IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務経歴書へのアルバイト経験の書き方|アルバイト経験のみのケース

転職ノウハウ

転職の際に、アルバイト経験は記入するものではないと思われていますが、なかにはアルバイト経験しかない人も、次の仕事へのステップアップになるアルバイト経験をした人もいるでしょう。本記事では、アルバイト経験を職務経歴としてアピールする書き方をご紹介します。

更新日時:

職務経歴書にアルバイト経験を書くべき場合とは

トピック1017205/要素2045657

職務経歴にアルバイト歴を書くべきか、迷う人も多いでしょう。確かに、「職務経歴とは正社員や契約社員、派遣社員として働いた経験を記入するものだ」と考えている人もいます。それでは、アルバイト歴を書くのは的外れなのでしょうか。 答えは「書き方次第」です。企業が、あなたの書いたアルバイトに関する内容を読んで、「職務経歴」から読み解きたかった、採用基準に達した人物かという判断ができれば、アルバイト歴について書くことは、意義があることと言えます。 逆に、「職務経歴」として知りたかった内容から外れたアルバイト内容ばかり書かれていたら、「企業側の意図が読めない人物」と思われてしまいます。 では、どのようなアルバイトなら職務経歴に書く意義があるのでしょう。ここでは、積極的に職務経歴に書いていきたいアルバイトのポイントをご紹介します。

応募企業で生かせるバイトは記載する

履歴書を提出する企業の職種と、同じ分野の仕事をアルバイトで経験していた場合、そのアルバイト内容を「職務経歴」として書くことに意義があります。企業側からすれば、就職後の即戦力として使える可能性も見え、あなたに興味がわくことでしょう。面接時の話題が膨らむ可能性もあります。

1年程度働いたアルバイトは記載する

応募する企業とは全く関係のない仕事であっても、1年程度、もしくはそれ以上に続けて働いたアルバイトは、その業務内容よりも、期間を提示することに意義があります。同じ仕事を続けるという持久力や忍耐力が、自己アピールのポイントになります。

職務経歴がアルバイト経験のみの場合の書き方のコツ

トピック1017205/要素2045658

正社員として働いた経験がなく、アルバイトの経歴しかない場合は、すべてのアルバイトを職務経歴に並べ立てる必要はありません。「応募企業の業務内容にあっているもの、長期間続けたもの、その他自分の特技などを活かしたアルバイトだったもの」をピックアップして書きます。 職務経歴に書く、自己アピールにつながると思われるアルバイトは、勤めていた企業や組織の名前を書くだけではなく、担当していた仕事の内容が、企業に伝わるように書きましょう。どこの会社(店)で働いていた、というだけではなく、「どのような業務を、どういう立場で、担当していたか」をわかりやすいように記入します。

経歴・退職理由は正直に

すべてのアルバイトを書く必要はありませんが、やったことのないアルバイトや、担当したことのない業務を書くことは、詐称にあたるので書かないでください。例えば、ファミリーレストランで、ホールのアルバイトをしていたのに、調理担当と書くことも、詐称にあたります。 職務経歴に、退職事由を書く必要性がある場合は、正直に書くようにしましょう。自己都合なのか、企業側の都合(クビ)なのか記入します。事由の詳細までは、職務経歴に書く必要はありませんが、面接の話題になることは考えておきましょう。 自己都合退職の場合は、「前向きな理由」で辞めたことを伝えられるようにします。クビの場合は、自分に落ち度がなかったのであれば、それを伝えるべきです。自分に落ち度があったのであれば、その落ち度について改善できていることを、伝えられる必要があります。

無駄な内容は書かない

職務経歴は、職歴内容を文章で書くことができます。しかし、自分の経歴をこと細かく説明する文書を書くのは避けましょう。担当業務とその業務で身に付いたスキル、業務を行う過程で努力したことを事実のみ端的に記載します。

自己PR

トピック1017205/要素2059445

自己PRにつなげるために、職務経歴に書いた業務内容(担当業務)を明確に書いておきましょう。自分の能力を活かした仕事の場合は、短い言葉でその能力もアピールしておきましょう。 「担当業務を遂行するために、自分のどのような能力(スキル)を活かしたのか」、または、「当初は遂行できる能力がなかったが、努力によりスキルを身に付けた」という内容が自己PRとして使えます。業務を遂行する中での「気づき」も自己PRとして書くと良いでしょう。

働く意欲をアピール

トピック1017205/要素2059446

職務経歴を提示する中で、働く意欲もアピールしましょう。応募企業に働く意欲を感じてもらうためには、仕事に対する積極性が見えるように職務経歴を書く必要があります。 業務で困難なことが発生したときに、「いかに自分が工夫をこらして乗り切ったか」、「いかに周囲の者を動かすことができたか」といったエピソードを盛り込みます。自分が常に仕事から逃げず、向きあって取り組んでいることをアピールしましょう。

アルバイト経験で得られたことを具体的に書く

職務経歴には、担当していた業務を遂行する中で得られたスキルや「気づき」を書きましょう。日々の仕事をなんとなくこなしているのではなく、ひとつひとつを考え、自分に足りないものは取り入れる、という姿勢をアピールすることができます。 「この業務を担当したことで、〇〇の深い知識を習得できました」という記述があれば、応募企業側に、「業務から学びを得ることができる人物」ということが伝わります。

職務経歴への実際の書き方例

一般的には、正社員として働いていた人が、再び正社員としての就職を目指している場合は、アルバイト経歴は、職務経歴には記載しないものと言われています。しかし、ここまでご紹介してきたように、次の就職に活きるアルバイト経験であれば積極的に職務経歴に記入して構いません。 アルバイトの職務経歴しかない方も、アルバイト経歴の書き方は正社員経験のある方と大きく変わりません。記入するアルバイトそれぞれで、いかに活躍し、いかに学びを得たかアピールしましょう。アルバイトごとに得たものと学んだことを書けば、アルバイトの数だけアピールポイントが増えます。

正社員からアルバイト経験を経て再び正社員を目指す場合

〇年〇月〇日~〇年〇月〇日xxx株式会社(アルバイト)システム運用管理担当 前職では、システム設計の経験がありましたが、このアルバイトで、初めてシステム運用を担当しました。運用手順の立案、マニュアル化、毎日のシステム運用が主な担当業務でした。入職2年目でアルバイトリーダとなり、メンバーのシフト表の調整管理と、システムベンダとの交渉を担当しました。 このアルバイトで、システム運用について1から携わることができました。アルバイトリーダとなったことで、後進の指導も経験できました。システムベンダという、一部利害が対立する人との交渉方法も、経験することができました。 社員の方のサポートを受けることも多くありましたが、アルバイトとしては、責任ある役割を任せてもらえたので、自ら考え、交渉する機会に恵まれ、仕事の楽しさを再認識できました。

アルバイトのみ

〇年○月〇日~〇年○月〇日株式会社xx(アルバイト)接客担当 アルバイト3年目でチーフとなり、接客だけではなく、バイトメンバーのシフト管理と後輩の指導にも携わりました。また、各バイトメンバと店長との間に立ち、店長からの指示連絡事項を各バイトメンバに伝える役割も担っていました。この役割のおかげで、連絡の徹底や、チームの連携力の重要性を学べました。 接客業務では、お客様のニーズに応えられるように、知識を身につけ、可能な限り要求に対応するよう心掛けてきました。お客様からのクレームに対しては、クレームの内容を真摯に受け止め、まずお詫びし、できるだけ早く改善策を回答できるように努めることが大事だと学びました。

職務経歴書にはアルバイト内容も活かしましょう

職務経歴にアルバイト履歴は書けないと考えて、就職に有利な経歴を応募企業に伝えないのは、とても勿体ないことです。アルバイトの業務内容や、勤務期間など、就職に有利に働く事柄があるのなら、職務経歴書にも積極的に記載し、自己アピールにつなげましょう。

アクセスランキング