IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お疲れ様ですの使い方と注意点|目上/社内/社外・ご苦労様ですとの違い

ビジネスマナー

「お疲れ様です」は、どのような感覚で使用しますか?目上の人に対して使用しても良いのか疑問に思う方も多いようですが、目上に使用しても問題ありません。また、部下にも同等の立場にある人にも使えます。立場を問わず使える「お疲れ様です」について説明しました。

更新日時:

「お疲れ様です」の意味とは?

トピック1016821/要素1944538

「お疲れ様です」という言葉は、ビジネスシーンや家族間でも用いられることがあります。相手にねぎらいの気持ちを伝えるために「お疲れ様です」と言いますが、目上の人に使う言葉としてはどうなのか疑問に感じる方も少なくないとされます。また、目上の方が目下の方に「お疲れ様です」と言われた時には気分が悪くなるという方もいます。 しかしながら「お疲れ様です」という言葉は、目下の方が目上の方に使うことに関して間違いはありません。「お疲れ様です」は立場に関係なく誰にでも使って良いねぎらいの言葉であり、疲れている相手をいたわる言葉です。「お疲れ様です」は目上が目下に、目下が目上に使用しても言葉の意味としては何の問題もないとされます。

目上に使う言葉としては正しい?

トピック1016821/要素1944541

意味の項目で、「お疲れ様です」は目上の方に使う言葉として正しいとお伝えしました。では、使い方や注意点はあるのでしょうか。

使い方

これまでに触れましたが、「お疲れ様です」は目上に使う言葉としても正しいです。目下から目上にだけでなく、同じ立場にある会社の人・家族・友人・恋人などにも「お疲れ様です」は使用できます。目上の方の中には「お疲れ様です」と言われて失礼だとする方もいますが、言葉としては問題ないので言い方に気をつけましょう。

メールでの使い方

ビジネスシーンのメール文には、冒頭に挨拶言葉として「お疲れ様です」が用いられることがあります。こうして使うことは、上司にも可能です。上司にビジネスに関したメールを送る時は、冒頭に「お疲れ様です」を付けても良いでしょう。また、電話の冒頭で使う挨拶言葉としても「お疲れ様です」を使えます。目上や目下など立場に関係なく、使用可能です。

注意点

「お疲れ様です」は立場に関係なく使用できると言いましたが、ビジネスシーンで使う時には使う場所および相手を考えないといけません。「お疲れ様です」は主に社内で使うことが正しく、使う相手としては同じ会社内の目上の方・部下・同僚などです。社外の方や取引先の方に対しては「お疲れ様です」ではなくて、「お世話になっております」を用います。

「お疲れ様です」は社内と社外で使い分ける敬語

トピック1016821/要素1944544

注意点でお伝えしましたが、「お疲れ様です」は自分が勤める会社以外の人には使用しない方が良いとされています。しかしながら「お世話になっております」は、会った時やメールなどの冒頭で用いられる言葉です。「お疲れ様です」は去り際に使うこともありますが、「お世話になっております」を去り際に使うと違和感があります。 すなわち、社外の方・取引先の方・お客様・共同してプロジェクトを行うことになった相手などにメールや電話をする時の冒頭には「お疲れ様です」ではなくて「お世話になっております」を用いましょう。

「ご苦労様です」とはどう違う?目上には使える?

トピック1016821/要素1944564

意味の違い

「お疲れ様です」は立場を問わずねぎらいをかける時に用いる言葉でしたが、一方の「ご苦労様です」は目上の方が目下の方へのみ使用することができる言葉になります。そのため、目下から目上に対して「ご苦労様です」と使うことは失礼に値します。「ご苦労様です」を用いて良いシーンは、目上から目下にねぎらいの言葉をかける時だけです。 「ご苦労様です」は、ただの丁寧な言葉として捉えられていることもあります。ただの丁寧な言葉として捉えている場合、「ご苦労様です」を目上の人に用いてしまう人がいます。「ご苦労様です」は丁寧な言葉遣いではありますが、ただの丁寧な言葉ではありません。目上から目下へのみ使える言葉なので、使う相手を間違えないように気をつけましょう。

使い方

「ご苦労様です」は「お疲れ様です」と同じように、挨拶言葉として用いられることもあります。その場合は多く口頭上で使用され、「です」を除いた「ご苦労様」で使われることも少なくないとされます。また、「様」も除いて「ご苦労」と言う目上の方もいます。

例文

以下は、目下から目上に対しての例文です。 「お疲れ様です。書類ができあがりましたので、ご確認をお願いします。」 「部長、お疲れ様です。」 以下は、目上から目下に対しての例文です。 「ご苦労様です。書類は確認しました。」 「ご苦労様だったな。」 「ご苦労、○○君。」

ビジネスシーンで使える「お疲れ様です」の代わりとなる言葉

トピック1016821/要素1944575

「お疲れ様です」と言うと、疲れてないのに疲れる気がすると言う方は少なくありません。また、言われた側としても「お疲れ様です」と言われると疲れるという方もいます。 そこで、「お疲れ様です」の代わりになる言葉があると無駄に疲れるといったことが回避できます。「お疲れ様です」自体は悪い言葉ではありませんがそのような事実があるため、代わる音葉がないかを考えてみましょう。

ごきげんよう

「ごきげんよう(ご機嫌よう)」はお嬢様が使う言葉というイメージが強いとされますが、この言葉には「機嫌よく過ごしましょう」といった意味があります。多くは去り際に使われますが、意味からしてとても良い言葉です。慣れない場合は使いにくい言葉ですが、「お疲れ様です」の代わりとして「ごきげんよう」を用いるのも悪くはありません。

「様」を「さん」にしてみる

すなわち、「お疲れさん」「ご苦労さん」ということです。様で言うよりは、言い方が気軽な感じになります。そのため、目下から目上には使いにくいでしょう。この言い方は多くの場合、目上から目下・同じ立場にある人に対して用いられます。

会社が許してくれるなら「どうも」などもある

「どうも」は就労訓練ではダメな言葉遣いとされますが、現代にはオリジナリティーな挨拶言葉を社内で使っている会社もあります。さすがに「どうも」は無礼で冷たい印象を与えますが、「どーも」と明るく言ってみると「お疲れ様です」よりは良いと言う人もいます。会社が堅い考えでなければ、オリジナリティーのある挨拶言葉を流行らせても良いでしょう。

シーン別で「お疲れ様です」の例文をご紹介!

トピック1016821/要素1944581

すれ違う時の挨拶

社内で社員とすれ違う時などに、「お疲れ様です」と言う時も少なくありません。しかし朝から使うと意味もなく疲れるため、使用は午後以降が良いとされます。ただし、人によっては「お疲れ様です」自体疲れるから聞きたくないと言う人もいます。

先に帰る時

「お疲れ様です、お先に失礼します。」 相手の立場に関係なく「お疲れ様です」の言葉で先に帰ることは、失礼になりません。しかし、お疲れ様ですの後に「お先に失礼します」があると良いでしょう。 「お疲れ様です。」 じふんが先に帰るのではなく、相手が「お先に失礼します」と先に帰る時には「お疲れ様です。」と返しましょう。

メール

「お疲れ様です。クライアントの件で必要になっていた道具を無事に仕入れましたので、ご報告になります。」 目上の方と同じプロジェクトを進めている時などを想定した例文です。冒頭をお世話になっておりますにする時は社内の人に対してメールを送っていることになるため、クライアントの部分を相手側の会社名などに変更するといったことが必要になります。

電話

「お疲れ様です、○○です。取引先の事務所へ向かいましたが、担当の○○さんが不在でした。」 ビジネスシーンで同じ会社の人に電話する時は会社で取り扱うものによって違ってきますが、この例文では取引先に行ったけど担当者がいなかったという電話を社外から同じ会社の人にかけている様子です。

退職する人へ

「お疲れ様です、ありがとうございました。」 退職する理由にもよりますが、定年などで自然と退職に至った時にはねぎらいの言葉と感謝の言葉を伝えると良いでしょう。 「いつもありがとうございました、感謝してます。お疲れ様でした。」 お疲れ様でした、という言い方にすることで過去形になります。これまで仕事に努めたことに対するお疲れ様では、「お疲れ様です」ではなくて「お疲れ様でした」と言っても良いです。

目上にも使える「お疲れ様です」でねぎらいを示そう!

トピック1016821/要素1944584

「お疲れ様です」は立場を問わず誰にでも使える言葉です。相手へねぎらいを示す言葉として万能なので、目上の方・部下・同僚・家族・友人・恋人・仲間など広く使えます。ねぎらいとは、相手の苦労や努力に対していたわりを示すことです。 感謝や疲れている人に厳しくしないという意味があるため、「お疲れ様です」で会社の人や大切な人にねぎらいを示してみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング