IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

BBQにお勧めレディースコーデ|季節/年代別・海でのBBQコーデ

ファッション

みんなでワイワイと楽しめるBBQ。1年を通して楽しんでる方も多いのではないでしょうか。そんなBBQでのコーディネートに悩んでいる女性たちへ、今回は、BBQに参加するときにおすすめのレディースコーデを季節別・年代別に紹介します。

更新日時:

季節別BBQでおすすめのレディースコーデ

BBQにおすすめのコーデを季節ごとにご紹介いたします。

春のコーデ

春の柔らかい日差しの中で、BBQをするのは気持ちが良いことでしょう。でもまだ、気温が安定していなかったりするので、どんな服装をしたらよいか悩んでしまう方も多いです。 春先は、気温調節がしやすいように、シャツを1枚腰に巻くようなコーデがおすすめです。着て行って暑くなったら、脱いでそこら辺に置いておくのではなく、身体に巻いてもお洒落になるようなコーデが良いです。 BBQに行くには不向きな「スカート」で行けるのも、春だけですので思い切ってスカートで行ってみるのも良いでしょう。 スカートもミニスカートや、動きが制限されてしまうようなタイトなタイプではなく、ワンピースや少し長めのスカートにしましょう。

夏のコーデ

BBQやアウトドアのイベントが、本格的に増えるのが夏です。イベントのたびに、同じようなコーデにならないように、気を使う季節でもあることでしょう。 夏のBBQは暑いですが、薄着になり過ぎないように注意しましょう。立ったり座ったりする動作が多いので、めくれ上がってきて背中が出てしまったり、ずれ落ちて下着が見えてしまったりなど、だらしない感じにならないようなコーデにしましょう。 そこで、夏のBBQに行くコーデでおすすめなのが「サロペット」です。また「ロングTシャツにパンツ」も、洋服のずれを気にする事なくBBQが楽しめます。 日焼けを気にして長袖のシャツですと、熱中症などの注意も必要になりますが、虫刺されを防ぐ事も重要なので羽織れるシャツなどを半袖の上に着るようにして、下は丈が長めのズボンをおすすめします。 足元は、暑くてもやはり危険なので、スニーカーにします。海や川でのBBQで水遊びをする予定でしたら、スニーカーとは別にクロックスやビーチサンダルを持って行くようにしてください。

秋のコーデ

夏の暑さもひと段落して涼しい風を感じながら、何を食べても美味しいと思えるのが、秋のBBQではないでしょうか。 ですがまだ、夏と変わらないくらい暑くなる日もあります。川でのBBQは、照り返しもあって夏のように感じることもあります。 秋のBBQは「スキニー」に「長袖シャツを着る」コーデが良いでしょう。中は半袖にしておけば、温度調節がしやすいので、気温の変化にも対応できます。 足元は、スニーカーでも「ハイカット」のタイプや「ミドルカットブート」などを履けば、秋の装いとしてお洒落に決まりそうです。

冬のコーデ

寒い時期だからこそ、みんなで温まりながら楽しめるのが冬のBBQです。家の中のインドアのイベントが多くなる冬に、アウトドアのBBQは盛り上がることでしょう。 寒いからと、重ね着をし過ぎたり必要以上の厚着しないようなコーデにすると良いです。防寒対策は、インナーや厚手の靴下などで調節するようにして、着膨れを防いでスッキリしてスマートなコーデになるようにします。 あまり重ね着をしていると、見た目が悪いだけでなく、温まろうと火にあたったときに、起こってしまうかもしれない万が一の事故を防ぐためでもあります。また、寒くても温かい食事をしていると汗をかいてきます。夏と違い汗が乾かず、冷たい空気で服や身体が冷えてしまい、風邪をひかないようにするためでもあります。 冬のBBQに行くときには「帽子」や「タイツ」を使って、防寒をしながらも動きやすい服装が好ましいでしょう。冬の寒い時期なので、ブーツで出掛けても良いです。しかし、ヒールの高いブーツは避けてください。

年代別でみるBBQにおすすめのコーデ

20代のBBQコーデ

トピック1011666/要素1878067

20代の女性は、流行に敏感でどんな服装でも綺麗に着こなせる年代といえます。しかし、BBQに行く機会はあまりないでしょう。このためBBQに行くのに、どんな服を着ていけばよいのか、自分が持っている服をどのようにしてコーデですばよいのか、悩んでしまう方も多いでしょう。 BBQコーデの基本は「パンツスタイル」です。ガウチョパンツでも良いのですが、汚れてしまう事があるので、汚れが目立たない色を選ぶと良いです。 サロペットを取り入れるなどして、可愛い女性コーデが出来るのが20代の女性です。スカート派の方も、BBQコーデはパンツスタイルにして、いつもと違う雰囲気を演出するのもよいでしょう。

30代のBBQコーデ

会社のイベントでのBBQや仲間とのBBQなど、BBQ開催に慣れてきてイベントの中心になってくるのが、30代からではないでしょうか。 30代は、結婚や出産を経験する方も多くなってきて、BBQ参加者に友人の旦那さんや奥さんや子どもなど、参加者がどんどん賑やかなBBQになってくる頃でもあるでしょう。 なので、汚れてもいいしとにかく動けるようにと、BBQをしやすくるすだけを重視したコーデしまうのも30代からです。確かに動きやすさは大事ですが、お洒落に着こなす事も忘れてはいけません。 仲間が増え子どもが参加するBBQは、写真をたくさん撮ります。写真だけでなく、動画を撮ることもあります。後から見返して、ひどくダサい服で写っていたらショックです。 そうならないように、手抜きをしないコーデにしましょう。30代は「帽子」や「ベルト」や「サングラス」などの小物を使って、アクセントをつけるコーデが似合う年代です。「スキニー」を履けば、動きやすさもあり女性らしさも出るので良いでしょう。 いつでも女性である事を意識して、写真や動画をいっぱい撮るであろうアウトドアのイベントですから、思いっきりお洒落をして楽しみましょう。

40代のBBQコーデ

若い年代の人のファッションは、そろそろ似合わないと感じ始めるのが40代です。でも、どんなファッションが良いのか思い浮かばないのも40代です。 ヤング世代の洋服ではデザインやサイズにちょっと無理があり、かといってミドルやシニア世代ではまだ早すぎて似合わない。どこでどんな服を買えばよいのか、コーデの迷路に迷い込んでしまう人も多いでしょう。 40代は、シンプルコーデが一番似合う年代です。体型を隠そうとするあまり、大きめの服や重ね着をしては、野暮ったい印象になってしまい逆効果です。 BBQでたくさん食べて飲んでも「シャツ」や、スッキリしたシルエットになる「チュニック」や「Vネック」のシャツやニットでしたら、体型を気にせずに楽しめることでしょう。 ごちゃごちゃとアクセサリーをつけるのではなく、ベルトや靴など1か所だけのワンポイントのお洒落をするのも良いです。

海でのBBQコーデ

海でのBBQも、川でも公園でのBBQでも、基本的には同じコーデで大丈夫です。しかし、海でのBBQでは、気を付けてもらいたいことがあります。 夏の海は、日差しがとても強いので「帽子」を、忘れずに持って行ってください。できれば風通しが良く広めのつばの麦わら帽子が良いです。 紫外線から目を守るために「サングラス」を持って行きましょう。サングラスはお気に入りのデザインのものよりも、UVカットされているタイプを選んで持って行ってください。 ロールアップのズボンは、砂が溜まるので気を付けましょう。家に帰ってきて脱いだら家の中が砂だらけになりかねません。帰りの車や電車でも、砂を落として汚してしまう事もあるので、ロールアップを履いて行った場合は、BBQが終わったら砂をしっかり落としてから帰るようにしてください。 風にあおられて、洋服に火がついてしまうのを避けるために、シフォンやマキシワンピースを着ていかないようにしてください。リゾート地なので似合うコーデなのですが、シフォンやマキシワンピースに、火が飛んで穴が空いてしまったケースが多くあります。 大きな「麦わら帽子」に「シャツ」に「Gパン」そして「スニーカー」か「スポーツサンダル」が、海でのBBQを思う存分楽しめるコーデです。

どんなシーズンでもお洒落を忘れずに

お気に入りだからとBBQには合わないコーデや、ついつい動きやすさだけを優先するコーデなど、いつ誰とどんなシーズンでもBBQにピッタリのコーデを選ぶようにしましょう。 BBQは、食事を楽しむアウトドアのイベントです。野外のイベントに参加するという意識を持ってコーデしましょう。 自分の年齢や、参加するメンバーの年齢層や性別など、時と場合に合わせてコーデすることも忘れないでください。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)