IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お通夜でのお香典の書き方・渡し方・包むお香典の金額は?

ビジネスマナー

お通夜や告別式に持って行く『お香典』。いくらぐらい包めば良いのか?香典袋の種類や書き方は?どうやって渡したら良いのか?行けなかった場合は?急に必要になった時のために、お香典に関する知っておきたい最低限の事をまとめてご紹介します。

更新日時:

ご不幸の知らせを受けたら

トピック1015183/要素2233358

ご遺族から訃報を受けたときには、まず丁寧にお悔やみの言葉を述べましょう。気になっても、故人の死因や最後の様子などについてはご遺族から知らされない限りは聞かないのがマナーです。 また、取り乱してしまいがちですが、お通夜、告別式の日時、場所、宗教を確認しましょう。そしてお通夜か葬儀のどちらかにお香典を持参します。お通夜でお香典を持参した場合には葬儀のときは記帳のみを行いましょう。

そもそもお通夜って?

お通夜やお葬式はよく聞くけど違いや意味をよく知らないう人のために、そもそもお通夜とはどのようなものなのかを説明します。 お通夜はもともとは故人がもう一度よみがえることを願った儀式と言われています。また、別の説もあり、仏陀が亡くなられたときに弟子たちが集まり、仏陀の教えについての思い出を語ったことから生まれたとも言われています。どちらの説でも故人を想う気持ちは変わらないでしょう。 現代のお通夜の意味は、親族や親しい人がお通夜に参列し、故人との別れを惜しむための儀式となっています。故人と親交のあった人たちと共に一夜を過ごすことで邪霊の侵入を防ぐと言われることから、遺族や親族、親しい人が集まって行うものです。

お通夜と告別式の違いは?

通常、お通夜を行った後日に告別式を行います。告別式は、もともとは故人の友人や知人が故人と最後の別れをする儀式とされていました。そのため、葬儀のあとに遺骨を埋葬する直前に行う儀式でした。しかし、現在は埋葬する場所まで友人などが同行することがなくなってきたため、葬儀と一緒に行うことが多くなっています。 また、葬儀と告別式を総称して葬式と呼ぶこともありますが、本来の意味では葬儀と葬式は同じです。お通夜は故人を葬る前の儀式、葬式は故人を葬る儀式、告別式は故人に最後の別れを告げる儀式となります。

仏教でなくてもお通夜はある?

日本では仏教式でお通夜を行う場合が多いですが、なかにはキリスト教式や神式で葬儀を行う人もいます。キリスト教式の場合は、通夜という言葉は使用しません。カトリックでは「通夜の祈り」、プロテスタントでは「前夜式」と言います。 神式の葬儀では「通夜祭」と、続いて行われる「遷霊祭」があります。仏式のお通夜に当たるのが「通夜祭」です。仏式では故人を極楽浄土に送るという考えですが、神式では死者を神として祀るという考えがあります。 キリスト教式や神式では葬儀やお通夜の執り行い方や考え方が仏教式と異なります。ご遺族に宗教を確認するのはこのためでもあります。ご遺族や悲しまれている友人などに失礼のないよう、宗教ごとの考え方を理解してお通夜に参列しましょう。

お通夜に伺う時のポイント

ご不幸の知らせを受けたときに、お通夜の日時や場所などを確認しておきましょう。遠方の場合、宿泊施設を手配してもらえる場合もありますが、ご遺族の負担になるためできる限り日帰りかご自身でホテルを予約しましょう。 お通夜の当日は余裕を持って10分前には式場に到着するようにしましょう。あらかじめ日時を知らされていたにも関わらず遅れて行くのは失礼に当たりますし、ご遺族の人たちに余計な心配をかけることになります。天災などのやむを得ない場合を除いて、最低限の礼儀として時間は守りましょう。

お通夜に遅れるときは連絡は必要?

万が一、お通夜の開始時間に遅れそうなときは、基本的には連絡は不要です。しかし、通夜振る舞いの時間やそれ以降の時間に到着するようであれば、連絡をしたほうが良いでしょう。一定の時間を過ぎるとお通夜の会場では受付を終了してしまったり、喪主やご遺族の人たちが着替えを済ませ、弔問客をお迎えできない場合もあります。

お香典とは?

トピック1015183/要素2234664

香典とは、お通夜、または告別式や葬儀の際に持参する不祝儀のことです。現金を不祝儀用の水引を結んだ袋に包んだものを指し、線香や花の代わりに死者の霊前に供えるものとされています。

お香典には相互扶助の意味も

本来ならばお通夜や告別式、葬儀の際、参列者は線香や抹香、花をお供えしていました。しかし、現代では代わりに現金をお供えするということが文化になっています。 死は誰にでもやってくる突然のでき事です。ご遺族にとっては葬儀は突然の出費となるでしょう。現金を包みお供えするという香典の意味には、ご遺族を金銭面で助けるという意味もあります。故人を想う気持ちと共に、遺族に対しての相互扶助の精神があると言えるでしょう。

宗教によってお香典は変わるの?

お通夜や葬儀の際、お香典を持参する文化は仏教以外にもあります。しかし、香典袋や表書きが仏教式とは異なります。仏教以外には、キリスト教、神道、天理教などがあります。また、宗派によって決まりがある場合もあるため、お通夜の知らせを受けたときによく確認しておきましょう。

お通夜の香典袋を正しく選ぼう

お通夜の香典袋は、故人にお供えする大切なお金や気持ちが入っているものです。その種類はさまざまあり、宗教や宗派によって使用するものが異なります。最近はスーパーやコンビニなどでも手軽に購入することのできる香典袋ですが、たくさん陳列されているもののなかからどの香典袋を買えば良いのか迷ったことはないでしょうか。 ここでは、さまざまな視点からお通夜の香典袋の選び方を紹介します。お通夜や告別式に参列することに直面している人はぜひ参考にしてください。

香典袋を見分けるポイント

お通夜の香典袋は、基本的に相手の宗教や宗派と香典に包む金額によって選びます。香典袋の違いを見分けるポイントは、表書き、水引き、包みのデザイン、紙の素材、印刷などがあります。 とはいえ、お通夜や告別式でしか使わない香典袋は、「あまりまじまじと見たことがない」「水引きってなんのこと?」という人もいるでしょう。そんな人のためにお通夜の香典袋を見分けるポイントである各項目を解説していきます。

表書きとは?

お通夜のお香典の表書きとは不祝儀のタイトルのようなもので、香典袋の上部に書く、もしくは印刷された「御霊前」などのことを指します。この表書きがなんなのかで、どの宗教、宗派に合うのかが変わるので、お通夜の香典袋を選ぶ際に一番初めに確認すべきポイントと言えるでしょう。

水引きとは?

祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りのことで、贈り物や封筒などにかける紅白や白黒などの帯紐です。結び方や使用する紐の色により、どのような場面にふさわしいかがわかります。 例えば結婚式、快気祝い、お悔やみなどに使われるのが結び切り、あわじ結びという結び方です。この結び方は中央で固く結ばれ、ほどくことが困難です。そのため、「一度で終わる」「二度と繰り返さないように」などの意味合いがあります。 蝶結びは、出産、進学、婚礼以外のお祝いの際に使用します。蝶結びは何度でも結び直すことができるため、「何度あってもうれしいでき事」という意味合いがあります。 お通夜や告別式は二度とあって欲しくないでき事です。そのため、香典袋は結び切りやあわじ結びが使われたものになっています。紐の色は黒と白のものや銀一色のものなどがあります。

香典袋の包みのデザインどれがおすすめ?

お通夜で使う香典袋の包みのデザインは、シンプルなものから凝ったデザインのものまでさまざまあります。どのデザインが良いかは宗教や立場、包む金額などによって決めましょう。 親族以外や近しい立場でない場合は水引が印刷されたタイプを使用しても良いでしょう。サイズが大きめで水引きが10本以上使われていたり、凝ったデザインのものは、近しい親族や会社での葬儀で社長クラスの人が使用するのにおすすめです。 凝ったデザインのものほど多い金額を包むことが一般的です。デザインが立派なのに中身が数千円などということがないよう、金額に相応した香典袋を選びましょう。

高級和紙で作られた香典袋はどんなとき使う?

高級和紙を使用したお通夜の香典袋は、上記でも説明したように相応の金額を包む必要があるでしょう。高級和紙の素材で大きめの香典袋の場合は、おおよその金額として5万円〜10万円程度を目安にしましょう。高級和紙でも白黒の水引の香典袋と同サイズの場合は、3万円〜5万円くらいを包むときに使用すると良いでしょう。 10万円ほど包む場合は、ある程度の年齢で故人と近しい親族の立場の人がふさわしいでしょう。例えばご両親や義理のご両親が亡くなった場合などには、金額に応じて凝ったデザインや高級和紙などの香典袋を使用しても良いでしょう。

印刷タイプは失礼なの?

水引が印刷されたタイプのお通夜の香典袋を使用しても失礼には当たりません。ただし、高額な金額を包む場合は印刷でないタイプを使う方が好ましいでしょう。

相手の宗教や宗派によって選ぶ

お通夜、告別式に持参するお香典は、相手の宗教や宗派に合わせた香典袋に包む必要があります。しかし、宗教や宗派はさまざまあるため、できるだけご遺族に確認を取りましょう。 ここでは、仏教、キリスト教、神道の場合のお通夜に持参する香典袋について紹介します。また、宗教や宗派がわからない場合にはどうしたらよいかも説明しますので参考にしてください。

仏教の場合は?

相手が仏教を信仰している場合には、お通夜や告別式では表書きが「御霊前」の香典袋を選びましょう。ただし、浄土真宗の場合は「御仏前」の香典袋が正しい選択です。 この違いの意味は、宗派による考え方の違いからきています。仏教の多くの宗派では、人は亡くなってから49日間は閻魔(えんま)大王による裁きが行われるとされています。そのため、四十九日(しじゅうくにち)法要前は「霊」であり、「仏」はなっていません。 多くの宗派では49日より前は「御霊前」49日より後は「御仏前」もしくは「御佛前」とします。お通夜は49日より前に行うため、「御霊前」を選びましょう。しかし、浄土真宗では人は死後すぐに仏様になるという考えがあります。そのため、お通夜や告別式の香典袋には「御霊前」は使わず「御仏前」を使います。 仏教用とされるデザインの香典袋もあります。それは蓮の花が描かれている香典袋です。ほかの宗教では使えないので、仏教とわかっている場合だけ使用するようにしましょう。また、仏式では無地の香典袋でも使用することができます。

キリスト教の場合は?

キリスト教には線香や焼香はないので、お香典とは呼びません。宗派によりますが、キリスト教では御花料といいます。御花料には、十字架の絵が付いたものや白い封筒、不祝儀用の熨斗袋を用います。 蓮の花の絵がついているものは仏教専用なので注意しましょう。キリスト教用としてゆりの花がついている不祝儀袋もあるため良く確認しましょう。水引きのあるものでも使用できますが、黒白か双銀の結び切りかあわじ結びの水引きを選びましょう。 キリスト教の場合の表書きは、プロテスタントの場合は「御花料」もしくは「忌慰料」、カトリックの場合は「御霊前」もしくは「 御ミサ料」にします。ただし、ミサは本来無報酬であるため「御ミサ料」という書き方は誤用という考えもあるため、お通夜や告別式に参列する人に確認をとると良いでしょう。 このように宗派によるちがいがあるため、お通夜の日時を確認する際に宗派も確認しておくことも重要です。

神道の場合は?

神道ではお通夜のことを「通夜祭」と言いますが、この際に渡すお香典の表書きも仏式と違います。神式の場合は「御神前・御玉串料・御榊料・御霊前」の香典袋を用います。仏式で多く使用される蓮の絵が描かれたものは使えません。

宗教や宗派がわからないときは?

お通夜や告別式の日時は確認しても、相手の宗教を聞きそびれてしまうということもあるでしょう。しかし、葬儀の準備などで多忙と思われるご遺族に、再度連絡をとることは避けたほうが良いでしょう。 宗教や宗派がわからない場合は、各宗教共通で使うことができる「御霊前」の香典袋を使いましょう。仏教以外でも使用できる蓮の絵柄のないものにしましょう。 先に説明したとおり浄土真宗だけは「御仏前」とするのが正しいとされますが、ご遺族の人もそこまで気にする人は少ないため、宗派がわからない場合は「御霊前」としても良いでしょう。しかし、仏教ということがわかっていて宗派がわからない場合は「御香典」を使用しましょう。

包む金額によって選ぶ

お通夜で使用する香典袋は、宗教や宗派のほかに包む金額によって選ぶことができます。香典袋の包みのデザインについての説明でも触れましたが、水引や熨斗袋のデザインが立派なものほどそれなりに多い金額を包むのがベターです。では、具体的にどのような香典袋にいくらくらいの金額を包むのが一般的なのかを説明します。迷っている人はぜひ参考にしてください。 3千円〜5千円を包む場合は、水引が印刷された略式の香典袋を選びましょう。1万円〜2万円を包む場合は、白黒の水引をかけたものが良いでしょう。3万円〜5万円を包む場合は、高級和紙を使用した双銀の水引の香典袋がおすすめです。10万円以上包む場合は、高級和紙でもデザインに凝った、サイズが一回り大きいものがふさわしいでしょう。 最近市販されている香典袋のパッケージには、包む金額の目安が載っていることもあるため、そちらも参考にすると良いでしょう。

お通夜の香典袋の書き方

香典袋を用意したら、お金を入れるだけではお通夜に持っていけません。ここでは、お通夜の香典袋の書き方について説明していきます。字の上手い下手はさておき、正しい書き方を知っておくことは大切です。お通夜でお香典を渡す際に恥をかかないよう、書き方を頭に入れましょう。 ここでは、お通夜で使う香典袋の表書き、中袋、金額、名前の書き方について説明します。連名にする場合や会社関係でお通夜のお香典を出す際のポイントなども紹介するので参考にしてください。

香典袋に書くときの筆記用具は?

お通夜の香典袋に書くときに使う筆記用具は、正式には筆です。しかし、薄墨の筆ペンを使用することが一般的と言えるでしょう。また、中袋も薄墨の筆ペンで書いても良いですが、読みにくくなってしまう場合はボールペンや万年筆で書いても問題ないとされています。

どうして薄墨なの?

お通夜の香典袋の記入は薄墨を使うことを知っている人は多いですが、その理由をご存知でしょうか。昔は字を書くための道具は筆でした。現代のように墨汁ではなくすずりで墨をすって筆で書くという方法でした。 そのため、香典袋を書く際に「突然の訃報でしっかりと墨をする時間がなく駆けつけた」「悲しみのあまりすずりに涙が落ち、墨が薄くなってしまった」「悲しみの涙で滲んでしまった」ということから、薄墨で書く習慣が生まれたと言われています。 しかし、地域によってはこの習慣がなく、薄墨でなくても問題ないとされる場合もあります。ただし、表書きや名前にはボールペンやサインペンを使わず、筆ペンを使用するのがベターでしょう。さまざまな意見はありますが、昔からのしきたりで薄墨を使うものと考えている人も多いため、薄墨を使うことをおすすめします。

薄墨を使って良いのは葬儀のときだけ

お通夜の香典袋には薄墨で書くということが広く知られていますが、四十九日や三回忌に薄墨を使用している人はいませんか。このような法事は、あらかじめ日時が決められてからの参加となるため墨をする時間は十分あるという考えから、薄墨ではなく濃墨を使うことがマナーです。 不祝儀に薄墨で書くのは、お通夜や告別式などの葬儀だけということを頭に入れておきましょう。また、薄墨の筆ペンはコンビニなどでも手に入りやすいため、用意しておくと良いでしょう。濃墨と薄墨が1本になった筆ペンも市販されています。結婚式などでは濃墨を使用するため、使い分けができて便利でしょう。

表書きの書き方

お通夜で使う香典袋の表書きには、上段に「御霊前」「御香料」など、故人の宗教に即したものを書き、下段に会葬者のフルネームを書きます。連名などの名前の書き方についてはこの項の最後に説明するので参考にしてください。 あらかじめ熨斗に「御霊前」などの印刷がされているものも市販されていますが、そのまま使用しても失礼に当たりません。また、印刷が濃い黒色でも名前は薄墨で良いのか迷う人もいますが、薄墨で書いて問題ありません。字の大きさに気をつけ、中心にまっすぐ書きましょう。

香典袋の中袋の書き方

香典袋の中袋とは、お金を入れる封筒のことです。中包みとも言います。ここには、住所、氏名、金額を書きます。記入する場所は、中袋に記入欄が設けられて入ればそこに記入しましょう。 記入欄がない場合は、表面に金額を、裏面に住所氏名を書くのが一般的とされています。住所氏名は左側の下方に書きましょう。金額については、記入欄があり横書きの場合はアラビア数字で書きます。記入欄がない場合は、表面中央に旧字体の漢字で縦書きにします。やや大きめにするとバランスが良いでしょう。 ここで用いるペンは筆ペンでも良いですが、字が読みにくくなってしまうようであれば、住所、氏名はボールーペンや万年筆を使用しても問題ありません。表面の金額については筆ペンで記入しましょう。

中袋がなくても大丈夫?

お通夜に使う香典袋とセットで販売されていることが多いですが、水引が印刷されたものなど、簡易的な香典袋には中袋がないものもあります。その際は中袋なしでお金を包んでも良いでしょう。 地域によっては中袋を使用することが縁起が悪いとする場合もあります。その理由は、表書きをする表袋と中袋があると、二つが重なっているということになり「不幸が重なる」という意味合いになるためです。一方、中袋がないのはマナー違反なのでお金は半紙で包むのが好ましいと考える人もいます。 さまざまな考え方がありますが、選んで購入したお通夜の香典袋はそのまま使用してもとがめられることは少ないでしょう。中袋がない場合は表袋に直接お金を包んでも問題ありませんが、地域の風習があればそれに従いましょう。

中袋がない場合の香典袋の書き方

中袋がないということは、外包みに会葬者の住所などを記入しなくてはなりません。裏側に記入欄が設けてある場合はそこに記入しましょう。郵便番号や電話番号の欄を設けてある場合もありますが、記入しなくても問題ないとされています。記入欄が全くなく真っ白の場合は下段の中央より左側に縦書きで住所と金額を記入します。

香典袋の金額の書き方

お通夜のお香典に限らず、あらゆる不祝儀、祝儀で使用する金額の記入は、誰もが書き方に戸惑うポイントではないでしょうか。普段馴染みのない難しい旧字体の漢数字を使うことが慣例となっていて、バランスよく書けるまで何度か練習したという人もいるでしょう。旧字体の漢字を使用するのは、改ざんしにくいようにという意図があります。 ここでは、お通夜や告別式のお香典だけでなく、さまざまな場面で使用することができる金額の書き方について紹介します。

旧字体の漢字とは?

お香典などで使用する旧字体の漢字は、次のようになります。ただし、横書きではアラビア数字を使用ましょう。また、本記事の後半で説明しますが、4と9の数字はお通夜や告別式などでは縁起が悪いとされているため、ここには含みません。包む金額であり得ない100なども除いています。 (一)壱 (二)弐 (三)参 (五)伍 (十)拾 (千)仟または阡 (万)萬 (円)円または圓 実際にどのような書き方をするのか例を挙げてみます。 (3千円)参阡円または参阡圓 (5千円)伍阡円または伍阡圓 (1万円)壱萬円または壱萬圓 (3万円)参萬円または参萬圓 (5万円)伍萬円または伍萬圓 (10万円)拾萬円または拾萬圓

「也」はつけるべき?

領収書などで見かける「也」は、お通夜で使用する香典袋にも記入するものなのでしょうか。その意見はさまざまで、「也」は使用するものであるとする人もいれば、「也」は不要という意見もあります。 意見の内容としては、銭の単位を使っていた時代に円のあとに金額を書き足されないようにしたものなので現代では必要ないとするものや、10万円以上の高額のものにはつけるのが通例とするものなどがあります。 いずれにせよ意見はわかれているため、「也」はつけてもつけなくても良いと考えれば良いでしょう。どちらでもマナー違反にはならないので、字のバランスを見て書いた方が良く見えるならば書いても良いのではないでしょうか。

名前の書き方

お通夜で使う香典袋の表書きには、下段に会葬者の氏名をフルネームで書きます。中心にまっすぐ記入しますが、連名や代理の際などは書き方が異なります。以下で詳しく説明するのでご自身の場合に合ったものを探して参考にしてください。

連名

2人以上で一緒にお香典を出す際は、連名で記入します。しかし、人数は多くても3名までが一般的です。 2名の場合は、中央に2人の氏名を書きます。3名の場合は中心に1名の氏名を書き、その左右の両側に1名ずつ書きます。4名以上になる場合は、中央に代表者名を書き、左下に「他○名」「○○一同」「外一同」などと書き添えると良いでしょう。 このように複数人で一つの香典袋を出す際は、全員分の住所、氏名、入れた金額を記した紙を用意し、お金と一緒に中袋に入れましょう。

夫婦

夫婦でお通夜のお香典を出す場合は夫の氏名だけでも良いですが、夫婦ともに個人にお世話になった場合などは、中央に夫の氏名を書き、その左に妻の下の名前だけを添えましょう。

代理

止むを得ず本人がお通夜に伺えないこともあるでしょう。その際は代理として弔問する場合があります。その場合は本人の氏名の左下に「代」と小さく書き添えます。会社の上司の代理で出す場合などが「代」を使用します。ただし、妻が夫の代理で弔問するときは、夫の名前の左下に「内」と小さく書きます。

会社

トピック1015183/要素2234290

会社関係でお通夜に参列する場合もあります。社員本人、社員の家族、取引先などでご不幸があった場合がそれに当たります。会社でお香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きましょう。基本的には中央に社長の氏名を書き、その右側に会社名を書きます。 本人がお通夜に伺う場合は本人の氏名で問題ありませんが、部下が代理で弔問する場合は、上司の氏名の左下に「代」と小さく書き添えます。会葬者名簿に記入する際も上司の氏名の左下に小さく「代」と書きましょう。 また、代理で改装する場合は本人の名刺に言葉を添えて持参すると丁寧です。この場合は上司の名刺を預かり、右上に「弔」と書きます。そして名刺の最終行のあとに、「上司の代わりに会葬させて頂きます。○○○○(会葬者の氏名)」と書き添えます。この名刺を受付で渡しましょう。 また、会社関係で連名を使用する場合は、社名を一番右に書き、役職が上の人が一番右にくるように書きます。

部署

会社の部署ごとにお香典を出す場合もあるでしょう。人数が多い場合には中心に「◯◯一同」などと書き、その右に会社名を書きましょう。さらに、香典を出した人の氏名、金額、連絡先を書いた紙を中袋に入れます。こうすることでご遺族がお返しの手配の際に困らないでしょう。 また、部署の中の代表者のみで解消する場合は、上記で説明したように「◯◯部を代表して会葬させて頂きました」と名刺に記入し、受付で渡すと丁寧です。

人物別お香典はいくら包む?

トピック1015183/要素2233517

「お通夜のお香典は一体いくらくらいが相場なのか?」と気になる人もいるでしょう。お金のことなので周囲に相談しにくいということもあるため、ここではそれぞれの立場によって一般的と言われる金額を提示しました。ぜひ参考にしてください。 金額を決めるポイントで一番基本的となるのは、死や苦を連想させる数字である4と9がつく金額を避けることです。このルールを基準とすると、3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円など、キリの良い金額が適しているでしょう。では、立場や年齢などから見て具体的にいくら包むのが一般的なのかを紹介します。

親族

故人が親戚関係に当たる場合は、1万円以上が目安です。しかし、親族と言っても近しい立場と遠い立場があります。親族の立場でも目安となる金額にばらつきがあるため、それぞれの立場で別々に見てみましょう。

祖父母

あなたから見ておじいちゃん、おばあちゃんが亡くなられた場合です。あなたが20代ならば1万円、30代ならば1万円〜3万円、40代ならば3万円〜5万円が目安です。

両親

あなたの父親、母親あ亡くなられた場合です。あなたが20代ならば3万円〜10万円、30代ならば5万円〜10万円、40代ならば10万円以上が目安です。 もしあなたが喪主の立場ならば、お香典を包む必要はないでしょう。しかし、施主がほかに存在する場合には喪主であってもお香典は包みましょう。

義理の両親

あなたの配偶者の父親、母親が亡くなられた場合です。あなたが20代ならば3万円〜10万円、30代ならば5万円〜10万円、40代ならば10万円以上が目安です。

兄弟姉妹

あなたの兄弟、もしくは姉妹が亡くなられた場合です。あなたが20代ならば3万円〜5万円、30代、40代ならば5万円が目安です。

義理の兄弟姉妹

あなたの配偶者の兄弟、もしくは姉妹が亡くなられた場合です。あなたが20代ならば3万円〜5万円、30代、40代ならば5万円が目安です。

おじ・おば

あなたのご両親の兄弟姉妹が亡くなられた場合です。あなたが20代ならば1万円、30代ならば1万円〜2万円、40代ならば1万円〜3万円が目安です。

いとこやその他の親族

あなたの親の兄弟姉妹の子供が亡くなられた場合です。あなたが20代ならば3千円〜1万円、30代ならば3千円〜2万円、40代ならば3千円〜3万円が目安です。 いとこやそのほかの親族が亡くなられた場合は、このようにお香典に包む金額にばらつきがあります。これは、あなたやあなたの家族がいとこやそのほかの親族とどの程度親しい付き合いをしていたかなどによるものです。関わり度合いによっては目安金額にプラスアルファすると良いでしょう。

会社

会社の上司が亡くなられた場合は、あなたが20代ならば5千円、30代ならば5千円〜1万円、40代ならば1万円以上が目安です。上司のご家族が亡くなられた場合は、あなたが20代ならば3千円〜5千円、30代ならば3千円〜1万円、40代ならば5千円〜1万円が目安です。 同僚や部下などが亡くなられた場合は、あなたが20代ならば5千円、30代ならば5千円〜1万円、40代ならば1万円以上が目安です。同僚や部下のご家族が亡くなられた場合は、あなたが20代ならば3千円〜5千円、30代ならば3千円〜1万円、40代ならば3千円〜1万円が目安です。 同僚や部署ごとでお香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにしましょう。○万円、○千円は良いですが、○万○千円はキリが悪いため避けましょう。また、4と9の数字は縁起が悪いため金額を調整しましょう。

友人

友人や知人が亡くなられた場合のお香典は、3千円以下は避けましょう。通夜料理や香典返しで赤字になることがあり、ご遺族にとって負担となってしまうでしょう。 このような場合のお香典は、あなたが20代ならば3千円〜5千円、30代、40代ならば5千円〜1万円が目安です。また、友人の親が亡くなられた場合は、あなたが20代ならば3千円〜5千円、30代、40代ならば3千円〜1万円が目安です。 友人との付き合いの深さや家族同士での付き合いがどの程度だったのかによって金額を変ることをおすすめします。

近隣住民

近所に住む人が亡くなられた場合です。あなたが20代ならば3千円〜5千円、30代、40代ならば3千円〜1万円が目安です。しかし、自治会などによって金額の取り決めがある場合もあります。また、地域や付き合いの度合いによって臨機応変に対応する必要があるでしょう。わからない場合は身近な人に相談しましょう。

夫婦で会葬する場合は?

お通夜や告別式に夫婦で参列する場合は、葬儀後の精進おとしにも出席するなら、2万円以上を目安に包みましょう。故人との関係を考え、1人分よりも多めでキリの良い金額を包むようにします。

お香典のお金の入れ方と包み方

香典袋を用意して包む金額が決まったら、お金を香典袋に入れましょう。さて、香典の入れ方や包み方はご存知でしょうか。 香典袋に入れるお金には裏と表があり、向きにもしきたりがあります。「お金さえ包めれば向きなどは関係ないのでは?」と考えてしまいがちですが、故人に対する供養の気持ちを表すものなので、しきたりやマナーに沿った入れ方、包み方をするようにしましょう。

お通夜のお香典は新札でもOK?

お通夜のお香典は診察を使うことは失礼とされています。その理由は、死を予想して新札を準備していたように思われてしまうからです。どうしても新札しか用意できない場合は、折り目をつけて包みましょう。また、汚れが目立ち、ボロボロのお札を入れることも失礼に当たるので注意しましょう。

お金の入れ方は?

先に説明したように、香典袋にはさまざまな種類があります。基本的には、表袋に水引きがかかり、中には中袋があります。通常、お金を入れるのは中袋ですが、中袋がないタイプの香典袋では表袋に直接お包んでも問題ありません。以下で入れ方を説明します。

1.お金の向きを揃える

お通夜のお香典に限らず祝儀や不祝儀で2枚以上のお札を入れる際には、向きを揃えるのがマナーです。お通夜のお香典では、肖像画のある表側は見えないようにするという説があります。しかし、地域などによっては気にしなくて良いとされる場合もあります。

2.お金を中袋に入れる

お札の向きを揃えたら、中袋に入れます。肖像画のある表側を中袋の下に向けて入れます。中袋には表側に金額を書きますが、その向きからお札を引き出した時に肖像画が見えないようにするのが通例です。

3.外包みで包む

中袋にお金を入れたら外包みで包みましょう。通常、販売されていた通りに包み直せば正しい包み方になっているため、水引きや中袋を取り出す前に原型を確認しておくと良いでしょう。 外包みの包み方は、まず外包みを開き、外包みの中央に中袋の表側が下になるように置きます。背面が表に出ている状態です。次に、外包みの左、右、下、上の順で包みます。最後に水引きを入れて完成です。水引の方向は紐の先端が上にくるようにします。 外包みの包み方のポイントは、上側を下側に被せるところです。結婚式などでは下側を上側に被せますが、お葬式などでは逆になります。これは、慶事では幸せを受け止められるようにという意味が込められていて、弔事では不幸が過ぎ去ってくれるようにという意味があります。

お香典はふくさで包みましょう

お香典にお金を入れられたら、お通夜に行くバッグにそのまま入れていませんか。お香典はふくさに包んで持参するのがマナーです。受付で恥をかかないよう、ふくさの色などにも注意しましょう。

お通夜で使うふくさの意味は?

ふくさは、「お供えする大切なお金を汚さないように」という思いやりからきているとされています。そのため、お通夜のお香典もふくさに包んで持参するのが礼儀と言えるでしょう。 ふくさの種類はさまざまあり、本来は風呂敷状の四角い布を用いましたが、最近は金封を挟み入れる財布状の金封ふくさなどもあります。また、爪つきや台付きのものなどさまざまなタイプがあります。

お通夜で使うふくさの色は?

ふくさの色はさまざまありますが、好みやおしゃれで持つものではないので、色の持つ意味を理解して選びましょう。お通夜などの弔事のふくさの色は緑、青、ねずみ色、紺色、紫などの暗めの色を用います。なかでも紫色のふくさは、慶事でも兼用で使える色なので便利でしょう。

お通夜で使うふくさの包み方

ここではお香典をふくさで包む方法を紹介します。ふくさは慶事、弔事ともに用いられる物で、使用する場面によって包み方が逆になります。正しい包み方をマスターしてお通夜で使用するふくさで香典袋を包んでみましょう。

風呂敷タイプのふくさの包み方

まず、ひし形のように角が手前にくる方向にふくさを置きます。次に、香典袋を中央よりやや右の方へ寄せておき、右、下、上、左へ折りたたみます。右の上下に小さく三角形ができれば美しく見えるでしょう。 左で右を押さえるこのやり方は、普段開け閉めに使うほうを押さえることで「不幸が簡単に繰り返されないように」という意味が込められていると言われています。

金封タイプのふくさの包み方

金封ふくさは手軽に使用することができるため、1つ持っておくと便利でしょう。しかし、慶事と弔事では開き方が異なります。お通夜は弔事なので、左開きで使用することが正しい包み方です。間違えないようにしましょう。

お通夜でのお香典の渡し方

お香典をふくさに入れたら、ふくさごと渡すわけではありません。ふくさごと渡すのは不幸を渡すこともされているため、渡し方には注意が必要です。また、当日慌てないように、お通夜でお香典を渡すタイミングや差し出し方も確認しておきましょう。

お通夜でお香典を渡すタイミング

お通夜の会場に着いたら、受付でお香典を渡しましょう。また、お通夜と告別式のどちらも出席する場合には、お通夜で渡すことが通例となっています。葬儀や告別式のみに出る場合は、出席したときに持参するようにしましょう。 お通夜と告別式、葬儀のたびにお香典を渡すことは、不幸が重なることを連想させ、縁起が悪いとされています。そのため、自分が弔問するタイミングの1回でお渡しするようにしましょう。ただし、ご不幸の連絡がきてすぐに駆けつけて弔問するなど、お通夜の前に取り急ぎ弔問する場合はお香典を用意する必要はありません。

お香典の差し出し方

お通夜では、受付で記帳などを済ませ、ふくさから香典袋を取り出して係りの人に手渡します。その際、お悔やみの言葉を添えても無言で渡しても良いとされています。 一言添える場合は、「この度は御愁傷様でございます」「どうぞ御霊前(御仏前)にお供えください」などの文言が一般的でしょう。しかし、はっきりとは申さず、消えるような声で言います。はっきりということはマナー違反とされています。 差し出し方は、両手で香典袋を持つこと、相手に読めるような方向にすることがポイントです。香典袋をふくさから取り出したら、手早くふくさをたたみ、一旦お香典をふくさの上に置きましょう。香典袋を回転させて受付の人から読めるようしたら、両手で持って差し出します。

お通夜に伺えないときは

仕事や病気、天災などの理由で、お通夜に伺えない場合もあるでしょう。お通夜、告別式などの葬儀に出席できない場合、代理人に出席してもらうことがありますが、それもできない場合はどうしたらよいのでしょうか。 お通夜、告別式など、葬儀全てに出席が難しい場合は弔電をうちましょう。お通夜や葬儀のお香典は、現金書留で郵送することもできます。その際は添え状に参列できない理由と、お悔やみの言葉を添えると良いでしょう。 ここでは、お通夜に参列できない場合の弔電の打ち方やその意味、お香典の郵送の仕方を紹介します。いざというときのために目を通してみてください。

弔電とは?

弔電(ちょうでん)とは、お通夜や告別式などの葬儀に参列できない場合や、勤務先などの仕事関係者がお悔やみの言葉を伝える電報のことです。 まず宛先は、喪主か故○○○○様ご遺族様」になります。宛先の名前はフルネームにしましょう。お通夜の式場がお寺や斎場の場合は、お寺や斎場あてに送ることになります。 メッセージの例文が紹介される場合もありますが、オリジナルで文面を考える場合は忌み言葉を使わないように注意しましょう。忌み言葉とは、「かさねがさね」「たびたび」「くれぐれ」「つぎつぎ」などを指します。 お通夜などの弔事では不幸が重なるなど意味を持つとされ、縁起が悪い言葉とされています。結婚式などの慶事でも再婚を連想させるため、使用することはマナー違反です。

そもそも電報ってなに?

お通夜などで使用することができる弔電について説明しましたが、電報そのものの意味がわからないという人のために、念のため電報とは何かを説明します。 電報は、明治時代から始まった連絡手段の一つです。現代では、電話だけでなくインターネットの受付もされています。メッセージのデータは無線や電話線で宛先の最寄り電話局に送られます。そして、受信した文章を印刷し、配達するという仕組みになっています。 電報は、自らペンをとることなく、また台紙を用意することなくメッセージを送れます。お通夜に伺えないなどの際に手紙などを送ることができる便利な手段です。 ちなみに、お通夜などでうつ弔電に対して、結婚式などの慶事でうつ電報は祝電(しゅくでん)と言います。

お香典の郵送のやり方は?

お香典は郵送することができます。お通夜に参列できないことがわかったらなるべく早めに郵送しましょう。 しかし、お香典を郵送することはご遺族に失礼に当たらないのか不安に思う人もいるでしょう。ですが、お通夜に参列できない場合はお香典を郵送しても問題ありません。失礼のないやり方を紹介します。

手紙を添えて郵送しよう

お香典だけを郵送したのでは、どのような理由で届いたのかわからずご遺族を混乱させてしまうでしょう。お通夜に参列できない理由やお悔やみの言葉を便箋に書き、同封して郵送すると良いでしょう。 お悔やみごとの場合の便箋は、白無地のものがおすすめです。色のついた封筒を使う場合は、グレー、すみれ色などの暗めの色合いのものを選びましょう。文字を書くのが苦手でも、手書きにするのがマナーですし、気持ちが伝わるでしょう。筆記用具は筆が難しい場合はボールペンや万年筆でも良いとされています。筆や筆ペンの場合は薄墨を使用しましょう。

手紙の例文

手紙の内容は、お通夜や告別式などの葬儀に参列できない理由とお詫び、ご遺族に対する励ましの言葉などを書き記します。ここでも電報と同じように忌み言葉は使用しないよう、注意しましょう。 また、文章はできるだけ簡潔にし、長くなりすぎないようにします。便箋は1枚に収めましょう。以下で例文を紹介するので参考にしてください。 「親戚あての例文」 ○○様の突然のご逝去のお知らせを受け、驚き言葉を失っております。 お気持ちの優しいお人柄だっただけに、ご家族の皆さまのご心痛はいかばかりかと、胸がつぶれる思いです。 お力を落としと思いますが、お体をご自愛くださいますようお願いください。 遠隔地のため、葬儀にお伺いできない失礼をお許しください。 ご家族の皆様には、一日も早く心穏やかに暮らせますようお祈り申し上げております。 失礼ながら、心ばかりのご香料を同封いたしましたので、ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。 略儀ながら、書中にてお悔やみ申し上げます。

お香典は現金書留で郵送しよう

お香典と手紙を用意したら、現金書留専用封筒を使って郵送しましょう。ポストには投函せず、窓口で手続きをします。送り先は喪主の自宅にし、間違って斎場に送らないよう注意しましょう。 お通夜に参列できないときにお香典を送る際は、初七日までに着くようにするのがマナーとされています。遅くなりそうな場合は速達を利用しましょう。

お通夜では故人を偲ぶ気持ちを忘れないようにしよう

トピック1015183/要素2233695

お通夜の香典袋の書き方や包む金額、渡し方などを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。しきたりやマナーを守ることでご遺族に失礼や迷惑をかけなくて済むでしょう。しかし、地域によって考え方が違う場合もあるため、年配の人などに確認することをおすすめします。 ここでは最低限の礼儀やマナーを紹介しましたが、形だけができても気持ちが伴わないと態度に表れてしまうことがあります。故人のことを想い、ご遺族の気持ちを察することであなたの気持ちが伝わるのではないでしょうか。

アクセスランキング