IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

35歳独身の結婚確率と心理・結婚の障害・結婚へのきっかけ作り

恋愛

35歳独身。仕事も私生活も充実してきた今日この頃。そろそろ結婚適齢期ではないかとソワソワしていませんか?自分以外の35歳独身男女が結婚に対してどのような考え方をしているのか、どんな思いをしているのかいくつかの項目をあげていきたいと思います。

更新日時:

35歳独身が結婚できる確率

トピック1015829/要素1884704

年齢において35歳という領域に突入してしまうと、結婚をしていない方はいろいろと心配になってくるでしょう。いったい35歳になってしまった独身貴族は結婚できる確率があるのでしょうか。

女性の場合

いくつか参考になるデータはありましたが、日本政府が実施した「年齢別の未婚女性が5年以内に結婚できる確率」を示した国勢調査結果では、35歳だと21.5%となっておりました。非常に低いといえるでしょう。2015年に行われた国勢調査結果ですので、信ぴょう性は非常に高いです。 ただし、結婚できる確率はこれでも上昇しているという結果といえます。2010年の国勢調査結果では35歳で5年以内に結婚する確率は12.6%だったので、9%も結婚できる確率が上昇しております。

男性の場合

こちらも日本政府が実施した2015年国勢調査の「年齢別の未婚男性が5年以内に結婚できる確率」を参考にしましょう。この結果を見てみると35歳の方は17.8%となっており、2010年の12.2%よりは上昇していますが女性よりも低い値となっております。

35歳独身の結婚に対する心理

トピック1015829/要素1884729

実際に35歳独身の方の結婚に対する心理や考え方はどうなっているのでしょうか。その内面を読み取ることでこの数値の変化がどうして現れてしまったのかも読み解くことができるでしょう。

焦りと寂しさ

本質的に寂しがり屋の人たちは、この年齢になって結婚ができていないと焦りが募っていきます。特に30歳がラインと考えている人も多い中で、四捨五入をすると40歳になってしまう35歳独身となると、その考え方もより深いものとなります。 人によっては、このまま結婚ができないで一人ぼっちになって死んでいくのかというすさまじいほどのマイナス思考に傾いてしまうこともあるでしょう。老後になると孤独を感じるのが人間ですが、この孤独感を強く感じる一つの区切りが35歳となっております。 男性も女性も30代になると老後のことを強く意識すると、より焦りを感じてしまって寂しさも出てしまい、その人の心を締め付けていきます。

厳しいと感じており手遅れ感も理解し始める

非常にひどい心理になりますが、まったく同じ外見と能力を持っている20代の方と30代の方がいた場合、どちらを選ぶという話になったのなら、男性の独身であれ女性の独身であれ、両方とも若いほうを選ぶでしょう。 この考え方は今現在35歳の方々も若いうちに芽生えていた考え方なので、手遅れ感もより理解し始め、その気持ちによって焦りにもつながってしまいます。

諦めもやはりある

結婚願望が強く、20代からある程度精力的に動いていた方々は35歳独身となってしまうとあきらめの気持ちも出てきてしまいます。婚活でも20代の女性に人気が集中しているのが現実なので、30代前半でも難易度が高く、30代後半となると大苦戦となってしまいます。 ある程度努力をしていたとしても、年齢による壁が激しく出てしまうので挫折を味わう確率も増えて一生結婚できないという気持ちが強く出てしまうでしょう。

最初からする気がない

結婚願望がない方々にとって、35歳になったとしても特に気になりません。自由の時間を謳歌するという気持ちがこの年代になっても萎えないという方は、趣味に没頭しており遊び足りないという意識がはっきりとあります。 それ以外には、結婚に対してのマイナスイメージが強すぎることから多少の不安があったとしても、結婚する気持ちが出てこないという方もいます。35歳になってもその意識が消えないのなら、生涯独身の可能性も高いでしょう。

35歳独身の結婚の障害になっているもの

トピック1015829/要素1884837

最初から結婚願望が全くない方は35歳になったとしても特に気にしないかもしれませんが、その壁に苦しんでいる方にとっては気が気ではありません。そこで、いったいどの部分がネックになっているのかを書き出してみましょう。

お金関連

最もシンプルなのがお金関係です。借金があるとか、年収が低いとか、貯蓄できていないといった部分が大きく足を引っ張ることがあります。特に、安定性が低く年収が低いとみなされた場合は、多くの方々が離れていくでしょう。 お金がすべてとは言いませんが、お金がないと暮らしていけないので借金がある人や給与面で心配がある人は出会いがあってもそこから先には進みません。特に35歳になるとある程度の年収が確保できる頃合いなので、この部分が貧弱とみなされた場合は結婚までの道は遠いでしょう。

正社員じゃないこと

お金の部分で安定性があるのはやっぱり正社員です。契約社員・派遣社員・フリーター・パート・非正規雇用者・無職といった状況にある方は、「お仕事は何ですか?」という質問に答えただけで相手が離れていきます。 逆の立場になったとき、「35歳フリーターです」といわれてその人についていきたいと思えるのかというお話です。ある程度の役職に就ける年齢なのにいまだに安定していないと思われた人は、結婚するまでの道なりは果てしなく遠くなります。

家族関係

35歳で正社員という方で年収がしっかりしているという方ならば、結婚相手を見つけられる確率は高いでしょう。しかし、いざ結婚と考えて動いていてもどちらかの両親に反対されてお話がご破談になるということもしばしばあります。 例えば、年齢が35歳で相手の年齢が20代前半の年の差結婚となった場合、それを親がすんなりと受け入れてくれれば問題なしといえるでしょうが、その年齢差が気になって反対された場合、説得することに苦労することになってしまいます。

35歳独身におすすめの結婚へのきっかけ作り

トピック1015829/要素1884877

35歳独身をどうにかして乗り越えて結婚したいという方は、まずきっかけを作る必要があります。そのきっかけとは現代日本でいったい何が該当するのでしょうか。

今の日本でお見合いはある?

昔の方々はお見合いからの結婚というのもしばしばありましたが、自由な恋愛からの結婚という意識が強くなってからはお見合いというものは使われにくくなりました。しかし、ネット社会が一気に加速しSNSも充実した現代において、WEBを使ったお見合いシステムも登場し始めており、お見合いも変わってきています。 このシステムを使ってのお見合いはかなり高頻度で行われており、最大手のお見合いシステムでは毎月2万件ものお見合いが日本全国で行われており、活発化しつつあります。

婚活サイトは今も人気?

一昔前から独身男性や独身女性を救う最大の仕組みとして注目を集める婚活で、その婚活に必要になるのが婚活サイトのご利用です。これは今でも非常に人気が高く、落ち込む気配はありません。婚活サイトは恋愛や結婚を本気で実行したいという男女が集まっている際場所なので、月額課金が必要になっています。 無料登録も可能ですが、一部の機能にロックがかかっており本気で婚活サイトを用いて結婚をしたいという方は費用が掛かると考えましょう。いくつも婚活サイトがあるので、選ぶのは苦労するでしょうが、無料会員でもサイト内の様子が確認できるので有料登録の前にある程度の雰囲気を察することが重要です。 ただし、婚活サイトによっては女性の場合は基本料金が無料というものもあります。基本的に婚活サイトは女性を求めて男性が利用する形になっているところが多く、女性の数のほうが少ないというケースが多いです。 料金相場は月額で2,000~3,000円となっておりますがコース割引もありますので、どこまでそのサイトを利用するのかで動き方を変えましょう。

35歳でも本気で動けば結婚できます

トピック1015829/要素1900402

35歳独身となった場合、いろいろとネックとなる部分はありますが、本気になって動いて相手への条件を妥協するという気持ちがあれば結婚することも可能です。それでも、今己が置かれている状況が厳しいということを理解して動かないといけないという現実は見つめなおす必要があります。 国勢調査のデータでは35歳の5年以内の結婚率は上昇しているという結果が出ているので、諦めるのはまだ早いです。未婚化が増えてはいますが、晩婚化も増えているのでチャンスは増えていると考えましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)