IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

歓送迎会の司会の流れとセリフ例・歓送迎会を盛上げる司会のコツ

ビジネスマナー

歓送迎会の司会をすると色々な段取りや進行を考えなければなりませんが、参加された方に「楽しい」と思っていただければ、とても良い会となります。ここでは、司会の進め方からセリフ、盛り上げ方から楽しめる歓送迎会の司会のやり方をご紹介します。ぜひご覧ください。

更新日時:

歓送迎会は人を迎え、また人を送りだす会合ですが、司会の良し悪しで場は和みまた白けます。ここでは、歓送迎会の司会についてご紹介します。

歓送迎会の司会の流れ

順番

歓送迎会の司会の順番などの流れは、概ね以下の内容になります。 1.開会の言葉:司会者が開会を告げ、新任者と転出者を紹介します。 2.最初の挨拶:職場の代表者が、歓迎と送別の挨拶をします。 3.乾杯:職場の次席者か年長者が、音頭をとります。 4.会食、歓談:新任者が馴染める工夫をします。 5.新任者の挨拶:知り合いの少ない新任者をたてて、転任者より先に挨拶をしてもらいます。 6.花束、記念品贈呈:新任者には花束を、転出者には記念品を贈ります。 7.転出者の挨拶:最後に転出者の謝辞をもらいます。 8.締めの挨拶と手締め:締めの挨拶をしてもらった後に、手締めの音頭をとってもらいます。 9.閉会の言葉:司会者の型どおりの挨拶で結びます。 10.お開き、2次会の案内:2次会を用意している場合は、その旨を告げます。 歓送迎会は「歓迎」と「送別」を同時にする会なので、双方のバランスに注意します。司会において挨拶の順序にこだわる必要はないですが、新任者を気配りをした方が良い感じになります。

進行の注意点

歓送迎会において司会が注意する点は以下のとおりです。 1. 当日の主役(迎え入れる人、送り出す人)をチェックします。 2. 当日の主役(迎え入れる人、送り出す人)の異動日や着任日、入社日、退職日を確認しておきます。 3. 当日の式次第の確認(プログラム進行表の確認)をしておきます。 4.幹事で決めた、以下の各人を確認しておきます。 ・挨拶・スピーチをする人 ・主役を紹介する人 ・主役を代表して一言述べる人 ・乾杯の音頭をとる人 ・万歳三唱をする人 ・お礼の言葉を述べる人 ・余興などをする人 ※難読な氏名には、読みがなをふっておきましょう。 5.席順や着順やスピーチなどの立ち位置を考慮に入れて会場をチェックします。 6. 参加者が歓談する間に、幹事は料理や飲み物がすべて出されたかどうかに気配りをしますので、司会者は頃合いを見ながら式をすすめます。 7. 参加人数の多寡が声の大きさ、視線、立ち位置などに関係します。司会はおよその参加人数を把握しておきましょう。

歓送迎会の司会のセリフ例

トピック1015971/要素1925163

挨拶

1.開会の言葉 「ただ今から、○○部の歓送迎会を行います。新たにお迎えする方は○○課の○○さんと○○課の○○さんです。転任される方は○○課の○○さんと○○課の○○さんです。」 2.最初の挨拶 「まずは○○部長よりそれぞれの方へお言葉をいただきます。」司会の言葉は全員が注目するので、ゆっくりと大きな声で言います。

寸志の紹介

司会者は頂いた感謝の言葉と内容を紹介します。 「本日の会に○○部の○○部長より寸志をいただいておりますので、ご披露いたします」 「本日の会に○○専務より御樽をいただいておりますので、ご披露いたします」

乾杯

「それでは、皆さんで乾杯をしましょう。乾杯の音頭は、○○次長にお願いします。」 ※主催者の挨拶する人と乾杯の音頭をとる人を同じ人にしても構いません。

中締め

「では、ここらへんで会場のお時間が迫っておりますので、一旦締めさせていただきます。本日はお忙しい中お集まりいただきましてありがとうございました」 中締めは、飲み会や宴会そのものを締める訳ではありません。そのため「この挨拶は中締めの言葉です」という点がはっきりとわかる言葉を心がけましょう。

本締め

「今日は、楽しいお時間を皆様と一緒に過ごせ、大変嬉しく感じます。まだまだ飲み足りないという方もいらっしゃいますので、この後は○○で二次会を予定しています。お時間に余裕のある方は、ぜひご参加ください」「最後に○○課長より、締めのご挨拶と手締めの音頭をお願いします。」※挨拶をする人と手締めをする人を分けても構いません。 司会者最後の一声です。会が和やかに終わるように心がけます。

ケース別歓送迎会の司会のマニュアル

会社

会社での歓送迎会での司会は次の内容が一般的です。 1.開会宣言 2.上司の挨拶 3.乾杯 4.食事・歓談 5.着任者挨拶 6.食事・歓談 7.離任者挨拶・記念品贈呈 8.締めの挨拶 9.閉会宣言 ※2と3は入れ替わることがあります。 会社の歓送迎会での初めての司会はわからないことが多いですので、過去に司会をされた方にポイントを聞いておくと良いです。歓送迎会当日だけではなくて、一番重要なのはそれ以前の事前の根回しです。 そして、歓送迎会に関わる皆さんとしっかり打ち合わせをし、細かなことでも必要なことは上司にお伺いを立ててからの段取りも大切です。その準備や打ち合わせが当日の進行に活かされます。

学校

学校での歓送迎会では学校の先生ですから、あまり気づかいをする必要はなく、細かいマナーにうるさい方はそんなにいません。校長先生の好みが反映される部分ですので、聞いておくのが良いです。逆にじぶんで勝手に段取りを組んでしまう方がマイナスです。 学校の歓送迎会での司会で気をつける事は次のとおりです。 1.会を始めるにあたっては、校長先生とPTAの会長から挨拶をもらえば良いが、締めの挨拶に回しても良い。 2.できれば歓送迎会前日までに挨拶のお願いをしておけば良いが、当日に会が始まる前に「簡単にひと言挨拶をもらえませんか」と言っておく。 3.乾杯の音頭については、校長先生に挨拶と一緒に確認するのが良いです。他の人にお願いしたいと言われたらそれに従い、他の方にお願いする。 4.離任される先生と着任される先生がいる場合、簡単に挨拶をもらう時間を作ってもらう。また、辞められるPTA会長がいれば長くならない程度に挨拶をもらう。 6.締めの挨拶は、始めの挨拶で当たらなかった方にお願いすれば問題ない。 歓送迎会が和やかな雰囲気になれば参加された方々も喜ばれます。司会進行についても、挨拶についても、そこまで神経を使わなくて良いです。

子供会

子供会の歓送迎会は「卒業生を送る会」と「入学歓迎(お祝い)パーティ」を同時に行うという形式です。卒業と入学を同時に祝う会なので、子どもにとっては門出、友達との最後のお楽しみ、入学への不安感を癒すものなど、さまざまな意味が含まれています。子どもたちが楽しめることを一番に考えます。 食事や、プレゼントを渡す場合もあるとおもいますので、人数、性別などを把握しておきます。アレルギーなども確認しておいた方が、嫌なおもいをする子が少なくて済みます。 歓送迎会当日の流れは次のとおりです。 1.開会 2.お世話になった方からの挨拶 3.料理 4.ゲーム 5.プレゼント贈呈 6.片付け 7.閉会 ゲームの内容を決める際に子どもの年齢が幅広いということを考えます。司会は、どちらも楽しめるようなわかりやすいゲームをやります。 歓送迎会が行われるのは「卒業式が終わった後」「入学式の前」という時期です。子どもの方もなんとなく不安を抱えている時期ですので、そんな気持ちをほぐしてあげられるような歓送迎会を開きます。

歓送迎会を盛り上げる面白い司会のコツ

歓送迎会の司会になると、どうしても緊張してしまい段取りがおかしくなりますが、大事なのは「場を盛り上げる」という事です。虚礼に気をつけながら進行すれば参加されている方は楽しめます。 歓送迎会では、社内でも幅広い年齢の人が集まる場合が多いので、全員が楽しめるような出し物にするのがコツです。また、歓迎・送迎される側をいかに巻き込み楽しんでもらえるかにも気を配りましょう。 盛り上がるためには、たかが歓送迎会の出し物と侮ってはいけません。それに、場をうまく盛り上げられれば司会の評価は社内での大きく上がります。 歓送迎会を盛り上げるのは、じぶんのためとも考えてがんばりましょう。参加した全員の心に残る歓送迎会にできれば一番です。

楽しく歓送迎会をするためには

楽しい歓送迎会にするには前もっての段取りが重要です。司会だけではなく幹事全員が協力して歓送迎会を成功させることを考えなければなりません。 進行も司会を中心として考えて進行表を作り、挨拶の段取りや人選も幹事全員で行います。そうする事で当日の流れを幹事全員が把握しているので、おもいがけない状態になっても早急に対応できます。 会社でも学校でも子供会でも、歓送迎会に参加する方はすべて「お客様」です。楽しんでもらう事を第一に考えれば、多少の失敗があっても参加された方は喜ばれます。楽しく歓送迎会をするためには司会だけではなく幹事全員で段取りをおこなえば良いでしょう。

アクセスランキング