IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【春夏秋冬】コーチジャケットのコーデ|メンズ/レディース

ファッション

見た目よりも気軽に着ることができるコーチジャケットは着てみたいという方も多いでしょう。この記事では、コーチジャケットのコーデについて紹介します。コーチジャケットのコーデを試してみたいという方は、是非一度読んでみてください。

更新日時:

メンズのコーチジャケットのコーデ

春のコーチジャケットコーデは、モノトーンのコーディネートがおすすめです。黒のアイテムを多く取り入れたコーディネートは重くなりがちな印象を受けますが、コーチジャケットを取り入れることによりとても軽やかで春らしい印象になります。 黒のコーチジャケットをモノトーンにすると大人っぽく、上品な印象を演出できます。また、コーチジャケットとパンツをセットアップしたコーデもおすすめです。さらにストライプ柄のアイテムは、無地のアイテムよりもオシャレな印象になります。 そして、他のアイテムを白で統一することにより、爽やかで統一感のあるコーディネートを演出することが可能になります。

夏のコーチジャケットコーデは、カーキ色のコートジャケットコーデがおすすめです。カジュアルな印象にはなりますが、合わせるアイテムによって印象が変えることが可能になります。 また、チノパンやスニーカーと合わせるとカジュアルなスタイルになり、黒のパンツやローファーと合わせることでカジュアルなスタイルに上品さが加わり、綺麗で上品なコーディネートを演出できます。 さらにベージュのコーチジャケットを取り入れると、春らしくカジュアルなコーディネートを演出でき、黒やカーキのコーチジャケットよりも柔らかな印象になり、白のトップスやスニーカーと合わせることで爽やかさをアップさせます。

秋のコーチジャケットコーデは、ベージュのコーチジャケットにストライプシャツを合わせたコーデがおすすめです。シャツを使うことで、コーデが上品で大人っぽく仕上がります。 コーチジャケットはナイロン素材でカジュアルな印象ですが、襟がついている分大人っぽく落ち着いているアウターです。上品で大人カジュアルな雰囲気を漂わせることが可能になります。 また、赤色のコーチジャケットにグレーのパーカーを合わせたコーディネートもおすすめです。ジャケットのプリントがカジュアルで、ストリートらしさを演出してくれます。赤色が強くアクセントになるので、ファッション性の高まった着こなしになります。 さらにスウェットパンツにコーチジャケットを合わせたラフなスタイルもおすすめです。ゆったりしたスウェットパンツは、ラフすぎるので部屋着っぽい印象を与えてしまいますが、スニーカーやリュックがスポーツ感をプラスして良い着こなしになります。

冬のコーチジャケットコーデは、コーチジャケットとスニーカーをネイビーで統一したコーディネートがおすすめです。全体をブラックとネイビーのみにしているので、ストリートコーデが大人っぽく仕上がります。 また、パンツにはジョガータイプを使ってスポーツ感を強めた着こなしにすることがポイントになります。さらにインナーに着丈の長いものを選ぶと、コーデ全体のシルエットが縦長に映りスタイリッシュさを表現することができます。 そして、パーカーやキャップがカジュアルさを取り入れており、大人ストリートな雰囲気を漂わせることができます。

チャンピオン

チャンピオンのコーチジャケットコーデは、コーチジャケットとパーカーを合わせたコーデがおすすめです。ストリート系やカジュアル系が好きな方にはおすすめです。 さらに上のボタンを閉めて着るとさらにオシャレになります。コーチジャケットは定番のchampionのコーチジャケットで シンプルなデザインなのでどんな格好にも合わせやすいのが特徴です。

ナイキ

ナイキのコーチジャケットコーデは、黒のコーチジャケットで、シンプルにモノトーンコーデで着こなすのがおすすめです。インナーの白Tシャツ以外を黒で全体に統一感を生みます。 また、すっきりとした印象に仕上げつつ、キャップやスニーカーでカジュアル感をプラスしているのもポイントでおすすめになります。

コムデギャルソン

コムデギャルソンのコーチジャケットコーデは、黒パンとの組み合わせが一番おすすめです。シンプルなスキニージーンズや、テーパードジーンズに合わせて、トップスはワイドに、ボトムスはタイトになるような、メリハリのあるコーディネートにするのがポイントです。 スニーカーはブラックを選ぶと良いでしょう。また、足元から引き締め効果のあるコーディネートになります。さらにコーチジャケットのコーディネートは、おしゃれの定番アイテムです。なので、ベージュのチノパンと合わせても全然良いでしょう。 色を変えるだけでも一気に柔らかい印象になります。そして、ホワイトのスニーカーでより軽やかなコーディネートにするのもアリです。

リーボック

リーボックのコーチジャケットコーデは、難易度の高いコーデが多く、新しいアイテムを買い足さなくても全然平気です。手持ちのデニムと合わせてみて、トップスをニットに変えれば、大人カジュアルに着こなせます。 さらにニットの下に白Tをレイヤードして小技を効かせるテクニックもポイントです。また、オーバーサイズのパーカーを選んで、上半身のボリュームを活かすために、ボトムスはタイトな黒スキニーを合わせると良いでしょう。

レディースのコーチジャケットのコーデ

春のコートジャケットコーデは、最もベーシックな着こなしのモノトーンコーデがおすすめです。パンツは黒で、インナーに白を入れるのがポイントです。さらにストリートな感じを意識してビッグTや大きめのロンTにするとオシャレ度が増します。 また、ルーズな雰囲気が気になる方はTシャツをパンツインするとスッキリとスタイリッシュになります。スニーカーからニットキャップまで黒で統一するととても良い印象になります。コーチジャケット一着だけでも十分メンズテイストを演出してくれます。 そして、ひざ上のタイトスカートなどの女性らしいアイテムをミックスすると可愛くなります。タイツとサイドゴアブーツで大人テイストも加えればカジュアルでモテまくりコーチジャケットコーデを演出できます。

夏のコーチジャケットコーデは、パーカーを使ったコーディネートがおすすめです。パーカーが入ることでカジュアル感が増します。さらにコーチジャケットのバランスが取りやすくなります。色は白かグレーが定番になります。 黒スキニーでタイトにせめつつ、足元のスニーカーはポンプフューリーでボリュームをプラスするのが良いでしょう。また、スポーツキャップタイプとリュックの選んでも良いです。

秋のコーチジャケットコーデは、黒のコーチジャケットとビッグなグレーパーカーをベースにしたストリートコーデがおすすめです。スカートでアクセントを加えるのがポイントです。 ビッグサイズのコーチジャケットに暗めのインナーを合わせたコーディネートも中々良いです。さらにタイツでパンクな要素まで取り入れたセンスの良い着こなしを演出できます。ワイドパンツに白黒スニーカーを合わせてもさらりと今っぽさを演出できます。ルーズなシルエットでとことん差を付けるならかなりおすすめな着こなしです。

冬のコーチジャケットコーデは、白Tシャツとスキニーデニムにハイカットオールスターの清潔感あるカジュアルスタイルがおすすめです。コートを着れば、デートスタイルに早変わりしそうなところへあえてコーチジャケットを持ってきたセンスがとても魅力的です。 さらにニットとスキニーというプチプラ感も好感度が高いです。また、黒コーチジャケットと白ロンT、黒スキニーの定番スタイリングもおすすめです。そして、ライダースのように肩掛けするとこなれた女性らしさが加わります。

チャンピオン

チャンピオンのコーチジャケットコーデは、黒かネイビーが定番中の定番ですが、ショップスタッフやファッション上級者の人は他の色でもオシャレに着こなすことができます。 チノパン系のパンツはワイドシルエットを選んで今っぽくして、スムーズに色がつながるようにインナーはパンツインさせた上で白カットソーが重要になります。オールドスクールやキャップでストリートな雰囲気もプラスすれば完璧なバランスになります。

ナイキ

ナイキのこちジャケットコーデは、個性のあるグリーンのコーチジャケットがおすすめです。グレーパーカーと黒スキニーのバランスを踏襲しつつも、コーチジャケットがグリーンになるだけで印象はとても変わります。

コムデギャルソン

コムデギャルソンのコーチジャケットコーデは、思い切って白のコーチジャケットを着てみるのがおすすめです。 黒の重たい印象から一気に軽やかな印象が作れる白は新鮮味のあるコーデにはぴったりといえるでしょう。さらに黒のビッグTに白のスニーカーで色のバランスを取りつつ、ハイダメージのデニムパンツでカジュアル感もプラスするとさらにオシャレになります。

リーボック

リーボックのコーチジャケットコーデは、色落ちの少ない生デニム系のパンツにシルエット関係なく似合う定番のボトムがおすすめです。 ルーズなシルエットのデニムは、インナーの白Tをパンツにインするのがポイントになります。キャップでカラーアクセントを加えるとさらに好バランスに仕上がり良いコーデになります。

コーチジャケットを着こなそう

コーチジャケットは見た目よりも、気軽に着ることができて、オシャレにも最適な服です。コーチジャケットを合わせるコーデもたくさんあります。季節に合わせて、色々なコーデを楽しむことができるので、オシャレ好きの方には嬉しい服です。 少しでも参考になることを期待しています。コーチジャケットを着こなして、オシャレを楽しみましょう。

アクセスランキング