IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初心者でも出来る株のやり方・確定申告・スマホで出来る株

確定申告・税金

株を始めてみたい方は多いのではないでしょうか。株価については毎日報道されますし、株は世界の経済状況を学ぶためにも有効な手段で、資産を大幅に増やすことも可能です。株を始めたいという方むけに、株の始め方や株をするにあたっての注意点などをご紹介します。

更新日時:

初心者でもできる株のやり方

トピック1015401/要素1832525

株をやりたいと思ったことのある方は多いのではないでしょうか。毎日ニュースで日経平均株価が必ず報道され、株で当たったなどの話を聞いた人は、一度くらいは私もできるかなと思うでしょう。しかし、いざ株を始めようとなると、何をどうすれば良いのかわからない、怖い、資産がなくなるのではと、なかなか始めの一歩が出ないのが普通です。 ここでは、初心者でも簡単に株を始められるようそのやり方をご説明します。意外に簡単にできて拍子抜けするでしょう。但し、株はそのやり方によっては大変怖いものにもなりますので、リスク管理にはきちんと注意が必要です。

初心者でもできる株のやり方-口座開設

株を始めるためには、まずは証券会社に証券口座を作る必要があります。 1.証券会社を選択 証券会社に口座を開設するには、まずはどの証券会社に口座を開くかを決めなければなりません。多数ある証券会社のうちどこが良いのかについては、売買手数料や他との比較で決めるのが良いでしょう。また、複数口座を開設しておくと何かと便利なこともありますので、各自の投資スタイルややり方に合わせて開設していきましょう。 2.資料請求 どの証券会社に口座を開設するのかを決めたら、次に行うことは、資料請求です。銀行と同様に、どの証券会社も証券口座を開設するのに手数料等は必要ないところがほとんどです。  3.口座開設 ネットで株式投資をするやり方が今は主流です。証券会社に足を運んで、直接口座開設を申し込むやり方もありますが、それだと株の売買の度にその証券会社に行かなければなりません。今は、ネット証券も複数あり、取り扱いしている銘柄もネット以外のものと遜色ない状態です。 ネット証券の場合、株の売買で必要になる手数料についても実店舗よりも安いことが多いのでおすすめです。ネット証券の口座申し込みを行うと、1週間ほどで申し込みに必要な書類が届けられます。そこに署名や捺印、本人確認書類等を添付して返送します。 後日、ネット証券を始めるために必要なパスワードやログインIDが送付されてきます。このIDとパスワードを使って、証券口座にログインをします。

初心者でもできる株のやり方-ネット

前述したように、今は実店舗の証券会社で口座を作るよりも、ネット証券で口座を開設するやり方が主流となっています。2015年時点で個人投資家の株売買9割以上がネット証券を通じて株売買を行っているというデータがあります。ネット証券だと、タブレットやスマホでいつでも株価をチェックできますし、売買の設定も簡単に行うことができます。 実店舗での売買のやり方だと、担当者が銘柄等の説明をしてくれる点は良いですが、その数も限られるでしょうし、自ら足を運ばなければならないため仕事のある日には売買しづらいことになります。しかし、ネット証券のやり方であれば株価の上下に合わせて売買をすぐにできるので、タイミングを逃すことがありません。 また、企業情報や四季報なども企業ごとにまとめられており、とても見やすいため初心者でもわかりやすい作りとなっているのも魅力です。

初心者でもできる株のやり方-手数料

証券口座を作り、いざ株を売買しようという段階になると、気になるのが株の売買手数料です。株は買ってから株価が上がった時点で売ることで、その差額を儲けることができます。そのため、株で儲けるには売買することが必須条件となります。そこで、大切になってくるのが、株売買にかかる手数料です。 「手数料なんて対して変わらないんじゃ」と考えている人は大きな間違いです。実店舗における株売買で手数料は高く設定されている場合が多いです。 例えば、野村証券本店において日本株50万円分を購入するとします。その場合、1回の売買につき手数料が6,500円となります。ほか、大和証券のお店での売買手数料は5,750円、SMBC日興証券はお店での売買手数料は5,750円となっています。そして、電話での売買であれば、一律1,000円前後安くなります。 お店や電話での株売買の魅力は、コンサルがつくか否かです。自分では何もできない、何かアドバイスが欲しいという方には良いですが、不便な点と手数料の高さから言えば、ネット証券に口座を作ったほうが無難なのではないでしょうか。 対して、ネット証券における株売買手数料はかなり低めの設定となっています。例えば、楽天証券やSBI証券であれば1売買につき272円、GMOクリック証券であれば1売買につき241円となっています。

初心者でもできる株のやり方-購入

証券証券口座を作り、設定が終わったら初めて株を購入することができます。株を購入するやり方をご説明します。

1.証券口座への入金

株を購入する前にまずは証券口座に入金をしなければなりません。証券口座へのお金の入金は銀行間の振込と同様で、銀行や郵便局などから証券会社で開設した証券口座にお金を振込みます。証券会社や振込を行う銀行によって、手数料が無料となることもあるので、よく調べておくとお得に利用できます。

2.銘柄選び

自分が購入したい株の銘柄を選びます。今後値上がりが期待できる株を買うのが基本ですが、その他にも値下がり率が低そうな底堅い銘柄を選ぶのも重要です。また、配当の有無や株主優待の有無なども、選ぶ基準にしても楽しいでしょう。 また、なかなか何の銘柄を選べば良いかわからないという人は、身近な銘柄(例えば、よく使っているスーパー、コンビニ、銀行、電力会社など)を参考に見ていくのも良いでしょう。

3.注文を出す

購入したい株が決まったら、買い注文を出します。株の購入には、指値(決まった金額になったら買う)という買い方と成り行き(成買い)でどのような金額でもすぐに買うという買い方があります。購入したい株の状況や自分の資金状況(成り行きの場合は金額の変動があるため、若干多めの資金が初めに必要)も考慮して購入します。

4.約定

買い注文が成立することを「約定(やくじょう)」と言います。約定することで、貴方がその株の保有者となります。ここで注意が必要なのが、約定=保有ではなく、約定日からその日を含めて4営業日後に保有となります。株主優待などの場合は、権利が発生するのが購入した日を含めて4営業日後なので、優待目的であれば、その点を踏まえて購入しましょう。

初心者でもできる株のやり方-売る

株を買い保有した後に必ずしなければならないことが株を「売る」ことです。株を売ることを「利確(りかく)」、または「損切り(そんぎり)」と言います。「利確」とは利益確定のことで利益が出たところを確定することで、「損切り」とは損しているがこれ以上の損失を受けないために売ることです。 株は、保有しているだけでは利益となりません。(配当目的だとしても、最終的には売りをしなければ益となるのか損となるのか確定できません)そして、株をする上では、株を買うことよりも売ることの方が難しいと言われています。 なぜ、買うよりも売ることが難しいのかというと、人間の心理的な問題が起因しています。単純に考えれば、買ったときよりも利益が出れば利確すれば良いでしょうと思うでしょうが、実際に利益が出るともっと株価が上がるのではないかと欲が出てしまい、なかなか売れない状態となります。 また、また株価が上がった後に下がるともうちょっとすればまた値上がりするのではと思いジッと待ってしまい、結局株価が下がってしまうということになります。売りのタイミングは、自分の欲との戦いになります。そのため、売りは難しいと言われます。 初心者の方は、売るときのタイミングを計るのが難しいと思いますので、自分の目標ポイントを設定するやり方をおすすめします。あまり欲を出さずに、今までのチャートから適当な株価目標を立ててそれをクリアしたら利確する、または損切りポイントを決めてそれ以下となったら損切りするというやり方が安全でしょう。 それでは、実際に売るためのやり方をみていきます。 ・売り注文を出す 売りの場合は、自分が保有している株を売るので、既に銘柄は決まっています。株をどれだけ保有しているかですが、最小単元(100株が1単元の株が多いです)しか持っていないのであれば悩みませんが、多数保有している場合は一部を売りに出すことも可能です。売りを出すときには、指値注文と成り行き注文のやり方があります。 初心者の場合は、成り行き注文で売るやり方が良いでしょう。初めて売るというときは利益が出ていようが損をしていようが、株価が値下がりを始めているときでしょうから、できるだけ早めに売ることが望ましいからです。

初心者でもできる株のやり方-少額

初心者で株を始めようという場合には、まずは少額から投資するやり方をおすすめします。初心者にも関わらず、いきなり多額のお金を投じてしまうと、資金をいっきに失うことが考えられます。まずは少額から株を買い、株の仕組みをしっかりと覚えてから、また買いや売りに慣れてから、徐々に資金を投じてくやり方がおすすめです。 また、銘柄についても少額からでも株の売買を行っていくと自然に詳しくなってきます。チャートの見方もわかってくるでしょう。株は、まずは少額から始めるというやり方が大事です。

種類別株のやり方

株をやるにあたって、覚えておくと良いものがあります。ここでは、種類別の株のやり方や、空売りや信用取引などについてご説明します。

種類別株のやり方-グラセフ5

グラセフ5とは、ゲーム内で株の取引ができるために株のやり方を勉強できるというゲームのことです。株価チャートもあり、リアルな株取引や株のやり方を体験できます。

種類別株のやり方-gta5

gta5とは、グラセフ5の「グランド・セフト・オート5」の頭文字をとった約で同じゲームのことを指します。gta5と表示されることの方が多いです。このゲームは、銀行強盗を起こしたりすることで株価が上下したり、そして株の売買も実体験のように体験できるゲームですので、まずはこのゲームで株売買のやり方を学ぶのも良いでしょう。 実際の株も、〇〇ショックやイギリスのEU離脱など世界の情勢によって株価が大きく変動します。gta5は、そういった株のやり方を学ぶことができるゲームです。

種類別株のやり方-スキャルピング

「スキャルピング」というやり方は、短期間で最小値幅で利益確定を行い、それを繰り返す株のやり方です。主にデイトレードで取られる株のやり方です。小さな利益を積み上げることで最終的には大きな利益を産むというやり方です。この「スキャルピング」には、メリットとデメリットがあります。

スキャルピングのメリット

・短期で利益を得ることができる スキャルピングの一番のメリットなのが、短期で利益を得ることです。金融市場である株を購入して株価の上下でのみ利益を得ることは難しいですが、わずか1円の上下であれば毎日変動します。その数円の上下で利確を繰り返すことは毎日可能です。しかし、このように短時間で売買を繰り返すには、テクニックはもちろん精神力も相当に必要です。 ・リスク回避 株式市場は常に変動します。中期・長期投資の場合は、テロや地震などで株価が激下がりすることもしばしばあります。そんなときにスキャルピングで利益を得ている人の場合は、こまめな利確を繰り返しているために大きく損をすることなく切り抜けられます。 ・投資効率の良さ スキャルピングは、短期売買を繰り返すため順調にいけば短期間で多くの資産を築くことができます。

スキャルピングのデメリット

・初期費用 スキャルピングをするためには相当の準備が必要になります。対象銘柄の株価推移を見るためのチャートを使えるようにならなければなりません。また、チャートも短期、中期、長期の3画面必要で、ハード面の用意だけでも費用が必要になります。 ・情報 株価は配信されるニュースで刻一刻と変わっていきます。情報に敏感にならなければスキャルピングで利益を上げることは不可能でしょう。情報をいかに早く手に入れられるかが重要になってきます。

種類別株のやり方-スイングトレード

「スイングトレード」という株のやり方は、数日~数週間で株を売買する短期売買トレードの手法です。また、数週間~数ヶ月にわたって数銘柄のポジションを入れ替えて売買するやり方をポジショントレードといいます。 スイングトレードは、短期間で株の売買を完結させるやり方なので、企業業績や成長性などを見るファンダメンタル分析よりも、チャートによる過去の株価の値動きを参考にした売買であるテクニカル分析を重視していくことになります。

種類別株のやり方-空売り

「空売り」とは、信用取引の場合に可能な株のやり方です。株を買って売るというのはわかりやすいですが、信用取引の場合は株は売ってから買うというやり方も可能です。この株を売りから入るという場合のやり方を「空売り」と言います。 この空売りは、株が値下がりをしている場合や、今後値下がりが予想される銘柄に対して「売り」を行うことで値下がり分が利益となるということです。株を持っていないのに売るという概念は、なかなかわかりづらいですが、空売りはやり方によっては巨額の富を築くことができます。 しかし、空売りは実はとても怖い取引でもあります。信用取引については次に説明しますが、空売りの場合は値が下がれば良いですが、読みが違って上がっていく場合があります。その場合は、値上がりすればするほど損が大きくなることになります。 普通に株を買って値下がりする場合には、最悪ゼロになって止まりますが(実際にゼロまではないですが)、株価が上がることに関しては制限がありません。そのため、空売りの損は無限大となります。 また、信用取引をしている場合は自分が持っている資金よりも多くのお金をかけて売買することが可能ですので、空売りをしてその銘柄がストップ高を連発してしまった場合などは、その損は莫大なものとなります。 よく株をしていて言われる格言に「買いは家まで、売りは命まで」というものがあります。これは、株を買った場合に失敗すると家を無くすことがあるが、売りで失敗すれば命まで無くすことがあるという意味の格言です。それだけ空売りは怖いということをしっかりと頭に留めておきましょう。

種類別株のやり方-信用取引

「信用取引」とは「自分を信用してもらうことで、持っている以上の資金を投じて株式投資を行うやり方」です。自分が持っている資金や株式を担保として、証券会社からお金を借りて投資するやり方です。信用取引の特徴は以下の3点になります。

信用取引の特徴

1.自己資金以上の取引 現物取引では50万円しか取引できない場合も、信用取引の場合は最大3倍までのレバレッジ効果により150万円分の取引ができるようになります。 2.空売りが可能 前述にあった空売りができるようになります。株価が下がっている局面でも利益を出すことが可能です。 3.株主優待 株主優待を行っている企業の株を自己資金の3倍分購入できますので、お得に優待を多く受けることが可能です。

信用取引のルール

とても便利なやり方のように思える信用取引ですが、以下のようなルールがあります。 1.6ヶ月以内の清算 基本的には信用取引の場合は6ヶ月以内に返済しなければなりません。しかし、中には無期限信用取引という取引を扱っているところもあります。ただ気をつけていただきたいのは、信用取引は借りているので、毎日金利が発生しているということです。 2.追証の発生 追証とは、追加で保証金が必要となることです。信用取引で買っていた株が値下がりしてしまった場合に自分が持っている資金で賄える分には良いですが、それを越してしまった場合に「追証」となり、資金を期日までに入れなくてはなりません。もし、追証に応じることができない場合には、証券会社が自動的に注文を出して決済してしまうこともあります。

種類別株のやり方-裁定取引

「裁定取引」とは、一般的には日経平均と日経平均先物を使ってサヤをとる取引を指します。そのほとんどは、日経平均先物と日経平均現物の価格差が一定以上開いたときに、割高な先物を売って日経平均現物を買うやり方になります。 日経225先物と日経平均はSQ日には同じ株価となりますので、日経先物を空売りしておいて、日経平均を買っておけばその価格の差額が必ず利益として取れることになります。この金利を狙う取引のやり方を裁定取引と言います。

種類別株のやり方-回転

回転とは回転売買のことを指します。回転売買とは、同じお金で株の売買を繰り返すことです。要するに、買って売る、売って買うの繰り返しです。

種類別株のやり方-両建て

「両建て」とは、同じ銘柄に対して「買い」と「売り」の両方のポジションを持つやり方を言います。 例えば、ある銘柄で利益がある程度出ていたとします。しかし、今後この株価が上下するかが読めないという場合に、この「両建て」をしておけば、株価が下がっても上がっても売りと買いで利益と損失を相殺するために、ポジションは同じとなります。このように、株価の行方がわからない状態になったときにポジションを変えないやり方として「両建て」があります。

株で得た収入の確定申告のやり方

株で儲けが出た場合に、利益に対して税金を支払わなければなりません。そのために必要な手続きが確定申告になります。しかし、株をやっている人が全員必ず確定申告をしなければならないわけではありません。 例えば、NISA口座でのみ取引をしている人、源泉徴収ありの特定口座でのみ取引をしている人、売却によって生じた利益が20万円以下の人(サラリーマンの場合は20万円以下、専業主婦は38万円以下)は、確定申告の必要がありません。それ以外の方で、株で利益を得た方が確定申告が必要になってきます。

株で得た収入の確定申告のやり方-手順

確定申告のやり方としては、直接確定申告書類を書く方法と、e-taxという方法で自分でパソコンで入力して提出するやり方があります。前者は、毎年その地域で確定申告用の会場が設けられるでしょうから、必要な書類をもって税務署職員のアドバイスをもとに書きます。確定申告のやり方がわからず不安な方や、初めて行う方は直接聞いてみると良いでしょう。 一度確定申告をした方の場合は、e-taxを使って確定申告することをおすすめします。自分でできるので時間的に自由が効きますし、前年度の確定申告書類を持っていればやり方もわかりますので、きちんと取っておくと良いです。

確定申告-損失

前述で確定申告が不要な方がいるといいましたが、確定申告不要な方の場合でも、したほうが得な場合があります。それは株による利益よりも損失額が大きい場合です。確定申告は、損失が大きい場合ほど、しておけば損益通算と損失の繰越控除という制度により、税金負担を減らすことができるからです。 損失を繰り越すことで、翌年に出た利益を前年の損失を差し引いた上で課税するという制度ですので、長期に渡り株取引を行う人にとっては、損失が大きければ確定申告をしたほうが得となる場合が多いです。しかし、この繰越は3年を超えてはできませんので、注意が必要です。 また、3年間繰り越すためには毎年確定申告が必要ですので、きちんと忘れずに確定申告をしましょう。

年代別・状況別の株のやり方

年代別や状況別で株のやり方は変わってきます。ここでは、年代別・状況別の株のやり方を紹介します。

年代別株のやり方-高校生

高校生の場合、株取引ができるか疑問に思うでしょう。しかし、高校生の場合でも親権者が責任をもって管理することで口座開設できる証券会社があります。しかし、高校生の場合は、その取引にも制限があります。 例えば、信用取引や先物、為替などレバレッジをかけるリスク高めの取引はできません。未成年の場合は、証券口座を作る場合に親の同意書や戸籍抄本や住民票など親と続柄を照明するものが必要となります。また、ネット証券などの場合は、子供のみではなく親も同時にその証券会社に証券口座を開設しなければならない場合が多いです。

年代別株のやり方-サラリーマン

サラリーマンの場合は、取引できる時間が限られています。ザラ場と言われる9時~15時に株価を見ながら取引できるサラリーマンはほとんどいないでしょう。そのため、サラリーマンの場合は、株価売買を夜間取引やあらかじめ指値や成り行きなどで、注文しておくやり方で株売買をおすすめします。 サラリーマンだとしても、昼休み時間に前場の状態をみて売り注文や買い注文を指しておくなどの対応は可能です。今は、スマホでも株の売買ができますので、サラリーマンでも工夫すれば株売買をすることは可能です。

年代別株のやり方-主婦

主婦で株をやっている人はあまりいないでしょうが、実は主婦こそ株取引には向いています。主婦業は、洗濯や掃除や子供の世話などの家事の合間をみて株価チェックできますし、売買も時間的に余裕があるからです。但し、株を購入するには資金が必要ですし、株取引によって資金を減らすリスクもあります。また、夫からの理解も必要でしょう。 しかし、主婦の方も株の勉強をすることで、資産を増やすことができるので、株に興味のある方は、夫からの理解を得た上で少額から低リスクで株取引を始めるやり方をおすすめします。

年代別株のやり方-副業

副業として株取引をしている方も多いです。最初は、副業になるほど稼ぐことができないだろうと思っていた人でも、株取引にのめり込み、勉強していくことで本業以上の利益を上げているという方も多くいらっしゃいます。 町の古い布団屋さんが実は株をしていて、後に豪邸を建てたなどという話はよく聞く話だったりします。本業があってこそ、株取引という不安定な副業を続けられるということもあります。 株取引は、上手いやり方で大金を得ることができますが、逆に言えば世間の事件や景気によって大損することもあり、あまり安定的に収入を得られないところが難点です。その点、本業で定期的な収入がある中で、副業として株取引を行うやり方であれば焦らずにじっくりと取り組むことができます。

年代別株のやり方-未成年

未成年の場合も、高校生の場合と同様に親の同意や続柄を証明する書類が必要になってきます。また、どの証券会社でも口座を開設できるわけではなく、未成年でも口座開設できるところは限られています。ネット証券で未成年でも口座開設できる証券会社は以下になります。 ・マネックス証券 ・SBI証券 ・松井証券 ・カブドットコム証券 ・楽天証券 上記の中でもマネックス証券は、未成年の株式投資を積極的に薦めており、未成年者へのサポートも充実しています。

株のやり方の本

株を始める場合に、本で学ぶという方は多いでしょう。そして、その場合に最初の1冊は重要になってきます。株の入門向けとしては、まずは基礎的な部分や入門を全面に押し出している本がおすすめです。イメージをつかむという意味では、漫画や図説の多い書籍も良いでしょう。

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾

一番売れている株の雑誌『ZAi』のNO.1人気連載が待望の単行本化!これから投資デビューの人も、中上級者も満足させる全304ページです。

マンガでまるっとわかる! 投資信託の教科書 カラー版

株初心者アドバイザーの竹内弘樹氏の監修で、投資信託に必要な知識や初心者が陥りがちな失敗の対処法をまんがでわかりやすく解説しています。キホンがわかれば必ず結果はついてきます。

いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版

株を始めようという人、やり直そうという人に、イチオシの入門書。見やすく・わかりやすく「大事なところだけ」をまとめています。

スマホで出来る株のやり方

ネット証券各社のスマホ専用の株取引アプリはどんどん進化を遂げています。いつでもPCと同じように株取引ができ、また見たい情報をスピーディに収集できるため、とても便利です。

スマホで出来る株のやり方-iphone、アプリ

iphone対応のネット証券は、多数あります。スマホで株取引を行うには、対象のアプリをダウンロードしなければなりません。iphoneの取り扱いがあるネット証券について、証券会社名とアプリ名を以下にあげていきますのでご参照ください。

証券会社名アプリ名
楽天証券iSPEED
SBI証券SBI証券 株 アプリ
カブドットコム証券kabu.com
マネックス証券 マネックストレーダー
松井証券株touch
GMOクリック証券株roid
岡三オンライン証券岡三ネットトレーダーWEB2
ライブスター証券livestar S2

株を始めるときには、きちんとリスクも考えましょう

トピック1015401/要素1852639

いかがでしたか。株を始めようと思った方は、株のやり方がわかっていただけたでしょうか。株はやり方一つで、資産を数倍~数十倍に増やすことができたりする一方で、やり方を間違えると人生を台無しにする危険のあるものです。 しかし、株は世界の情勢やその仕組みを学ぶ上でこの上なく面白いものでもあります。やり方をきちんと学び、リスクを考慮した上で株を始めてみると、また新たな世界が広がるのではないでしょうか。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)