IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転出届|いつから?・いつまで?・都市別転出届情報・海外転出届

転職ノウハウ

引越しをするときっていろいろな手続きが必要ですよね。たくさんの手続き中でも転出届はとても重要ですが役所に行かなければならないので、引越し準備で忙しい毎日の中で後回しにしがちです。この記事では忘れがちだけど、とても大切な転出届について紹介します。

更新日時:

転出届はいつからもらえる?

トピック1012924/要素1703513

転出届は引越し先の新しい住所が分かっていればいつからでももらうことが出来ます。

転出届はいつから出せる?

転出届はいつから出すことが出来るのかですが、ほとんどの市町村は引越しする約2週間前の14日を目安にしています。

転出届はいつまで出せる?

引越し後14日後であれば転出届を出してもらえますが、引越しをする前に手続きを終わらせておくことが理想です。新しい住所っがわからないうちは手続き出来ませんが、住所が確定したらすぐに転出届にとりかかりましょう。

都市別転出届の情報

トピック1012924/要素1703519

札幌市

届出先は住んでいる区の区役所戸籍住民課です。(北区の場合は篠路出張所、南区の場合は定山渓出張所でも可能)転出届をいつから出すことが出来るのかですが、約2週間前から引越しする前に手続きしましょう。 必要書類は転出届、免許証などの届出人の名前を確認できるもの、国民健康保険証や介護保険証など区役所で交付している書類の3つです。なお、転出届を郵送して手続きすることも可能です。マイナンバーカードや住基カードを思っている方は特例転出届を旧住所の区役所戸籍住民課に送付することによって転出証明書の交付を受けずに転入手続きをすることが出来ます。

横須賀市

転出届をいつから出すことが出来るのかと言うと、横須賀市外への引越しをする日が決まってから引越しをする日までです。 転出届の手続きに必要なものは国または地方公共団体が発行した写真付きの身分証です。例えば、自動車等運転免許証やパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書、船員手帳、身体障害者手帳、無線従事者免許証などがあります。こちらの書類がある場合、いずれか1つのみで大丈夫です。 これらの書類がない場合は以下イの書類1点とロの書類1点、またはイの書類1点でもロの書類がない場合は大丈夫です。イ(国民健康保険被保険者証、健康保険被保険者証、船員保険被保険者証、介護保険被保険者証など)ロ(学生証、法人が発行した身分証明証など)

川崎市

届出先は区役所区民課・支所区民センターです。平日午前8時30分から午後5時00分までが受付可能時間になります。 必要なものは免許証やパスポート、住民基本台帳カードなどの官公庁が発行している顔写真付きの証明と印鑑です。もし顔写真付きの証明がなかったら、健康保険証や年金手帳(証書)、社員証、学生証などの書類を2種類以上でも大丈夫です。川崎市は海外に1年以上滞在する場合でも届出が必要ですので、注意してください。 また、郵送での手続きも可能です。

さいたま市

届出先は住んでいる区は関係なく、さいたま市内の各区役所区民課および支所で手続きすることが出来ます。ただし、市民の窓口での受付は出来ませんので注意してください。 届出期間はいつからかと言うと、転出する1か月前から手続き可能です。 転出届の手続きに必要なものは、本人確認書類、印鑑、国民健康保険証(加入者のみ)、国民健康保険高齢者需給証(受給者のみ)、後期高齢者医療被保険者証(加入者のみ)、介護保険被保険者証(加入者のみ)、子育て支援医療費受給資格証(受給者のみ)、印鑑登録(印鑑登録している方のみ)、住民基本台帳カードまたは個人番号カード(交付を受けている方)、通知カード(海外へ転出される方)です。

杉並区

区民課区民係(区役所東棟1階)と区民事務所で手続きすることが出来ます。平日は午前8時30分から午後5時まで、第1、第3、第5土曜日は区民事務所は休業日で区民課区民係は午前9時から午後5時まで、第2、第4土曜日は区民事務所は午前9時から午後5時までで区民課区民係は休業日となっています。日曜日はいずれも休業日になります。 必要なものは本人確認ができるもの(運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなどの日本の官公署発行の顔写真付証明書)と杉並区発行の保険証や医療証など、そして証明書自動交付機用カードや印鑑登録証です。

練馬区

転出届の手続きに必要なものは運転免許証やパスポート(日本国旅券)、マイナンバーカード、写真付き住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書などの本人確認書類です。 転出届がいつから出せるのかと言うと、引越しをする約2週間前からです。転出届受理後に転出証明書を渡します。 郵送での手続きも可能です。 届出先は練馬区民事務所(月曜から金曜の午前8時30分から午後7時)と早宮・光が丘・石神井・大泉・関の各区民事務所(月曜から金曜の午前8時30分から午後7時)です。ただし、午後5時から午後7時は混み具合によって手続きが完了しないこともありますので、注意しましょう。

世田谷区

世田谷・北沢・玉川・砧・烏山各総合支所くみん窓口、太子堂出張所、経堂出張所、用賀出張所、二子玉川分室、烏山出張所の受付窓口(10か所)で転出届の手続きが可能です。 いずれも月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時に受付可能ですが、休日の翌日は月曜日は混雑が予想されますので他の曜日か時間に余裕をもつようにして下さい。くみん窓口と太子堂出張所では土曜日も受け付け可能です。平日とは時間や業務内容が異なりますので注意して下さい。 窓口にある「住民異動届」に記入し、写真付きの本人確認書類(運転免許証やパスポート)とともに窓口で提出しましょう。いつから提出することが出来るかと言うと、引越しをする約2週間前からになります。

中野区

いつから出せるかと言うと引越しの予定日の約14日前からです。届出先は2か所あります。1つ目は中野区役所の1階5番記録担当窓口です。 中野区は受付時間に注意して下さい。月曜日・水曜日・木曜日・金曜日(祝休日、年末年始を除く)は午前8時30分から午後5時まで、火曜日(祝休日、年末年始を除く)は午前8時30分から午後8時まで、毎週日曜日は午前9時から午後4時までです。火曜日と日曜日は受付できない書類もありますので十分に確認しましょう。 2つ目は区内5か所の地域事務所です。受付時間は祝休日や年末年始を除く平日の午前8時30分から午後5時までです。

品川区

届出先は区役所戸籍住民課住民異動係、品川第一地域センター、大崎第一地域センター、大井第一地域センター、荏原第一地域センター、荏原第四地域センター、八潮地域センターです。 いつから出せるかと言うと、引越しをする日までに提出して下さい。 郵送での手続きも可能です。

墨田区

届出先は区役所1階の窓口課住民異動係か出張所になります。緑出張所、横川出張所、文花出張所、墨田2丁目出張所、東向島出張所があります。転出届の書類には届人、異動年月日、届出年月日、新しい住所・世帯主、今までの住所・世帯主、異動者(氏名・生年月日・続柄)、その他の保険などの加入状況などの事項です。いつから手続きが出来るかと言うと、2週間前から可能です。

新宿区

郵送での手続きも可能です。郵送先は東京都新宿区歌舞伎町1丁目4番1号新宿区役所戸籍住民課住民記録係です。窓口での手続きは区役所本庁舎1階7番窓口か特別出張所になります。特別出張所は現在10か所あります。いつから手続き可能かと言うと、引越しをする前でしたら大丈夫です。

大田区

本庁舎1階戸籍住民窓口か各出張所での手続きとなります。受付時間は祝日及び12月29日から1月3日は除く平日(月曜日から金曜日)は午前8時30分から午後5時までです。いつから提出することが出来るかと言うと、引越しをする日の約14日前からです。 本人または世帯主が本人確認書類(運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど)を持参するようにして下さい。

千葉市

届出先は各区市民総合窓口課・市民センターになります。転出届の手続きに必要なものは、国民健康保険証および国民年金手帳(加入者のみ)と印鑑になります。海外に引越しする場合に限り、転出される方全員のマイナンバーカードまたは通知カード、住民基本台帳カードが必要となります。 いつから手続きが可能かと言うと、引越し前ならば大丈夫です。しかし約2週間前くらいが目安とされています。

船橋市

転出届は窓口・記載台に備え付けの「異動届」に記入のうえ、窓口に提出して下さい。 持ち物は届出人の本人確認ができるもの、異動者のマイナンバーカード(個人番号カード)、代理人の場合は委任状、印鑑登録証(登録された方)、国民健康保険被保険者証(加入者のみ)、後期高齢者医療被保険者証(お持ちの方)、介護保険被保険者証または資格者証(お持ちの方)、子ども医療費助成受給券(お持ちの方)です。 いつから出すことが出来るかと言うと、引越しをする前にあらかじめ提出していただければ大丈夫です。

市川市

転出届は市川市役所本庁舎や行徳支所、大柏出張所、南行徳市民センター、市川駅行政サービスセンターの各市民課窓口で手続きすることが出来ます。いつから手続きが出来るかと言うと、引越し前であればいつでも大丈夫です。

名古屋市

名古屋市では転出届を住民異動届とも言います。住んでいる区の区役所または支所で手続きすることが出来ます。名古屋市内ならどこでも手続きが出来るわけではなく自分が住んでいる区の区役所なので注意して下さい。いつから手続き可能かと言うと、引越しをする日までです。

京都市

旧住所を管轄している京都市の各区役所、支所の市民窓口課及び出張所での手続きが可能です。必要なものは届出される方の本人確認書類と届出される方の認印、代理人が届出する場合は委任状になります。いつから手続き可能かと言うと、転出する日までですのでその前でしたら大丈夫です。

大阪市

受付出来る場所は住所登録しこれまで住んでいた区の区役所窓口サービス担当課または区役所出張所です。サービスカウンターでは受け付けることは出来ません。いつから手続き可能かと言うと、引越しすることが分かってから引越しする日までです。

西宮市

転出日の前日までに転出届を提出する必要があり、それまでに提出されなかった場合その理由を住民基本台帳届出期間経過通知書に記入し、後日、西宮市から簡易裁判所に送付することになります。住民基本台帳法第53条により5万円以下の過料に対象になることもありますので、提出期限はしっかり守りましょう。 いつから提出可能かと言うと、原則2週間前からになります。しかし2週間以内に手続きをするのが難しい場合は1か月前から可能です。

福岡市

届出先は区役所市民課または出張所です。必要なものは住民異動届書(転出届書)と書類を提出する人の運転免許証などの本人確認書類です。代理人が手続きをする場合は委任状が必要になります。いつから手続き可能かと言うと、期限は引越しする前なのでその前でしたら大丈夫です。

海外転出届はいつから出せる?

トピック1012924/要素1703539

海外へ出発する14日前から提出することが出来ます。出発前日までに出すのが目安ですので、忘れずに手続きしましょう。

忘れずに手続きをしましょう!

引越しをする際は、転出届を出さなければなりません。引越しは何かと忙しいので忘れずに必ず手続きしましょう。市町村によって異なることもあるので、気になることがあった場合はお住まいの市町村の役所に電話で問い合わせてみましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)