IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自分の話ばかりしてしまう人の心理と特徴・相手別の対象法は?

コミュニケーション

自分の話ばかりする人が周囲にいませんか。相手にしていると疲れることが多く、かと言って無視もできないので、結局興味のない話でも延々と聞かされることになります。ここでは相手やシチュエーションに分けて、それぞれの対処法を考えてみました。

更新日時:

自分の話ばかりしてしまう人の心理

自分の話ばかりする人の心理はなかなか複雑です。まず他人に目がいかない自己中心性があります。次に自分が大事すぎて好きすぎる自己性愛が強いです。そしてもう一つ、性格として備えているのが、自己顕示欲です。「みんな話を聞きたいでしょ」「きっとみんな話を聞いたらおもしろがるわ」など、自分の話がみんなを惹きつけると思っています。 しかしその反面、自分のことを相手にして欲しい、かまってちゃんの側面もあります。自分が話題の中心にならないと面白くない気持ちと、自分の話ばかりしていないと疎外されるという恐怖がひしめいているのです。 ありとあらゆる意味で、寂しい人生や生活を送っている人たちです。

自分の話ばかりしてしまう人の特徴

ナルシスト

ナルシストは自分が一番大好きです。自分が一番素敵だと信じています。そうでないと、鏡で自分の姿を見てうっとりはできません。そういうナルシストなので、世の中の人が自分のことを知りたがっていると思い込んでいたりします。 ナルシストは自分の話をすることで満足して、興味のない他人の話は聞きません。自分の話ばかりしてと辟易されてることにも気づかず、自分のためだけに自分の話を滔々と聞かせます。それがナルシストの幸せです。

一人っ子

一人っ子の人は、子どもの頃から兄弟姉妹がいないため、自分の話だけを親に聞いてもらえる環境です。競争相手がいないため、どうしてもそうなってしまいます。それを繰り返すため、自分が話して当然、自分の話をみんな聞きたがっていると思い、自分の話ばかりしてもいいのだと勘違いして育ちます。 大勢のいる環境に放り込まれてコミュニケーション能力を育てていかないと、そういった子どものままに成長をしていきます。その結果、他人の話を聞かない、自分の話ばかりする人になりがちです。

o型

O型の人は、基本的に人の話を聞きません。聞いているようにみえたとしても、すぐに自分の話に戻ってしまいます。しかし、これがO型の特徴であり、個性であり、非常に愛される特徴でしょう。 しかし会話をしていると、全くこっちの話は終わらずにO型の話だけ聞かされた、ということがしばしばです。さすがに自分の話ばかりしている相手と話をすることがしんどくなる時が出てきても仕方ないでしょう。

性格

自分の話ばかりする人は、あまり他人に興味がありません。ないつもりは本人に毛頭ないのでしょうが、他人への共感性の欠落が根底にある結果として、他人の気持ちの尊重や、その場の空気を読むことや、会話を盛り上げるといった感覚が抜け落ちています。 自分の話ばかりしているから他人がおもしろくないと思っても気づきません。気づいたときには、周囲の人に嫌われていたり、あまり相手にされなくなっています。それをずっと繰り返してきているため、人に自分の話を聞いて欲しいと心の奥底で思っています。相手にされないと話を聞いてもらえないので、予想以上に寂しがり屋のかまってちゃんの人が多いです。

相手別自分の話ばかりしてしまう人への対処法

男性は自慢をしたい生き物です。だいたい男性が話す内容は自慢話が多いです。他人に興味があまり持てないため、自分の自慢話以外することが考え付かないのです。興味がないため、他人がその自慢話に興味がないことにすら気づかないでしょう。加えて、他人に自分はすごいと思われたい気持ちも持っていて、つい武勇伝や自慢話など自分の話ばかりを得意げに話してしまうのです。 また、男性は繊細な人が多いので、おとなしく自分語りをきいてあげるのが、大人の女性の余裕です。

彼氏・恋人

つきあっても自分の話ばかりする男性は、間違いなく相手にあまり興味を持っていません。男性自身が「そんなことはない、興味があるに決まっている」といっても、実際に興味があれば、自分より相手の話をたくさん聞きたがるはずです。 そういう男性と居ても、興味を持たれない以上すごく好きになってくれることはなさそうです。悲しい気持ちになることも多いでしょう。ですから気持ちのふんぎりをつけて、傷が深くなる前に別れる方が辛くならなくていいでしょう。

女性はお喋りだとよく言われますが、専業主婦をしている女性であれば、旦那さんと一緒に居るまれな時間に、溜り溜まった話をしたくなるのは当然です。一日だれとも話さない毎日を過ごしていることもあります。唯一の話相手が、旦那さんということもあります。 仕事で疲れていたとしても、奥さまの自分語りや奥さまの世界で起きている話など、具体的な内容がわかならいままでいいので、話を聞いてあげましょう。決して自分の話ばかりと責めて、奥さまを悲しませないようにしてください。

祖母や老人

老人は徐々に年老いていって、認知症など関係なく自分がしたことがある話と、したことがない話がよくわからなくなっていきます。人は年齢を重ねる毎に誰でもそうなります。それに、周囲とあまり関わることがなくなってくるので、孤独感もつのってきます。 そういった時に話を聞いてくれる人が現れたら、ついつい嬉しくて自分の話ばかりしてしまうのです。相手の話を聞きたくないわけでも、興味がないわけでもなく、ただ自分のことを聞いて欲しくてどうしようもなくなるのです。なので、「自分の話ばかりして」と興ざめせずに優しい気持ちで耳を傾けてあげましょう。

シチュエーション別対処法

初デート

デートとは、相手との相性や、相手の趣味や環境、相手の好きなことを知るために、恋愛にとって必要なコミュニケーションツールです。双方向でお話をして、お互いに対する理解を深めることが大事なものです。 そういったデートにおいて、相手の話を聞かずに自分の話ばかりするような男性は、自分勝手な男性といえるでしょう。会話のキャッチボールというものをする気もなく、またできないような男性は、その後におつきあいを続けてもあまり変化は絶対ありません。 とりあえず初デートは聞き役に徹してこなしてください。しかし、次のデートに誘われることがあっても、丁重にお断りすることが賢明です。

片思い

相手に知られていない、純粋な片思いをしている人には、自分の話ばかりしてくれる相手は最高でしょう。自分が知らない相手の内面や、趣味、生活を少しでも垣間見ることができるわけです。自分がアプローチすることは置いておくとして、その前に散々話をしてたくさん相手のことを知りましょう。アプローチの方法も最上のものが思いつくかでしょう。 自分の話ばかりするからといって、もしおつきあいすることになれば変わるだろうと期待して、片思いを成就させるために利用しましょう。その後のことは、またその時に考えるのが一番です。

ライン・メール

ラインやメールは自分の話ばかりするには、うってつけのツールです。ひたすら自分の言いたいことを大量に打てるからです。自分のはなしばかりする人に限って、自分が聞いて欲しい話がないときは、全く音沙汰がないことが多いです。 不愉快であれば、ラインは既読スルーもしくは未読スルーでも問題ありません。メールは気が向いた時に返信をすれば全く問題ないでしょう。

会社

会社で親しくなって友人になる人もいるでしょう。しかし、ほとんどの人は会社内だけの関係で、それ以上でもそれ以下でもありません。友人はない人、上司や先輩や後輩が自分の話ばかりする時は、ただ単に聞いて欲しいだけの場合です。おそらく「うん、うん」と相槌を打って、自分の話したい欲求を満たしてくれる人を選んでいます。 もしそういった目にあいやすいひとは、自分は別に社内の人に心を開く気はないけれど、大人な対応のできる親切な心を持った人でしょう。社内で揉める必要もなく、それで円滑に人間関係が回るのであれば、適当に聞いて流すのが一番良い対処法です。

人のふり見てわがふり直せ!

自分の話ばかりする人は、聞いているだけでとにかく退屈ですし、疲れます。しかし時と場合によっては、しんどくてもつき合うのが大人の対応です。中には面白い話もあるでしょうし、自分の生活に支障が起きる可能性がある相手の場合は、耳を傾けて相手になってあげましょう。しかし、無理をする必要はありません。必要ない場合は、今書いてきた方法でかわしてみてください。 「人のふり見てわがふり直せ」というように、自分が自分の話ばかりしていないかのチェックもできます。同じようなことをしないように、反面教師にしながらうまくつき合っていきましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)