IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

子供部屋を間仕切りする方法と費用・各会社のリフォーム費用

家事

子供の成長段階に合わせて子供部屋に間仕切りをすることを考える人が多くいます。そこで、子供部屋の間仕切りの方法をくわしく紹介します。一人部屋が欲しいというお子さんのリクエストにも快くこたえられます。ぜひお子さんに一人部屋を与えてください。

更新日時:

子供部屋を間仕切りする方法

子供が小さい頃は家族みんな同じ部屋で寝ていても何の問題もないのですが、子供が大きくなるとそうもいかなくなります。子供も「自分の部屋が欲しい」と言い出すことが、家のお部屋を見直すきっかけになります。 特に異性の兄弟だといつまでも一緒の部屋にしておく訳にはいきません。でも部屋数は決まっているし、どうしたらいいの、と思っている人が少なくありません。そこで、子供部屋を賢く仕切る方法を紹介します。お悩みの方はぜひ参考にしてください。

まずは、壁で仕切る方法です。メリットは単なる目隠しだけでなく遮音性も確保できます。プライベートな空間をしっかりと作ることができます。デメリットは壁は簡単に撤去することはできないことです。 本格的に壁で仕切る場合はやはり業者さんにお任せするのが一番です。

家具

家具で仕切る方法は比較的簡単に出来ます。収納家具を使うのが一番代表的な方法です。部屋の真ん中に収納家具を配置して部屋を2分割します。子供たちが独立した後は再び1つの部屋に戻すことができます。組み合わせも自由なので、ニーズに合わせて自由に仕切りを作ることができます。

引き戸

天井に下がり壁を造り、吊りタイプの引き戸を付けて部屋を仕切る方法も人気です。勉強する時は引き戸を閉めて集中し、遊ぶ時は開けて広いスペースを確保することができます。引き戸や扉で子供部屋を仕切る場合もリフォーム業者に依頼しましょう。

カーテン

カーテンで子供部屋を仕切る方法は手軽にできるので人気があります。アコーディオンカーテンは比較的簡単に設置できます。レール式やポール式があるので、天井がないところでも付けることができます。 普通のカーテンでももちろん大丈夫です。カーテンレールや突っ張り棒を使って、簡単に子供部屋の仕切りができます。防音効果をあげたい場合は、厚手のカーテンを使うと良いでしょう。 ブラインドでも子供部屋の仕切りができます。完全な仕切りではありませんが、一時的な仕切りとして使い、必要ない時は上にあげておけば、広々とした空間を保てます。木のブラインドはとても人気があります。木のぬくもりが部屋を暖かく包み込むようでリラックスできる空間になります。

子供部屋をDIYで間仕切りする方法と費用

シナベニア

DIYとはdo-it-yourselfの略で自分で何かを作ったり、修繕したりすること、日曜大工のことです。DIYに挑戦してシナベニアを使って子供部屋に仕切りを作る人もいます。カーテンなどの方法と比べると確かに手間と時間がかかりますが、その分ちゃんとしたものができます。 シナベニヤは、見栄えもきれいで、家具や内装の仕上げ材にも使われていて、かつ比較的安い材料です。木材で骨組みを作っていき最後にシナベニアをビスで止めていくという方法です。業者さんに頼まなくても、日曜大工としてできるのでおすすめです。

家具で子供部屋を間仕切りする方法と費用

収納

収納家具を使って、子供部屋を間仕切りする方法は簡単にかつリーズナブルに出来ます。収納家具は通販などでもたくさん扱っているので簡単に手に入れることができます。いろいろなものを収納しながら子供部屋を間仕切りできるので部屋もすっきりします。 費用は、家具によりますが安いものなら3000円代~高級家具を使うなら30000円代といったところです。

二段ベッド

二段ベッドを使って子供部屋を間仕切りすることができます。空間を無駄に使わない方法です。二段ベッドの下段の片側に学習机を配置すればプライベートな空間が確保できます。 費用は二段ベッドの価格にもよりますが、20000円から70000円といったところです。

カラーボックス

カラーボックスも簡単に子供部屋を間仕切りすることのできるアイテムです。収納家具と違ってカラーボックスは見せるタイプの収納になるので、ボックスにおしゃれな小物を置けば、部屋をしきりながら、インテリアも充実させることができます。 カラーボックスの費用は1000円代からでています。

本棚

本棚を使って子供部屋に間仕切りをする方法も簡単なので人気があります。部屋に開放感を残したければ、低めの本棚を使い、逆にプライベートな空間を充実させたければ、高めの本棚を使いましょう。 費用も本棚の価格次第です。5000円~50000円くらいです。もちろん、オーダーメイドの本棚の場合は費用は高くなります。

住宅メーカー別にみる子供部屋間仕切り収納

積水ハウス

積水ハウスでは可動間仕切り収納 famo ファーモが人気があるようです。収納スペースと間仕切りがひとつになっていて、簡単操作で移動することができます。子供の成長やライフスタイルの変化に合わせて、子供部屋に間仕切りをすることができます。間取りをフレキシブルに変えられるので、子供が独立した後も空間設計の自由度が大きくひろがります。

住友林業

住友林業では可動間仕切り収納アルクローゼットが人気です。ライフスタイル、ライフステージに合わせて部屋の空間を自由にかえることができて大変便利です。

ミサワホーム

ミサワホームも間仕切り収納家具が人気です。きっちり2部屋にわけたり、通路をつくったり、その時どきに合わせて兄弟にぴったりの収納をつくることが可能です。これですと、一度子供部屋を間仕切りした後、ニーズに合わせて収納家具を移動させることが可能です。また収納内のユニットも種類が豊富にあるので、収納も楽しくなりそうです。

ヘーベルハウス

ヘーベルハウスの可動式間仕切りクローゼットは、新築住宅に標準装備されていることが多いようです。最初から間仕切りクローゼットが入っていると子供部屋の間仕切りが簡単に行うことができます。

状況別子供部屋の間仕切りの方法

賃貸住宅

賃貸住宅ですと、子供部屋に間仕切りをするのは、ある程度制約があると思います。いずれ出る時は部屋を元通りに原状回復させなければならないので、間仕切りの方法は簡単なタイプをおすすめします。 家具やカーテンなどで間仕切りをするのが良いでしょう。簡単で手間がかからず、原状回復にも時間がかかりません。

新築

新築の家で子供部屋に間仕切りをする場合、自由にいろいろな方法が選べる気がするのですが、途中で変更が可能な間仕切りをすることが大切です。子供の成長に合わせてお部屋のニーズもいろいろになります。あらゆるニーズにこたえるため、子供部屋に間仕切りをするのは慎重に行いましょう。せっかくの新築の家が、間仕切りの失敗で修復不可能になってしまっては台無しです。 可動式間仕切りがおすすめなのですが、レールは床面ではなく、天吊りタイプのものを採用ましょう。天吊りタイプは万が一、不具合があっても修繕がしやすいのが特徴です。ですので、可動式で天吊りタイプが新築住宅におすすめです。

マンション&アパート

マンションやアパートの場合、子供部屋に間仕切りをするときは比較的自由度が高いといえるでしょう。家具を使うもよし、DIYするもよし、色々な方法から考えましょう。 簡単に出来る方法でおすすめなのが、連結可能パーテーションです。一枚のパネルをさらに別のパネルにつなぎ合わせることで、間仕切りの幅を広することができます。ニーズに合わせパーテーションの幅を長くすることができます。また、連結部分を折り曲げることができるので、直線で仕切るだけでなく、S字状やコの字状に仕切ったりできて、楽しみながら子供部屋を仕切ることができます。

適切な方法で楽しく子供部屋を仕切る

子供部屋に間仕切りをする方法はいろいろあります。お子さんを相談して、何を最優先させて間仕切りをするのかを考えて良い方法を選んでください。  開放感を優先させるなら、低めの収納家具などが良いでしょう。逆にプライベートな空間を優先させるならDIYで壁を作ったり、扉や引き戸がおすすめです。またカーテンやブラインドもおしゃれなものが出ていて楽しく間仕切りができそうです。 完璧にリフォームする場合は、元に戻せないというリスクが発生するのでよく考えてから行うようにしましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)