IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事のプレッシャーで逃げたい時の克服方法・辞める準備・転職注意ポイント

転職ノウハウ

仕事のプレッシャーで逃げたい時、どのようにするでしょうか。社会で働く事は、楽しいことや大変なことの繰り返しです。仮に、感情のまま仕事をすれば、ストレスを大きく受けて、いずれは心身を疲弊してしまうでしょう。逃げたい理由がわかれば、乗り越える方法も習得できます。

更新日時:

仕事によるプレッシャーから逃げたい時はどうする?

仕事をしてお給料を稼ぐことは、時に辛い思いがあるでしょう。大きなプレッシャーを感じる中で忍耐強く働いていても、嫌なことは起こります。逃げたい心境となるでしょうけれど、会社に属している以上、簡単に職を辞められません。ですが、会社から逃げたいと思うばかりに、無断で欠勤や退職する場合もあるでしょう。今回は、仕事のプレッシャーから逃げたい心境になった時の改善や克服方法についてご説明いたします。

不安で逃げたい気持ちを紙に書く

業務に慣れていないと、毎日が不安です。要するに、まだ仕事の全体像が把握できていないために起こる自然な感情です。ですが、ミスをすれば上司に怒られてしまうといった負の連鎖が、ますます不安で逃げたくなる気持ちを増幅させてしまうでしょう。 その逃げたいという気持ちをどこかにぶつけることで、不安材料を軽減することができます。たとえば、「紙に書く」ということが良いでしょう。人間は、感情を紙に書き起こすことで、視界から行う事を判断して心を落ち着かせることができます。そうすることで、キリキリとした不安な精神も楽観的に捉えることができます。

楽観的な捉え方で落ち着く

人間は楽しいことをやったり、考えたりする時には脳にストレスを感じさせません。むしろ、脳の活性化に伴い心身へも良い影響があります。 たとえば、病気になってしまい、毎日憂鬱で気持ちが晴れない状態ですと、いつになっても病気は治りません。ですが、療養中でも元気にリハビリをしたり、楽しい出来事が多いほど、脳に良い影響を及ぼすため、不治の病であっても治るケースが実際に存在します。 人間は感情の生物ですので、考え方や心の在り方によって、ネガティブな状況もポジティブで明るい方向へ導ける素敵な能力を持っています。

仕事を辞めるとどうなるの?

自分にできる努力や改善を試みても、仕事への不安材料がぬぐい切れず、逃げ出したいという気持ちがわき起こり、実際に仕事を辞めよう、という最後の決断をするケースもあるでしょう。ですが、逃げたいという感情にまかせて、簡単に仕事を辞めたとしても、その後にまた新たな不安が発生します。 ●好きな仕事が見付かるのか ●次に働く会社があるのか ●自分を採用してくれるのか ●また不安な気持ちになって、逃げたいと思うのか といった、次の不安材料が芽生えるでしょう。結論を申せば、どの仕事に就いても多かれ少なかれ、嫌なことは起こります。そして、「逃げたい」という気持ちも起こります。要するに、その逃げたいという不安な気持ちとどのように付き合って、日々の業務をこなしていくか、ということが成人した社会人としての責任ある働き方です。

仕事を辞めるにはどんな準備が必要?

仕事を辞めて、会社から逃げたいという感情はストレスを生みます。そのストレスを永年抱えたまま暮らしていけば、いずれ心身を疲弊させてしまい、思わぬ惨事となるケースもあります。逃げたい思いが募り、「会社を辞める」という決断をしたならば、その準備が必要です。 人は、お金を稼いで生活をしています。「衣食住」という最低限、3つのことにお金が必要です。恵まれた環境で生活に困らなければ良いですが、そうではないケースが多いでしょう。では、どのような準備があるのかをご覧ください。

お金が必要

貯金があれば、次の仕事に就くまで、ある程度の期間は生活ができますが、貯金がない状況でも、即座に会社から逃げたいケースもあるでしょう。ですが、会社を辞めるのに一番必要なものはお金です。次の就職先がすでに決まっている状況では、金銭的な不安なく移行できますが、逃げたいという思いで、感情的に会社を辞めてしまうと困ります。 その時は、資金作りをしましょう。衣服や家具も買取ってくれるショップがありますので、お金に換えましょう。「腹が減っては戦はできぬ」というように、人間は何もしなくてもお腹が減ります。やはり、お金はどのような状況でも必要でしょう。

逃げたい時はどうするの?

逃げるように会社を辞めて、働く先もないまま怠惰な生活を送れるケースはごく稀でしょう。次の職を探しても、思うように採用されなかったり、良い条件の仕事が見付からなかったりするでしょう。事前に展望をしていれば良いですが、そうでない場合は、少ない貯金も底が見え始め、心がさもしくなり、その現状からさらに逃げたいという負の連鎖にさいなまれてしまいます。 勝手で、あてもなく逃げたいという都合で会社を辞めてしまった場合、どのような逃げ場があるでしょうか。

生活保護は受けられるの?

生活保護という厚生労働省が定めた保護法があります。こちらは、社会に出て労働できる状況ではない人が受けられる仕組みになっていますので、「働きたくない」という理由では生活保護を受けられません。 つまり、身体的な病を抱えていて、社会の中で労働できない人、親族関係に生活の援助をしてもらえない人、もしくは、厚生労働省が定めた最低の生活に必要な資金を下回っていれば、生活保護を受けることができます。 詳しくは、「厚生労働省」のリンクを貼ってありますので、ご覧ください。

逃げたいあまりに「ばっくれ退職」をした場合はどうなる?

仕事をする中で、逃げたいという思いがかさみ、一方的に退職をするケースもあります。このような「ばっくれ退職」をした場合の問題点を挙げてまいりましょう。 そもそも、退職する際は、事前に上司に退職願いを提出するなど、礼節をもって行うことです。そうすれば、それから数ヶ月以内には会社を辞めることができます。ですが、会社から即座に逃げたいと思うがあまり、引継ぎ期間も苦痛に思い、ばっくれ退職をしてしまうケースもあります。 職種によりますが、退職願いを出してから1ヶ月で退職できる会社もあれば、年単位で残留しなければならない職もあります。時には、ばっくれ退職もしてしまうでしょう。

同じ職種は繋がっている

人間は慣れ親しんだ仕事が馴染みよく働けるため、再就職する際も同じ業種を選ぶことがあります。同業の他社に就職した場合、仕事の流れが似通っているため、前の会社の社員や取引の最中で仕事が完結していなかった顧客とも接する可能性があります。 「餅は餅屋」といって、同じ仕事には同じ元締め企業で繋がっている場合が往々にしてあります。再就職ができた会社の中では心地よく仕事ができても、外回りをするとばっくれてしまった会社関係の人物と顔を合わせてしまう可能性は非常に高いといえるでしょう。

前の会社の取引先とも繋がるの?

同業種であれば、取引先が同一の場合があります。その場合、取引先にばっくれたことが知れ渡っている可能性があるでしょう。人には様々な事情がありますが、説明しづらいこともあります。ですが、現在の会社で頑張って働く意志があれば、取引先の方々にも、逃げたい余りにばっくれてしまったことを真摯に説明しましょう。 中には、迷惑を受けた方もいますので、礼節をもってお詫びをして、現在の会社で頑張っていくというアピールをして安心してもらいましょう。相手も成人した社会人です、その気持ちを汲み取ってくれて、以前と変わらない対応で接してくれるでしょう。

仕事とは忍耐の連続

トピック1017164/要素1966080

社会に出て働くこととは、様々な人間と接するということです。自分の好きなことだけをやっていた学生時代の気持ちのまま社会に出て働くと、辛い思いばかりで逃げたいことの繰り返しでしょう。 仕事は自分の好きなことをやるということではありません。好きな職種だと思って就職して働く中でも、嫌なことや負担に思うことは訪れます。それは、あなたに与えられた一時の試練です。乗り越えられない試練はありません。継続して勤め上げることで、豊かな老後が待っています。

アクセスランキング