IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

赤ちゃんを旅行に連れて行くのはいつから|日帰り/泊り

家事

初めての赤ちゃんとの旅行はいつからがいいのかまたどこへ行ったらいいのか、楽しみだけど不安がいっぱいです。そこでいつから旅行に行くのがいいのか、赤ちゃんと一緒に旅行に行くときおすすめのスポット、持ち物や準備するもの事前に確認し楽しい旅行に出かけましょう。

更新日時:

赤ちゃんと一緒に旅行に行けるのはいつから?

赤ちゃんが生まれて育児にも慣れて落ち着いてくると、今度は赤ちゃんと一緒にお出かけしたいと思うでしょう。近場のお出かけは1か月過ぎた頃から少しずつOKなんてよく耳にしますが、赤ちゃんと一緒に旅行に行ってもいいのは一体いつからなのでしょうか。 基本的にいつからなら赤ちゃんと一緒に旅行に行ってもいいという明確な時期はありませんが、家族旅行に出かけるのなら早くても首のすわった3か月以降がいいでしょう。この時期になるとママや赤ちゃんの体調も落ち着いてきて外への免疫もできてきているのでおすすめです。免疫がついてきているとはいえ、まだまだ体調を崩しやすい時期ではあるので日帰り旅行から徐々に慣らしていきましょう。

赤ちゃんと日帰り旅行に行くのはいつから?

日帰りの旅行にいつから行っていいのかというと、実家への里帰りや仕事の関係での遠出など特別な用事がない限りは3~5か月に入って首がすわってからにしましょう。また最初の頃は赤ちゃんが疲れて体調を崩しやすいので、距離や時間の短い場所を選んで無理のないお出かけにしましょう。 赤ちゃん連れの旅行デビューには近場の日帰り旅行がおすすめです。旅行デビューに大切なことはいつから行けるのかではなく赤ちゃんやママの体調を第一に考えることです。

泊りの旅行はいつからOK?

日帰りの旅行に行くのにいつからOKなのかがわかりましたが、では泊りがけの旅行にはいつから赤ちゃんを連れて行ってもいいのでしょうか。泊りの旅行に行くのはいつからがいいかというと、1歳~2歳未満、早くても6か月頃からがいいでしょう。6か月頃になると離乳食も始まり、授乳間隔も長くなってくるので赤ちゃんを連れての旅行もしやすくなってきます。 ただしいきなりの長距離の移動を伴う旅行は赤ちゃんにとってストレスになってしまう可能性があります。そのため泊りの旅行に行く時も初めはあまり遠出はしないようにしましょう。

赤ちゃんと旅行に行く時の持ち物は?

いつから赤ちゃんと旅行に行こうか決まったら、旅行先に何をもっていったらいいのか、赤ちゃんとの旅行は必要な持ち物もたくさんあります。必ず持っていくものとあったら便利なものとありますが、ここでは必ず持っていくものの中から特に押さえておきたいものを紹介します。 基本的には、「食べ物」「おむつ」「着替え」の3点です。食べ物は離乳食やミルクを使っている場合はミルクセットを用意しなければなりません。おむつは1日に何回替えるかを考えて持っていかなければなりませんし、着替えも突然汚れることなどを考えて余分に用意しましょう。赤ちゃんの持ち物に関してはイレギュラーが起こることを考えて、少し荷物が増えても余裕をもった準備をしましょう。

赤ちゃんと旅行に行く際注意することは?

いつから旅行に行けるのかが分かって、持ち物も確認していざ旅行へ出発だ、とその前に旅行先の情報は確認しましたか。何を確認したらいいのか、重要な点を押さえておきましょう。 まず大事なことはトイレにおむつ交換台はあるのか、また授乳室があるのか、観光地などで赤ちゃんが休憩できるスペースがあるのかこの3点は必ず確認しておきましょう。 ほかにも食事をするところでベビーフードやミルクのお湯は用意できるのか、ほかにも宿泊先の情報など事前に問い合わせておきましょう。宿泊先に赤ちゃん連れだと伝えておくことも重要です。

赤ちゃんと旅行に行く時の乗り物は?

赤ちゃん連れで旅行に行くときはいつから行くかも大事ですが、移動手段は何を使って行くかも重要になってきます。赤ちゃんが急に泣きだしたり、おむつの交換が必要になったりということも考慮して移動手段を決めていきましょう。

車を使って旅行に行く場合

長距離の旅行は大変ですが、一番自由に動けてまわりの目を気にしなくていいのが車です。ただ渋滞などで予定通りに行動できなかったりしますので気持ちや時間に余裕をもって行動するようにしましょう。 同じ景色しか見えない高速などでは特に赤ちゃんも飽きてしまいぐずりだすこともあるので、こまめに休憩をとって気分転換をするようにしましょう。 また車はチャイルドシートをちゃんと設置すれば新生児でも乗ることができるので、いつから旅行に行けるかという点でもほかの交通機関よりは早くから利用できます。

電車や新幹線にはいつから乗れる?

赤ちゃんを連れて電車や新幹線に乗ってもいいのはいつからでしょうか。赤ちゃんが電車や新幹線に乗れるのはいつからかというと、決まりはないですが3か月までの赤ちゃんはまだ首もすわっておらず体力もないため電車や新幹線に乗るのは4.5か月頃からにしましょう。 公共交通機関を利用する際に一番気になることは、やはり急に泣き出してしまった時などの周囲の目です。そのため新幹線を利用するときはすぐにデッキに出られるよう、できるだけ最前列や最後列の指定席を予約しましょう。また3人掛けの席だと隣の人に気を遣ったりするので2人掛けの席を予約しましょう。

飛行機に乗れるのはいつから?

では飛行機にはいつから乗れるのでしょうか。飛行機は電車や新幹線と違いいつから乗れるのかが決まっています。いつから乗れるのかというとANAとJALの場合は生後8日以降と決められています。逆に言うと生後8日以降は飛行機に乗れますが、新生児期は体力もなく病気にかかりやすい時期なので、どうしても乗らなければいけない場合を除いて、生後1か月は避けられるようにしましょう。 座席を選ぶ際はぐずりやすかったりおむつを頻繁に変える必要のある子は通路側を、外の景色を見たりして遊べる子は窓側を、また前の座席を蹴ってしまうことがあるなどという場合は最前列を選びましょう。

赤ちゃん連れで行く旅行先はどこがいい?

赤ちゃんを連れて旅行に行くのはいつからがいいのか、そして乗り物別いつから乗ることができるのかを確認したら次は目的地です。赤ちゃんを連れていくとなると遠出はできないけどあまり近すぎても旅行気分は味わえないし、せっかくなら思い切りリフレッシュしたいことでしょう。そんなとき赤ちゃん連れでも楽しめる旅行スポットを紹介します。

温泉旅行

やはり一番おすすめなのは温泉旅行です。身体の疲れも取れ、温泉旅館なら赤ちゃん連れでもゆっくりすることができます。でも赤ちゃんはいつから温泉に入ってもいいのでしょうか。赤ちゃんが温泉に入れるのは沐浴を卒業して、大人と一緒にお風呂に入るようになっていたら温泉に入っても大丈夫です。 しかし、6か月くらいまではまだ免疫力が低いので6か月を過ぎてからの方がいいでしょう。また旅館によっては子連れNGであったりもするので予約の際に赤ちゃんがいてもゆっくり過ごせる施設かどうかを確認しておきましょう。

軽井沢などの避暑地

また軽井沢などの避暑地も自然を感じられるのでおすすめです。夏場でも暑すぎず体温調節の苦手な赤ちゃんでも無理なく過ごすことができます。軽井沢には赤ちゃん歓迎の宿泊施設も多くあるので、赤ちゃん連れでも大丈夫かなんて心配をしなくて済みます。また軽井沢までは東京から車で3時間ほどで行くことができ、途中で寄れるサービスエリアも多くあるので安心です。

赤ちゃんとの旅行は準備をしっかりして楽しみましょう

赤ちゃんを連れての旅行はついいつから行けるのかばかりが気になってしまいます。しかし、そのことよりも持ち物や移動手段、旅行先の情報収集など事前の準備が大切です。いざ旅行に出かけてから困ったことが起こると、慌ててしまい旅行を楽しむどころではなくなってしまいます。そのような事態を避けるためにも事前の準備を万全にして旅行に出かけましょう。 旅行先での心配事を少しでも減らして初めての赤ちゃんとの旅行を目いっぱい楽しみ、思い出作りに専念しましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)