IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

忘年会の司会の役割・役立つ例文とセリフ集・おすすめ衣装

ビジネスマナー

忘年会の司会は責任重大です。しかし、企画力や機転を見せるチャンスの場でもあります。忘年会の司会を引き受けた場合に準備することや、司会の役割や心得について詳しく見ていきましょう。初めて司会に挑戦する人のためのセリフの例文も紹介します。

更新日時:

忘年会の司会の役割

冬は忘年会の季節です。もしも、あなたが司会に選ばれたら何を準備すれば良いでしょうか。会社の忘年会は仕事の一環です。幹事や上司とよく相談をして式次第や余興など企画を立案し、準備を万全にして本番に臨みましょう。

司会進行の準備

忘年会で司会と幹事が別々ならば幹事と打ち合わせをします。司会が新人で社風に詳しくない場合は、上司に相談しながら式次第を決めてシナリオを作成します。 式次第を作成して時間配分を決めれば、忘年会本番で役に立ちます。忘年会の司会は前日までにやることが結構あります。余興やクイズやゲームをやる場合は、その係を決めます。景品の準備や当日配る人などをしっかり決めていれば、当日に右往左往しなくて済みます。 大事なことは開会の挨拶をする人、乾杯の音頭を取る人、中締めがある場合は中締めをする人、本締めの挨拶をする人を決めて本人にお願いします。余興も任せ切りではなく、行き過ぎた内容ではないか中身をチェックします。無礼講といってもセクハラになる内容は絶対にNGです。

進行の式次第

会社の忘年会の式次第を例に、当日の流れを紹介しましょう。式次第を作成しておけば、挨拶をする社長や幹部の人に頼みやすいです。

式次第行う人
忘年会の開会宣言司会
開会の挨拶社長
乾杯の音頭部長
食事・歓談司会
余興(クイズ・ゲーム・表彰・景品贈呈)○○さん、○○さん
中締め課長
締めの挨拶(一本締め)専務
閉会の挨拶司会

忘年会の締めの時に万歳三唱か一本締めか三本締めにするかは、よく皆の意見を聞いて決めます。三本締めをしないと気が済まない人もいます。三本締めは長いので他の客を気遣い一本締めにする場合も多いです。「ヨーパン」と一回だけ手を叩く関東一本締めが好きな人もいます。 会社の忘年会では、開会挨拶は1番偉い人なので社長です。乾杯の音頭は3番目に偉い人なので常務がいない会社では部長です。締めの挨拶は2番目に偉い人なので専務です。中締めはやらない場合もあります。

忘年会の挨拶

忘年会の司会が挨拶をする人を紹介します。「まず始めに○○社長より一言お言葉を頂戴いたします。よろしくお願いいたします」「次に○○部長より乾杯の音頭をお取り頂きます。皆様、お手もとのグラスにお飲み物のご用意はよろしいでしょうか」と円滑に進行していきます。

来賓紹介とご厚志紹介

来賓が出席している場合は「ご来賓の○○商事株式会社、○○社長よりお言葉を頂戴いたします」と司会が紹介します。 前もって忘年会のために上司がお金を余分に出してくれることがあります。その場合も司会が「ここで皆様にご報告がございます。この会に先立ちまして多くの方よりご厚志を頂いておりまので披露させて頂きます」と言い「○○社長、○○専務、○○部長」と名前を紹介します。 肩書きが無い場合は「○○様」です。「寸志」という言葉はお金を出す方が謙遜の意味で使う言葉です。もらう側は間違っても「寸志」と言わずに「ご厚志」と言います。

余興は準備が命

忘年会の余興は難しいです。幹事や上司に相談して「許される範囲」を前もって聞きます。簡単にできない出し物であれば練習やリハーサルも必要です。忘年会は食事中なので下品なネタはNGです。男性が裸になるのは完全にセクハラです。女性社員が嫌がるので注意が必要です。 忘年会で受ける余興は、ものまね、コント、漫才などがあります。マジックができる人がいたら最適ですが、インチキマジックなら誰でもできます。仕事と少し関連して「プレゼンギャグ」も行けます。普通のプレゼンでは扱えない面白いテーマでプレゼンをします。

司会は盛り上げ役

来賓や社長挨拶ではギャグは特に必要ありません。滑った場合や冗談が通じなかった場合は翌週からの仕事にも響きます。司会の本領発揮の場は余興の時です。クイズやゲームをする時に明るく盛り上げるのも司会の大切な役割です。 出し物をした人が万が一滑った場合にはフォローを入れて受けを狙います。ツッコミも大事です。テレビ番組で司会進行が上手い芸人は抜群のタイミングで面白いツッコミを入れます。トークバラエティ番組を観てツッコミやフォローの参考にするのも良いでしょう。

中締めをやる意味

忘年会では本締めの前に中締めをやる場合があります。全員参加の余興や表彰が終わり、後は本締めを残すのみとなった時に中締めをします。中締めをやる意味は、家が遠い人など帰りたい人が帰りやすいためです。まだ歓談したい人はそのまま残ります。

くじで席を決めるのもアリ

忘年会の席は、社長や来賓や主賓に上座に座ってもらうのが通常です。部屋の奥が上座です。ただ、社長がしきたりをそれほど重んじない人であれば、上司と相談の上くじで席を決めるのも忘年会らしい面白い企画です。くじはゲームやクイズでも使えます。

ひと工夫したクイズで盛り上げる

忘年会でクイズは盛り上がります。司会がそのままクイズの出題者になる場合もあれば、前もってクイズを出す人を選ぶのも良いでしょう。クイズは簡単過ぎず難し過ぎず面白いものが受けます。 テレビのクイズ番組はひと工夫された内容が多いので参考にできます。「読めなきゃ恥ずかしい漢字クイズ」や「書き間違えの多い漢字クイズ」は解答者もドキドキして盛り上がります。 社内受けするクイズも面白いです。例えば「専務の大好物は」という問題で「寿司・ラーメン・カレーライス」など三択にすると盛り上がるでしょう。「社長の好きな女性タレント」や「部長のカラオケ十八番」などネタはいくらでも浮かびます。

ビンゴゲームは忘年会の定番

忘年会の定番とえいばビンゴゲームです。全員が参加できて必ず盛り上がります。司会が「豪華景品をご用意しています」と言えば皆も燃えます。

締めの挨拶も重要

気軽な飲み会ではなく社長をはじめ全社員が参加する本格的な忘年会ならば、最後の締めは重要です。挨拶も前向きな言葉を語ることが大切です。

短くスッキリ一本締め

店全部を貸し切る忘年会ならば多少の大騒ぎは店の人も気になることはありません。しかし、居酒屋の座敷の中での忘年会の場合、大勢の人が一斉に大声を張り上げての三本締めは、うるさいと感じる人もいます。最近は短い一本締めでお開きにする忘年会が増えました。

忘年会の司会に役立つ例文集

初めて忘年会の司会を引き受けた場合、何を話せばよいのか迷います。そこで参考になる例文を紹介しましょう。基本を知れば話しやすい言葉に置き換えてオリジナリティを出すこともできます。

司会の挨拶の例文

忘年会の司会はテンションが大事です。笑顔で明るく元気に行いましょう。開会宣言は簡潔に短くします。「お待たせいたしました。それではこれより、○○株式会社、平成○○年の忘年会を始めます。本日司会進行を務めさせていただく○○と申します。よろしくお願いいたします」 最後の締めも終わり司会が閉会の挨拶をします。「それではこれでお開きにいたします。皆様、忘れ物が無いようにご注意の上気をつけてお帰りください。なお、二次会として○○を予約しておりますので、ぜひご参加ください」

司会のセリフ例文

開会の挨拶や乾杯の音頭の後は、しばらく歓談の時間になります。頃合を見て「お待たせしました。これより恒例のビンゴゲームを行います。本日は豪華景品もご用意しています」と言って簡単にゲームの内容を説明します。 余興で出し物をする人を普通に紹介しても面白くありません。例えば「プロレスの詳しさなら○○係長の右に出る人はいません」「東京出身でもカープ女子の○○さん」などユーモラスに紹介します。社長挨拶や来賓紹介はまじめに行う必要がありますが、余興の時は砕けたトークで大丈夫です。

忘年会のおもしろネタ

奇抜なアイデアで滑るよりも皆が興味を持つネタがあります。忘年会を開催するのは主に12月が多いです。12月といえば毎年話題になるのが「今年の漢字一文字」「新語・流行語大賞」「今年の重大ニュースです」 「今年の重大ニュース」は悲惨な災害や事件は避け、例えば、赤ちゃんパンダ誕生など明るいニュースを紹介します。12月になると、1月頃のニュースは「あれは今年だっけ」と盛り上がります。 「今年の漢字一文字」と「新語・流行語大賞」は「あなたが選ぶ」というテーマで皆に書いてもらうのも面白いでしょう。

司会のつかみ

忘年会の司会は最初のつかみが肝心です。「この一年本当にお疲れ様でした。本日は飲んで食べて喋って思う存分楽しんでください。踊るのは少し待ちましょう」と一か八かギャグをかまします。 もう少し無難な受け狙いは自己紹介です。「本日司会を務めさせていただくのは自称大相撲博士の○○です。よろしくお願いいたします」と、ただ名前を言うだけでなく一言添える方法もあります。

忘年会の司会のおすすめ衣装

忘年会の司会の衣装は難しいし迷います。普通にスーツ姿の場合もありますが、燕尾服など明らかに浮いている衣装も司会なら問題ありません。日頃着ない衣装はテンションも上がります。 機敏に動けないほどの被りものは忘年会の司会には相応しくありません。マスクを被るのも良くない場合があります。特に会社の忘年会は、始めから余興をやるわけではありません。社長挨拶や来賓挨拶の時に司会がタイガーマスクだと、皆も笑いを堪えるのに必死です。

忘年会の司会の心得

司会は明るく楽しく礼儀正しく行います。当日の式次第を完璧に覚えて、言うべきセリフのシュミレーションをしましょう。会社の忘年会は仕事です。プレゼンテーションをやるのと同じ意気込みで準備をします。景品は揃っているか、ゲームの道具や余興の衣装はあるかなど細部までチェックします。 忘年会は、今年の嫌なことを忘れる会です。司会は、参加者全員が「今日は本当に楽しかった」と笑顔になれる忘年会を目指し、サービス精神旺盛に創意工夫して企画を考えましょう。

忘年会の司会は実力を見せるチャンス

忘年会の司会について、役割から心得まで詳しく見てきました。忘年会の司会に選ばれたら責任重大です。しかし、社長をはじめ重役全員が揃う場でもあるのでチャンスです。 忘年会の司会進行が円滑で、話し方も面白く快活であれば実力を高く評価されます。企画力や臨機応変の対応力も見られます。司会はチャンスだと捉えて真剣に取り組み、力を発揮しましょう。

アクセスランキング