IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

結婚式の新郎の挨拶例文|用途別/状況別・挨拶の時に流す曲

ビジネスマナー

新郎が結婚式において悩むのは挨拶の言葉ではありませんか?良い結婚式になるかは新郎の挨拶にかかっていると言ってもいいほど大切な場面です。しっかり準備しておけば当日落ち着いて結婚式に臨むことができます。今回は例文も交え、新郎の挨拶について紹介していきます。

更新日時:

結婚式で欠かせない新郎挨拶

結婚式が決まると、呼ぶゲストに衣装や料理と内容に重点を置きがちですが、新郎にとって一番重要なのは結婚式における挨拶です。普段人前でスピーチなどする機会のない新郎にとっては、かなりのプレッシャーでしょう。 事前に挨拶文をしっかり準備する新郎もいれば、行き当たりばったりでなんとかなると構えている新郎もいます。いろいろな挨拶の例文を見たり、マナーなどを心得ておけば落ち着いて挨拶ができます。ここでは、押さえておくべきマナーや、いろいろな状況ごとの挨拶を、例文を交えご紹介していきます。

結婚式の新郎挨拶のマナー

結婚式での新郎の挨拶は、ゲスト全員に感謝の気持ちを伝える、結婚式で一番重要なシーンです。普段気軽に言葉を交わしているのとは違い、改まった言葉で伝えます。 また、結婚式は慶事なので、相応しい言葉や相応しくない言葉もあります。何を話すかより、使う言葉や態度で新郎の人となりを見られることもありますので、挨拶文を考えるには、まず基本となるマナーを押さえておく必要があります。

カンペを見ながら新郎の挨拶をしてもよいか

カンペを見ながら新郎の挨拶を行うことは問題ありません。暗記をしてゲストの前で堂々と挨拶することが理想ですが、度忘れや言葉に詰まってしまうよりはカンペを見ながらでも、しっかり挨拶をする方が印象がいいです。 ただし、カンペをじっと見たまま挨拶をするのは頼りない印象をゲストに与えてしまいます。新郎が挨拶をする時は、ゲストの方をしっかり見て時折カンペを見る程度の方が、しっかりした印象を与えます。新郎の挨拶は結婚式においてとても大事な場面ですので、すべてを暗記できなくてもスムーズに挨拶ができるよう、十分に練習しておきましょう。

新郎の挨拶の時間はどのくらいがベストか

結婚式における新郎の挨拶として一番に考えられるものは、結婚式を締める謝辞の挨拶になります。これは、時間としては2分から3分程度がベストです。 結婚式を総括する一番大事な挨拶なので、感謝の気持ちをしっかり伝えたいと考える新郎がほとんどです。しかし、あれもこれもと盛り込んでしまうと長くなり、ゲストの集中力が途切れたり新郎新婦を祝福で送ろうという気持ちが萎んでしまいます。 ほかには、新郎のウェルカムスピーチや、結婚式によっては乾杯の挨拶を新郎が行うこともあります。その場合の時間の目安としては、1分から2分がベストです。締めの挨拶は結婚式を総括する意味でしっかり行う必要がありますが、ウェルカムスピーチや乾杯の挨拶が長いと結婚式の始まりを待たせてしまうので、謝辞よりは短めにします。

新郎の挨拶に相応しくないNGワード

結婚式は祝福の場ですので、相応しくない言葉は使わないのがマナーです。一般的に忌み言葉と言われ、不幸や別れや再婚を連想させる言葉、重ね言葉がそれに該当します。具体的には、終わる、割れる、離れる、切れる、戻る、重ね重ね、などといった言葉になります。挨拶の内容を考える時に、忌み言葉はしっかりチェックしましょう。 また、誰かを蔑むような内容なども相応しくありません。友人との笑いのエピソードであっても避けましょう。今は、しきたりや昔からのマナーをあまり気にしないという風潮になりつつありますが、結婚式は多様な世代のゲストが一堂に会する場ですから、気を付ける必要があります。

新郎の挨拶の時のおじぎの仕方

おじぎは、印象を左右するとても大事な動作です。新郎が挨拶の前後でおじぎをすることで、ゲストに対して敬意を表すことができます。おじぎは、胸を張り背筋を伸ばして45度の角度で一礼をします。軽い会釈程度だったり、頭だけ項垂れるようなおじぎでは失礼に当たります。おじぎの時間は3秒程度が望ましいです。 挨拶の中で、例えば祝辞を述べたゲストに対して感謝を伝えた時に、その人に向いて軽く会釈するなどの動作を入れてもよいでしょう。ただし、その動作を入れ過ぎて挨拶が長くなるようなら、前後できっちりおじぎをする方がスマートです。

結婚式の新郎挨拶の例文

ここまでは新郎の挨拶に臨むマナーや姿勢を述べてきましたが、ここからは挨拶文の例などを紹介していきます。新郎の挨拶の構成としては大きく分けると、冒頭の言葉、ゲストへの感謝の言葉、結びの言葉という3部構成になります。 ここから例えばゲストへの感謝の言葉ならば、仕事関係、友人、家族親族と分けたりと、全体の構成を作っていきます。基本の挨拶に、新郎新婦らしさが伝わるようなエピソードを加えて文章を考えるとよいでしょう。

感動させる新郎の挨拶

ゲストが感激したり心温まる内容の言葉が盛り込まれていると、新郎の挨拶にゲストは感動します。例えば、次の文例はゲスト全員に対して感謝の気持ちを述べています。本日は、お忙しい中足を運んでいただき、誠にありがとうございました。私たちが今日という日を迎えられたのは、今まで支えてくださった皆様のおかげと心より感謝しています。 このように、まずゲスト全員に対して、感謝の気持ちを伝えます。続けて、結婚式を盛り上げてくれたゲストに対しても感謝の気持ちを伝えます。(祝辞や乾杯をしてくれた方や余興をしてくれた友人の名前を挙げ)皆様のお力添えのおかげでとても素晴らしい結婚式になりました。本当にありがとうございます。 このように、随所随所でありがとう、感謝していますという気持ちを伝えることで、感動的な挨拶になります。

ユニークに盛り上げる新郎の挨拶

新郎の挨拶は感謝やお礼を述べるものですから、その部分は凝りすぎず謙虚な気持ちと相手への敬意を込めた挨拶にするのが無難です。余裕のある新郎は、そこにユーモアを取り入れて感動の涙に少しの笑いも入れると、個性のあるスピーチになります。 ユニークな挨拶として、ひとつは新郎新婦ならではのエピソードを取り入れるとゲストに伝わりやすく、楽しく聞いてもらえます。例えば新郎新婦の共通の趣味にスポーツがあれば、二人の出会いから門出までをキックオフや、チームワーク、ゴールといった用語を交えて話すなどです。 誰もがわかるような流行語を取り入れるのもよいでしょう。これからは皆様への御恩を倍返しできるように、のようなテレビドラマで一躍流行語になった言葉を取り入れるなどです。ただしこれは幅広い世代に通用する内容でないと、ゲストに温度差が出てしまいます。 真剣に語るところと、ユーモアを交えるところでメリハリを入れて考えましょう。

インパクトのある新郎の挨拶

インパクトのある新郎の挨拶というと、ありきたりでなく印象深い挨拶といえます。かといって、あまり奇をてらい過ぎると、本当に伝えたい感謝やお礼の言葉の印象が薄れてしまうので注意が必要です。笑いを誘う新郎の挨拶はインパクトもありますが、それに終始してしまうと余韻に感動が残らず、結婚式がうやむやになってしまうので、バランスを考えましょう。 海外からのゲストがいる場合は、英語などを交えたスピーチをすると海外からのゲストに喜ばれますし、他のゲストにもインパクトを与えます。新郎の心配りや仕事の能力なども垣間見えて、印象のいい挨拶になります。 通常は新郎もマイクを持って挨拶しますが、マイクなしの肉声で挨拶をするのもインパクトがあります。ただ大声をだすのではなく、大きな声ではっきりと感謝を伝えられれば、頼もしい新郎の姿にゲストも感動するでしょう。

用途別新郎の挨拶例文

結婚式の最初に述べる新郎挨拶

結婚式の最初に述べる新郎挨拶は、ゲストからの祝辞と違ってウェルカムスピーチと言われます。結婚式に来てくれたことにお礼を述べ、今からの時間を楽しく過ごしてほしい旨を伝えます。これをシンプルに作ると、次のようになります。 本日はお忙しい中、私たちのためにお集まりいただき誠にありがとうございます。先程無事に挙式をあげることができましたのも、ひとえに私たちをここまで育んで下さった皆様のおかげと感謝しております。少しでも感謝の気持ちを伝えられるように、お食事を用意させていただきました。短い時間ではありますが、お楽しみいただけたら幸いです。 冒頭の挨拶なので、ここでは多くの言葉は必要ありません。海外挙式の方、すでに入籍済みの方などは、そのことも感謝の気持ちを述べる際に取り入れるよいでしょう。

両親へ送る新郎挨拶

結婚式においてはゲストのみならず、ここまで育ててくれた新郎新婦の両親へも感謝の気持ちを伝えると、両親だけでなく周りのゲストはことさら感動します。ただし両親は結婚式では新郎新婦と同様お迎えする側ですから、両親に対する挨拶がゲストへの挨拶より長くならないように注意します。 お父さん、お母さん、そして△△さん(新婦)のお父さん、お母さん。私たちが今日という日を無事迎えられたのも、両親にここまで大切に育ててもらったおかげです。ありがとうございました。私たちは新しい家庭を築きますが、ぜひこれからも見守っていてください。 簡単ですが、ここでエピソードなどを交えてしまうと長くなってしまうので、感謝の気持ちを伝えるのみに留めましょう。両親への挨拶は、ゲストの方々への感謝を伝えた最後に入れます。

結婚式の最後の新郎の謝辞挨拶

結婚式の最後を締めくくる新郎の謝辞挨拶は、結婚式における大切なクライマックスシーンです。ウェルカムスピーチや披露宴中の会話では楽しい雰囲気にするような挨拶だったとしても、やはり締めの挨拶ですので堅実さも必要です。 また、結婚式にはあらゆる世代のゲストや、職場やプライベートなど環境の違うゲストが集まっています。どのゲストに対しても失礼にあたらない挨拶を考える必要があります。あまり難しく考える必要はありませんが、この新郎の謝辞の挨拶で結婚式の印象が変わってしまうこともあるので、失敗しないようにしっかり準備しておきましょう。

状況別新郎挨拶の例文

ひとえに結婚式と言っても、職場関係、友人、親族家族と大勢のゲストを招く結婚式もあれば、親族だけ、家族だけという結婚式もあります。規模や招待するゲストによって挨拶の内容も変わってきます。 また、新郎が挨拶するシーンは結婚式に限ったことではありません。両家の顔合わせや結納なども家族だけとはいえ、正式な場です。当日慌てることのないように、事前に準備をしっかりしておきましょう。

親族のみの結婚式での新郎挨拶

親族のみの結婚式の場合は、ポイントがふたつあります。ひとつは、ゲストがごく内輪のプライベートな関係なので、その部分に焦点をあてた挨拶がいいということです。 冒頭と締めの言葉は、感謝と抱負を伝える一般的な挨拶の言葉で十分です。あとは、冒頭と締めの間のエピソードに、祖父母との思い出や印象的な親族間のエピソードなど具体的な内容を入れると、親族の方たちも共感できる心のこもった挨拶になります。 もうひとつのポイントは、新郎新婦お互いの、ごく内輪の関係者ということです。新郎新婦が結婚することによって身内となるわけで、結婚式が初対面という親族もいます。お互いの親族に敬意を払いつつ、両家の親族の橋渡しの役割としての挨拶ができるといいでしょう。

両家の顔合わせの場合の新郎挨拶

お互いの両親に挨拶は済んでいるものの、新郎新婦と両家の家族が揃って顔を合わせる場面はこれが初めてになります。たいていは食事会という形で、レストランなどで行います。両家の両親は、新郎新婦が思った以上に顔合わせに対して緊張しています。そんな両親の心配を安心に変えるためにも、しっかりとした挨拶で始めましょう。 本日は、お忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。私○○と△△さん(新婦)の婚約の報告と、両家の親睦を深めるために、この席を設けさせていただきました。短い時間ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。 例文としてはシンプルですが、きちんとした挨拶で好印象を持ってもらえます。また、顔合わせの締めの挨拶も新郎が行います。ここでもまた感謝の気持ちを伝え、新郎新婦の結婚式や新生活への抱負などで締めくくると、両親も満足の顔合わせとなります。

結納の席での新郎挨拶

結納には、正式結納と略式結納という二つのスタイルがあります。正式結納は仲人が両家を往復して行うスタイルで、略式結納は仲人を立てず両家どちらかの家か、ホテル、料亭などで新郎新婦と両家両親が一堂に会して行うスタイルです。昨今では、仲人を立てるカップルが減ってきているので、略式結納が主流となってきてます。 略式結納では、嫁取りであれば新郎の父、婿取りであれば新婦の父が取り仕切ることになります。冒頭や締めの挨拶、進行に至るまで父親の役目になりますので、新郎はその進行に合わせて動くことになります。 とはいっても、最近はあまり恭しくしない結納も多くなっているので、結納の締めの挨拶の後に、本日はありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします、と一言挨拶をするといいでしょう。

結婚式の二次会の新郎挨拶の例文

二次会は結婚式よりカジュアルな雰囲気になるので、新郎の挨拶も場の雰囲気に合わせてカジュアルにしても問題ありません。ただし、呼ぶゲストによっては目上の人もいるでしょうし、ゲストに対する敬意も忘れてはいけませんので、ある程度の言葉づかいは大切です。

新郎のウェルカムスピーチ

二次会では、結婚式のように誰かに祝辞を頼むより、新郎自らがウェルカムスピーチを行うことが多いです。来てくれたことへの感謝と、楽しんでもらいたいという気持ちを伝えるといいでしょう。簡単な例文は次のとおりです。 今日はお忙しい中、僕たちの結婚式の二次会に集まっていただき、ありがとうございます。先程、結婚式を挙げ、無事夫婦となることができました。短い間ですが、ぜひ楽しい時間を過ごしていただければ幸いです。 さらには、結婚式から引き続き二次会に参加してくれるゲストへの感謝を入れると、結婚式からの続きで多少疲れているゲストも喜んでくれます。幹事への労いの言葉も入れると、より一層心のこもったスピーチになります。

乾杯の時の新郎挨拶

乾杯の挨拶は、新郎の挨拶の後に乾杯の準備が入って改めてということもありますし、乾杯の準備をしてから新郎挨拶と乾杯という流れで行う場合もあります。 新郎挨拶と乾杯の間に準備が入る場合は、改めて今日来てくれたことへのお礼と、短い時間ですが楽しく過ごしてくださいと簡単にスピーチを入れて乾杯の発声に入ります。新郎の挨拶と乾杯を流れで行うのなら、挨拶に引き続き、そのまま乾杯します。 二次会は立食スタイルで、立ったままということも多いです。挨拶は1,2分で留め、あまり長くグラスを持ったままということのないよう心がけましょう。

新郎挨拶の時に流すおすすめの曲

結婚式では、あらゆるシーンで盛り上げる曲を流します。新郎の挨拶の場面では、真剣に耳を傾けてもらいたい場面なので曲を流さないことが多かったのですが、最近ではこの場面でも曲を流すケースも増えてきました。 使うとすれば、静かな曲調でメリハリがあまりないものがいいです。洋楽なら歌詞があっても邪魔になりませんが、小さめの音で流してもらいます。インストゥルメンタルやオルゴールなら歌詞もなく、新郎の挨拶を盛り上げてくれるでしょう。 例えば、洋楽であればビートルズの「Let It Be」、邦楽であればBank Bandの「糸」(ピアノインストゥルメンタル)などはおすすめです。

新郎の心のこもった挨拶が結婚式を成功させる

結婚式における新郎の挨拶について、例文も交え述べてきました。言葉づかいやマナーなど、結婚式ならではの気を付けるべきポイントも多々あります。 そういったポイントも大切ですが、一番重要なのは、新郎がゲストに対してどれだけ感謝の気持ちを伝えられるかです。心を込めて挨拶をすれば、ゲストの方は必ず感動し、良い結婚式だったと満足してくれます。 結婚式を成功させるためには、新郎の挨拶は欠かせません。笑顔でゲストをお見送りできるように、新郎の挨拶の言葉はしっかり準備しておきましょう。

アクセスランキング