IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エントリーシートの志望動機の書き方と例文・効果的なキーワード

就活ノウハウ

エントリーシートの志望動機は、要点さえ押さえれば誰でも魅力的な内容を書くことができるのです。ここでは業種別、求職者別、効果的なキーワード、時数別など多様な観点から志望動機の書き方を説明しています。読み手の心に残るエントリーシートで夢を掴みませんか。

更新日時:

印象に残るエントリーシートの志望動機ってどう書くの?

就職活動において、エントリーシートは、希望する就職先にあなたの想いを伝える第一歩です。この会社で働きたいと強く望んでいたとしても、きちんと志望動機が相手に伝わらなければ、せっかくのチャンスを逃しかねません。採用者の心に残るエントリーシートの志望動機とはどの様なものなのでしょうか。さっそく、上手に志望動機を書く方法を見ていくことにしましょう。

業種別に見るエントリーシート 志望動機の書き方と例文

エントリーシートの志望動機と一言で言っても業種はさまざまです。まずは色々な業種について知ること、そして特定の業種で、何がしたいのかを具体的に明記することが大切です。 例えば、志望動機としてこの様な文章だと、どう感じますか。「これまでの経験を活かし、貴社で社会の役に立ちたい。」 これでは、曖昧な表現を並べただけで、読み手の心には響かないでしょう。 これまでの経験とは何なのか、なぜその業種なのか、何がしたいのかを明確にし、いかに採用者に、あなたと一緒に働く姿を具体的に想像させるか、を意識する必要があります。

教員

書き方

1.教員を志望する明確な理由 教員になりたいと感じたきっかけを具体的なエピソードを添えて、明確に伝えましょう。他人に教えた経験があれば、具体的なエピソード、その経験から感じたことや得たものを交え、志望動機を書きましょう。また、尊敬する教師との出会いがあれば、その体験談から志望動機に繋げるのも良いでしょう。 2.どんな教師になりたいか なりたい教師像を具体的に書きましょう。採用側にとっては、求めている人材かどうかの判断材料になるので、希望する学校の特色を知っておく必要もあります。現場でどの様なことがしたいかをきちんと伝えることで、採用側は、働いているあなたをよりイメージしやすくなるでしょう。 3.教員に相応しい自身の長所 何らかの経験や根拠に基づいた長所を具体的に伝え、教員として働いた場合の自身の魅力をエントリーシート上で効果的にアピールしましょう。

例文

教員になることを強く志望します。理由は教えることに喜びを感じ、生徒一人ひとりの心に寄り添いながら、過程と結果の両方を重視した指導ができると自負しているからです。そう思えるのは学生時代に家庭教師のアルバイトを行った経験からです。 例えば、生徒一人ひとりに合わせて教える方法を変えることにより、それぞれに適した勉強過程が結果へと繋がりました。また、勉強だけでなく何でも話せる自由時間を少し設けたところ、少しずつ信頼関係が深まり、色々な会話を通じて、勉強環境の改善へと繋がった生徒もいました。教えることに喜びを感じ、4年間も継続するに至りました。 教員を強く志す今、なりたい教師像は「我が背中を見て学べ」です。両親の背中を見て言わずとも多く学んだことを、今度は自身の生き様から生徒にも伝えたいと考えています。自主性を大切にする貴校でなら、自身の得意とする生徒の心に寄り添った教育を実現できるものと強く志望いたします。

市役所

書き方

1.地方公務員の仕事内容を把握しておく 公務員の仕事は多岐にわたっており、区分、職種について、まずは情報収集することが必要です。その上で、なりたい職種が特定できたら、自身の経験や具体的な事例を交えて志望動機を書きましょう。 2.なぜ、その地域の市役所なのか 地域によって特色はさまざま。希望する市役所がある地域の課題や魅力について知りましょう。地域の人たちや職員に話を聞く機会を設けることも得策です。 3.市役所でやりたいこと 希望する市役所や、その地域についての知識を深めたら、自身がそこで何をしたいのかを明確にしましょう。身近にあるがゆえにイメージだけで捉えがちですが、豊富な知識と実際の経験やエピソードをもって伝えれば採用者側により強く印象づけられるでしょう。

例文

A市の事務職、国際交流課を志望します。理由は三点あります。 一点目は、学生時代に留学経験があり、英語を活かせる仕事がしたいからです。 二点目は、外国人旅行者が急増していることにあります。A市では、年間○人だった外国人旅行者が、ここ数年で○人に増加しているという統計が出ています。観光地として訪れる外国人も多いA市の国際交流課であれば、より一層やりがいを持って仕事ができるものと考えます。 三点目は、A市への外国人渡航者が増えているにも関わらず、まだまだ観光客にとって快適な環境が整備されていない点です。A市の職員となり、市主催の交流イベントを定期的に行う機会を設けたり、公共交通機関や商業施設などと提携し、A市の国際レベル強化を図るなど、日本人と外国人双方にとって居心地の良い街づくりをしたいと考えています。

IT

書き方

1.IT業界を目指すきっかけ IT業界を志望するに至ったきっかけを具体的に書きましょう。 2.採用側は最初からITの専門知識を求めてはいない 実際に何年も働いて経験を積んでいる採用者とあなたとでは、専門知識のレベルに大きな差があって当然です。見栄を張らず、あるがままのあなたを真っ直ぐに伝えましょう。たとえ拙くとも、今の自身の知識レベルに見合った想いを伝える方が、より効果的です。 3.将来へのヴィジョンがあるか 経験を積み専門知識を深めていく業種のため、今後、成長しようとする意欲があるかどうか、根気強く努力できる人であるかどうかが求められるでしょう。そのためにも、どういったことに取り組み、将来はどう在りたいのかというヴィジョンを持つことが重要です。

例文

貴社を志望するきっかけとなったのは、一人のWEBデザイナーとの出会いです。 学生時代にケーキ店でアルバイトをしていた際、公式HPを作成され、WEB上で、イベントごとに心惹かれるデザイン提供をするとともに、必要な情報を簡潔かつわかり易く伝えてくれました。WEB上で、見る人が思わず商品を購入したくなるような気持ちを、幸せを、ワクワク感を届けることができる、この様な仕事をしたいと強く志すようになりました。 まだまだ勉強途中ではありますが、コツコツと努力を重ね、技術を磨き、WEBページの作成に重きを置いている貴社でなら、自身の夢を実現できるものと考えています。夢とは、求められる条件に応じてデザイン、表現方法など臨機応変に対応できるプロになること、WEBというツールを通じて見る人の心を動かす存在になることです。

アパレル・サービス業

書き方

1.業界を志望することになった経緯を具体的に ファッションが好きだから、接客が好きだからという抽象的な志望動機にならないように、何らかの経験を踏まえて経緯を具体的に伝えましょう。 2.数ある業界の中で、なぜそのブランドや店舗なのか 数あるブランドの中で、そのブランドを特定する理由を詳しく書くことが大切です。多数のエントリーシートを読む採用側の目にとまるよう、そのブランドでなければいけない理由をアピールしましょう。 3.そのブランドや店舗で何ができると考えているか 売上だけが全てではありませんが、利益をあげる力量が問われる職種です。自身をどう活かせるかをきちんと伝えましょう。

例文

アパレル業界/サービス業界を志望する理由は、学生時代のアルバイトでショップ店員を経験したことにあります。自身が接客対応をしたお客様が商品を購入してくれた時は非常に嬉しく、楽しそうに洋服を選ぶお客様を見ていると、洋服には人を幸せにする力があると感じたからです。 アパレル業界/サービス業界の中でも特にA社を志望する理由は、ファッションのデザインが好みであること、接客対応が素晴らしいこと、長らく自身が好んで購入していたブランドだからです。 流行を取り入れつつも、上質かつ上品な可愛らしさを大切にしているところ、担当スタッフが決まっているため、より細やかなサービスが提供できるところ、対応したお客様の顔や会話の内容、購入履歴や好みを驚くほど把握していること。洋服の質が良いだけでなく、これ程までお客様を大切にするA社の姿勢に強く共感し、この会社で働きたいと希望します。 アルバイト時代に、年間売上1位を獲得した経験も強みとして活かせるものと考えます。

食品

書き方

1.その業界と会社を選んだ理由を明確に 2.食品を扱う上での心構え、リスクについて認識しておこう お客様の口に直接入るものを扱う仕事です。異物混入、食中毒など、会社のミスで消費者が損害を被る可能性をはらんだ職業であることを認識しておきましょう。 3.食品業界の現状や課題を踏まえ、やりたいこと 日常生活で身近にあるものですから、色々な食品に対して日頃から意識を向けておこう。

例文

食品業界への志望動機は、A社のインターンシップに参加し、人間の命の根源となる食品に携われることの素晴らしさを感じたからです。製造過程での異物混入、管理不足による不備商品など、会社のミスで消費者が危険にさらされるリスクと隣合わせであるため、A社では常に社員一人ひとりが責任感、義務感を持って取り組む姿を目の当たりにしました。 また徹底したルール作りや管理およびチェック体制がとられており、社員の責任感の強さと、信頼を裏切らないA社の方針にとても惹かれました。社員の姿勢と会社の方針に共感できるA社で働きたい、お客様の信頼を維持したい、もっとA社のファンを増やしたいと強く希望します。 最近では、アレルギーなど食品表示基準も見直され、ますます高い安全性、わかり易い表示などが求められてきています。そういった背景を鑑み、A社に入社できたら、全商品への担当者印押印など新しい取り組みも提案、実現させたいです。

メーカー・インフラ

書き方

1.何のメーカーまたはインフラを希望するのか メーカーとは物作りの会社です。自動車部品や電化商品などあるうち、どの種類のメーカーを希望するのか、色々なメーカーを知ることから始めましょう。インフラでは鉄道やガスなど、希望職種を特定しましょう。 2.なぜメーカーまたはインフラの中でもA社なのか 希望する職種が絞れたら、その中でもなぜA社に入りたいのかを具体的に書きましょう。 3.自身が取り組みたいこと A社で自身の活かせることや、やってみたいことを明確にしておこう。

例文

A社を志望する理由は、創業者の本を読んで強く感銘を受けたからです。夏に来店するお客様のために、店先の道に、お客様が暑くないようにと内水をしておいたりと、この事例以外にも本の中には人として改めて考えさせられる教えがたくさん書かれていました。 当たり前のことに感謝する、人を育てることの重要性、お客様第一の姿勢など現在も受け継がれている貴社の創業者の想いや姿勢は自身の大切にしている生き方と重なる部分があります。従ってA社でなら自身を活かせるのではないか、志同じくする仲間たちと働けるのではないか、そう強く感じています。 貴社では、ここ数年のうち○○の分野に力を入れておられます。ぜひ貴社にて今までにはなかった視点にて、新しい○○の企画をしてみたいと強く志望いたします。

医療

書き方

1.自身の経験などから医療を職業としたい理由 2.医療分野の中でも特に希望する分野 ざっくりと医療といっても分野はさまざまです。分野を特定して理由をなるべく詳しく説明しよう。 3.命をあずかる現場で仕事をする責任感と覚悟があるかどうか 患者の命をあずかる仕事です。それなりの覚悟があることをエントリーシート上でもきちんと意思表示しておこう。

例文

祖母が入院した時の経験から医療の仕事に携わりたい、医療分野の中でも看護師になりたいと強く希望しています。大好きだった祖母が入院した時は本人も当然のことながら、自身や家族も大変心配しました。そんな状況の時、親身に祖母の様態や希望を聞いた上で、今の状況や今後のことを丁寧に教えてくれ、とても安心したことを覚えています。 この経験から、患者やその家族に寄り添える看護師になりたいと考えるようになりました。命をあずかる現場にて生半可な気持ちでできる仕事ではないことは重々承知しております。部活動で培った忍耐と精神力で、責任感と覚悟を持って働けるものと確信しています。

金融

書き方

1.金融業界において、どの職種希望なのか 銀行、証券会社、保険会社など業界の知識を身につけましょう。その上で、自身が希望する職種を絞り込み志望動機を書きましょう。 2.その職種を選ぶ理由を明確に エントリーシートで、より詳しく理由を説明することで採用側の心を掴みましょう。 3.やってみたいこと、自身のしたいこと

例文

保険会社を志望します。理由としては、皆でお金を出し合っていざという時に備える助け合いの精神に惹かれたからです。保険は目に見えない商品で、事故があった時に初めてそのありがたみや価値を実感します。目に見えない商品だからこそ、その商品を扱う人自身への強い信頼が求められるものではないでしょうか。 保険という仕事に関わる中で、より一層信頼を得られる人間に成長できたら、どれほど素晴らしいか、目に見えない商品を自身という人間を通して契約してもらえたら、非常にやりがいがあるのではないかと考えています。 顧客からこの人に契約手続きを行ってもらいたいと思われるような人間になりたい、そして万が一の時には、保険の価値である安全安心をスピーディーに提供できる仕事をしたいと心から希望します。

運輸・建築

書き方

1.志望するにあたって何かしらのきっかけとなるエピソード エントリーシートでは、抽象的な表現よりも何らかのエピソードを盛り込んだ方が採用側の印象に残ります。志望することになったきっかけを具体的に書いてみましょう。 2.仕事に活かせる自身の長所 3.具体的にどんな風に働きたいか 将来を見据えて志望動機を書いた方が、読み手のイメージがより膨らみます。自身が活躍している姿を想像させるような書き方を工夫すると良いでしょう。

例文

A社で荷物を運んでもらった時に(A社で建築をお願いした時に)、非常に気持ちの良い清々しい気分になったことがあります。それは、担当者の素敵な笑顔でした。当たり前のことですが、単に作業を黙々とこなしがちになりそうな仕事だからこそ、当たり前のことを大切にしたいと考えています。 引っ越し作業のアルバイトをしたことがあるので、力仕事には自信があります。就職したら、単に作業を行うだけでなく、運ぶ物(作る物)に、心という付加価値をつけて仕事ができる人でありたいです。お客様を大切にするA社で働くことを強く志望いたします。

商社・不動産

書き方

1.業界を志望することになった経緯 より具体的な経験談があると良いでしょう。 2.顧客のニーズを汲み取る力が求められる 商社も不動産も常に動いている市場情報に敏感である必要があります。日頃からアンテナをはり、顧客の要望を叶えられるようにしておこう。 3.限られた時間の中で結果を出す

例文

インターンシップに参加した時に、変わりゆくマーケット情報を的確に把握し、顧客のニーズを引き出し実現させていく仕事内容に非常に魅力を感じたのが志望動機です。顧客のニーズを汲み取る話術や人間力、またそれを実現させていく貴社従業員の姿に感銘を受けました。 日頃からあらゆる動向や情報にアンテナをはり、顧客のニーズに合った結果を出せること、そして喜んでもらえることは、とてもやりがいのある仕事だと感じています。学生時代の販売員としてのアルバイト経験で、月のノルマを必ずクリアできたという実績があるので、貴社においても限られた時間の中で結果を残せるものと自負しております。

マスコミ

書き方

1.なぜマスコミ業界なのか 志望動機をより具体的に表現しよう 2.なぜA社なのか マスコミ業界の中でもA社を希望する理由を明確に伝えよう 3.どんなことがしたいか

例文

マスコミ業界を志望する理由は、出版社の記者として、さまざまな情報の事実を掘り下げ、社会に発信する仕事に携わりたいからです。 具体的に例に挙げるとするならば、M作家の作品は、複数人の視点で、同じ事案について繰り返し語られる構成が多く、読むたびに、同じ事案であるにも関わらず、これ程までに人によって捉え方が異なるのか、少しのズレで勘違いや思い込み、すれ違いが起こりうるものなのかと考えさせられます。 私自身も人々の行動や感情を分析または多角的な視点で捉え、より奥の深い記事を書ける人になりたいと考えており、自由な社風の貴社でなら、それが実現できるものと考えています。表面的や形式的な作品に制限されることなく、より深く心揺り動かされる様な、そんな記事を書ける記者になりたいです。

観光

書き方

1.観光業界の中でどういった職種を希望するのか 業界の中で、どの職種や会社を志望するのかをきちんと明記しましょう。 2.希望する理由を具体的に 職種や会社が特定できたら、具体的な理由を簡潔かつわかり易く伝えよう。 3.採用されたらやってみたいこと どんな仕事をしてみたいか、どの様な経験が活かせるか、など採用後の働くイメージがエントリーシート上で伝わる書き方をすると良いでしょう。

例文

旅行会社の窓口業務を志望いたします。志望動機は二点あります。 一点目は、旅行が大好きだから。旅行業務を通して、顧客に喜びや楽しみを提供できることは、私自身にとっての喜びでもあります。 二点目は、旅行経験が豊富であり、多様な知識があること。学生時代に約20カ国を訪れ、多くの国民性、異文化に触れ、人としての深みや心の豊かさを得ることができたと感じています。この経験により、実体験に基づいた具体的な旅の提案を、アドバイスをできる強みが私にはあります。 また、数ある旅行会社の中で貴社を選んだのは、説明が簡潔でわかり易いこと、志望する海外旅行に特化した会社であることが理由です。ぜひ、貴社で豊富な経験と知識を活かし、既存のプランのみならず、お客様それぞれに合ったプランを作り上げる仕事まで実現できたらと考えています。

求職者別に見るエントリーシート 書き方のポイント

新卒

学生時代に何を学んだか、どの様な経験をしたか、エントリーシートを書く前に自己分析をしてみましょう。複数の経験を浅く書き並べるよりも、一つか二つのエピソードに的を絞って具体的に書くことがポイントです。どの様な経験をして、何を学んだのか、その経験が希望する会社の志望動機にどう繋がっていくのか、志望する会社でどう活かせるのかという流れまでもっていきましょう。

転職

前職を辞めて、転職する理由は必ず筋が通っている必要があります。退社から転職への前向きな理由と流れをまずは説明しましょう。その上で、前職で学んだことを具体的なエピソードを交えて書き、転職後にどのように活かせるか書くと良いでしょう。一度、社会経験を積んでいるので、当然のことながら新卒以上のレベルが求められます。社会人として成長した姿を意識してエントリーシートを書きましょう。

中途採用

会社が人手不足や事業拡大など急に人材が必要になった時に、行われる採用方式です。従って企業側は大半のケースが即戦力となれる人材を探しているはずです。あなたが経験してきたこと、強みは具体的に何ですか。その強みはどのように活かせますか。即戦力になれるというポイントに重きを置いてエントリーシートを組み立てていくと良いでしょう。

インターン

インターンに応募する時点では、まだどの業種にしようか迷っていて、具体的なヴィジョンが描けていない状態の人も多いでしょう。しかしながら、エントリーシート上では、迷っているからとか興味がある業種の一つだからなどマイナスに捉えられがちな表現はできるだけ避けましょう。 インターンといえども、採用側は既に優秀な人材を早いうちから確保したいという思いであなたのことを見ています。しっかりと業界の知識を持った上で、どうしてA社のインターンに参加しようと思ったのか、参加して学びたいことは何か、学んだことを今後どう活かそうと考えているかなど具体的に書くようにしましょう。

エントリーシート 志望動機の効果的なキーワード

企業理念

エントリーシートを書く上で、その会社の企業理念は必ず把握しておくようにしましょう。企業理念は会社の大きな方針ですので、人材についても、企業理念を理解し、共感してくれる人を求めているはずです。志望動機の中に、企業理念という言葉を単に書けば良いのではなく、理念に沿った内容を自然と盛り込むと効果的なエントリーシートになるでしょう。

共感

エントリーシートは、採用側と求職者側が初めて書類を通じて接点を持つ場所です。就職活動に関わらず、日常のコミュニケーションでもお互いに何らかの共通点があると、より深く印象に残ります。従って、エントリーシートの志望動機でも、先輩社員の話や、会社の方針など共感したことを書くと読み手の心に残りやすいでしょう。

経験

エントリーシートの志望動機欄で、必要不可欠なのが、経験です。いくら、この会社に入りたいと書いても、どの様な経緯があって志望するに至ったのかが伝わりません。 具体的な経験を書き、そこから学んだことなど、A社を志望するに至った経緯をなるべく詳しく書きましょう。具体的な経験談は抽象的な表現よりも深く印象に残ります。具体的なエピソードから志望動機への流れが自然かつ論理的であればあるほど、なお良いでしょう。

社風

同じ業種でも会社のカラーは異なります。例えばA社は謙虚な営業方法をとるのに対し、B社は言葉巧みで積極的な営業方法をとるなど、仕事の方針はさながら、従業員の雰囲気も含め、社風はさまざまです。 社風に合っているかは入社後、働きやすいと感じるか否かに関わってくるため、採用側も意識しているポイントの一つです。従ってエントリーシート上でも志望動機の中に、自身の感じた社風との一致を盛り込むことは効果的といえるでしょう。

好き

まず大前提として、その業種や仕事が好きであることは採用側にとっても求職側にとっても嬉しいことです。ただ、気を付けなければならないのは、好きという言葉だけなら誰でも書けるということです。なぜ好きなのかをいう具体的な説明、加えて、その好きな職業でどんなことをしたいかまで一歩踏み込んで書くとより一層効果的なエントリーシートになるでしょう。

成長

エントリーシート上で成長というキーワードも2つの意味おいて非常に効果的です。まず1点目は、学生時代にどのような経験をし成長したかということです。その成長が就職後にどう強みになるか、会社でどう活かすことができるかも含めて記入すると良いでしょう。 2点目は、就職後にどんな自分になりたいかという将来に向けての成長です。その会社で何がしたいか、それを通じてどんな自分に成長したいかを記載することも重要なポイントです。

エントリーシートを書くにあたり、尊敬する人物を挙げるケースもあるでしょう。そのケースで父をキーワードにすることも有効です。 なぜなら常に身近な存在である両親の背中を見て、言わずともその生き様を学び、就職活動においては長らく社会人経験を積んでいる経験談を詳しく聞くことができるからです。就職活動の本などでは学びきれない生の声を聞いて、エントリーシートの参考にしましょう。

福利厚生

志望会社を絞り込む上で、福利厚生は確認すべき事項です。働きやすい環境が、より仕事を楽しくやりがいのあるものにしてくれるはずです。エントリーシートの志望動機でも、将来におけるヴィジョン(例えば女性であれば結婚出産など)を書く時に福利厚生の良さについても触れておくと、会社のことをよく調べているなと採用側に印象づけることができるでしょう。

雰囲気

人間同士でも合う合わないがあるように、会社の雰囲気を説明会などで直に感じることは大切です。エントリーシートを書く前に雰囲気を知っておくためにも説明会やイベントなどにはできるだけ積極的に参加しましょう。実際に足を運んだ経験が、雰囲気を直に感じた経験が、志望動機をより豊かなものにしてくれることでしょう。

魅力

希望する会社のどこに魅力を感じているのか、なぜ魅力に感じるのか。エントリーシートの志望動機を書くにあたって、必要不可欠な要素です。自身の経験を交え、できるだけ詳しく希望会社の魅力についてアピールすることが重要なポイントになるでしょう。

やりがい

やりがいも志望動機を書く上で重要なキーワードです。どんな仕事がしたいか、どの様な仕事にやりがいを感じるのかを明確に記載しよう。そう感じる理由や根拠も大切となりますので、何らかのエピソードを添えて、具体的に、筋の通った書き方となるよう心がけましょう。

字数別に見るエントリーシート 志望動機

200字の場合

志望動機は学生時代に取得した○○資格を活かせると考えるからです。豊富な知識と信頼できる人間性が求められる業種のため、入社前から資格取得済みであること、接客業のアルバイトでお客様への対応方法を工夫した経験があることは大きな強みになると確信しています。 入社後は、さらに知識を深め、商品に私自身という付加価値を与えられるような仕事がしたいと考えています。A社のお客様第一の精神にも非常に共感を持っています。

400字の場合

志望動機は二点あります。 一点目は学生時代に○○を専攻していたから。人とのコミュニケーションツールにもなる○○を勉強する中で、色々な人を知る視野の広がり、効果的な対話能力を得ることができたと考えています。 この経験は、お客様との対話を行い、厳しいお声も多く受ける職種だからこそ、強みになるものと自負しております。多様な価値観を受け入れ、効果的に話を進めていける人材になりたい、商品に私自身という付加価値を与えられる存在でありたいと考えています。 二点目は、アルバイトで売り上げUPに貢献したこと。お客様の目につきにくいという課題に気づき、看板やチラシなどの工夫を実施したところ、月あたりの顧客数が○人から○人へと増加しました。問題点に気づき改善する経験は、貴社においても活かせるものと考えます。 自由な社風の貴社だからこそ、気づきを行動へ繋げるチャンスを得られ、やりがいを感じられるのではとA社を強く志望いたします。

箇条書きのエントリーシート 志望動機の上手な書き方

トピック1015985/要素2010920

エントリーシートの中には箇条書きで志望動機を記載することを求められるものもあるでしょう。その場合は以下の点に重点を置いて書くと効果的です。 1.一番強くアピールしたい志望動機を最初に書く 2.同じような内容を言葉を変えて繰り返さないように注意する 3.自身の強みを根拠とともに簡潔にアピールする 4.入社したらやりたいことは何か 5.長々と箇条書きをするよりも要点を押さえた簡潔かつわかり易い書き方を心がける

志望動機は「経験」「理由」「将来」を意識せよ

ここまで見てきたように、エントリーシートの志望動機は主に3つの要素を大切にしましょう。一つ目が具体的なエピソード、二点目がその経験に基づいた志望理由、三点目が自身は何がしたいかということ。この3点を意識して書くことにより、採用側はあなたと一緒に働いている姿を想像しやすく、印象もより深いものになることでしょう。

アクセスランキング