IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プログラミングキーボードの選び方・キースイッチと軸の種類

自己啓発

体にも大事なプログラミング用キーボード選びとその種類。たかがキーボード、されどキーボード。安価であったり合わない物を使い続けていると肩こりや腱鞘炎にもなりかねません。一度ゆっくりとキーボードについて考えてみませんか。きっとご自身に合うものが見つかるはずです。

更新日時:

こだわり別!プログラミングキーボードの選び方

パソコン本体を購入した時に付属したキーボードをそのまま使用してはいないでしょうか。もちろん付属品が粗悪品な訳ではありません。しかし、多くは一般的な機能でコストを下げるために性能も抑えた製品が付属します。 特定の用途で長期間、長時間使用する場合はやはり専用に新たに購入されたほうが長い目で見てとても有益です。特にプログラミングに使用する場合はキーを打つ回数もとても多くなります。一打一打は僅かな違いでも積み重なることでそれは無視できなくなっていきます。 疲れやすくなってしまうことはもちろん、肩こりや腰痛を併発したり、最も気をつけなければいけない腱鞘炎にもなりやすくなってしまいます。そういったリスクを回避するためにも自身にあったキーボードを選ぶことが重要です。今回はプログラミングに向くキーボードのその特徴、選び方を紹介して行きます。

キーボードのタイピング感触で選ぶ

もっとも単純ですが一番難しいキーボードの選択基準です。プログラミングに限らず、キーボードには合う、合わないが存在します。一般的には良いとされる基準であっても本人に合わなければ意味がありません。では選択する時に何をきにしたらよいのでしょうか。

キーストローク

キーを押した時にそのキーが沈む深さをキーストロークといい、キーボードの種類によっても違いますが一般的にノートパソコン用は浅く、デスクトップ用は深い物が多いです。浅いほうが押すのに力もいらずに疲れにくいのですが、軽いからこそ僅かな力でタイプミスが起きてしまい、余計な手間がかかってしまうこともあります。 プログラミングのように、一つのミスが全体を止めてしまうものではミスは命取りです。ストロークはそれこそ長い時間かけて使用して好みをさぐっていくしかありません。店頭で試す場合は実際のプログラミング作業時とは体制が違うことも考慮しておかなければなりません。

キーピッチ

こちらはキー同士の感覚です。こちらはキーストロークよりわかりやすく、自身の手の大きさにあったものを選ぶことができます。ただストロークや後述のキーの種類と組み合わせて考えることをおすすめします。ストロークが浅く、キーの反応が軽ければ少々広めでも使いやすいですし、逆に深く反応が重ければ広いと使いづらくなります。

プログラミング用配列で選ぶ

配列には大きく分けてJIS配列とUS配列が存在します。JIS配列とは日本語入力で使用されるキーボード配列であり、かな入力の日本独特のキーボード配列です。対してUS配列はその日本独特の要素の入っていない世界基準のキーボード配列になります。 US配列は日本語関係が無いためにシンプルかつ入力がし易い作りになっており、Enterキーがよりホームポジションから近くにあったりキーの数の関係からJIS配列はどうしてもホームポジションがキーボードの左寄りになってしまいすが、US配列だとキーボードの中央にあり、モニターに正対しやすく姿勢にも優しいです。 ただどうしてもUS配列の場合日本語入力が煩雑になることは避けられません。「かな」キー等ないので別途自身で割り当てる必要があります。 ではどちらが良いかというと、これはどの程度プログラミングに比重をおくかにもよります。通常の日本語の文章も比較的多く入力するのであればJIS配列のほうが便利ですし、ほぼプログラミング専門であればUS配列のほうが便利となります。慣れるまでタイプミスが頻発してしまうことになりかねませんので、変更する場合は早めに変更して普段から慣れておくことも大事です。

キースイッチの種類

外側の規格とともに気をつけなければいけないのは内部の規格です。幾つか種類がありますがプログラミング用であれば安価なメンブレンシートは避けたほうがよいでしょう。メンブレンシートは基本的に一枚のゴムシートでできており、そのゴムの反発でキーを戻すため感触もよくありません。

静電容量無接点方式

高品質のプログラミングキーボードと想像するとやはり静電容量無接点方式のものが思い浮かびます。メンブレンやメカニカルとは違い直接接点ではなく、非接触でスイッチ内のその名の通り静電容量で感知して反応するタイプです。直接接点ではないために耐久性に優れ、また押した感覚もまた独特のものになります。 スイッチ式ではないために二重入力などの間違えが起こらずに非常に信頼性が高いです。証券会社や金融機関で採用されることが多いのも納得です。セブンイレブンのATMもこの方式です。プログラミング用とは違いますがその感触を試してみるのもいいでしょう。 音もメカニカルより静かで感触もよく疲れにくい。欠点が内容に見えますが、唯一その価格が欠点で性能に見合った少々高いモデルになります。

メカニカルスイッチ

キー一つ一つにバネが用意されており、その反発によりキーを戻す方式です。一口にメカニカルといっても色々な軸の種類がありますが、基本的にカチカチと心地よい打音がなります。プログラミングで使用されている方も多い方式ですが、環境によりその打音が周囲に迷惑になる可能性もあります。静音タイプもありますが、基本的に音を発するタイプだと思っておきましょう。 また軸より押した感覚などかなり異なりますので、プログラミングする際にどれが一番心地よいか試してみるほうがよいでしょう。

メカニカルスイッチの軸種類

プログラミングに限らず、多くの人々に使われているキーボードのメカニカルスイッチ方式です。その中でも軸が違えばまた性能も違います。その種類を見ていきましょう。

茶軸

キーを打ち込んだ感覚は軽く素直で爽快に打てます。少々キー音は大きめですがとても安定した作りになっておりプログラミング用はもちろん、万人にオススメできるキーボードです。

赤軸

キー音を抑え、戻りの力を強めにして戻りを早くしたタイプです。メカニカルにしては高級感があり癖がありません。メカニカルだけど少し高級感を出したい時におすすめです。

青軸

青軸が普及率が高く、人気も高いです。カッチとはっきりとしたスイッチ感とキー音でプログラミング中でも爽快にタイピングができます。ただし同時にその音が周囲の迷惑になる可能性もありますので、時と場所を選ぶタイプでもあります。

プログラミングキーボードのおススメのメーカー

トピック1015965/要素1881966

キーボード選びの点を踏まえて、ではどのメーカーが自分にあっているのか。プログラミングに最適なキーボードとは、どのようなものでしょうか。人気メーカーをその特徴ごとに見ていきましょう。

FILCO

FILCO Majestouch NINJA USB&PS2両対応

言わずと知れたメカニカルキーボードの大手です。1992年から続く老舗でもあり、今なお多くの使用者がいます。フルサイズやテンキーがついていないモデル、JIS配列、US配列など非常に多種多様のモデルを販売しています。 値段も一万~二万円ほどで購入することができコストパフォーマンスに優れます。個人でプログラミングをされている方には印字がキートップ前面のみにしかないMajestouch NINJAシリーズ。会社内でプログラミングをされている方には静音重視のMajestouch 2 Sシリーズがおすすめです。

Majestouch 2 S

オウルテック

オウルテック Cherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用 USB/PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 109フルキー

主にメカニカルキーボードを販売しているオウルテッは、日本語キーボード、青軸メカニカル、Nキーロールオーバーです。ここまで揃って一万円をきるメカニカルキーボードの入門としてはとても優秀です。もちろん性能が悪いわけではなく使用感も問題ありません。 FILCOに比べると種類などどうしても少なくなりますが、その分まずお手頃値段でメカニカルを使ってみたいという方には最適なキーボードです。

RazerBlackwidow

Razer BlackWidow Chroma V2 JP 日本語配列 緑軸メカニカル ゲーミングキーボード

上記2社とは違いRazer社は基本的にゲーミング用キーボードを販売しています。ではプログラミングには使用できないのかといえばそれは違います。ゲーミング用製品はその用途により耐久性を高めて作られているものが多く、素早い対応を求められるためにキーレスポンスも高品質に作られています。 耐久性とキーレスポンス、これはプログラミング用においても重要な点になります。さらにプログラミング用に応用できる点としてマクロ機能の充実。特定の入力などを繰り返す場合など非常に便利な機能になります。もともと通常のキーボードでは物足りなくなった人向けのキーボードです。プログラミング用としても優れています。

長く使うものは大切に選びましょう

これらは選ぶ上でのごく基本的な点に過ぎません。デザイン、優先、無線、さまざまな要素を考えてキーボードを選びましょう。プログラミングは長時間同じ姿勢でタイピングを続けるお仕事です。ほんの僅かでも体への負担を減らし、少しでも小気味よくタイピングできるように可能なら店舗に出向いて試し打ちをおすすめします。 通常千円前後で手に入るキーボードですが、一度上記のようなキーボードに触れてみることをおすすめします。体のためにも決して高い買い物ではありません。何が自身にあっているのか。自身にあったキーボード探しを始めてみませんか。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)