IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

銭湯に行くときの持ち物・都市別の銭湯に行くときの持ち物・デートのとき

趣味

老若男女楽しめる銭湯はどの世代にも人気があります。入湯料が安く、近所にあるような昔ながらの知る人ぞ知るというような銭湯は、第一歩を踏み出すきっかけがないと行けないかたもいるでしょう。銭湯に必要な持ち物をご紹介するので、まずは試しに行ってみましょう。

更新日時:

銭湯に行くときの持ち物

年配の世代であれば銭湯に行くのは慣れていますが、今の若い世代には銭湯に行ったことがある人はどれくらいいるでしょうか。スーパー銭湯や温泉施設ならあるかもしれませんが、みんなで気軽に銭湯に行こうとはなってないのが現実です。そんな世代の方へ、銭湯のおすすめ持ち物グッズをご紹介するので参考にしてみてください。

持ち物リスト

【お金】 銭湯の入湯代、ロッカー代に小銭を用意しておきましょう。また、牛乳などを飲みたいという方も数百円多く持参しましょう。 【タオル】 3枚持っていくことをおすすめします。お風呂に入るまでに隠したり、洗ったりするタオル1枚。お風呂上りに使うバスタオル1枚、頭を拭くためのタオル1枚。 【カゴ又はバック】 お風呂バックがあると便利です。 【せっけん、シャンプー・リンス】 せっけんやシャンプーなど備え付けではないので持参しましょう。 【着替え】 お風呂上りは新しい衣服を着たいものです。ゆったりリラックスできる服と下着を用意しましょう。 【ビニール袋】 濡れたものを入れるのに使用します。大きめの袋が便利でしょう。

カゴ・入れ物・桶

何度も銭湯に行くようになると、桶を持っていたり、カゴに好きなように入れて持ち物として持っているかたをみかけます。銭湯通ともいえるこの方たちの楽しみのように、自分専用の桶などを持ち物として用意したら、衛生面を気にせずゆったり過ごせるでしょう。

銭湯でのマナーがあるのは知ってますか?

【銭湯のマナー 7つのこと】 ①お風呂に入る前に体を洗うこと 初めての方は、自宅で入浴するように入ってしまうかもしれません。しかし、ここは公共の場で何人もの方が入浴します。体の汚れをしっかり落としてから入浴するようにしましょう。 ②髪の毛をお風呂につけてはいけません。 女性が比較的多いでしょうが、髪の毛を湯船につけてはいけません。これは髪の毛やフケなどが湯船に浮いてしまうととても不衛生になります。必ず、ゴムで結んでから入りましょう。 ③洗う場所では隣の人に迷惑にならないようにする 一人ひとりシャワーが目の前にありますが、シャワーを勢いよくかけると隣の人に水しぶきがかかってしまったりします。水の量を調整しなるべく人がいない方向にいくようにしましょう。 ④場所取りをしてはいけません。 お風呂での場所取り、洗う場所の場所取りはしてはいけません。その都度、使うときに利用するようにしましょう。 ⑤桶は元に戻しましょう。 使ったものは元に戻すようにしましょう。 ⑥お風呂から上がるときは、必ず体を拭いてから出ましょう。 脱衣所が濡れないように持参したタオルで体を拭いてからでましょう。 ⑦大きな声を出したり、写真撮影は絶対にしてはいけません。 公共の場で大きな声を出してはいけません。また、写真は絶対にとってはいけません。

岩盤浴

岩盤欲の持ち物はお店ごとに違います。持ち込み禁止のところもあれば、持ち物として用意しなければいけないところもあるからです。ここでは自分で用意しなければならない持ち物リストをご紹介します。 ・岩盤浴に必要な持ち物 【岩盤浴着】 作衣のイメージが強いと思いますが、持参する場合は作衣でなくても良いでしょう。汗をかけるTシャツやパンツなどがあれば大丈夫です。 【バスタオル】 岩盤浴の床は熱いので、大判のバスタオルを1枚ひくことになってます。 【飲み物】 汗をかくので、たっぷり水分補給が必要です。飲み物は必ず用意しましょう

持ち物のマナー

女性は特に持っていくべき持ち物があります。マナーとしても必要なものになりますので注意しましょう。

女性の場合

女性の場合、お風呂に行く日を確認することから始めます。せっかく行こうと思ってても、生理になってしまって入れなかったりすることがあるので、事前に予定はしっかりと立てておきましょう。また、お風呂の中でのマナーもあります。髪がつかないように対応するなど必要な持ち物は事前に用意しておきましょう。

・女性の持ち物で忘れてはいけないもの 【ヘアゴム】 髪が長い人は必ず髪の毛を結びましょう。 【シャワーキャップ】 髪が結べないくらいの方はシャワーキャップをしましょう 【小さなポーチ】 アクセサリーを外したら、ポーチに入れておきましょう。

銭湯の使い方

銭湯の入り口には、暖簾がかかっていることも多いでしょう。 ①靴を脱いでロッカーに靴をいれます。鍵をかけて持って行きましょう。 ②番台式とフロント式の2タイプの受付があります。現金をその場で払いましょう。券売機が設置されている場合は、券を買ってから受付に渡します。 ③男湯と女湯の暖簾がかかっているので、分かれて入ります。 ④貴重品はロッカー等にいれましょう。 ⑤脱衣所で服を脱ぎましょう。ロッカーが施錠式でない場合は、脱いだ服が見えないようにバスタオルなどで隠しましょう。 ⑥体を洗いましょうお風呂内のマナーを守って楽しいお風呂タイムにしましょう。 ⑦湯船につかりましょう。 ⑧服に着替えましょう。 ⑦水分補給をしましょう。

都市別の銭湯に行くときの持ち物

銭湯は持ち物ワンコインあれば行けます。実は銭湯は都市によって銭湯代が決まってます。

京都

京都には約120件近くの銭湯があり、京都市の大人の銭湯料は430円と均一価格になっています。京都の銭湯の多くは、脱衣場や浴場にタイル絵・モザイク絵があり、よく見る銭湯の風景を感じることができるしょう。 また、ほどんどの銭湯は、タオルのレンタル制度があり手ぶらで入浴できます。タオルのレンタル料は無料であったり料金がかかっても30円ほどです。持ち物としてタオルがないだけで荷物が楽になるのでおすすめです。京都の銭湯と言えば船岡温泉が有名です。文化庁の登録有形文化財にも指定された建物を見に行くだけでもおすすめです。 施設名:船岡温泉 住所:京都府京都市北区紫野南舟岡町82-1 営業時間:平日(月~土):15:00~25:00 日曜日:08:00~25:00 入湯料:大人 430円

東京

東京の銭湯代は460円の均一価格に設定されているので、持ち物として500円玉一つあれば入れます。京都と違って、東京の銭湯は、オシャレな銭湯やデザイン性の高い銭湯、天然温泉を源泉掛け流しのお風呂だったりと、現代の人でも気軽に行けるように観光地のど真ん中にあることも多いです。減り行く東京の銭湯ではありますが、色々と訪れてみたいです。

デートで銭湯に行くときの持ち物

トピック1015713/要素1879362

デートで銭湯に行く時には、お風呂上りのことをよく考えて準備したいものです。また、当日は、女性と男性ではお風呂時間が違うこともあるので、お互い出てくる時間を確認した上で入浴するように心がけましょう。

・デートでいく銭湯の持ち物 デートで銭湯に行くのも風情があってよいです。しかし、持ち物として忘れてはいけないものがあります。 【化粧品】 いくら、ゆったりとて楽しかったからといっても若い女性がお風呂上りにすっぴんになっては気が引けるものがあります。すっぴんメイクくらいはこころがけたいものです。 【ルームウェア】 せっかくのデートで行くのなら、お着替え着もかわいいものにしましょう。

江戸時代の銭湯には大事な持ち物があった

せっけんが世に出回ったのは明治時代に入ってからです。では、江戸時代の方たちはせっけんではなく何を利用していたかというと、銭湯に行く持ち物には「ぬか」を持っていき体をあらったり頭を洗ったりしていました。どの方も銭湯に行く持ち物には自前の「米ぬか」を持っていき、ない人は番台で購入をしていました。

銭湯は色々

昔ながらの銭湯もあれば新しく出来た銭湯も沢山あります。スーパー銭湯などが主流ですが、今も銭湯を利用されている方が多くいることでしょう。色々と銭湯巡りをし、自分の好みの銭湯を見つけるのも楽しみの一つでしょう。アメニティグッズが整っているわけではないので、持ち物を持参することを忘れないように気をつけましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)