IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリータの末路・フリータからの脱出方法|状況/就職活動

転職ノウハウ

フリーターとして過ごしている人は年々増えています。なんとなく不安な面が多いですが、どのような末路を迎えるのでしょうか。このままではまずいと焦っている人、フリーターのままでいいやと思っている人も、悲惨な末路を迎える前に一度目を通してみましょう。

更新日時:

フリーターの末路は?

若い今のうちにフリーターとして生活ができていても、そのまま一生を過ごすわけにはいきません。経済的に不安定なフリーターに待ち受けている末路とは何でしょう。経済面だけでなく、社会的な信用にも深くかかわってきます。変わろうとせずだらだらと過ごしていると、悲惨な末路を迎えることになります。

正社員になれない

30代から正社員になるのが難しくなる

正社員になることがすべてではありません。夢を追いかけるためにフリーターになっている人もいるでしょう。それは前向きで素晴らしいことです。 しかし、それも20代のうちです。20代のうちはフリーターの時期を経て夢をかなえるか、途中から諦めて一般企業の正社員になるかのいずれでも希望があります。しかし、30代になると一気に正社員になるのが難しくなります。 30代になるとキャリアでその人の評価をするようになるからです。30台になっても正社員の経験がないという人に、一から仕事を教えてくれる職場は珍しいです。それよりは、より長く続けれてくれそうで、吸収が早い新卒や20代の人を育てたいと思うのが大半です。 正社員を目指しているフリーターの人は、夢を追うのは20代までと決めておくべきです。諦めどころが見つからないと、一生正社員になれないという悲惨な末路が待ち受けています。正社員になれないなどの不安やデメリットがあるからです。

結婚できない

男性には致命的

将来結婚したい、特に男性にとっては致命的な話です。現在は女性が正社員で、専業主夫として生活する男性もいますが、まだまだ少数派です。 結婚を考えている際には、相手に色々な条件を求めます。もちろん、気が合う、一緒にいて楽しいなどのコミュニケーションや感情面もありますが、社会的地位や経済状況などの現実的な面から目を背けるわけにはいきません。 フリーターが結婚しづらい一番の理由は、社会的信用が確立されていない面です。社会では社会的な肩書によって、その人の人物像が評価されます。評価の対象は正社員です。何年フリーターをやっていたとしても、社会経験ゼロとみなされてしまいます。 そして、フリーターは経済的に不安定です。福利厚生もありません。社会経験なし、収入は少ない、保険も年金もない、こんな相手と悲惨な末路に向かって人生を共にしたいと思える女性は稀有でしょう。

女性だからと安心はできない

男性に多く当てはまるからといって、「女性だから一生フリーターでもいいか」というわけでもありません。近年は20代~30代の働き盛りの年代の給与が少ないのに、家を建てる際の費用や子どもの教育費はとても多くかかります。 そのため、どちらかが正社員で、もう一方は専業主婦(夫)という生活スタイルが難しくなっています。「共働きで生活したい」と考えている人も少なくありません。安定した収入を得ている人をパートナーにしたいと考えている相手との結婚を考えているなら、就職するべきでしょう。 女性だからと油断してフリーターのまま年を重ねていると、安定した収入がないまま一人で一生を終えるという、結婚したい人にとっては悲惨すぎる末路を迎えてしまうことになります。

貯金がない

収入面に大きな差が見られる

正社員との大きな違いは、やはり経済的な面です。新卒から正社員として働いている30代男性と比較してみましょう。30代の正社員の平均年収は420万円とされています。年収が420万円ということは、月収は35万円ということです。 フリーターが月収35万円をかせぐためには、1500円の時給で233時間働かなくてはいけないという計算になります。1日の最大労働時間の8時間働いても、29日は出勤しなければなりません。フリーターにとっては無謀で難しい話です。休みがなく、過労で体を壊してしまうという末路にたどり着きます。

貯金に差は?

貯金の面でも差はあります。30代の正社員の貯金額はおよそ330万円とされています。一方、フリーターの貯金額は平均で84万円とされています。何年フリーターをやっているのかにもよりますが、4倍近くの差があることになります。 そして、フリーターの平均月収はおよそ13万円です。生活費や通信費などを差し引いた残額で貯金をすることは難しいでしょう。親が生活の面倒を見てくれる場合もあるでしょうが、それも永遠に続くものではありません。上手くやりくりしないと、悲惨な末路を迎えることになります。 その状況で貯金をするのは困難ですし、実際に、貯金や安定した収入がないと、ローンやカードの審査が通らないなどの末路もあります。

老後の年金が十分に貰えない

フリーターと国民年金とは?

正社員の人は毎月の給料から厚生年金が差し引かれますが、フリーターの場合は自分で国民年金に加入しなければなりません。ただでさえ少ない給料の中から月に1万5千円も差し引かれるなんてたまったものではないと、支払っていない人も少なくないでしょう。 今フリーターとして生活できているからといって安心してはいけません。なぜなら国民年金は加入期間が不足していると受給額が少ないからです。現代は高齢化や少子化の影響で、ただでさえ受け取れるかわからない年金です。支払っていない人が受け取れるわけがありません。 今はフリーターでも老後は年金をもらいたいと考えているなら、国民年金をしっかり払いましょう。さもないと、体が自由に動かなくなる老後も働き続けるという悲惨な末路を迎えてしまいます。

真面目に払っている人でも受け取れるかわからない時代

正社員が毎月払っている厚生年金は、給料から差し引かれているため、1ヶ月の給料を損しているように思えてしまいますが、その分老後の受給時にフリーターの国民年金よりも安定しています。 しかし、だからといって年金だけで老後の生活が成り立つわけではありません。新社会人時代から40年間真面目に厚生年金を払い続けてきた人でさえ、年間90万円ほどの受給額になります。 そして、少子高齢化の影響で今の若い人達が年金を受給する頃には、年金制度自体が破綻している可能性も十分にあります。正社員としての勤務を終えても年金だけで生活ができず、老後も働いて生活をするか、年金とは別に若いうちから貯金をしているという人が多いです。

フリーターから脱出するには?

トピック1014652/要素1959518

フリーターになると経済面、社会的な信用を持てないなどの側面で、悲惨な末路を迎えてしまうことがわかりました。なんとかしてフリーターから脱出したいと思ったなら、どうすればよいのか見ていきましょう。

フリーターのつらい現実を知る

フリーターのメリットと言えるのは、時間に制約がないことです。シフトは自分で好きなように調整できるし、1ヶ月も働かない、というライフスタイルも可能です。しかしそれは、一時的なことです。耳が痛いでしょうが、それを現実として受け止めましょう。現実から目を背けて悲惨な末路を迎えるよりはましなはずです。

人間関係が希薄になることで迎える末路

フリーターが迎えるであろう末路として怖いのは、人とのかかわりも希薄になっていく事です。学生時代には毎日通っていた学校で必ず会えた友人だって、社会人になれば忙しくなるうえ、フリーターのように好きな時間を作るのが難しくなります。会える機会が激減します。 そして、大人の友達付き合いは学生の頃と価値観が変わります。社会的信用があるかどうかも友達付き合いの基準になります。よほどの事情がない限り、いい年をしてもまだ社会経験がない友人とは、これからの付き合いを控えたいと考えてもおかしくはありません。 その状態で友人や知り合いと会う機会が減り、人と接する時間が少なくなることで、社会常識がわからなくなるのが最も怖いことです。自分が気付かないうちに社会のルールを破ったり、人に迷惑をかけている大人になりたくはないでしょう。 そんな悲惨な末路を迎える前に、自分を成長させるためにフリーターの現実を知るべきでしょう。

正規の職員になる

トピック1014652/要素1960292

資格を持つ

フリーターをしている人の全員が、このまま一生を終えたいと考えているわけではないでしょう。やむを得ずフリーターとなり、恐ろしい末路を迎える前に早く脱出したいと焦っている人もいます。 手っ取り早く正社員になりフリーターから脱出する方法は、「資格を取得し、手に職を持つ」ことです。資格はいわば「パスポート」です。パスポートがないと外国に入国できないのと同じで、その資格がないと仕事ができないという職種は世の中にたくさんあります。 フリーターとしてアルバイトをしながら資格取得にむけて勉強をするのは大変ですが、一度取ってしまえば、それまで社会経験がなくても即戦力として雇ってくれる企業もあります。少しでも良い会社に入って安定したいなら、資格取得を視野に入れましょう。

アルバイト先で正社員を目指すという手も

いくらフリーターで、社会経験や信用がないからといっても、自分には価値がないと悲観することはありません。若くて、積極的に出勤して、アルバイトをする上でのスキルを身につけた人ならば、アルバイト先にとっては重要な戦力です。 そんな人にはこの職場で正社員になってみないか、と声がかかることがあります。それならばラッキーです。今までずっとやってきて慣れた仕事で、正社員という安定した地位を得ることができるからです。正社員は福利厚生が充実しているし、給料も時給制ではありません。 今目指している目標や夢がなく、やむを得ずフリーターをしている人は、今のアルバイト先で社員を目指すのも一つの手です。ほかに目指している夢があってフリーターをやっている人も、夢が叶わなかったとしても、それが悲惨な末路を迎えるということではありません。 むしろ、目指していたこととは違ったことが、実は自分にとても向いていたということも少なくはないです。

今自分を変えよう!

トピック1014652/要素1959523

フリーターのままでは、「収入が安定しない」「社会的信用がない」「老後も働き続けなければならない」といったたくさんのデメリットがあり、散々な末路を迎えることになります。このままではいけないと気付くきっかけになるでしょう。 大切なのは、現状だけでなく将来を見据えて、行動することです。何もしないまま、目先の快楽だけを得る生活をしていると、将来悲惨な末路を迎えることになります。どこかで変わろうとするきっかけを見つけ、行動すれば見えている末路を迎える前にフリーターから脱出できるでしょう。

アクセスランキング