IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

結納時の服装でのマナーと注意点|男性/女性・服装でのタブー

ビジネスマナー

男性にとっても女性にとっても人生における一大イベントといえば「結婚」です。しかし実際に結婚式を挙げて入籍するまでには乗り越えなくてはいけないことや段取りがたくさんあります。今回はその中でも結納に焦点をあてて、結納のマナーと注意点についてご紹介してまいります。

更新日時:

意外と知らない結納について

トピック1015189/要素1859898

男性にとっても女性にとっても、人生における一大イベントといえば、やはり「結婚」ではないでしょうか。しかしながら結婚と一言に言っても、実際に結婚式を挙げて入籍するまでには、乗り越えなくてはいけないことがたくさんありますし、行わなければいけない段取り、というものもあります。 まずは二人の間で結婚の意思を確認しあった後に行うのは、両家へのご挨拶と両家同士のご挨拶です。この点もとても重要なポイントですが、今回はその次に控えている「結納」のマナーと注意点について、ご紹介してまいります。

そもそも結納とは何か

というのも最近では省略されつつあるこの「結納」ですが、結納の意味を皆さんはご存知でしょうか。 結納とは、本来結婚式の前に行われるとされる大切なセレモニーであり、正式に婚約しますという誓いの儀式にあたります。だからこそ失礼や粗相のないように、マナーに気をつけ、慎ましく滞りなく終えたいものなのです。 それではどのような点に注意しなくてはいけないのか、マナーとともに見てまいりましょう。

結納をどのような形で執り行うのか

トピック1015189/要素1859922

これは非常に重要な点となりますが、まずは結納を格式、略式、食事会のどのパターンで執り行うのかでまったく変わってきてしまいます。

格式

きちんと仲人を立て、仲人が両家の間を行き来して結納品を納める形式です。 縁談やお見合いの時点から仲人にお世話になっている場合には、そのまま仲人にお願いをします。しかし恋愛結婚される際には、仲人を改めて依頼する場合、結納、結婚式、披露宴の 3ステップで仲人を依頼する場合もあり、「頼まれ仲人」と呼ばれるようです。

略式

対して略式は、女性宅に両家が一堂に会して仲人を立てずに行うのが略式形式です。最近では女性宅ではなく、ホテルや料亭、レストランなどの会場を借りて行うケースも少なくありません。 略式とはいえ服装を正装とする場合も多々ありますので、しっかりと事前に両家で話し合いをしておくことをおすすめいたします。

食事会

こちらはその名の通り、結納という堅苦しい席ではなく、両家が揃う席を設けて婚約の報告と顔合わせを行うというものです。最近ではホテルなどでも結納プランや結納パックというものがあり、個室にて結納の儀式を行われた後、お食事会ができるプランなどがあります。 堅苦しくない席ですので、少しカジュアルなワンピースやスーツといった服装でもよい場合があります。

いかがでしょうか。結納と言ってもさまざまな形式があることが分かります。 また服装についても、たとえば「正装」で行うのか「略装」で行うのか、また正装とした場合も着物にするのか洋服にするのかでも異なります。 こういった点は両家が揃っていないとちぐはぐになってしまいますので、あらかじめ両家でよく相談のうえで服装を決めるようにしましょう。相手が着物というならば、それに合わせるのが妥当です。 仲人を立てるのであれば、仲人も含めて相談し、仲人にもどのような服装で行くのかを相談しておきましょう。 それではここからは実際に、どのような点に注意しなくてはいけないのか、マナーとともに見てまいりましょう。

男性の結納時の色のマナーと注意点

結納を正装で行われるのか、略装で行われるのかでも異なってはきますが、今回は正装の場合を中心にご紹介いたしましょう。 まず色のマナーとしては結納の場合、男性の服装はダーク系のスーツやモーニング、紋付き袴が正装となります。スーツは基本的にはダブルでもシングルでも構わないそうです。ちなみにダークスーツとは、略礼服や濃紺、ダークグレーでも問題ないようです。

ネクタイのマナーと注意点

正装の場合も略装の場合も、ネクタイについては結納の際には白色で地模様のあるものなどが好まれます。モーニングの場合には縞が良いとされています。縞でなくても良いですが、あまり派手すぎないものをチョイスするようにしましょう。 また基本的にはタイピンなどはしませんが、もしされる場合にはパールなどがベターとなります。 なお、兄弟や親族の方が同席される場合、服装は婚約される男性よりも目立ってしまったりすることのないように控えめなものを選ぶようにしましょう。

婚約される男性のマナーと注意点

婚約される男性の服装については、正装の場合にはブラックスーツが一番です。略装なのであればダークスーツでも問題ありませんが、華美なネクタイやタイピン、カフスなどは控えましょう。 結納の場合はワイシャツやネクタイについては白で統一されています。とはいってもネクタイは無地ではなく、白色で地模様のあるものをセレクトしましょう。最近では白以外にも紺色などもトレンドのようです。

父親であるが故のマナーと注意点

婚約される男性の父親は基本的に、婚約される男性本人との格を合わせる服装にしましょう。正装であればモーニングまたは紋付き袴ですが、相手の家の方が和装をされないのであればモーニングで揃えた方が良いでしょう。 ただし仲人をお願いしている場合には、仲人よりも格上の服装にはならないようにすることが注意点です。

兄弟にもマナーや注意点はある?

先程も少し触れましたが、兄弟や親族の方が同席される場合、服装が婚約される男性よりも目立ってしまうのはご法度となります。スーツやネクタイ、髪型に至るまで、婚約される男性もより目立たないように控えめなものを選ぶようにしましょう。

女性の結納時の服装でのマナーと注意点

結納時の色のマナーと注意点

女性の服装について、正装の場合には黒留袖や訪問着、略装の場合はワンピースが一般的ではないでしょうか。出席される女性は、婚約される女性よりも派手にして目立つことのないように、控えめな色をセレクトしていただいた方が無難です。 また服装の注意点として、襟ぐりが大きく開いたものやノースリーブはワンピースだとしてもマナー違反ですので、注意したいところです。

結納時のワンピースのマナー

結納の場合、婚約者の女性の服装としては最後の独身の思い出として振袖を着ることもあるようです。 略装の場合は他の出席される女性と同様、ワンピースが一般的かと思いますが、季節感を取り入れて春や夏などは華やかな色目のフォーマルワンピースを、秋冬の場合は落ち着いた色目のものをセレクトすると良いでしょう。ただし黒は結納の席では縁起が悪いので控えてください。 なお、女性の服装については、先程も記載した通り襟ぐりが大きく開いたものやノースリーブはワンピースだとしてもマナー違反ですので注意しましょう。

妊娠されている場合には

婚約される女性が妊娠されている場合には無理は禁物ですので、服装で着物は控えた方が良いでしょう。その場合は両家で揃えて洋装にするように事前に打ち合わせをしておくと良いです。 洋装の場合は、明らかにマタニティというものではなくても、きちんとした雰囲気の緩めデザインのワンピースにジャケットを羽織れば、フォーマルな装いとなります。

婚約される女性の服装でのマナーと注意点

婚約される女性の服装については、和装の場合は極端に暗い色目の振袖などでなければ特段問題ありませんが、洋装の場合はいくつかマナーや注意点があります。 まず華やかな場ではありますが、神聖な儀式でもありますので華美なアクセサリーや装飾品は身につけることを避けましょう。身につける場合には、パールのものを身につけると品よくまとまります。 また足元についてはフォーマルワンピースであってもセミアフタヌーンドレスやセミイブニングドレスなどであっても、生足はタブーですので必ずストッキングを着用するようにしてください。

母親のマナーや注意点

婚約されるお二人の母親は、父親ならびに婚約されるお二人に格を合わせます。正装の場合には黒留袖にされると思いますが、これは既婚女性が着用する最も格の高い礼装になります。 次に多いのが訪問着でしょう。訪問着は未婚や既婚を問わず着られますが、紋をつければ色留袖と呼ばれ留袖と同格となります。また色留袖は門の数が増えるほど格式が高くなっていきますので、格式高く着るのであれば五つ紋の紋付にした方が良いとされています。 色紋付の方が華やかさを添えることができますので、お祝いの席ならではのセレクトです。

姉妹の服装でのマナーや注意点

姉妹が出席される際の服装は、セミアフタヌーンドレスやセミイブニングドレスなど、パーティなどで着られるような服装が好ましいですが、襟ぐりが大きく開いたものやノースリーブは結納ではマナー違反ですので注意しましょう。 次に無難とされるのはワンピースとなります。目立たない色のワンピ^スカスーツであれば音大ありません。 また、男性兄弟と同じく、婚約される女性よりも目立ってはいけませんので、華美なアクセサリーやヘアアレンジ、装飾品は控えるようにしましょう。

結納の服装でやってはいけないタブー

トピック1015189/要素1859888

・出席される男性がスーツを着用される際、ネクタイは真っ白や色柄モノを選んではいけません。 ・兄弟や親族の方が同席される場合、婚約される男性よりも目立ってはいけません。 ・仲人がいらっしゃる場合には、父親が仲人より格上の服装にすることはタブーです。 ・男性の靴に関しては、洋装の場合には紐のついたものが正式なフォーマルになりますので、正装の場合は紐のないものはタブーです。 ・男性は靴下はスーツの色と同系色のもの以外は良くありません。もちろん穴が開いている、ほつれているなどは言語道断です。

・男性がタイピンをされる場合、医師のついたギラギラしたものは控えましょう。 ・出席される女性について、一番の注意点は髪型かもしれません。そのまま長い髪をアレンジ出ずにおろしたままにしていたり、品のないものや縁起の悪い黒のアクセサリーやスカルモチーフはタブーです。

マナーを押さえれば怖くない結納

トピック1015189/要素1859884

いかがでしょうか。伝統ある儀式である以上、マナーとタブーとされることがありますので、これを機にしっかりと理解をして身につけておいても良いのではないでしょうか。 とはいえ、一番大事であるのは結婚することを誓うという場であることを踏まえて、これから結婚をされるお二人を祝福するという気持ちです。両家で何かを行う初めての儀式でもありますので、滞りなく慎ましく進められるよう、何事も事前に準備をして万全の態勢で臨むことが成功への鍵となります。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)