IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

在宅ワークの種類の評判/メリット・仕事の内容種類

社会人常識

在宅ワークにはさまざまな種類があります。まとまった額を稼ぎたい仕事とお小遣い程度に稼ぐ仕事の両方の仕事があり、在宅ワークの幅は広いです。今回は、おすすめの在宅ワークを紹介します。参考として計16種類の仕事内容も紹介していますので参考にしてみてください。

更新日時:

在宅ワークの種類

在宅ワークの種類はさまざまです。専門的なスキルを持っている人しかできない仕事や、スキルを持っていなくてもできる仕事があります。今回は、在宅ワークの種類を紹介します。

おすすめランキング

在宅ワークのおすすめランキング第3位 商品登録

登録する商品の画像を撮影し、説明文を執筆するお仕事です。ネットショッピングの商品登録ですので、毎日更新されていて多くのお仕事があります。

在宅ワークおすすめランキング第2位 データ入力

これは、コールセンターのように電話受付し、それから得られた情報をエクセルやワードに入力します。専門スキルの求められる案件から、初心者でも始められる案件まで幅広い種類があります。

在宅ワークおすすめランキング第1位 アンケートモニター

インターネット上でアンケートに答えてお金が貰えるので、ちょっとした空き時間に仕事ができます。家事でまとまった時間が取れない主婦の方におすすめです。

メリット・デメリット

在宅ワークのメリットは、比較的自由だということです。納期に間に合いさえすれば、どのような時間割で仕事をしても問題ありません。家にいなければいけない、という事情がある方に在宅ワークはうってつけです。 また、在宅ワークは一人でできる仕事です。人見知りで知らない人と一緒に作業するのが苦痛だという方も、安心して仕事ができます。「自分の家」という落ち着ける環境で作業ができるので、仕事に対するハードルも低くできます。 在宅ワークにもデメリットがあります。それは、普通のアルバイトに比べて賃金が少ないという点です。在宅ワークは簡単な作業が多いため、その分もらえる賃金も低く設定されています。まとまった額を稼ぎたい場合は、多くの作業をこなす必要があります。

評判

ネット上でも在宅ワークの賃金は低いという評判が散見されます。在宅ワークにはさまざまな種類の仕事があるため、一概にどうとは言えません。しかし、在宅ワークに限らず誰でもできる仕事は賃金が低い傾向があります。それを考慮した上で、在宅ワークという選択をしましょう。

在宅ワークは稼げない?

「賃金が低い」という声とともに「稼げない」という声もあります。これには、仕事の種類が関係してきます。専門性の高い仕事の場合は、賃金が高く設定されています。上述でもお話しましたが、そうではない仕事は賃金が低く設定されています。

仕事の種類によって貰える金額は大幅に異なる

しかし、クライアントによっては昇給制度を導入している場合もあります。専門的な仕事でなくても、稼げるようになる可能性は十分にあります。仕事の種類によってもらえる賃金は変動します。

人別のおすすめの在宅ワーク

ここでは、人別におすすめの在宅ワークを紹介します。在宅ワークには、専門知識が必要な種類の仕事もありますので、ここを参考に仕事を選んでみてください。

主婦

家事でまとまった時間の取れない主婦の方は、アンケートモニターから始めることをおすすめします。専門的なスキルも不要な仕事で、スキマ時間にできます。アンケート内容には豊富な種類があるため、楽しみながらできます。

高校生

高校生の方には、データ入力をおすすめします。専門的な知識を持っていないことが多いですから、データ入力のような単純作業が良いでしょう。また、データ入力を通して、基本的なワードとエクセルのスキルを身につけることができます。

正社員

正社員の方は、ライティングがおすすめです。自分の本業である分野の記事を受注すれば、まとまった額を稼げる可能性があります。職務経験は、自分が感じている以上に役に立ちます。ライティング案件の記事はさまざまな種類がありますが、自分の詳しい分野の案件を受注しましょう。

アルバイト

他のアルバイトと在宅ワークを兼業する場合は、簡単な種類の仕事を選びましょう。データ入力のような単純作業がおすすめです。在宅ワークと他のアルバイトとの両方がハードワークですと、心身ともに参ってしまいます。

派遣

派遣の方には、ライティングがおすすめです。会社員の場合と同じく、自分の職務経験が活かせる可能性があります。現在の仕事と同じ分野のライティング案件を受注すると良いでしょう。

在宅ワーク仕事の種類

「在宅ワークにはさまざまな種類がある」と上述しました。ここでは、16種類の在宅ワークの仕事内容を簡単に紹介します。以下を参考に、自分にはどのような種類の仕事が合っているのかを参考にしてみてください。

シール貼り

多くの人に浸透している在宅ワークの仕事にシール貼りがあります。小物や洋服に値札、バーコード、PRなどを貼っていきます。地道な作業をコツコツとできる人にピッタリの仕事です。

英語

在宅ワークには、語学力を活かせる仕事もあります。在宅の英語教師という仕事があります。実際に、自分の家を教室として使うケースもありますが、オンラインで行うことも可能です。

入力

上述しましたが、入力の仕事は誰にでもできる仕事が多いです。仕事は、クライアントから送られてきたファイルに指定のフォーマットでデータを入力する、という内容です。

CAD

「CAD」は建築、工業製品で使われています。クライアントの指示どおりに設計図面を完成させます。CADは専門的なスキルですから、在宅ワークの中でも高収入な仕事です。

イラスト

イラストの在宅ワークもあります。ゲームに使われるキャラクターや企業のマスコットを描いて賃金をもらいます。最低限、Photo Shopが使えなければなりません。イラストを描ける人は少ないので、在宅ワークの中では高収入が期待できます。

ライター

ライターは、文章を書いてお金をもらう仕事です。Webメディアや個人ブログに記事を提供することが主な仕事です。金融や保険といった専門的な知識が必要とされる記事は、他の記事よりも単価が高い傾向にあります。稼ぐには、どのような種類のテーマが書きやすいかを知っておくことです。

採点

送られてきた答案を採点する在宅ワークもあります。ただたんに○と×をつければ良いと言う訳ではなく、コメントや解説を入れることを求められます。多くの場合、採点マニュアルが用意されています。

海外

海外に在住している方も、インターネットを通じて日本の在宅ワークに応募できます。この場合、クラウドソーシングを利用して仕事を受注することになります。

アンケート

アンケートは、スキマ時間で稼ぎたい人にうってつけの在宅ワークです。具体的な内容として「○○銀行に口座を持っている方」「○○を体験したことがある方」といったものが多いです。さまざまな種類がありますから、ご自分の興味のあるアンケートが見つかるでしょう。

翻訳

語学力を活かせる在宅ワークとして、講師を上げましたがこれ以外にも翻訳の在宅ワークがあります。海外製品の説明書やテープ起こし、商品登録といった仕事が主です。商品登録は、日本のネットショップに登録するよりも賃金が高い傾向があります。

文章起こし

文字起こしは、誰かの講演やインタビューを文字に書き起こす作業です。聞き取れない箇所は、何度も繰り返し聞いて文字に起こさなければなりません。高い集中力が必要とされる仕事です。

モニター

モニターは、パソコンで送るタイプのものを上述しました。ここでは、郵送形式のモニターのお仕事について紹介します。郵送形式のモニターは、パソコンが苦手な方にぴったりの仕事です。質問内容は、インターネットで行われるのと同じように種類が豊富です。

ハンドメイド

ハンドメイドの案件は種類が豊富です。案件としては「ワンピースを作ってください」「がま口のバッグを作ってください」「アクセサリーを作ってください」といった案件があります。手作業が好きな方におすすめです。

校正

校正の在宅ワークは、送られてきた原稿の誤りを訂正する仕事が主です。ライターさんが書いた記事に誤りが無いかを確認し、誤りを見つけ次第訂正します。マニュアルを用意している場合もあるので、初心者でも安心して受注できます。記事の種類はさまざまですが、マニュアルどおりに作業ができれば問題ありません。

テレアポ

テレアポの在宅ワークは、企業に電話をして営業が訪問する日程を取り付けるのが主な仕事です。報酬は、コール数と約束を取り付けた数によって決まります。約束を取り付けることができなくても、コール数での報酬が発生します。

WEB制作

WEB制作は、専門的なスキルが必要な仕事ですので、他の仕事と比べると高収入です。仕事内容は、個人ウェブサイトの制作、ネットショップの構築と運用、スマートフォン向けウェブサイトの制作などがあります。まとまった額を稼ぐには、これらの種類をひととおりこなせなければなりません。

在宅ワークは仕事の種類が豊富

いかがでしたか。在宅ワークにはさまざまな種類があります。その中でも専門的なスキル・知識が問われる案件は高収入が狙えます。本職と兼業する場合は、自分のニーズに合った仕事を受注し無理のないペースで仕事をしましょう。

アクセスランキング