IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お焼香のマナー|法要別/立場別/宗派別・お焼香の作法

ビジネスマナー

誰もが一度は体験したことのあるお葬式ですが、マナーについてはあやふやな人も多いのではないでしょうか。ここでは特に戸惑いやすいお焼香のマナーについてご紹介します。。急な場面でも慌てず対応できるお焼香の作法について、この記事を読んで一緒に覚えていきましょう。

更新日時:

法要別に見るお焼香のマナーとは?

通夜でのお焼香

焼香とは葬儀の時などにお香を焚き死者を弔うことをいいます。その時使用する香には「線香」と「抹香」があります。一般的に法事やお通夜などの弔問では線香を用い、葬儀や告別式などでは抹香を用いることが多いとされています。その理由はなんでしょうか。 抹香とは細かく粉末状にした香のことです。そのため火をつけるのに手間がかかり弔問の際には不向きです。人が多い場面でスムーズに進めるには線香の方が向いているというわけです。しかし例外もあります。それはお通夜などで読経をしていただいた際です。このような場面では抹香が用いられます。

告別式・葬儀でのお焼香

本来告別式と葬儀とは分けて行われていましたが、今では続けて進行することが一般的になりました。分けて行われた場合、知人程度であれば葬儀の間は待機し告別式から出席するようにしましょう。式場についたらまず受付にてお悔やみを述べ香典を渡します。その後記帳をし焼香の時間まで待ちます。上述したように抹香を使用することになりますので気をつけましょう。

四十九日法要でのお焼香

一周忌や年忌法要など法要には様々あります。なかでも四十九日はもっとも重要な法要の日で、「初七日から七日ごとに受けた裁きによって来世の行き先が決まる日」だと言われています。これを満中陰といいます。 法要の際には焼香台の前まで進み出て行う場合と自分の席で行う場合の二通りがあります。一般的な作法としては順番が来たらまず施主に一礼して焼香台の前に進みます。それから本尊、遺影、位牌を仰ぎ見たあとに合掌礼拝しましょう。焼香を終えたらまた施主に一礼して自分の席へ戻ります。 四十九日法要を終えた後は、位牌は仏壇に安置しますので仏壇のない家は四十九日までに手配を忘れずにしておきましょう。

三回忌でのお焼香

葬儀から初七日や満中陰までは正式な喪服着用が礼儀としてありますが、三回忌などは略礼で構いません。しかし、寺院などで法事を営む場合は自宅で行うよりも正式な服装で行くようにしましょう。参加者の場合は一般的に略式喪服や地味な平服で構いません。しかしもしも案内通知に指示などがあれば、それに従った服装で参加しましょう。 焼香のマナーについては四十九日法要とそう変わりありませんが、三回忌までの法事の時は「御仏前」を送ります。数珠も忘れずに持参するようにしてください。

お焼香のマナーを立場別で見てみよう

喪主の場合

喪主が焼香をする場合、マナーとして僧侶の方へ一礼した後、弔問客の方へも一礼をします。忙しい中わざわざ駆けつけてくださった方々への礼儀ですので、きちんと顔を向けお辞儀をしましょう。その後、一般の弔問客の方々のお焼香が始まると喪主への一礼があります。お返事としてこちらもお辞儀を返しましょう。

遺族の場合

大まかに言うと上述の喪主がお焼香する時のマナーと一緒です。弔問客の方への一礼を忘れずに行いましょう。また、遺族の親族のお焼香の順番になったら親族は遺族へ向かって一礼します。これも一般的なマナーですので覚えておきましょう。

親族の場合

お焼香の順番は、基本的に故人と深い関係性の方から順に行います。そのため、喪主が最初にお焼香を行い、その後に遺族の方、そして最後に参列者という順番が一般的です。親族の場合は喪主と遺族の次になります。 親族の場合も遺族の場合とそう変わりはありません。参列者は多くの場合椅子の順番ごとにならぶ事が多いので、不安な場合は控えめに会場の後ろの方に座るというのが無難です。

宗派によってお焼香のマナーも変わる?

浄土真宗では

焼香のやり方は宗派によって色々です。ここでは一般的なマナーを紹介します。まず順番が来たら、施主に一礼して焼香台の前に進みます。そして本尊、遺影、位牌を仰ぎ見たあと合掌礼拝をします。それから右手で香をつまみ、香炉にくべます。最後に数珠を手にし合掌礼拝した後、施主に一礼して席へ戻ります。 その際に浄土真宗で気をつけることは、まず焼香は1回ということ。それから額にいただかないということです。浄土真宗では「香をお供えする」という意味で、額におしいただくことはせずに焼香をします。浄土真宗にはいろいろな宗派があり、宗派ごとにお焼香のマナーや線香の作法なども異なります。同じ宗派であってもマナーが違ったりすることもあります。

曹洞宗では

次に曹洞宗のお焼香マナーについてですが、まずお焼香は2回やります。1回目は額にいただき、2回目はいただかずにお焼香をします。ちなみにその1回目を主香、2回目を従香と言います。それからお線香を1本たて、左手であおぎながら火を消してお供えするというマナーが一般的です。少し複雑ですが2回お焼香するということと、額にいただくのは最初の1回だけと覚えましょう。

真言宗では

真言宗のお焼香のマナーとしては、まず場合お線香は3本立てます。それからお焼香も3回やります。真言宗では「3」という数字にこだわっていて、色々な意味が込められています。しかしなぜなのかについてはさまざまな考え方があり定まっておりません。お焼香のマナーを思い出す際にはその「3」という数字をキーワードにするといいでしょう。

臨済宗では

最後に臨済宗のお焼香のマナーについてです。臨済宗ではお焼香は1回というのが一般的です。そして額にいただかずにお焼香をする人が多いです。ちなみにその際に立てるお線香は1本だけです。 しかし必ずしもそれがマナーではありません。2回する場合もありますし、3回の場合もあります。さまざまな宗派があり作法もそれぞれなので、一口でお焼香のマナーといってもなかなか難しいでしょう。しかし大切なのは故人を思い、手を合わせることです。もしも間違ってしまったりマナーを思い出せなかったりした時も、その気持ちがあれば大丈夫です。あまり気負わずに行ってきましょう。

基本的なお焼香のマナーを覚えよう

数珠の使い方

数珠は大切な仏具です。忘れずに持参しましょう。 数珠を持ち歩く時などには、左手で親玉を上にして二重にし、房を握るようにして持ちましょう。そして合掌の際は両方の中指に数珠をかけ、そのまま手を合わせます。その際には自分のために行う場合は房を手の平側に、自分以外のために行う場合は房を手の甲側に垂らしましょう。 数珠を持ったお焼香する際の基本的なマナーとしてはまず、左手に持ったままで焼香台へ向かいます。それから右手でお焼香をしたあと数珠を持った左手に右手を合わせます。それから合掌をます。合掌の際は両方の中指に数珠をかけ、そのまま手を合わせます。その際には自分のために行う場合は房を手の平側に、自分以外のために行う場合は房を手の甲側に垂らしましょう。 ちなみにお焼香をする際に持参した数珠を座席などに置き去りにしてしまう方がいますが、これはマナー違反ですので気をつけましょう。

回数について

大抵の宗派では1回、または3回お焼香をすることが多いです。つまんで、額にいただき、落とす、という一連の動作が基本です。しかし宗派によって違いがありマナーも変わりますのでご自身の信仰している宗派に沿ったやり方、マナーで問題ありません。 ちなみに上述したようにお焼香は、1回や3回の場合が多いですが、特に回数が定められていない宗派もあります。浄土宗、それから天台宗です。天台宗の場合は額にいただくかも自由です。ここまで書きましたが実は回数はそこまで重要ではありません。自分の宗派や相手の宗派が分からない場合は1回だけしておきましょう。

指でつまむやり方

お焼香をする際に皆さんはどうやってつまんで額に持っていきますか?実はこれにもやり方があります。まず、焼香台にある抹香を親指と人差し指、それから中指と三本の指でつまみます。それからその抹香を顔の高さまで持ち上げます。最後に香炉の上で抹香を離します。 この時の抹香はパラパラと静かに落としましょう。周囲にばらまくほどの勢いで落とすのは、当然ながらマナー違反ですので気をつけましょう。

お辞儀の色々

お焼香には「立礼」「座礼」「回し焼香」という3種類のやり方があります。しかし現在では葬儀場で行うことが多く、立って行う立礼焼香がほとんどです。 基本的な手順はまず、喪主と遺族に向かって一礼します。そして焼香台に向かいそこにある遺影や位牌などにも一礼をします。そしてお焼香をしたあと合掌。再度遺影などを仰ぎ見て一礼、最後にまた喪主や遺族に一礼してから席へ戻ります。 一礼する場面が多いですが大体動作ごとにすればいいので、もし混乱してわけがわからなくなった場合は次の動作の前に一度お辞儀をしましょう。何もせずに素通りすることの方がマナーが悪いので忘れないようにしましょう。

お焼香の意味

使用するお香には2種類あるという話やお焼香をする際のマナーについてなどは上述しました。ここではなぜお焼香をするのかについて、その意味などを書きます。 第一の理由としては故人を供養するためです。線香は故人へのお供え物としての役割があります。それからその香りです。仏教経典の倶舎論には「悪行を重ねたものは悪臭しか食べない」ということが書かれています。そのため、線香の香りには悪霊を遠ざけるという意味が込められています。 香を焚くということは、穢れを取りのぞき清浄な心でお参りする際の作法と言われています。マナーも勿論大切ですが、お焼香の意味やこんな風に故人を思ってできたものだということも覚えておきましょう。

一度覚えてしまえば一生もの

ここまでお焼香のマナーについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。「覚えることが多くて難しい」と感じる方や「意外と難しくなかった」と感じる方もいるでしょう。しかし一つ言えることは、一度覚えてしまえば一生ものだということです。 お葬式は毎日のことではありません。そして結婚式のように何日も前から準備できるものでもありません。予備知識もなく急に対応を迫られれば誰しも不安を覚えるでしょう。あらかじめそのマナーを知っていれば多少なりとも落ち着いて行動できる余裕ができます。 誰しも最初は知らないことばかりです。大切なのは覚えようという意志です。この記事をきっかけに、心の余裕もってお焼香をしましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)