IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

通勤距離を簡単に測定する方法・通勤手段別通勤距離検索

就活ノウハウ

通勤距離を測定する場合、NAVITIME、Googleマップ、Yahoo地図などの地図検索サイトや地図アプリで測定することができます。通勤距離だけでなく、通勤時間、通勤ルート、通勤手段によって、あらゆる情報を入手することができます。

更新日時:

通勤距離を簡単に測定する方法

通勤距離を簡単に測定する方法として、NAVITIME、Googleマップ、Yahoo地図などの地図アプリや検索エンジンで測定することができます。NAVITIME、Googleマップ、Yahoo地図のそれぞれの測定方法について紹介します。

NAVITIME

NAVITIMEは、アプリでもスマートホンからでも検索できます。通勤距離をNAVITIMEで検索する場合、通勤手段によって検索方法が異なります。電車、バス、自転車、車、徒歩に応じて通勤距離を検索することができます。それぞれ、出発地と目的地の住所を入力してルート検索することで、通勤距離が測定されます。 通勤距離と通勤時間が表示されますので、通勤する際の参考材料となり、車、自転車、徒歩などの手段に加えて、距離優先、大通り優先、裏道優先など、希望条件によって、通勤距離を検索することができます。

Googleマップ

Googleマップは、Googleの地図アプリやスマートホンからでも検索できます。通勤距離をGoogleマップで検索する場合、目的地となる会社名を入力するか、会社の住所を入力すると、出発地を入力するか、地図で指定するすることで、通勤距離が表示されます。通勤距離は2つ3つのルートが表示され、車通勤の場合、徒歩通勤の場合、公共交通機関を利用した場合で、通勤距離、通勤時間が表示されます。

ストリートビューの利便性

Googleマップは、航空写真で見ることもでき、ストリービューもありますので、通勤経路や目的地周辺がどういった場所なのかを事前に知ることができます。ストリートビューは、自分が歩いているのを仮想現実で体感することができますので、例えば、会社から最寄り駅や最寄バス停まで、どういったルートを辿ればよいかも分かりますので、道に迷うことはありません。 googleマップだけの特徴として、ストリートビューで通勤ルートや会社の周辺環境も知ることができ、調べることにおいては利便性が高いことで支持されています。

Yahoo地図

Yahoo地図は、YahooのアプリやYahooの検索エンジンから検索できます。通勤距離をYahoo地図で検索する場合、住所などを入力して検索する方法と、地図をスクロールして検索する方法があります。

住所などを入力する方法

住所などを入力して検索する方法は、住所のほかに、郵便番号、施設名などを入力した検索結果から指定して、ルート探索からスタートとゴールの目的地を入力することで通勤距離を測定することができます。 ルート探索でスタートとゴールの目的地を入力する際に注意すべき点は、検索候補となる目的地が県外のところも表示されますので、住所で探索する場合は、住所を市町村から入力して探索することをおすすめします。

地図をスクロールする方法

地図をスクロールして検索する方法は、現在地を基準に目的地を入力することで、通勤距離を測定することができます。目的地の住所や施設名、駅やバス停を指定し、スタート地点となる住所や施設名、駅やバス停を入力することで、通勤距離が検索できます。バスや電車、地下鉄などの公共交通機関を利用して通勤する人は、この検索方法が便利です。

通勤手段別通勤距離検索

車やバスなどの通勤手段別の通勤距離検索について紹介します。

車を通勤手段として通勤距離を検索する場合、NAVITIME、Googleマップ、Yahoo地図で検索することは可能です。通勤距離のほかに、通勤時間や通勤ルートも検索できます。注意すべき点として、通勤時間の特徴として通勤による交通渋滞が発生する確率が高く、NAVITIME、Googleマップ、Yahoo地図などの地図アプリで表示される通勤時間よりも、余計に時間がかかることがあります。

バイク

車ルートがおすすめ

バイクで通勤距離を検索する場合、NAVITIME、Googleマップ、Yahoo地図では、車ルートで検索すると良いです。バイクは車と同じく公道を走行でき、ルートも走行時間も誤差の範囲ですので、車ルートで通勤距離、通勤時間を検索することがおすすめです。

原付バイクについて

原付バイクを利用する方は自転車ルートで検索するのをおすすめします。原付バイクは30kmのスピード制限があるので、自転車で通勤距離や通勤時間を検索するのがおすすめする理由です。

自転車

自転車は車よりも遅く徒歩よりも早いので、車ルートでも徒歩ルートで検索される通勤時間は参考にはなりませんが、徒歩ルートでも車と徒歩の中間で認識すると良いです。 検索されるルートについては、自転車は裏道や近道を通れることができますので、裏道や近道が表示される地図アプリは少ないため、通勤時間や通勤距離を短縮できるルートは自分で見つけるしかありません。 ルート表示されるのは交通量が比較的多い道が多いので、ルート表示される道を自転車でどのくらいの時間がかかるのか計ってみるのもおすすめです。

徒歩

徒歩で通勤距離を検索する場合、NAVITIME、Googleマップ、Yahoo地図の徒歩ルートから検索することができます。徒歩で通勤する場合、会社から近距離限定となり、通勤距離よりも通勤時間が気になるところです。徒歩ルートで検索される通勤距離は正確に測定されますが、通勤時間については、人それぞれの歩くスピードに違いがありますので、参考として認識するのが良いです。

バス

バスで通勤距離を検索する場合、バスの運行ルートで通勤距離や通勤時間が検索されます。バスの運行ルートは決まっていますが、運行ダイヤは遅れることもあります。特に、朝の通勤時間帯は交通量が多く、雨などの天候不順の日になると、運行ルートで渋滞する確立が高いため、地図アプリで表示された通勤時間よりも長く時間を要すことがあります。 そのため、バスで通勤する場合は、通勤距離よりも通勤時間がどのくらいかかるのかがポイントとなります。地図アプリで表示される通勤時間よりも時間を要すことを想定することがバス通勤の注意すべきところです。

会社の交通費を支給する判断

会社が交通費を支給する判断材料として就業規則に則る会社が多いです。細かく賃金規定や通勤手当規定などを規則に盛り込んでいる会社は、規定に準じて交通費を支給することになります。就業規則や賃金規定や通勤手当規定の通勤距離に応じて会社から交通費が支給されることとなり、交通費を支給する判断材料として、就業規則や賃金規定、通勤手当規定に則る会社が多いです。 交通費について分からないことは、会社に問い合わせるのが良いです。交通費の算定根拠は就業規則や賃金規定や通勤手当規定などに明示されていなければならないため、会社に問い合わせて下さい。

会社からの通勤距離を測定する場合

会社からの通勤距離を測定する場合、地図アプリを利用して測定することができます。近年、スマートホンの普及によりアプリを利用することで、通勤距離を調べることが一般的になっています。ここで紹介したNAVITIME、Googleマップ、Yahoo地図のほかにも、地図アプリは多々あります。 アプリのパフォーマンスの良し悪しはあるものの、多くの人が使用している地図アプリを使用することは、ごくごく一般的になっています。 通勤距離は正確に検索することができますが、通勤時間については、検索して表示された時間が当てはまらないことがあります。これは、通勤時間帯に発生する交通渋滞の影響があるからです。通勤距離を検索する中で、通勤時間をセットで検索することで、地図アプリの情報から参考になる情報を集めることを重要視している人もいます。

アクセスランキング