つけることが難しくなります。また、60~70万円以上の高額案件が豊富なため、週3から働くことができる案件も存在します。 ハッピーエンジニアは、高額案件が豊富なため、週に5.6日も働かなくても十分に生活することができます。これは、時間に縛られることなく働きたいというフリーランスの需要にぴったりと応えています。

PROSheet

PROSheetの特徴は、週2から働くことができることです。空き時間に少しだけ働きたいというニーズに見事に応えています。他にも、報酬の交渉はとても面倒くさいですが、PROSheetはその交渉を代行してくれるため、不安材料が1つ減ります。 PROSheetは空き時間に少しだけ働くスタイルのため、未経験のフリーランスのエンジニアが少しずつ実績やスキルを身に着けるために活用している人が多いです。自身の目的に合わせた働き方ができるために非常に充実した仕事をすることができます。

スキルサーフィン

スキルサーフィンの特徴は、あまり市場に出回らない非公開案件が多いことです。元エンジニアの方が多く在籍しており、幅広い業界知識をもって相談にのってくれます。加えて、スキルサーフィンは他のエージェント社と違い「人」を非常に大切にする会社です。人が成長することで企業も成長するという考えがしっかりと根付いています。 他にも、スキルサーフィンは案件の検索が簡単にできるため、自分に合った案件を探すことができます。キャリアプランを構築する力が非常に高く、合わないと感じたらカウンセラーに相談することで自分に合ったキャリアプランを構築してくれます。 スキルサーフィンは、人とのつながりや成長を非常に大切にしており、しっかりとしたキャリアプランを構築してくれるため、活用しやすいエージェントとなっています。

在宅フリーランスのエンジニアとして働くために

トピック1019490/要素2192035

在宅フリーランスのエンジニアとして働くには、常に学び続ける姿勢とコミュニケーション能力、そして協調性など、社会人としての基本が非常に大事になってきます。 そのうえで、実績や基本情報技術者などといったスキルも仕事を通して身につける必要があります。もしも、仕事がなかなか見つからなくて困ってしまう場合には、アットエージェントやハッピーエンジニアなどのエージェント社に依頼して案件を紹介してもらってください。 時間に縛られることなく自由に働きたいというフリーランスのモットーは、これからの働き方の主流になりつつあるため、人脈やエージェント社をうまく活用しながら仕事を見つけてください。

アクセスランキング