IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務経歴書おすすめのフォント|種類・サイズ・英数字

転職ノウハウ

職務経歴書をパソコンで作成する人は非常に増えましたが、フォントのような細かい部分にまで気が回っていない人が多く、小さなところで評価を落としている方がたくさんいます。そこで、今回は職務経歴書で使えるフォントについての情報をまとめていきます。

更新日時:

職務経歴書を書く時におすすめのフォントの種類

職務経歴書を書くという行為は昔と比べて手書きではなく、パソコンでも問題ないという意見が増えました。とある大手転職サイトの「職務経歴書は手書きとパソコンどっちがよいのか」という質問の答えもほぼ半々だったので、時代は大きく変わったといえるでしょう。 しかし、パソコンで職務経歴書を書くとしても、手書きではないようなルールがあり、そのルールからそれている場合は減点対象となってしまうのです。その一つが使うフォントになります。

ゴシックはOK?

ゴシック体は東アジア圏で使われることが多いフォントで、明朝体と並んで使われることが多いフォントです。この文字の特徴は縦横の太さが均等であるという部分です。しかし、職務経歴書として用いる場合はゴシック体ではなく明朝体であるという意見が多く、あまり使わないほうがいいという見解で統一されております。 なぜなら、ゴシック体は割と太めの文字なので職務経歴書のように長文を記載する必要がある書類には向いていないという考えがビジネスマンの間では浸透しているからです。

明朝がベスト

職務経歴書のようなビジネス文書は明朝体のフォントで書くのが一般的です。明朝体は長文が書かれていても、見やすくなりますので特殊な文字以外はこれで統一するといいでしょう。

メイリオでもいい?

メイリオはフォントの太さが二つ用意されている特殊なフォントで、可読性と判読性が高く嫌われることが少ないフォントです。明朝体がなんとなく嫌だという人はメイリオフォントを選ぶのもいいでしょう。ただし、印刷したときの表示のされ方があまりよくないことも多いので、やはり明朝体が安全と考えてください。

ヒラギノは?

ヒラギノフォントはファッション誌や広告の文字にも使われており、今ではだいぶ浸透しているフォントといえるでしょう。くせのないフォントであり太さのバリエーションも豊富なのでこちらを用いる人もいます。見やすいフォントですので、職務経歴書に用いても問題ないでしょう。

職務経歴書を書く時のフォントのサイズ

職務経歴書のフォントは明朝体を選べば問題ないでしょうが、文字サイズはどうしたらいいでしょうか。基本的なサイズとして推奨されているのは本文10.5~12ptですが、用意されているフォーマットによっておさまりが異なりますので、一度作成したのちに印刷し、見やすいかどうかで判断して、調整するといいでしょう。 ただし、小見出しやタイトル、そして名前の部分はメリハリをはっきりつける必要がありますので、サイズは大きいものにしてください。

タイトルや小見出しはゴシック体が良い

職務経歴書のようなビジネス書類の基本的な考え方としてフォントは統一するというものがありますが、タイトルや小見出しのような強調するべき部分はゴシック体を使ったほうが見やすいです。受け手にとって見やすいデザインとなりますので、高評価となります。 ビジネス業界では明朝体を使うことが非常に浸透していることから、全てを明朝体にしている方もしばしばいます。しかし、そこから一歩ステップアップしてより見やすいものを仕上げたいという方は、ゴシック体や太字を駆使して見やすいビジネス文書、職務経歴書を作成しましょう。

強調をしたい場合は太字や斜体を使うこと

ビジネス書類は基本的に統一感を出したほうが美しく見えます。これは職務経歴書におけるフォントも同じなので、本文はすべて明朝体で統一しましょう。強調したい部分があった場合は、フォントサイズを変更する、太字を利用する、斜体に変更するという方法がありますのでそちらを利用してください。

職務経歴書を書く時の英数字フォント

職務経歴書に使う文字は明朝体で、小見出しや見出しといった部分はゴシック体を使うのがフォントの理想ということでした。ならば、数字のフォントはどうしたらいいのでしょうか。

種類は何がいいのか?

数字に関してどのようなフォントを選べばよいのかという情報は非常に少ないです。漢字に使うフォントは明朝体で強調するところはゴシック体という一定の決まりがありますが、英数字に関してはビジネス上のルールは少ないといえます。 そのため、選ぶ基準としては高さがそろっている文字なのか、横幅が統一されている文字なのかでフォントを決めてください。特に職務経歴書のような幅をそろえて見やすくしたいというときには、字幅と高さがそろっているものを選びましょう。具体的には「Droid Serif」のようなフォントです。

サイズは日本語と同じにする

職務経歴書の文字サイズは、明朝体で文章を記載するときと同じ文字サイズを使えば問題ないでしょう。本文10.5~12ptが基本となりますので、そのサイズに合わせて数字を入力すれば問題はありません。これは職務経歴書以外のビジネス文書に通用する知識ですので覚えておくとお得です。

長い英文がある場合は別

文章の中には長い英文を加える必要がある場合は、「細いセリフ体」を使うといいでしょう。これは長文というわけではなく、Centuryのような単語一つでも該当する考え方です。太めのフォントを英文で選んでしまうと、印刷したときに非常に見にくくなってしまうのでお勧めできないのです。

職務経歴書を書く時のwindowsでのフォントのおすすめ

職務経歴書に記載するときの考え方としては今まで紹介してきた内容で問題ありませんが、Windowsに限定して考えた場合は、メイリオもいいかもしれません。ただし、紹介したように印刷するとうつりが多少悪くなる傾向にありますので、職務経歴書を印刷してから判断してください。

職務経歴書を書く時のmacでのフォントのおすすめ

MACユーザーの場合はヒラギノ角ゴフォントを使うといいでしょう。これは太さのバリエーションも整っており、それこそCM・道路標識・本・スマートフォンなど様々な分野で使われているフォントとなっております。そのため、可読性や判読性が高く利用者が増えているのです。読みやすいフォントなので嫌われることはほぼないでしょう。

職務経歴書を手書きではなくパソコンで作る利点は?

手書きではなくパソコンで作る時代になったとはいえ、それでもまだまだ手書きにこだわる方もいます。なぜなら手書きには手書きの利点があり、その利点に重きを置いている人はパソコンで文書作成をする必要を感じられないからです。ここで職務経歴書をパソコンで作る利点を考え直してみましょう。

きれいに作れるため読みやすく、文字が下手でも大丈夫

文字の美しさというのは人によってかなり差が出ます。そのため、文字がどうしても汚くなるという人にとって、この利点は非常に大きいのです。手書きにするほうが誠意は伝わるといわれても、手書きだと非常に読みにくくなって不都合が生じる可能性が高いという方は、迷わずにパソコンで作成しましょう。 ここで、先ほどお教えしたテクニックを使ってフォントを整えた文章携帯にすれば、企業側からすると読みやすい書類に仕上がりますので、高評価となります。読みやすさというのは第一印象のように重要な要素なので、そこでマイナスにならないのは大きいのです。

作業時間をかなり削れる

手書きで作成した場合、間違えた時の修正はほぼ不可能です。そのため、どんなに終盤だったとしてもすべてやり直しになります。しかし、パソコンの場合は簡単に修正ができますので、気軽に職務経歴書作成ができるのです。フォントが気に入らなかったら、フォントを変更すれば済むことなので、いろいろと応用が利きます。 人によっては何十通と作成する必要があるので、それらを手書きで用意する場合はかなりの労力が必要になってしまい、時間を大量に消費してしまうでしょう。一度完成された職務経歴書を用意すれば、パソコンの場合はボタン一つで印刷するだけなので手書きと比べて非常に楽といえます。

フォントを理解して高評価を得よう!

職務経歴書をパソコンで作成する人は増えました。しかし、このパソコンで作成する細かいルールまでは知らない方々も多いので、フォントをうまく使えるという人は職務経歴書確認の段階で差をつけることができます。 これから転職や就職活動を行うという方は、このような細かい部分も駆使して、ほかの人と差を付けられる人間になりましょう。小さな部分も確実にできる人間ほど、企業は評価してくれます。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)