IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社の年賀状の宛名の書き方・相手別文章例・書式のマナー

ビジネスマナー

会社関係の年賀状には年賀はがきで出すのが古くからのマナーです。メールやSNSで新年の挨拶をするのでは、旧年中の感謝や新年に向けての意気込みも半減してしまいます。年賀状のマナーを身につけて年賀はがきで新年の挨拶をしましょう。

更新日時:

会社の年賀状の宛名の書き方

年賀状の顔ともいえる宛名につける敬称は送る相手に敬意を示す言葉になります。宛名を間違えてしまったり、間違えた書き方の年賀状では会社の信用にも関わることも考えられます。正しい宛名の書き方と敬称を使用することで、相手に与える会社の印象も違います。 住所は2行程度になるように都道府県やビル名など略さないように書き、番地などの数字は漢数字で書きましょう。会社名は住所より一回り小さいフォントを使用し、住所より少し下げて書くのがマナーです。 敬称と肩書で会社などの個人に宛てる場合、社長や部署名に警鐘を付けず名前のみに警鐘を付けます。氏名は大きめの文字で書き、連名がある場合はそれぞれの名前に警鐘を付けるのが一般的です。

御中

会社などの組織や団体に宛てる場合の敬称を「御中」と書きます。取引先の担当者が何人もいる場合、各担当者当てにそれぞれ年賀状を書く場合と、「御中」として会社宛に代表として送る場合などにも使用します。 御中という言葉には、「中の人すべてに」という意味があり、誰かにという限ったものでなく会社や組織全体の中の人へという大きな範囲を対象にすることになります。

皆様

会社宛の年賀状で、代表者ならびにスタッフの方宛などにする場合、代表者や会社名の隣に連名として「皆様」や「スタッフ一同様」と書くことも可能です。 一般的に「皆様」は家族単位に使用することが多く、会社宛には「御中」で済ませることが多いので、会社宛の年賀状などには「皆様」などは使用せず、会社の方全てに年賀状を送る意味で「御中」とすることをおすすめします。

連名

会社宛の年賀状では連名にすることはほぼありません。なぜならば、会社宛に代表者と担当者などの連名にすると、誰宛に届けてよいのか分からなくなることがあるからです。 部署単位などで、連名に「○○部一同様」や、「スタッフ一同様」と送るのなら代表者の素に届けることができるので可能ですが、会社宛に送る場合は、各担当者当てに出すか会社全体宛に出すのが望ましいです。 個人で送る場合の連名は、家族の世帯主と配偶者などにすることが多く、その場合はその世帯主に届くと同時に配偶者にも届くので使用方法としては一般的です。

役職

年賀状などの宛名に役職名を書く場合、会社名、役職名、氏名の順で書きます。字の大きさは氏名が一番大きく、次に会社名、一番小さく役職名になります。 氏名の後に「○○社長様」などと書くのはマナー違反です。「■■会社社長○○様」と書くのが一般的です。会社名で出す場合は「御中」とし、社長や担当者の個人名宛に出す場合は「様」となります。

相手別会社の年賀状の文章例

年賀状に書かれる文章には年頭の挨拶と共に、相手の方に向けてのお世話になったお礼などを書くのが一般的です。会社関係の相手に対しても、目上の立場の方に出す場合や後輩や同僚といった関係に出す場合などでは、言葉使いや表現方法など特に気を付けなくてはならないことも多くあります。年賀状を出す相手別にいくつか文章例をご紹介します。

取引先

◆謹賀新年 旧年中は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございました 本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます ◆旧年中は格別のご支援ご愛顧を賜り心より御礼申し上げます 本年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます ◆輝く新春を迎え貴社のご繁栄を心からお祈り申し上げます 旧年中賜りました一方ならぬお引立てに深謝いたしますと共に本年もなお一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます

社長

◆謹賀新年 旧年中は大変お世話になりありがとうございました 今年はご期待に答えるべく精進する所存でおります 本年も変わらぬご指導お願いいたすとともに、ご多幸をお祈り申し上げます ◆謹んで年頭のご祝辞を申し上げます 旧年中は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます 本年もご期待に沿えるよう精進いたす所存ですので何卒よろしくお願い申し上げます ◆謹賀新年 旧年中は色々とお世話になり心よりお礼申し上げます まだまだ未熟者ですが積極的に会社の実績に貢献したいとおもっております 本年もよろしくお願い申し上げます

同僚

◆旧年中はお世話になりました 今年もお互いにとって良い1年になりますように 今年も助け合いつつお互いに躍進いたしましょう ◆明けましておめでとうございます 今年1年もお互い力を合わせ良い年にしていきましょう 本年もよろしくお願いいたします ◆今年もすこやかにお正月を迎えることができました 今年も共に活躍できるよう協力して頑張りましょう

先輩

◆謹賀新年 今年も清々しい新年をお迎えのことと存じます 本年もどうぞよろしくご指導いただけますようお願い申し上げます 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします ◆謹んで新年のご祝辞を申し上げます 旧年中は大変お世話になりました 去年よりも一層の努力をして成果を上げることがだきるよう励んでまいります 本年もご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます ◆新年のお喜びを申し上げます 旧年中は並々ならぬご厚情を賜り厚く御礼申し上げます 本年も去年同様ご指導のほどよろしくお願い申し上げます 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

上司

◆謹んで新年のご祝辞を申し上げます 旧年中は公私にわたりお世話になり心より感謝いたします 本年も何卒倍旧のご指導を賜ります様よろしくお願い申し上げます ◆新年のご祝辞を申し上げます 旧年中は大変お世話になりました 本年もご指導ご助言のほどよろしくお願い申し上げます おかげさまで公私ともに順調に過ごしております 本年は良き報告をお伝えできるよう努力していく所存です  ◆謹んで新春の寿ぎを申し上げます 旧年中は一方ならぬお世話になり厚く御礼申し上げます 今年も変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます

会社の年賀状の一言添え書きの文例

トピック1015773/要素1955203

一般的な挨拶だけの年賀状も良いですが、実筆で一言添えるだけで他とは違った心のこもった年賀状を送ることができます。同僚や上司や取引先など印刷された年賀状に一言添えてみましょう。 ◆本年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いします ◆また仕事で一緒に一旗あげましょう ◆いつもあたたかいお心遣いありがとうございます ◆素晴らしい一年でありますように ◆今年もみんなで会社を盛り立てていきましょう

ケース別会社の年賀状マナー

トピック1015773/要素1955213

年賀状では旧年中の感謝の言葉と新年に向けてのご挨拶ばかりではなく、その他の報告も兼ねて行う場合もあります。また、身内に不幸があった場合などは年賀状は出せないという意味を込めた「喪中はがき」を出すこともあります。 喪中はがきは年賀欠礼の挨拶になるので、喪中はがきを受け取った側は年賀状を出してはいけないため喪中はがきを出す場合は、新年が始まる前の12月中に相手に届くように発送しましょう。喪中に出すはがきの文例や、結婚報告を兼ねた年賀状を出す場合の文例をご紹介しましょう。

喪中

◆本年〇月○日に父が○○歳にて永眠いたしました ここに生前のご厚情に深く感謝申し上げますと共に明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます ◆新年ご挨拶を申し上げるべきところではございますが亡き○○の喪中につき失礼させて頂きます 本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますとともに皆様が健やかなる新年をお迎えになりますようこころよりお祈り申し上げます ◆喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます ここに本年中賜りましたご厚情を深謝申し上げ明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます 寒さ厳しき折皆様のご健勝をお祈りいたします

結婚報告

◆謹んで新年のご祝辞を申しあげます 私たちは去年〇月に入籍し夫婦となって初めてのお正月を迎えることができました これからは夫婦ともに力を合わせて明るい家庭を築きたいとおもっております まだまだ至らぬ二人ですが今後とも末ながくご指導くださいますようお願い申し上げます ◆新年のお喜びを申し上げます 新しい人生を二人で歩んでいくことになりました いつの日も思いやりを忘れずに幸せな家庭を築いていきたいとおもっております どうぞ末永いご便宜をよろしくお願い申し上げます ◆謹んで新年のお祝いを申し上げます 私たちは〇月に結婚いたしました これからは二人で力を合わせ幸せな家庭を築きたいとおもいます 未熟な私たちですがこれからも変わらぬご指導をよろしくお願い申し上げます

書式別会社の年賀状マナー

年賀状のマナーとして賀詞、あいさつ文、年号の順番になります。上司や目上の方の場合は「賀」や「賀正」など一文字や二文字の賀詞は相手に対する敬意や丁寧さにかけるため不向きとなります。同僚や部下や後輩ならば可能ですが、上司や目上の場合は四文字の賀詞にしましょう。 また、あいさつ文などに句読点となる「、」「。」は付けてはいけません。年初めの挨拶に句読点で句切ることが縁起が良く無いとされているからです。「去る」「失う」「滅びる」などの忌み言葉も使用してはいけません。うっかり「去年」などと書いてしまいがちですが気を付けましょう。 はがき自体もお葬式を連想する黒縁のデザインや、弔辞を連想するグレーの文字は避けるようにしましょう。

横書き

年賀状の始まりは平安自体といわれ、縦書きで書く年賀状が常識とされていましたが、現代では横書きの年賀状も多く見かけるようになっています。一般的に横書きの年賀状でも問題ないとされていますが、目上の方や取引先などへは、平安自体と同じ縦書きで書くことがマナーとなっています。 後輩や同僚などに出す年賀状ならば横書きでも問題ありませんが、表裏揃えて横書きにすることをおすすめします。なぜならば、表と裏がそろって書式になっていないと受け取った側は何だか気持ちが良く無いとおもわれるからです。横書きで書く場合、電話番号や番地などは漢数字では読みずらいので、算用数字を使用するようにしましょう。

縦書き

目上の上司や先輩、取引先へ出す年賀状はマナーとして縦書きで書きましょう。縦書きの場合は、郵便番号以外の宛先の番地や電話番号などの数字は全て漢数字で「18」や「29」などは「十八」や「二十九」と書かずに、「一八」や「二九」と書くように注意しましょう。 縦書きの年賀状は筆書きが主流とされた平安時代からのなごりであり、年賀状のマナーとしては縦書きで書くのが常識です。差出人の名前は裏面に入らない場合は表面に記載し、表面に差出人の住所を書く場合は、相手の住所などより小さく書くことがマナーです。 目上の方や取引先などはマンション名やビル名など省略せずに書きましょう。また、表面に書く自分の住所と名前の末字の高さを揃えましょう。

書体

書体とはある一貫した文字のスタイルの集まりを意味していて、文字体系のもとになる書体として中国周泰の篆書、漢魏の隷書、六朝以後の楷書、漢で興った行書や草書の五体に加え、印刷用の和文書体として、明朝体、ゴシック体などがあります。これらの書体は共通の文字集合から生まれたもので時代や地域、目的によって形態を変化させてきました。 年賀状での書体として会社関係や取引先などに最適とされる、「明朝体」「楷書体」「教科書体」がシンプルでスッキリします。筆で書かれたような純和風な「行書体」は、和風な裏面の年賀状にはとても合う書体です。ポップに印象を受けるポップな字体は会社関係ではマナー違反となってしまいます。

フォント

フォントとは、元来欧文活字の用語で1つの書体を文字のサイズごとに作られた大文字、小文字、数字、記号類のセットのことを意味しします。昔は判子のように文字を金属活字として使用していたため文字の大きさや太さごとに同じ書体でもいくつも作られその大きさや太さの違うものをフォントで区別されていました。 現在はパソコンなどで簡単に文字の大きさを変更できるようになり「フォント=書体」と同じ意味になりつつあります。

会社関係の年賀状を出しましょう

年賀状は年の瀬に送る風物であり、お正月に郵便ポストを開けるのが楽しみだった子供のころを思い出させてくれます。現代は、スマートフォンやパソコン、タブレットの普及で簡単にメールやSNSで新年のあいさつをすることが多くなり、年賀はがきを使って年賀状を送ることが少なくなっていますが、会社関係では今でも年賀はがきによる年賀状のやり取りが残っています。 会社関係での年賀状のやり取りも年々減少していく一方ですが、せっかくある日本の伝統として年賀状を無くさないためにも、ぜひ上司や同僚、取引先などに年賀状を送りましょう。

アクセスランキング