IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活はいつから?卒業年度別・就職先別・プロセス別

就活ノウハウ

業界別の就職活動の開始時期や、説明会予約、エントリー開始などといったプロセスについて紹介していきます。就職活動は、長期戦になることも少なくありません。そういった意味で、業界ごとのスケジュール感を把握しておくことで、就活に対するリズムを養っていくと良いでしょう。

更新日時:

卒業年度別就活の開始時期

トピック1014956/要素2137153

年によって就活の開始時期が早まったり遅くなったりしますので、2019年卒と2020年卒に関してはいつから始まるのか、きちんと確認しておきましょう。就活開始時期から逆算して予定を立てていくことがポイントになります。その点でいつから就活が本格的に始まるのかを頭に入れておくことが、最初に抑えておくべきところと言えます。

2020年卒

2020年卒の就活生たちは、いつから就活が開始となるのでしょうか。2020年卒の就活開始時期は2018年の6月からです。 これは、企業ごとに開始されるインターンシップの申し込み時期にあたります。正式にプレエントリーや会社説明会が始まるのは2019年の3月からですが、そこまで待っていてはライバルに差をつけられる一方ですので、インターンシップの開始から臨戦態勢に突入していけるよう、心と体の準備をしておきましょう。

2019年卒

2019年卒の就活生も基本的な流れは、2020卒と一緒です。各スケジュールが1年前倒しになって開始されると頭に入れておきましょう。 インターンシップの開始が2017年6月からで、プレエントリーと会社説明会の開始が2018年3月からとなっています。いつから何が始まるのか頭に入れておくことで、他の就活生たちに負けないように心がけて動いていきましょう。

就職先別就活の開始時期

トピック1014956/要素2137161

それでは、ここから具体的な就職先別に焦点を当てて、就活開始時期について見ていきましょう。業界によっては早く始まったり、遅く始まったりするところもありますので、自分が行きたい会社がいつから就活を開始するのか、きちんと頭に入れておきましょう。

管理栄養士

管理栄養士の就活は比較的遅めと言えます。3月から就活が始まって、その後翌年の1月や2月頃まで就活を行っている管理栄養士系の企業も少なくありません。 管理栄養士になるためには資格を取得しておく必要があるため、その兼ね合いもあって比較的長めのスパンで採用を行っていると考えることができます。給食会社などは、4月から5月頃にかけて就活を開始して、6月頃に内定を出す会社が多く見受けられます。

福祉

福祉関係は前年の10月頃からインターンシップを開始して、そのまま内定につなげる会社も少なくありません。人手が足りない企業では、早めに人材の確保をしたがる傾向があるので、福祉関係を検討する場合は、早め早めの動きを心がけると良いでしょう。

臨床検査技師

臨床検査技師の就活は、専門学校や大学の最終学年の4月から開始となります。採用のピークは9月頃で、10月以降も欠員募集という形で、翌年の1月から2月にかけて募集をかける医療機関も少なくありません。

栄養士

栄養士の就活も基本的には最終学年の4月からですが、前年の10月頃からインターンシップを開催している企業も多く、実質的にそこで選考が行われるケースも少なくありません。管理栄養士資格を必要とする企業では、4月の就活開始以降も、翌年1月から2月にかけて比較的長いスパンで人材を募集しています。

看護師

看護師の就活についてはいつから開始されるのでしょうか。看護師の場合、最終学年の1月頃から説明会や見学会と称した実質的な選考活動が始まる企業も少なくありません。看護師は国家資格となりますので、国家試験の受験も必要となります。

保育士

保育士の就活はいつからかと言うと、最終学年の1月以降に説明会や体験会が開催される保育所が出てきます。就活が本格化するのは4月以降ですが、その前から動き出す就活生も少なくありません。

幼稚園

幼稚園の場合も基本的には保育士の流れと変わりません。最終学年の1月から少しずつ説明会を開く幼稚園が出てきて、その後4月以降に就活が本格化していきます。9月頃までには内定を出し終わる幼稚園も少なくありませんので、短期集中で決めきる力が必要となります。

マスコミ

マスコミの就活開始はいつからかというと、これはかなり早い段階からスタートすると言えます。大学生であれば、3年生の夏休みや10月以降に選考を兼ねたインターンシップを行う企業も少なくありません。 当然そこで内定を出すわけではありませんが、企業側としては戦力として採用できるのかどうか判断する場と言えるでしょう。

商社

商社も早い段階でインターンシップを行っています。大学ごとのコネ採用などもあると言われ、大学3年生の夏頃からインターンシップが本格化します。入りたい商社の企業が決まっているのであれば、インターンシップに参加しておくことはマストと言えるでしょう。ライバルが多いのが商社の就活における特徴と言えます。

公務員

公務員の就活はいつから始まるのでしょうか。公務員の場合、最終学年の1月以降、各機関の説明会やセミナーが開催されます。公務員になるためには国家試験や公務員試験に合格する必要があるので、4月や5月頃の春の日程か、あるいは9月に行われる秋の日程での試験に通ることが大前提となります。

大手

大手企業の場合、経団連のルールに則って最終学年の3月から説明会を開始し、6月から実質的な選考を開始する企業が多くなっています。ただし、3年生の夏以降や10月以降にインターンシップを行っている大手企業も数多くありますので、興味のある企業のインターンシップには参加しておくと良いでしょう。

中小企業

中小企業の場合、いつから就活がスタートするのかは、企業によってまちまちと言えます。経団連のルールに従って、3月から説明会を開始する企業もあれば、独自ルールで3年生の12月頃から選考を開始する企業もあります。都度、企業のホームページなどで採用情報を確認しておきましょう。

就活のプロセス別開始時期

トピック1014956/要素2137156

ここからは、エントリーや会社説明会といった就活のプロセス別の開始時期についてご紹介していきます。いつから企業にエントリーすれば良いのか、あるいはいつから面接対策をすれば良いのか迷った際の参考情報としてご覧下さい。

企業研究

まず企業研究についてはいつから行えば良いのでしょうか。一般的に企業研究を開始するのは3年生の夏休み以降が良いとされています。学業も忙しい段階で、長期休暇を利用しつつ企業研究を進めておくことで、その後の就活をスムーズに進めていくことにつながります。

写真

写真に関しては直近3ヶ月以内に撮影されたものが推奨されていますので、エントリーシートの応募に合わせて撮影を行うと良いでしょう。あまり早く撮りすぎても、印象が変わってきてしまいますので、最終学年の5月にエントリシートを提出するのであれば、4月頃に撮影しておけば問題ありません。

いつからエントリーすれば良いか

いつからエントリーすれば良いかという点については、就活サイトがオープンしてからと言えるでしょう。就活サイトがオープンするのが最終学年の3月からですので、そこに合わせてエントリーしましょう。

いつから説明会予約すれば良いか

いつから説明会予約をすれば良いかという点についても、基本的には最終学年の3月からです。中小企業など、独自のスケジュールで選考を行っている場合は、企業ごとに確認しましょう。

会社説明会

会社説明会は基本的に最終学年の3月以降にスタートしていきます。企業によっては何回も説明会を開催していますので、スケジュールを確認して、参加できる説明会に行くようにしましょう。

筆記試験

筆記試験はいつからかと言うと、説明会と同時に開催する企業もありますし、6月以降の選考の段階で行う企業もあります。したがって、最終学年の3月以降に行われると考えておけば間違いありません。

面接

面接は最終学年の6月以降に行われます。面接は本当の意味での選考の場ですので、きっちり対策をして臨みましょう。

いつから対策・練習をすれば良いか

面接対策をいつからするかという点については、なるべく早くに越したことはありません。遅くとも、面接日の1ヶ月前くらいから少しずつ準備を進めていきましょう。

内定

内定は最終面接終了後、1~2週間以内に出る企業がほとんどです。内定後、いつから事前課題がスタートするかなども合わせて確認しておきましょう。

就活を上手く乗り切ろう

トピック1014956/要素2137158

いつから何を始めれば良いか、受ける企業に合わせて抑えておきましょう。いつから就活を開始するかによって、内定をもらえる企業も大きく変わってくるでしょう。スケジュールをきちんと把握して、ぜひ就活を成功させましょう。

アクセスランキング